映画@見取り八段 トラックバックセンター

【ディア・ドクター】その嘘は、罪ですか。

ディア・ドクター


   

監督:  西川美和
出演:  笑福亭鶴瓶、瑛太、余貴美子、八千草薫、香川照之、井川遥、松重豊、岩松了、笹野高史
     
公開: 2009年6月


第33回日本アカデミー賞 最優秀脚本賞、最優秀助演女優賞(余貴美子)受賞


この村に医者はひとりもいない。
ひとつの「嘘」
ずっと言えずにいた、もうひとつの嘘。
山あいの村で起きた失踪事件。

その嘘は、罪ですか。



「ゆれる」の西川美和監督最新作。

余計な音楽がない。

風に揺れる稲穂の音や、木のざわめきや
皮の音や伊野先生のバイクの音や・・・

そういう自然な音が、自然な風景の中で生かされている。


出演者もそういう自然の中で普通に生きていた。

無医村だった村で、無くてはならない存在になった伊野と
彼を支える看護婦と
研修のために村に来たボンボン。

村の人にとって、彼らはどういう存在なのだろう。

伊野にとって、村人たちはどういう存在だったのだろう。

高齢者だらけの村に必要な医者とはどういう存在なのか。

伊野先生の存在意義を考えてしまった。


「ゆれる」と同じように

観る人によって、どんな風にも捉えられる展開と
結末が待っている。







ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね







 






いいんですか?
訴えられるのは私の方だと思うんですけど。


と、鳥飼りつ子は、刑事に言う。

刑事は村人にも看護士の大竹にも研修医の相馬にも
製薬会社の斎門にも事情を聞くが、みんなが
伊野の事をほとんど知らずにいた。

刑事に返す曖昧な返答。
詐欺に掛かったと怒っている人はいない。
みんな「気付かなかった」と軽く言う。

でも

ケガで診療所に運ばれてきた患者が
気胸を起こして処置しなければならなくなった時、
どういう症状なのか、どうすれば良いのか、
何を使うのか。。。

誘うように、操るように、言葉を続ける大竹さんが
恐かった。

あの時、思ったの。

村が必要としているのは伊野の「存在」で、

詐欺だと思っていた伊野の方こそ操られていたのでは
、と。


飛んでくるボールを打ち返し続けてきた。

と相馬に言う伊野。

かづ子に村で死んで欲しかった伊野。


あの人だったら、母をどういう風に死なせたんでしょう?

りつ子の言葉は、とても重い。


村で死にかけた老人を蘇生しようとした時、
家族は伊野を見ながら首を横に振る。

老人だらけのこの村で、村人は誰も
延命措置など望んではいない。

だからこそ、伊野は知識が薄くても、やって来れたのだろう。


もしも、都会の病院に入ったら、たくさんの管に繋がれ、
機械に監視され、生かされ続けるだろう。

たぶん、かづ子も。


大昔は、医者なんて免除はなくて、
たぶん、おまじないや薬草を施してくれる
「特別な存在」の人がいて、その人が診てくれると
何故か身体の具合が良くなって。。。

伊野は村にとって、そういう「特別な存在」になったのだ。

資格なんてあろうがあるまいが村人は伊野が必要だったのだ。

。。。だから、多くの人が気付いてはいたのかも知れない。

あのお祖父ちゃんの家族も。



あの駅で、伊野を追う刑事たちと、
電車が通り過ぎるまでに 何が起きたか。考える。


刑事は本当に、側にいた男が伊野だと気付かなかったのか。

村で話を聞く内に、
「その嘘は罪ではないのではないか」
と考えるようになったので見逃したのか。

かづ子に会ったら、自首するように勧告して逃がしたのか。。。



ラスト、伊野とかづ子の笑顔に救われる。



・ディア・ドクター 公式HP www.deardoctor.jp/


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」





にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
ディア・ドクター@映画生活トラックバック
・象のロケット
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。


★前田有一の超映画批評★






【ハリー・ポッターと謎のプリンス】もう子どもではいられない世界

ハリー・ポッターと謎のプリンス
〜Harry Potter and the Half-Blood Prince〜


監督: デヴィッド・イェーツ
出演:  ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、マイケル・ガンボン

公開: 2009年7月



ハリー・ポッターも、もう6作目。

1作目からずっと、彼らの成長を見守ってきたファンとしては
本当に待ち遠しかった新作だ。

あのテーマ曲を聴くだけでゾクゾクする。。。

と、思ったんだけど、あれれ。。。

何だか、音楽が重い。。。

確かに
前作「不死鳥の騎士団」が、あんな風に
終わってしまったからには、もう無邪気な世界には戻れないかな。

「謎のプリンス」は恋と戦いの2本立て。

無邪気に肩寄せ合っていた彼らもお年頃になり、
関心は当然ながら異性の事。

悩んだり、当てつけたり、泣いたり、笑ったりドキドキしたり。。。
そういう青春真っ盛りの楽しさが魔法学校ならではの
ドタバタで繰り広げられる。
その部分は面白かった。

ただ、そういう友情も恋もない所にいなければならなくなった
選ばれてしまった「彼」の身の上を考えると、とても辛い。

彼の事は、1話目から印象は悪かったものの、
ついにこんな事になってしまうとは。。。

だって「彼」にとってもここは思い出が詰まった場所のはずなんだもの。

ハリーと、そして「彼」も友達も
みんなを巻き込んだ戦いについては、ぜひ劇場で。。。

としか今は言えません。

何を書いてもネタバレになるし

「謎のプリンス」は最終章へ繋がる序章だ。
本当の戦いは、ここから始まる。

ハリーたちは平和を取り戻すことはできるのか。

それは、来年と再来年の最終章へと繋がっていく。





ここから下ネタバレ。観る予定の方は観てから読んでね




 






