映画@見取り八段 トラックバックセンター

【ユメ十夜】世にも奇妙なオムニバス

ユメ十夜


監督: 市川崑・清水崇・松尾スズキ・清水厚豊島圭介天野喜孝山下敦弘西川美和山口雄大
キャスト:  小泉今日子、阿部サダヲ、松山ケンイチ、戸田恵梨香、うじきつよし、堀部圭亮、香椎由宇、山本耕史、菅野莉央、品川徹、市川実日子、大倉孝二、藤岡弘、山本浩司、緒川たまき、ピエール瀧、本上まなみ、石坂浩二
公開: 2007年1月



CSチャンネルNECOにて視聴。

劇場では見れなかったけど、CS で何度か見てるので、これでもう4・5回目くらいですかね…。

原作は夏目漱石の夢十夜


原作も好きです。

この映画の奇妙な世界観もかなり好き。笑2.gif

自分もよく変な夢を見る。
覚えている事が多いです。

11人の監督が原作をモチーフに、ハッキリ言って好き勝手に作ってる感がある。

だから、面白いのかな。


個人的には印象が強いのは第三夜。第六夜。第十夜。

第三夜は、「呪怨」清水崇監督。

これは、原作でも一番印象に残ってる。

背中に負ぶった子どもが・・・・・・・
原作も、まんまホラーのようです。
とにかく、こわい。汗2.gif

映画の方が、ちょっとユーモラスで、原作よりも救いがあるかも。。。


第六夜は、松尾スズキ監督。

運慶が仁王像を彫る話。
集まってくる見物人に見せるダンスパフォーマンスが凄い〜

セリフは英語だし2ちゃん語連発だし。
阿部サダが相変わらずぶっ飛んでます。


第十夜が、実は一番好きだったりする。。。

これは、松ケンファンにはたまりません。ハート.gif

醜い女が大嫌いな綺麗なモテ男の話なんだけど、この松ケンは、とにかく美しい〜。

しかし、ストーリーと映像は相当グロいです。

が。。。。。夢に出てきそう。


どの夢が好きかは、人によって好みが 分かれそうだけど。。。

いずれもストーリーには、期待しないでボーっと見るのがお薦め。

なんせ、ですから。笑2.gif

「ユメ十夜」予告動画。


 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」

 


【送料無料】ユメ十夜

【送料無料】ユメ十夜
価格:4,442円(税込、送料別)





にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
ユメ十夜@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。





【 ジェネラル・ルージュの凱旋 】医療現場は崩壊するのか

ジェネラル・ルージュの凱旋

    

監督: 中村義洋   
キャスト: 竹内結子、阿部寛、堺雅人、羽田美智子、山本太郎、貫地谷しほり、尾美としのり、高嶋政伸、佐野史郎、玉山鉄二、平泉成、野際陽子、國村隼、正名僕蔵、林泰文
公開: 2009年3月7日


2009年3月10日。劇場観賞

昨年公開された「チーム・バチスタの栄光」続編。

公開時、私の「チーム・バチスタ」の感想は、イマイチだったのだが、 実は、あの後フジテレビが作ってくれた超駄作ドラマのおかげで、ずいぶん映画の評価が上がったのである。

映画の後で原作を読んで、その凄さに感嘆→フジの連ドラでゲンナリしてからCS「バチスタ」を見直したら、その緊張感、テンポの良さ、全てが輝いて見えた。泣.gif

だから、今回の続編は、ちょっと期待して見に行った。
原作は手元にあるが、まだ冒頭部分しか読んでいない。

。。。で、「ジェネラル・ルージュ」

ちょっと。。。前半のダラダラ感が。。。汗.gif

今日は、花粉が凄くてコンディションがイマイチだった事もあってか1時間くらいは、眠くて仕方なかった〜。

田口と白鳥の掛け合いの面白さが少ない。
。。。って言うか、出番自体が少ない。。。気がする。

そして、私にとっては、この人を見に行った

堺雅人さまハート2.gifの出番が思ったよりも少なくない。汗2.gif

主役の2人と堺さんよりも、高嶋政伸の方がよほど印象に残ってしまった〜。

あのネットリした雰囲気。。。
「感染」の時のイメージ。

この人も、温厚な役からこんな役まで、いろいろとこなす人だわ〜。

スクリーンにグッと惹きつけられて目が離せなくなったのは後半。

ストーリーの展開の意外性と、医療現場の闇と影、そして、堺さんの熱演。主役2人の掛け合い。

見せ場は全て後半に詰まっている。

このギャップが激しすぎた気が。。。汗.gif
前半がもったいない。

前作との関連性は特にないが、見ておいた方が良いかな。。。
作品に対する思い入れとワクワク感が違うから。


ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



 




後半の臨時倫理委員会が圧巻

癒着を認める速水と、そのカラクリ。 医療現場の実態を叫ぶ速水。
沼田と三船の工作と、それが露見するカラクリ。

。。。そして、自殺した営業マンの真実。

後半は、ほんと、息つく間もなかったわ〜。

金になる事だけを病院の主軸に持って行こうとしたら、患者はどうなるの?

