映画@見取り八段 トラックバックセンター

【シンドラーのリスト】1人の命を救う者が世界を救う

シンドラーのリスト
〜SCHINDLER'S LIST〜


   

監督: スティーヴン・スピルバーグ
出演: リーアム・ニーソン、ベン・キングズレー、レイフ・ファインズ

公開: 1994年2月


第66回 アカデミー賞・作品賞、監督賞、脚色賞、撮影賞、編集賞、
美術賞、作曲賞受賞



2000年以前に観た映画は、HPやブログはまだやっていなかったので
感想がどこにも残っていません。
だから、記憶を辿っての簡単感想で。。。



公開当時、劇場で観ました。
先日ムービープラス で放映され、久々に観たのでUPします。


第二次世界大戦のドイツで、ナチス党員であった
オスカー・シンドラーは、自身の工場で雇っていたユダヤ人の工員
1100人の命をホロコーストから救った。

「シンドラーのリスト」は、その実話を元に作られた映画。

この映画を観る以前、子供の頃からアンネの日記などを
繰り返し読んでいたのでホロコーストについての知識はある程度はあった。

しかし、映像でここまで観たのは初めての体験だった気がする。

ドイツ軍が何もしていない、ただそこのいるだけの
ユダヤ人を石ころのように次々と撃っていく映像は衝撃だった。

映像は、ほとんどの部分がモノクロ。
ドキュメントを観ているような感覚があり、見終わった後は、ただ呆然。
その夜は、よく眠れなかった事を覚えている。

民族の虐待。
人間は何て愚かなんだろう。
肌の色が違ったって言葉が違ったって、宗教が違ったって、
銃で撃ち抜けば流れる血の色は赤。
私たちはみんな同じ人間だ。

戦争と言う狂気の世界の中で、そんな事さえ解らなくなっていたのか
同じ方向を向いた集団と言う物の恐ろしさ・・・

この作品の中の映像は、それをタップリと見せつけてくれた。
それだけでも価値のある一本だと言えるだろう。


シンドラーは始めからユダヤ人を救おうとは考えていない。
ただ、自分の工場に利益を出すために、賃金の安いユダヤ人が
必要なだけだった。
しかし、長く接していれば個人に対する情も出てくる。
それがやがては個人ではなく、ユダヤ人と言う一括りにされ、
殺されていく民族全体に渡っていく。
シンドラーは自分もユダヤ人も同じ人間であることに気付いたのだ。

実は、公開当時、私はこの映画を観て、いたく感動し、
この世で一番素晴らしい映画・・・とまで思っていた。
でも、今になってこうして見返してみると、当時とはちょっと
心境が違ったかな・・・

ラスト付近、あまりに良い人になっていき、ユダヤ人たちと
別れるシーンでは、イザック・シュターンに縋って泣くシンドラーと、
シンドラーの周りに集まるユダヤ人たちの姿に何だか
とっても「綺麗事」を感じてしまったのだ。

私の心が当時よりも曇っているのかも〜。。。

それでも、ユダヤ人たちがシンドラーに最後に送った
指輪に刻まれた文字

たった1つの命を救うものは、全世界を救う

には、やはり涙する。

この指輪は実際にシンドラーに贈られた物らしい。

この映画に対する評は色々あるみたいだけれど。。。

こんな世界の中で自分の身を危険に晒してまでも
何かを救おうとした勇気の人がいた事。


その事実を伝えただけでも、この映画の存在は
素晴らしい、と私は思うのだ。

こういう正義の人が世界に溢れなければ、
戦争はなくならないからである。

【関連記事】
・オスカー・シンドラー by Wikipedia
・ホロコースト by Wikipedia
・【戦場のピアニスト】感想


 


 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」






にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
シンドラーのリスト@映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。





【南極料理人】極寒の地のゆる〜い日常

南極料理人

   


監督:  沖田修一
出演:  堺雅人、生瀬勝久、豊原功補、高良健吾、西田尚美、小出早織、宇梶剛士、嶋田久作、きたろう、古舘寛治、黒田大輔、小浜正寛
公開: 2009年8月8日


南極って言ったら・・・昭和基地でしょ

って感じで物知らずな自分。

「ドームふじ基地」なんて初めて聞いた〜。
って、調べてみたら、他にも「あすか基地」「みずほ基地」と日本の基地は4つもあるらしい。

生物どころかウィルスさえもいない極寒の地で、基地の人々はどんな辛い仕事をしているのか。。。

どんなに大変な思いをしているのか。。。

どんなドラマが展開されるのか。。。



なんつー堅い映画ではありません


南極に派遣されてきた天才料理人が、少ない材料を使っていかに素晴らしい料理を作り、孤独なみんなを目覚めさせていくか!

とか言う、究極グルメ映画でもありません。


白い大地に閉じこめられた8人のおじさんたちのゆる〜いドラマが、ゆる〜い笑いを誘い、ホロッとするシーンもありつつも。。。
とにかく何だか笑っちゃう映画なのだ。


サカイスキーとしては、見どころありすぎです

料理する堺さん、体操する堺さん、子供をあやす堺さん、ちょっと髪の伸びた堺さん

オフィスや病院で熱く叫びながら熱血に仕事してる堺さんも良いけど、こういうホンワ〜とした堺さんが、やっぱり一番好きだ

ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



 



