映画@見取り八段 トラックバックセンター

【ブタがいた教室】答えのない教室

ブタがいた教室

     


監督: 前田哲
キャスト:  妻夫木聡、原田美枝子、大杉漣、田畑智子、戸田菜穂、池田成志、ピエール瀧、清水ゆみ、近藤良平、甘利はるな、池田彩由佳、石井千也、鵜木伸哉、大倉裕真、柚りし菓、金子海音、柿澤司、斉藤みのり、影山樹生弥、櫻木麻衣羅、樺澤力也、北村匠海、夏居瑠奈、松原菜野花、中村絵梨香
公開: 2008年11月1日


2008年11月26日 劇場観賞


泣いた。。。泣.gif

何かに感動したとか言うよりも、子供達の直向きな涙にスッカリ取り込まれてしまった。


1990年、実際に大阪で行われた体験を元に映画化された作品。

6年2組の担任・星先生が、ある日教室に子豚を連れてきた。
「大きくなったら食べる」と言う前提で、6年2組26人、みんなでブタを育てる事にしたのだ。
みんなで「Pちゃん」と名付け、小屋作りから掃除、エサの世話などする内に「Pちゃん」は家畜と言うよりもペットとして愛しみ育てられるようになった。

やがて卒業の時を控え、みんなの中にPちゃんをどうするか、と言う問題が起きる。
最初の目的通り、Pちゃんを「食べる」か「食べないか」。



映画の撮影に当たり、子役たちは議論のシーンで台本を与えられず、結末も教えて貰えなかったと言う。


台本のないディスカッション。
まるでドキュメントのように言い争い、涙し、同じ議論を繰り返す。

自分の頭で考え、自分の言葉で発言する子役たちの生の声が心を打つ。

こういう映画を映画館の大きなスクリーンでわざわざ見る価値があるのか、と言われるとハッキリ言って「ない」かも知れない。

でも、子供と子供の教育に関わる人には、ぜひ見て貰いたいと思う作品だった。

映画に答えはない。

だから、この映画が「食育」に役立つかと言えばそれは見る人による、としか言えない。

私がこの映画を見て素晴らしいと感じたのは
「食育」よりも「自分で考える力」だ。

現代の学校で、または家庭で、こういう教育はされているだろうか。
大人がお膳立てした危なくない道を何となく歩いていく子供達。
彼らに不足しているのは「考える力」だ。

この映画を見たら、子供は一緒に考えて欲しい。
そして、大人は子供を見直して欲しい。

一生懸命、答えを導き出そうとする子供達と無理に道をしめさず、子供達を見守る先生の姿を見たら、何かしら心に残るものはあるはず。

ぜひ、親子で見ていただきたい一本です。

ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



 



「Pちゃんだけ食べられないのは不公平」
「Pちゃんが可哀想です」

台本がないだけあって、子供達の発言が本当に子供らしくて微笑ましい。


「命の長さは誰が決めるんですか」

と言う、ハッとするような言葉が出てきた後には、また同じ議論が。。。笑.gif

子供って、こういう物でしょう。

Pちゃんが、また良い具合に愛らしいので、とても食べる気にならないのがよく解る。

この映画の最後は、たぶん賛否両論だろう。

「食育」をテーマにしているんだから、あそこまでやったら食べる所までやれ、と言う人もいるかも知れない。

でも、私はこれで良かったと思うのだ。

上でも書いたように、この映画のテーマは「考えること」だと思ったから。

彼らは、充分考え、充分話し合い、決断し、そしてお別れした。

だから、これで充分なのである。

こうやって考えた上は、彼らの中に必ず「食育」は育っており、今後の人生で 何かにつけてPちゃんを思い出し、食べ物に対する感謝を忘れる事はないと思う。

この授業に対しては、思い切った事したなぁ、と言う驚きは隠せない。
たぶん、今の時代だったらモンスターペアレントが出てきて、即行アウトだろう。

でも、こういう授業を受けた子供は恵まれていると思うわ。。。
こんな体験は、なかなかできるモンじゃないから。

私は、この映画を見に行って良かったな、と思ってる。
子供の議論を見ている内に、自分だったらどっち側にいるだろう、と考えたり、みんなと一緒に 泣けて来ちゃったり。。。

ちょっと小学生に戻ったような気持ちになれた。


たぶん、妻夫木くんが出ると聞かなければ行かなかった気がするので。。。 今は、妻夫木くんに感謝である。笑2.gif


 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


【送料無料】ブタがいた教室 [ 妻夫木聡 ]

【送料無料】ブタがいた教室 [ 妻夫木聡 ]
価格:3,876円(税5%込、送料込)





にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
ブタがいた教室@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。





【ハッピーフライト】空飛ぶお仕事ドラマ

ハッピーフライト


     


   監督: 矢口史靖
出演: 田辺誠一、時任三郎、綾瀬はるか、吹石一恵、田畑智子、寺島しのぶ、岸部一徳、田中哲司、ベンガル、中村靖日、肘井美佳、いとうあいこ、森下能幸、江口のりこ、竹中直人、柄本明、笹野高史、菅原大吉、田山涼成、小日向文世、正名僕蔵、藤本静、平岩紙、森岡龍、長谷川朝晴、宮田早苗、木野花、佐藤めぐみ、日下部そう
公開: 2008年11月



