映画@見取り八段 トラックバックセンター

【誰も守ってくれない】人の心の痛みが解る時

誰も守ってくれない



監督: 君塚良一
キャスト:  佐藤浩市、志田未来、松田龍平、佐々木蔵之介、柳葉敏郎、石田ゆり子、木村佳乃、東貴博、佐野史郎、須永慶、冨浦智嗣、津田寛治、長野里美、佐藤恒治、飯嶋耕大、荒井萌
公開: 2009年1月24日


2009年1月28日 劇場観賞。

第32回モントリオール世界映画祭最優秀脚本賞受賞作品。


この映画を見て、まず、

こんな事になってしまったらどうしよう

と思ってしまった私は変ですか

変だと思った人が人の親だとしたら、その人は、とても幸せな人だと思うよ。


ある日、突然警察が家に踏み込んできて、疑いもしなかった自分の子供を連れて行く。
昨日までは一緒にご飯を食べたりしていた家族が突然バラバラにされ、好奇の目に曝される。
悪夢としか思えない。

まさに「背筋が凍るねえ」


神戸小学生殺人事件の犯人・少年Aの親の手記を読んだことがある。

    

この映画のように、ある朝突然警察がやってきて、息子が連れて行かれ、事情聴取され家宅捜索され。。。
その戸惑いと嘆きが著されていた。

自分の子供だけは、事件を起こさない
と誰が言い切れるだろう。

少年犯罪は、新聞に、テレビのニュースに、ネットに溢れているけれども、ひと昔前と違ってその容疑者は ほとんどが普通の家庭の子なのである。

彼らが突然キレる理由は何なのか解らない。

親が殴って育てていたからとか、受験体制の被害者とか、学校教育が悪かったからとか。
マスコミは大抵騒ぐが、それがどの程度の真実味のある情報かは解らない。

好奇心や出世欲で吐き出されたマスコミやネットからの情報。
それが真実かどうかは誰にも解らないでしょう。


誰でも被害者の家族にも加害者の家族にもなる可能性がある時代。

そんな、まさにを描いた映画。


この映画を見ても、貴方は

加害者の家族も死んで詫びろ。

と言えるでしょうか


容疑者の妹を演じた志田未来は、行末恐ろしい目力女優。
ただ事態に巻き込まれていくしかない中学生の少女をリアルに表現。

マスコミから与えられた情報について、そして、ネットの在り方について、自分は何を信じるのか、について。

ぜひ、見て、そして考えて欲しい映画です。

ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



 



容疑者の家族の保護?何から?

と、指令を貰った時言っていた三島の表情が船村家に到着した時、驚愕に変わる。

保護するのは、執拗にカメラを向けるマスコミ。
そして、ニュースやネットを見た一般人。

つまり、私たちである。

ネットって恐い。

「電車男」では見知らぬネットの住人が主人公を応援してくれたが、ここでは見知らぬネットの住人がみんな敵である。


かつて子供を奪われ、被害者の家族になり、今は加害者の家族を匿う事になるペンションの本庄夫妻。
彼らが唯一、この映画の中で両方の痛みを知った人たちだと言える。


自分の子供が事件に巻き込まれたら私だって佐々木蔵之介が演じる記者のように
加害者の家族にも罪を償って欲しい
と、思ってしまうかも知れない。

しかし、自分の子供が加害者になったら、

どうして何もしてないのに・・・

と、思ってしまうかも知れない。

両方の立場を深く考えさせられる。

誰かを守るということは、
  その人の心の痛みが分かるということ。



家族を守る決意をした沙織をこの後も「手紙」のような試練が襲うのかも知れない。


リベラの静かで美しい声音と共に、岸壁の上に立って、とりあえず1人で歩みを始めた少女と、
過去を断ち切って次の山へと進み始めた刑事。
それぞれの姿が、決して後味悪くなく描かれたラストも良かった。


 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」




リベラ/アヴェ・マリア

リベラ/アヴェ・マリア
価格:2,880円(税込、送料別)




にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
誰も守ってくれない@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。





