映画@見取り八段 トラックバックセンター

【重力ピエロ】楽しそうに生きていれば重力なんて消える

重力ピエロ


   

監督: 森淳一
原作: 伊坂幸太郎

出演:  加瀬亮、岡田将生、小日向文世、鈴木京香、吉高由里子、渡部篤郎
     
公開: 2009年5月23日



子供は無理にお利口に育とうとすれば歪みが生じる。

春と言う青年が、どれだけ重力を感じながら生き続けてきたか
それを想像すると心が痛い。

たぶん、賛否両論の決断なんだろうな、と思った。

受け止める事も受け取る事も難しい。


観る人の立場によっても全く感じる事の違う映画だと思う。


我が家には男の子が2人いるので、こういうのを観ると、いつも考える。

自分の子育ては間違って来なかったか。
この子たちは、何を考えているのか。

本当に、いつも考える。

だから泣けてしまうのである。

この父母の広い心と、子供を受け止める大きな目と、そして、あまりにも繊細で折れそうな子ども達の姿に。


映像的には、桜の花びらと共に落ちてくる美しい春の姿に初めから釘付け。

原作は未読だが、岡田将生くんは素晴らしく適役だったと思う。


家族として、人間として、人の一生を支えていく
愛の大きさ、深さを考えさせられる映画。


【関連記事】
「お涙ちょうだい」じゃない。大人「涙活」のための泣けるおすすめ日本映画まとめ


ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



 




この作品の中で、吉高由里子ちゃん演じる夏子さんは、もの凄く重要な人物だと思う。

夏子さんと言うストーカーが見守っていたからこそ誰も気付かなかった春の歪みが見えたのだから。

おかしいです。完全に歪んでます。
お兄さんしか助けてあげられる人はいません。


そういう意味では春は幸せな人なのかも知れない。

理解があって見ていてくれる人がいて。
助けてくれる人がいて。
受け止めてくれる父がいて。

たぶん多くの若者が、そういう存在を持たずに誰にも気付かれないまま犯罪を犯したり押しつぶされて心の病に陥ったりしていくんだろう。

春は、たくさんの愛情に恵まれた人である。


楽しそうに生きていれば地球の重力なんて消してしまえるんだ。

大きな心。
父の言葉が心に残る。

人間の強さは、心の強さだね。
本当にそう思う。


この世の中に、死んでも良い人間なんていない

と、私も世間一般の理性や良心に基づいてそう思って生きているけれども、春がやった事については何も責める気にはならない。

1人の人間に20年も重力を掛け続ける。
そんな存在が許されて良いはずはないから。

・重力ピエロ 公式HP jyuryoku-p.com/


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」









【送料無料】映画「重力ピエロ」photo book

【送料無料】映画「重力ピエロ」photo book
価格:1,543円(税込、送料込)




にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
重力ピエロ@映画生活トラックバック
・象のロケット
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。






【天使と悪魔】神は科学と仲直りできたのか

天使と悪魔
〜Angels & Demons〜



監督: ロン・ハワード
出演:  トム・ハンクス、ユアン・マクレガー、アイェレット・ゾラー、ステラン・スカルスゲールド、ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ、ニコライ・リー・コス、アーミン・ミューラー・スタール、アーミン・ミューラー=スタール
公開: 2009年5月


2009年5月20日劇場観賞。

歴史と美術品・建造物はセットだ。
それらは歴史の中で作られていくから。
宗教も、またしかり。

歴史が好きで美術の道へ進んだ私のような人間にはたまらないこのシリーズ。

ヴァチカンの神秘を思い切り堪能できます。

宗教を神秘だと思い、ことさら興味を惹かれるのは自分自身がそれと無縁だからなのかも知れない。

そういう意味で、私もラングドン教授と同じ

自分の神を持たない者

である。

神を持たない者にとっては、その世界観は異様に映る。

彼らは何を欲しているのだろう。

自分の神は自分の思う通りの存在であって欲しい。
そんな願望が彼らを動かすのかな。


「ダヴィンチ・コード」では犯人扱いされて逃亡していたラングドン教授も、今回はただ謎を解く人。

だから前作よりも安心して見ていられる。

あの音楽と共に惹き込まれる神秘と謎解きの世界。

美しい教会と無惨な生け贄。

ラストには

とてつもない感動が待っている。


ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



 



もう冒頭からあの音楽に引き込まれ。。。
壮大華麗な建築物に引き込まれ。。。

ああ、私、やっぱこの映画好きだわ〜。。。

と思う。


カメルレンゴが爆弾を持ってヘリで上昇し、ヴァチカンが光で覆われ、光の雲の中からパラシュートで降りてきた時。。。

本当に感動して涙がボロボロ出たのに……

私の涙を返せ!!!

いや、ユアン・マクレガーは初めから怪しいと思っていたんだけど〜…。
だまされた。。。。。泣.gifひたむきに見えたので。

カトリックでは殺人は勿論、自殺も許されない。

彼は、もう絶対に神の国へ行く事は出来ないのだ。

あの爆弾を抱えてヴァチカンから飛び立った時は、神を、ローマを守りたいと純粋に考えていたのかな〜。
。。。それとも、あれも計算だったのかな…。

純粋な気持ちだったと思いたい。泣.gif


最後の枢機卿が助けられた所から、もうずっとウルウルしっぱなしだったと思う。

神がローマに使わしたのだ、と言われた「神を持たぬ者」・ラングドン教授。

新教皇がバルコニーから見下ろす広場の群衆。

長い長い悪夢から覚めて、素晴らしく美しい朝を迎えたような、そんなラストシーンが心に焼き付く。

【関連記事】
ダヴィンチ・コード感想


「天使と悪魔」公式サイト

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」








にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
天使と悪魔@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。