経済効率だけを考えていたのでは日本の医療は崩壊します。

と言う高階院長の言葉は重い。

真っ当な医療を行いたかった。
速水の行いは正義から出た物だった。

上に立つ者は、時にわがままにならなければいけない。
それで救える命が1つでもあれば。


ラストの展開も面白かったな。

チュッパチャップスは読めたけど。。。笑.gif

事故で院内が騒然とするクライマックスで、前作のメンバーが出てきてくれたのは嬉しかった〜

玉鉄〜きゃ〜ハート2.gifと思ってしまった。笑2.gif

速水の恋愛話は、必要なの

とは思うけど、

堺さんだからOKハート.gifってことで。笑.gif

ドキドキしましたわ〜。笑2.gif

倫理委員会は、堺さんの独断場。

糾弾されて開き直るシーン、演説シーンに。。。

何だか脱走後の山南さんの姿が見えてしまった。。。
泣.gif


ただのサカイスキーのつぶやきでした。。。笑.gif


って事で。。。
これから原作を読んで、来週もう一回、堺さんを見に行きます


 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」








【送料無料】チーム・バチスタの栄光

【送料無料】チーム・バチスタの栄光
価格:4,568円(税込、送料込)





にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
ジェネラル・ルージュの凱旋@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。



【チェンジリング】理不尽な世界との闘い

チェンジリング 〜Changeling〜


監督: クリント・イーストウッド
出演:  アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・マルコヴィッチ、ジェフリー・ドノヴァン、コルム・フィオール、エイミー・ライアン、ジェイソン・バトラー・ハーナー、マイケル・ケリー、ガトリン・グリフィス、デヴォン・コンティ、ジェフリー・ピアソン、エディ・オルダーソン
公開: 2009年2月20日


2009年3月4日 劇場観賞。

自分の子供が解らない母親がいるだろうか。

例え、数ヶ月会わなくても。。。
母親が「自分の子供ではない」と言ったら、そうに決まっているじゃないか。

そんな当たり前の事が受け入れられない世界。

ただ我が子に会いたいだけなのに。
ただ我が子を探して欲しいだけなのに。

たったそれだけの事が、なぜ受け入れられないのか。
あまりの理不尽さに観ている間、何度も目を見開く。

2時間20分の上映時間。
長く感じるどころか、時間がどんどん過ぎて行った。

ワンシーンも見逃してはならないと思った。

辛いけど、切ないけど、悔しいけど。
これが実話だと思うと、余計見なくてはならない気持ちになる。

子供を奪われたシングルマザーをアンジェリーナ・ジョリーが抑えた演技で好演。

クリント・イーストウッド監督の作品は、心にズッシリ響くが、その重みを真実の重みとして受け止めたい。

ラストに、僅かな僅かな希望。

今までの人生で見てきた映画の中でも上位の何本かに入ると言っても決して言い過ぎではない。秀作。

ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



 



ジェフリー・ドノヴァンのジョーンズ警部に 頭に血が上るかと言うほどの怒り。。。怒2.gif

全ては、この人と警察の保身と怠慢から始まった。

見知らぬ子供を連れてきて
「あなたの子供です」
って。。。おい・・怒.gif

違うって言ってるのに。どうして認めてくれないの

スクリーンの中のクリスティンと一緒に心の中で何度も叫んだ。

警察にも頭に来たけどね。。。
あの身代わりの子供は何なの〜汗.gif

警察に言わされた、って言うのは解るけど、最期まで何かアッケラカンとした態度がしゃくに障る。怒2.gif
(迎えに来たあの母親も「お騒がせしました〜」で終わりかい…)

こんな理不尽な世界でも、助けになってくれた人たちの存在に少しは救われる。

どんな世界でも正しい行いが出来る人たちの存在が、ストーリーの中の光になっている。

理不尽な権力の世界も切なく重かったが、20人の子供殺害のゴードン・ノースコット事件もまた、心凍らせる物だった。

この事件のおかげで、結局は警察がクリスティンの言い分を正しいと認めざるを得なくなるのだから皮肉な物である。

ジョーンズ警部は、最初、この事件の事さえ調査せずに葬ろうとしていたんだから。。。
本当に正義の欠片も持ち合わせていなかったんだよね。

そんな腐った警察の中でも、真実を求めようと動いた人がいた。

どんな世界でも、光はある。


ラストのクリスティンの

「HOPE(希望)」

のひと言に。。。

観ている者は誰でも、一筋の希望の光を感じただろう。


個人的には、ゴードン・ノースコットの手伝いをさせられていた、あの少年のその後が、 とても気になる。。。

今の時代だったら、強制的にやらされていたと言う事で情状酌量の余地もあるだろうけど。
年齢的にも、罪にはならないし。

でも。。。あの時代では。。。どうだっただろう。
あの子にも、希望のある未来がありますように。。。


追記・・・彼は許されて、きちんとした生涯を送れたらしい。
参考 ゴードン・ノースコット事件 by wikipedia
ちょっと救われたわ・・・
泣.gif

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」








にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
チェンジリング@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。