映画@見取り八段 トラックバックセンター

【ナルニア国物語/第2章 カスピアン王子の角笛】夢の世界の限界

ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛
The Chronicles of Narnia: Prince Caspian


前回の第1章では、ぐたぐたの感想を書いていたこの私も
くう「ナルニア国物語/第1章」感想
今回は、見に行く前から、ちょっと気合いが違います。

何せ、前回はイケメン度0%だったナルニア
今回はカスピアン王子がいる

イケメンがいる。。。と言うのは、こんなにも
気合いが入るものなのか。。。


期待値いっぱいで観た第2章。。。でしたが。。。



ひと言で感想を言えば


本当に面白かった


この面白さはやっぱりイケメン効果なのか

それとも、もう「ロード・オブ・ザ・リング」
戻ってこない、と私の中であきらめがついたからなのか・・・


と言う問題じゃないほど面白かった

カスピアン王子に関しては、観る前と、ちょっと感想が
違うのですが。。。
それは、後ほどネタバレで。


何せ第1章のようにグタグタしてません。
物語がスピーディ。
そして、明快。そしてスリリング。

戦闘場面は緊張感と高揚感でいっぱい。

失望、涙、感動。


そして、これだけは変わらない、美しい美しいナルニアの風景。。。


2時間半。あっと言う間でした。


泣けます












ここからネタバレ(読むのは見に行ってからにしてね)





 





私の期待値を一挙に担っていたイケメン・
カスピアン王子は、思っていたよりも
ずっとダメダメ王子でした

顔だけ〜。。。みたいな。。。


でも、これはこの王子の成長物語でもあるので
仕方ありません。


角笛を吹いてしまったあの時から。。。

彼は決心しなくてはならなくなった。

歴史上初めての矛盾に満ちた正義。

それは、自らの国が過去に滅ぼした
ナルニア国を救うこと


再びナルニアにやってきた兄妹は、
また勇敢にもナルニアを救うために
カスピアン王子と組んで立ち上がる。

しかし、計画は上手く行かず
仲間をたくさん死に追いやってしまう。


解決策は、そう、

アスランなのだけれども、

ピーターは、どうしてもアスランが再び
現れることを信じることが出来ない。


ルーシーだけは初めから言っているのです。


あっちで死ぬか、こっちで死ぬかなの?
他に解決策はないの?



そして、最終的に最初から最後まで
アスランを信じていたルーシーによって
ナルニアは救われる。



最後に元の世界、イギリスに戻る
木の穴を通る時、私たちは気付くのです。


ピータースーザンは、もう再び
ナルニアに来られる日は来ない。

それは、アスランを信じることが出来なかったから。

つまり、大人になってしまったから。


これは悲しむべき事なのか、と言うと
決してそうではない。

彼らは成長した。
物語の世界には、もう戻れない。

これからは現実の世界だけで生きていくのです。


だから、スーザンは、カスピアンに別れを告げた・・・


第1章以上に、兄妹の成長物語を
しっかり描いた結末になりました。


ただ、私としては、せめて
現実の世界の方でのカスピアンと言う人間を
作って、スーザンと会わせてあげたかったな。。。

恋の結末は、切ない大人の別れとなりましたhane





・ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛 公式HP

ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛@映画生活トラックバック



ナルニア国物語 第2章:カスピアン王子の角笛 スペシャル・エディション




【隠し砦の三悪人 〜THE LAST PRINCESS〜】大型時代劇三文判

1958年公開の黒澤明監督「隠し砦の三悪人」のリメイク。

そちらの方は見ていません。


え〜。。。と

松ジュンを見に行きました。


ストーリーなどには元々それほど期待してなかった。
だから、思っていたよりも面白かったと言っても良いと思う。

少なくとも眠くはならず、最後までジーッと目を開けて鑑賞したし。。。

凄く前から宣伝していた映画だから、
思いっきり期待しちゃってた人は失敗だったと感じたかも。


どういう映画でしたか

と聞かれれば、


あんまり心に残らない。。例えば暴れん坊将軍みたいな
突っ込み所満載のお決まりの娯楽時代劇を、
もっと大きなスケールで2時間見させられた映画。



って答えるかな。


樋口真嗣監督。

「ローレライ」「日本沈没」の時もそうだったけど、
どうも、この人の作品、心に響かない。

この作品でも、姫が命の重さや身分などについて
色々と語っているけど、上っ面の語りにしか聞こえない。

泣けそうな場面は何度もあるのに泣けない。

もったいないな。


松本潤くんは、ジャニーズの中では演技達者な方だと思うし、
よくやっていたんじゃないでしょうか。
松ジュンを見に行った身としては、スクリーンの中の
絵的には大満足ですよ。

しかし、阿部寛の存在の方が、ずっと大きいよ。やっぱ。

この人は、何をやらせても様になるね。
上手すぎる。


だから、最終的には


「あたしは阿部ちゃんと椎名桔平を見に行ったんだな〜。。。」
と言う感想に落ち着きました。はい。


長澤まさみちゃんについては。。。

どの映画でもドラマでも思うのだけど

セリフ回しのお勉強。。。よろしく。



出番もセリフもほとんどない役で

上川達也生瀬勝久が出ていたのにピックリ〜
何っつーもったいない使い方を。。。


そして、


KREVAが出てた

のに、もっとビックリ



松ジュン、阿部ちゃん、長澤まさみファンはどうぞ。

あ、後ろの席に座ってた年配の5人組の女性は

「すっごく面白かったわ〜

と言って劇場を後にしたので。。。


たぶん「暴れん坊将軍」とか「水戸黄門」とかが好きな人は
大満足するかも。。。しれません





ここから下はネタバレならぬ突っ込み



 





金をかき集めていた宮川大輔
何で砦まで連れてこられたの
普通だったら、あの場でバッサリだと思うが。


あのエレベーター、あの早さで落ちたら
普通に落下するのと何も変わらん気が。。。
よく助かったね。



あの鳥さんは、ずっとあの腰のカゴの中で
生き続けていたんだね。。。
エサは貰ってたんだろうか。



椎名桔平が死んじゃったって、別にあれが
殿様ってワケじゃないんだから、姫を捕らえろと言う
命令は変わらないはず。
よく追っ手が来なかったね。


何で早川の城の中に普通の民がいっぱいいたの
あれ、よく解らない。。。


武蔵新八も、あのまま帰るんだ〜
ご褒美くらいは貰って帰れば〜





・隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS 公式HP www.kakushi-toride.jp/


隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS@映画生活



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。