ネタばれ欄に特筆する事はないのは、観た方ならばまぁ。。。解ると思うのだ。

本当は、もっとバンバン料理が主体になる映画なのかと思ってたの。

でも、せっかく西村が味付けた料理に醤油たっぷりかけちゃう人がいたり、全部混ぜてご飯に乗せちゃう人もいたり・・・

出てくる料理は確かに美味しそうだけど、別にそれが主体のストーリーじゃないんだな。

西村の存在は、家庭におけるお母さん的存在だよね。

お母さんは家族が誰も「美味しい」って言ってくれなくても家族のために美味しい物を作るのだ

なぜなら
「美味しい物を食べると元気が出る」
から。


娘の歯を無くされちゃって、落ち込んで、ちょっとストライキの西村が起きていって厨房を覗いた時の光景は。。。。。

怒ってストライキしたお母さんに困って、仕方なく台所に立つ男だらけの家族みたいで可笑しかった〜

何となくバツの悪いみんなの雰囲気をぶち破る本さんのひと言。


西村さん。お腹空いたよ。


何かね〜笑いながらも、ほのぼのする

当方、サカイスキーですが、他にも生瀬さんとか豊原さんとか味のあるステキな俳優さん揃いで、それもまた楽しい

あ〜、楽しかったな〜

と笑顔で思えた映画でした

この映画を観た方は、ご飯の時、お母さんに
「美味しい」
って言ってあげてね。

愛のある食卓に感謝しよう

  

・南極料理人 公式HP nankyoku-ryori.com/

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


【送料無料】南極料理人 [ 堺雅人 ]

【送料無料】南極料理人 [ 堺雅人 ]
価格:3,591円(税込、送料込)









にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
南極料理人@映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。



【戦場のピアニスト】銃声の中の静寂

戦場のピアニスト
〜THE PIANIST〜

  

監督:  ロマン・ポランスキー
出演:  エイドリアン・ブロディ、トーマス・クレッチマン、エミリア・フォックス

公開: 2003年2月


第75回 アカデミー賞 監督賞・脚本賞・主演男優賞受賞
第55回 カンヌ国際映画祭 パルムドール受賞作品



ザ・シネマ にて視聴。

2003年の公開時に劇場で観ている。
その後もCS放映で何回か繰り返し見ている。
感想をUPできずにいたので、昨日CS放送で見たのを機に簡単感想。

実在のポーランド系ユダヤ人ピアニスト・シュピルマンの手記を元にして制作された作品である。

監督のロマン・ポランスキーもユダヤ系ポーランド人であり、「ユダヤ人狩り」から逃れて生き延びた体験者だ。


第二次世界大戦が勃発する前、シュピルマンはラジオ局でピアノを演奏するピアニストだった。

ナチスドイツのポーランド侵略により、シュピルマンのユダヤ人狩りからの逃亡生活が始まる。

作品の中で、人々はまるで人形のように、いや石ころのように次々と撃たれ転がされていく。
そこには声もない。音楽もない。
ただ銃声があるだけ。

占領軍は無表情にためらいもせず銃をユダヤ人に突きつけ何も言わずに撃つのだ。
音もなくその場に倒れる人間。
何体も何体も築き上げられていく死体の山。

その静寂が、とても恐かった。


1つの考えに洗脳された集団は恐い。

人を人と思わなくなった集団は恐い。

集団洗脳は戦時下に限らない。
日本でも何年か前、宗教団体に名を借りた洗脳の中で多くの人が犠牲になった。

もっと小さな社会の中でもそれはある。

例えば、学校や職場、地域におけるイジメだ。

集団で誰かに何かを言うとき、手が出る時、足が出る時。

その相手には血が流れている感情を持っている人間だ

と言う事を忘れてはならない。

相手も自分も同じ人間。
例え何かの集団に属する事があっても、理性と良心を捨てる事はあってはいけない。とつくづく思う。

1人1人がそう思っていれば・・・
戦争は無くなるんじゃないかなぁ。。。


戦争が終わって

穏やかにショパンを奏でるシュピルマンの頬をつたう涙。

地獄を見たからこそ、噛みしめる幸せ。

しかし、戦争が終わっても元に戻らない物がたくさんある。
家族、友達、そして、あのドイツ人将校。

戦争は奪う物は大きく得る物なんて何もない。

繰り返してはならない。


私たちは、こういう映画を観る度に過去を振り返り自覚しなくてはならないのである。

ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



 


映画を観るのに予習はいらない。

と、私はいつも思う。

原作を読んでいなければ解らない映画。
何か解釈本がなければ理解できない映画。

そんな物は一本の作品として完成されていないと思うから。

でも、この映画を観るためには最低、

ナチスとは何なのか。
ユダヤ人迫害とは何なのか。何故起きたのか。
第二次世界大戦があった事。
その時、ドイツは、ヨーロッパはどういう状況だったのか。
できたら「アンネの日記」など。
もっと出来たらシンドラーのリスト


くらいは知っていないとお話にならない

って言うか、それらは全て義務教育の中である程度は教わっている話のはずなんですけどね。。。

以前、テレビで渋谷の若者に第二次世界大戦についてインタビューしている番組があって、その中でギャルたちが

え〜日本って戦争あったの〜
とか
え〜負けたの〜
とか言っているのを見て。。。

日本の歴史教育って、ホント終わってる。。。
と思ったわ。

歴史の授業は人名や年号など教えるのではなく、自分たちがやってきた愚かな事について教えるべきなんだよ。

今日は8月14日。
明日は終戦記念日だ。

戦争と平和について考えよう。


〈関連記事〉

・ウワディスワフ・シュピルマン
・ホロコースト
・第二次世界大戦
・ナチス・ドイツ
・アンネ・フランク



 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」






にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
戦場のピアニスト@映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。