【感染列島】たとえ明日地球が滅びようとも

感染列島


監督: 瀬々敬久
出演:  妻夫木聡、 檀れい、池脇千鶴、 国仲涼子、 田中裕二
公開: 2009年1月



たとえ明日地球が滅びようとも
君は今日リンゴの木を植える



日本のパニック物には、どうしても、恋愛お涙頂戴が欠かせないらしい。

ウルっとする部分も確かにあるんだけど、状況描写が有り得ない〜の連続なので感動も続かないし緊張感も続かない。

いっそ「恋愛」だけでも取り払ってもらえないだろうか。。。

と常々思うのである。。。


だって、こういう作品の場合、「愛」は患者を救いたい医師や看護士の気持ちや患者を思う家族の気持ちで充分に表現できるはずなのである。

それ以上に主役周りの恋愛って必要なのかなぁ。


とは言え、今回相当な覚悟で見に行ったので、

思っていたよりも、ずっと良かった

と言うのが正直な感想です。
(どんだけ〜に思ってたんだ

少なくとも「日本沈没」みたいに、沈み行く列島の中で、いきなり「アレし始めちゃうほどの余裕は無かったから。

院内の緊張感は、たっぷりと描かれていてウィルスの恐怖は疑似体験できたし、患者を救うために必死な病院関係者の尊い仕事ぶりも表現されていた。


私が一番心配だった、童顔なゆえ研修医にしか見えないんじゃ。。。と思われた妻夫木くんも、ある程度の中堅医師にちゃんと見えたし。。。


たくさんの「有り得ない」を最初から覚悟して見れば。。。

娯楽映画として良かったんじゃないでしょうか。


日本沈没<<<感染列島<252

な感じでした。



ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ




 



結局、池脇千鶴の父が全部悪いんじゃん

って話。

辺境の地で医療に従事するほど奉仕精神に溢れているクセに、ウィルスに感染している可能性を 承知しながら日本にのこのこやって来るなんて

ありえないでしょ〜〜


感染源だと解っている島で、建物に入る時しかマスクしない松岡。。。

あのエビ工場で、松岡に感染者がどんどん群がってくるシーンは「ゾンビ」かと思ったどこから湧いてきたんだ。
いや、それ以前に何で生きてるんだ。。。

人が誰も外に出ず、閑散とした東京の街で、建物が壊れたり車があちこちに転がってたり。

何か戦争でも起きたのですか〜

これ言っちゃお終いだけど

あんなに無防備なのに主役は元気

病院が人手不足でヒーヒー言っているのに、小林とお出かけ。
感染源の島にお出かけ。

あの間、病院の中では指揮する医師はちゃんと居てくれたの


すっごく覚悟して見に行った私でさえこれだけツッコミ所があるんだから、全然覚悟してなかった人にとってはツッコミ所だらけだったろう。。。


養鶏所のお父さんと娘。。。
可哀想。

人間って残酷だわ。
集団って残酷だわ。


亡くなる前に小林が松岡に言ったひと言

「この顔が好きだったのよ」


それは、あんただけじゃないよ〜

と思ったのは、私だけじゃないはずだ

・感染列島 公式HP kansen-rettou.jp/

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」






にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
感染列島@映画生活 トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。



【K-20 怪人二十面相・伝】走る、飛ぶ、お正月映画

K-20 怪人二十面相・伝


監督: 佐藤嗣麻子
出演:  金城武、松たか子、仲村トオル、國村隼、本郷奏多
公開: 2008年12月



今年一発目は「K-20」

昨年、見損なって楽しみにしていた1本です。


期待通り、金城、走る
金城、飛ぶ
金城、笑う



。。。のかと思ったら、最初の方は
意外とそうでもなかった

痛快劇に至るまでの時間が、ちょっと長い。


平吉が訓練し始めてからは、見ていて爽快

アクションも仕掛けも楽しい。


元々、怪人20面相・少年探偵団シリーズは、
江戸川乱歩のジュヴナイル小説。

まるでルパンのように壁を走り、高いところに
飛び乗り、また飛び乗って。。。

を繰り返しても、「こんなの有り得ない
とか夢のない事を言ってはいけない。

子供達は、たぶん喜んで見るだろう。

(そして、あ〜、このスタントマン、すげ〜
とか、ついつい思ってしまう私は夢のない女)


結末には賛否両論ありそ〜


とにかく、お正月映画には持ってこい
(でも、正月はもう終わった・・・
の豪華な一本です。

レトロな時代風景とアクションに満足





ここから下ネタバレ。観る予定の方は、観てから読んでね



 






やっぱり仲村トオルさん、こんな役を。。。

最近、ちょっと「犯人役」から離れた姿を見ていたから、
すっかり忘れてたよ。。。ase

何かバカな明智小五郎だとは思ってたの。

20面相が、こんなに簡単に捕まると思ってんの

とか、

どうも、愛想も優しさも感じられない
明智だなぁ。。。
と。


私は、実は、源治が20面相だと思っていたのよね。。。

あの装置の所で、

残念だったな

と、突然豹変するのかと〜。。。


20面相との対決は「少林少女」を思い出した。


あの展開は明智小五郎ファンからの
クレームは来ないの


明智は明智のままで生かしておいて、
20面相も普通に生かしておいて、続編を作る

って言うのもアリだったんじゃないかと思うんだけど。。。

ちょっともったいないね。


・K-20 怪人二十面相・伝 公式HP


K-20 怪人二十面相・伝@映画生活 トラックバック




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。