フライト物と言ったら、ドラマで数多く見てきた。

やたらカッコいい〜パイロットが、苦しんだり悩んだりケガしたり恋したりするドラマとか。

CAが先輩に怒られたり涙したりしながら成長していくドラマとか。



この映画は、たった一回のフライトを描いた物。

その一回の中に、たくさんの人間ドラマがある。


飛行機一回飛ばすのに、こんなにたくさんの人たちが関わっているんだな、と言う事を知るのも初めての感覚で面白い。


出てくる人たちは、全然カッコ良くもないし、お涙頂戴のわざとらしいドラマもない。

軽い笑いに溢れていて、楽しく見たり、CAの仕事の裏話に笑ったり、感心したり。


見終わって感じるのは、
「仕事する人たち」への尊敬

それだからこそ、ちょっとジンワリと感動もある。


「ウォーターボーイズ」「スゥイングガールズ」
矢口史靖監督の作品。

この監督は、大袈裟じゃない群像劇が上手いと思う。


次から飛行機に乗る時は、ちょっと今までと違う視点で色々な所を見てみよう。

全く時間を感じない楽しい映画だった。笑2.gif



ここから下ネタバレ。観る予定の方は、観てから読んでねにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


 



後ろの席のおばさんたちが、帰る時に
「あんな人前でガミガミ怒る客なんていないわよね〜」
とか言ってたけど。。。


いるから!!

ふつう〜に、私が働いてる店にさえいるからね。汗.gif

客商売は、どんな物でも大変なのです。

色々な部署の人たちが、たくさんの仕事をして様々な苦労をして、そして飛行機が飛んでいるんだ〜。

こういうお仕事裏話的ドラマは楽しい。


個人的には、グランドスタッフの田畑智子さんの「出会いエピソード」が好きだったりする。。。

その後どうなったのか、ちょっと気になります。笑2.gif

・ハッピーフライト 公式HP www.happyflight.jp/

  




にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
ハッピーフライト〈2008年〉@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。




【レッドクリフ Part I】鳩も舞う赤壁の戦い

レッドクリフ
〜赤壁〜


   

監督: ジョン・ウー
出演:  トニー・レオン、金城武、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童、ホウ・ヨン、チャン・フォンイー、リン・チーリン、トン・ダーウェイ、ソン・ジア、バーサンジャプ、ザン・ジンシェン、チャン・サン、ユウ・ヨン
公開: 2008年11月




まず。。。

いきなり日本語の三国志解説から入ったので、
ええっ!
間違えて吹き替え版の方に入ってしまった〜!!


と思ってしまったよ〜・・・汗.gif

しかし、安心して下さい。
字幕版でも、この解説から始まります。
(逆に吹替え版でもこれがあるかどうかは知らない)

とにかく、すごいスケール。

迫力ある戦闘シーンの連続。
そして、迫力ある音。

中国アクションって言うと「どこまで飛ぶんだ汗.gif
って言うワイヤーアンションが多くて、これ苦手なんですが、そういう事は全く無かったです。

ここまで迫ってくる戦闘シーンを映画館で観たのは久々な気がします。

しかも、ただドンパチやっているわけではない。

孔明の手による頭脳戦。
それが当たっていく様子が面白い。

関羽張飛趙雲、そして中村獅童演じる甘興など、有名武将1人1人の立ち回りも光る。

まるで物語から抜け出してきたような活躍振りに、三国志ファンならずとも目を奪われるでしょう。


実は、キャストを知った時、私個人的には金城武には諸葛孔明じゃなくて周瑜をやって欲しいと思っていたの。
あんな団扇でパタパタやってるだけじゃなくて、剣を持って働いてほしかった。。。

しかし、良かったです。
金城孔明。

カリスマ軍師にピッタリな雰囲気が出てました。ハート.gif
    レッドクリフ2.png

そんなこんなで、その迫力には大満足でした。

その代わり、戦闘の外に対するストーリーは、ちょっとイマイチかも〜・・・笑.gif

それは、三国志(演義)の中の赤壁の戦いだけを描いているので仕方がないっちゃ仕方ないですかね。

私、元々、三国志と言えば、遙か昔に読んだ「吉川英治版三国志」と、それを元にした横山光輝版三国志だけなんですよね。

で、遙か昔なので物語りの内容も記憶の彼方です。

(あと、なんか、まだ赤と白だった頃のファミコンでそういうソフトを持っていた気もする〜。。。)

最初の方の劉備玄徳が大好きだった気がする。。。

しかし、映画の劉備は、人が良いって雰囲気だけのただのおじさんです。

吉川英治版では、周瑜には、あまり良い印象が無かった気がする・・・

しかし、映画の周瑜はメチャカッコ良かったですね。笑2.gif
トニー・レオン、もう、ピッタリ〜!!ハート2.gif
   レッドクリフ3.png

キャストはハマりって事で。。。

とにかくパート2が待ち遠しいですハート.gif



ここから下ネタバレ。観る予定の方は、観てから読んでねにほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



 




好きなエピソードと言えば、周瑜の軍隊を初めて孔明が見に行くシーン。

水牛が盗まれたと言う老人の訴えに対して、周瑜は、兵士を集める。

泥棒を働いた兵士は、当然のことながら申し出る事はできない。
しかし、その靴には泥が付いている。

周瑜は兵士全員を、走らせて泥水に浸からせ、誰が泥棒だか解らなくする。
犯人を責める事なく、その行いを恥じさせる。

上官は、兵士達の代表として、自ら一介の平民農夫である老人に跪いて詫びる。

この姿を見た兵士達は全員で老人に跪くのである。



ベタなエピソードと言えばそうかも知れないけれども、こういう上司だから部下は尊敬して付いてくる。
尊敬があるから志気が上がり、その人のために一団となって戦う事ができるのだ。

周瑜の人柄は、このシーンだけで理解出来る。

人物紹介として、よく出来たエピソードだったと思う。

【関連記事】
【レッドクリフ PartII ―未来への最終決戦―】感想


・レッドクリフ 公式HP redcliff.jp/trailer.html

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」










にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
レッドクリフ Part I@映画生活 トラックバック
・象のロケット
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。