映画@見取り八段 トラックバックセンター

【劔岳 点の記】本物の映像・本物の苦労

劔岳 点の記

      


監督: 木村大作
出演:  浅野忠信、香川照之、松田龍平、仲村トオル、宮崎あおい、役所広司、小澤征悦、國村隼、井川比佐志、夏八木勲、モロ師岡、螢雪次朗、仁科貴、蟹江一平、小市慢太郎、安藤彰則、橋本一郎、本田大輔、新井浩文、鈴木砂羽、笹野高史、石橋蓮司
     
公開: 2009年6月20日



昔は地図を作るのにも、こんな苦労があったんだなぁ。。。
陸軍参謀本部の測量手である柴崎芳太郎による日本最後の空白地点・剣岳への初登頂と測量。

それでも男達は山に登った。
出世のためでも競争のためでもなく、それが天から与えられた仕事だったから。


誰も登らなければ道はできない。
わしらが登れば道はできます。


物事の「最初」をやり遂げる男達の熱い姿。


映像はオールロケ。
CGは一切使われていない。
山の美しさ、気高さ、厳しさは、全てそのまま。作り物のない自然の姿である。
それが黒澤組のカメラマン・木村大作の拘り。


ただね。。。

映画が動く写真だと考えれば確かに素晴らしい映像なんだけど、その分、ストーリーの方は薄いような。。。

いや、物語の中身は濃い。。。はずなんだけど。
危機とか悩みとかそういう心に訴えてくる物が、なぜか私にはあまり感じられず

ゴチャゴチャとエピソードはあるんだけど、時間の割りには、気付くと登頂成功してました。
。。。って位にあっけなく感じたんだけど〜。。。。

木村大作と言うブランドに対して世の中は褒め称えすぎなんじゃ。。。
とか、ちょっと言ってみる。。。ase

どこに行ってもすごい高評価なので恐くてこんな記事、トラバ飛ばせないよ

って事で、同じくらいの感想を持った方にだけトラバ付けさせて頂こう。。。かな

映画ブロガーさま各位には、こんな記事でよろしかったらトラバは頂いた分にはお返しさせて頂きますase

私がこの映画で一番感じ入ったのは、浅野忠信と言う人の飄々とした存在感である。
今までもこの人が出ている映画は何本か観ているはずなんだけど。。。

スクリーンの中の時代にピッタリ染まって、元からそこにいたかのように填め込まれた自然さ。

宮崎あおいちゃんとの若夫婦姿が凄く可愛らしくて良かった。


ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



 




仲村トオルと登山隊の何だかチャラっとした姿にハラが立っちゃった

なんだ、あのダラっとしたコート。。。
あんなんで山を登るのかいっっ

。。。と測量隊の人たちが登山隊を敵視する気持ちも理解できたりして。。。

でも、あの人たちもあの恰好で、ちゃんと登山に成功してたね。


全く関係ない話ですが、仲村トオルさんと香川照之さんは同じ年で親友同志なんだそうで。。。

この撮影は嬉しかったかもね。
お疲れさまでした。


 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」






にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
劔岳 点の記@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。





【ガマの油】どんなもんじゃい!ファンタジー

ガマの油


監督: 役所広司

出演:  役所広司、瑛太、小林聡美、二階堂ふみ、澤屋敷純一

公開: 2009年6月



え〜。。。観たのは公開してすぐの水曜日だったので
記事を入れている日付ですが、記事を書いている実際の
日付は9月です

もう観てから3ヶ月経ってる〜gaaaan

すでに劇場公開は終わってますね。

何でこんなに書けなかったのか。。。は、解らない。
他に書く物がいっぱい出来て、後回しになっちゃって〜
思い出しながらサラっと書きます。
多少のネタバレ含むかも。


って言っても何か書きづらいase


不思議な作品だったな〜と言うのが
大まかな感想。

テーブルにど〜んと盛られたコロッケ。
不思議な食卓。

あんな家で、まともな子供が育つのか。。。
と、思うけど、ごくごく好青年で優しい息子・拓也。

子供を失って嘆く夫婦。
どんな金持ちだってその辛さは変わらない。

拓也が家に住まわせてやろうとしていたサブロー。
彼と息子を失った拓郎の旅が始まる。


姿が無くてもこの作品のキーになっている拓也。
瑛太の優しい空気のような存在感がピッタリはまる。

光の二階堂ふみちゃんは新人
最初は、あまりの棒演技に付いていけない。。。
と不安だったんだけど、慣れてくると
太陽のように明るい笑顔が、また役にハマってる。

澤屋敷純一さんは、現役のK-1ファイターなんだそうで。。。
演技はともかく、何だか純真そうで、不思議な存在感があった。

ガマの油売りは、不思議な懐かしさ。
あんなの見た事もないんだけど、どこか昔会った風景の
ように感じてしまうのは何故だろう。


意外に思ったのは、役所さんが初監督に選んだのが
こんな作品だった事。

数々の社会派映画、時代物映画に何本も出演し、
世界にまで出る大物俳優の選んだ作品は
ファンタジックな家族の物語。

どんな仕事人間も、最後は家族に戻るって事なのかなぁ。。。

 