えっと。。。こっから下は本当にネタバレだらけなので
観てない方は本当〜に読まないでね





ちなみに私は原作は読んでません。


ドラコは1話目から意地悪少年役として活躍してたけど
ただ意地悪なだけで可愛げはあったよね。

何だか、今回は嫌いになれなかったな。

学校にいても、みんなのようにパーティで恋を語れない。
昔のような取り巻き意地悪友達もすでにいない。
それでも学校は第2の故郷だったはず。
終盤、メチャメチャになっていく学校を見る
ドラコの悲しい表情。。。

本当に可哀想だった。


校長を偲んで、みんなで掲げる追悼の灯の美しさ。

もう、戻れないドラコ。


ああ、ハリー・ポッターって、本当にもう子ども向けの
ファンタジーでは無くなってしまったな。。。


先ほども書いたように私は原作を読んでいないので
原作を読んでいる方が読んだら笑っちゃうかも知れないけど。。。

私はダンブルドア校長は死んでいないと思う。。。

スネイプ先生は最初から自分を犠牲にするつもりで
誓いを行ったんだろうな。。。

と、勝手に想像してます
(コメント欄での次回作のネタバレはご遠慮おねがいっっ


来年の「死の秘宝」が楽しみ




ハリー・ポッターと賢者の石(初回生産限定)

ハリー・ポッターと秘密の部屋(初回生産限定)

ハリー・ポッターと炎のゴブレット(初回生産限定)

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(初回生産限定)

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(初回生産限定)



・ハリー・ポッターと謎のプリンス 公式HP harrypotter.warnerbros.co.jp/site/



ハリー・ポッターと謎のプリンス@映画生活トラックバック


【おと・な・り】基調音で繋がるお隣との日常風景

おと・な・り

   

監督:  熊澤尚人
キャスト:  岡田准一、麻生久美子、谷村美月、岡田義徳、池内博之、市川実日子、郭智博、清水優、とよた真帆、平田満、森本レオ
公開: 2009年7月



風の音、水辺の音、鳥のさえずり、揺れる木の葉…

そういった日常の生活の中でかき消されている、そこにある事が当然の音。
普段は意識的に聞く事はないけれども、無いと不安な音。
それを「基調音」と言うらしい。

30代なのに恋人もいなく、仕事に夢はあるけれども何となく手を伸ばしきれずにいる。

そんなお隣同志の2人の、お互いの日常を別々に描いたストーリー。
特に揺さぶられる物もないけれども、出会えて良かった気になる映画だ。

音が筒抜けの安アパートで、いつの間にかお互いの暮らしの音の中に、安心を見つける。
隣は今日も平穏に暮らし、何かに向かって頑張っているのかな、と言う想像の中で1日を終える。

優しい映像と微笑ましいストーリー。


制作・ジェイストームの字が躍るのを見て最初、大変不安になったのですが…笑.gif

全く問題なかったです。

岡田准一は事務所など関係なく良い役者だ。
今さらアイドル映画に出るって事があるはずが無かった。

岡田くんに似合った、ほんわかした味のある映画だったと思う。


本当はこの映画、隣の県などでは5月くらいに公開されているのよね。

ウチが通っているシネコンでは、やっと今週やって来て、しかも来週からはナイターで1日1回しか上映しないらしい。。。

よって、ハリポタが世界で一番初めに日本で公開されるこのレディースディに、これを見る事になりました。。。泣.gif

でも、見て良かったよ。ハート.gif



ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



 



何の引っかかりも無かった、ってワケではない。

聡は「おとなり」の正体をいつから知っていたのかと言う事。

私は、結構、聡がこのアパートに住んでから早い時期に気付いたんではないか、と思っている。

少なくとも、この映画の中では初めから聡は隣に住んでいるのが七緒だと知っている。


茜が隣人は可愛いと言う話をした時の聡の「気まずい」反応。
茜が七緒が歌っていた歌の事を聞いた時、合唱コンクールの事を懐かしそうに語る。

何よりも、同窓会の電話をした時、うわずった声で「元気?」と聞いている。
これは前日、七緒が泣いていた事を知っていたからこそ。

で、一体、いつから知っていたんだろう…
もしも、初めから知っていて、七緒の隣の部屋に入ったんだとしたら、かなりストーカーに近いし。。。汗.gif
(岡田くんだから良いけど〜笑.gif

と思いつつ、ネットで色々と回ってみたら、舞台挨拶に行かれた方のブログがあり、監督は聡が隣人の正体を知った時期は「秘密」だと言われたそうである。

見た人の想像に任せるよ、って事なのかな。

でも、引っ越した時から知ってたとしたら、ちょっとやっぱり気持ち悪いよね。笑.gif
そこは否定して欲しかった気がする…。汗.gif

あとは、この映画の中で大切な語りになる
「基調音」の説明をしてくれるコンビニ店長。

とっても良い話だし。。。。
あの時は、とっても良い人なんだと思ってたし。。。

だから、あの店長があんな人だと知ったら、せっかくの「基調音」の話が

あいつ怒2.gif怒2.gifから聞いた話

って印象になってしまうよね。怒.gif

あの人は、あのまま、ただの七緒に片想いする良い人でいて欲しかったな〜。

・おと・な・り 公式HP www.oto-na-ri.com/

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


【送料無料】おと・な・り [ まなべゆきこ ]

【送料無料】おと・な・り [ まなべゆきこ ]
価格:1,200円(税5%込、送料込)







にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
おと・な・り@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。