ガマの油@映画生活トラックバック


『ハゲタカ』金のない悲劇、金のある悲劇

ハゲタカ


監督: 大友啓史
出演:  大森南朋、玉山鉄二、栗山千明、柴田恭兵、松田龍平、高良健吾、遠藤憲一、嶋田久作、中尾彬、志賀廣太郎、小市慢太郎、脇崎智史、グレゴリー・ベーカー
     
公開: 2009年6月



  


平成19年2月よりNHKで放映されていたドラマ「ハゲタカ」の映画版。

企業買収を軸に複雑に絡まった人間たちを描き、企業とは、金とは、物の価値とは、労働とは・・・と言う人間と金の本質を描いた硬質なドラマだった。

ドラマはその後も何度か再放送され、ドラマブロガーの評価も非常に高い秀作だ。

映画版は、どんなモンだろう・・・と多少の不安感を持って見に行った。
でも、良かったですよ。

主要キャストが・・・テレビなら良いけれどもスクリーンでは弱いのではないか、と言うのが心配の1つだったんだけど、そこは玉山鉄二の投入で視覚的にも華やかになった。

ストーリーはテレビシリーズの時と変わらず緊張感と高揚感を交えて人と金と企業を丁寧に描いたと思う。

ドラマをずっと見ていた身としては、映画だけ見に行った方は、松田龍平が演じる旅館の経営者・西野が、いきなり出てきて意味解らないんじゃないの?
とか、ちょっと思っちゃったんだけど。。。

ドラマの方でお付き合いいただいている方が元ドラマを知らなくても充分面白かったと言われていたので、まぁ、良かったのかなぁ。。。とか。。。笑.gif

何にせよ、映画だけ行かれた方、これから映画だけ見ようか、と言う方はぜひドラマの方もご覧になってみて下さい。

この映画が気に入った方は必ずドラマの方にものめり込めると思うので。


金がない悲劇、金がある悲劇。
どっちも地獄。



赤いハゲタカは、今でも地獄に落ちているんだろうか・・・

ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ






ううう・・・実際のこの記事のUPDATEは7月27日です汗.gif
もう1ヶ月以上経つぞ〜。。。

もう終わっちゃってる劇場もあるよね〜。。。レビューのUPは素早く。。。頑張ろう泣.gif
とりあえず、簡単レビューで〜笑.gif


劇場版もドラマ版と同じく、結局は救われない人間が出てくるしかない、と言う。。。

金は有り難い。そして、金は恐い。

劉一華は金のない地獄の中で赤い車を見た。

赤い車に託した夢は金のある地獄の中で彼に敗北と死をもたらせた。

何かやりきれない結末である。


映画版の一番の不満点と言うか、変な所と言えば、たぶんドラマを見ていなかった方は誰もが思うだろう
何で旅館のオヤジがスタンリーとブルー・ウォールの
仲介役にいきなり入ってきたの??


って事かなぁ。。。

はぁ。。。この強引さはドラマを見ていた者にとっても謎ですが、今回の西野自体がドラマ版ファンのために出してみました的な所がある気がするので。。。

ま、ファンサービスって所でしょうか。
でも、唐突すぎたよね汗2.gif

映画しかご覧にならなかった方はドラマの西野を見ていただけると…どれだけ重要人物だったか解るかと笑.gif

しかし、スクリーンであんなでっかい平均足チャートを見せられるとは思わなかった〜汗.gif

あれはリアルだったな。
大暴落していく株価チャート。。。
ホラーより恐いわっっっ!!


金のある地獄かぁ。。。

金が無いのが当たり前のこの身からして考えると一度見てみたい気もしてしまう汗2.gif

何事もほどほどが良いとは申しますが。。。

地獄とまでは言わないが、入り口くらい見たいぞ汗.gif

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」

  

【送料無料】ハゲタカ DVD-BOX [ 大森南朋 ]

【送料無料】ハゲタカ DVD-BOX [ 大森南朋 ]
価格:10,773円(税込、送料込)



【送料無料】映画 ハゲタカ [ 大森南朋 ]

【送料無料】映画 ハゲタカ [ 大森南朋 ]
価格:4,536円(税込、送料込)





にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
ハゲタカ@映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。