映画@見取り八段 トラックバックセンター

【カムイ外伝】あんまりなCGを役者の演技力でカバー

カムイ外伝


監督: 崔洋一   
出演: 松山ケンイチ、小雪、大後寿々花、小林薫、伊藤英明、佐藤浩市

公開: 2009年9月



もしかしたら、酷評に近い物になっちゃう。。。
すごく思い入れのある方は読まない方がいいかも〜


ずっと以前から予告を見ていて、すっごく楽しみにしていた。

目的は、「カメレオン俳優」松山ケンイチ

原作である「カムイ」自体には、特に思い入れはないです。

最初、アニメーション(動く紙芝居みたいな〜)や
ナレーションばかりが映し出されたので面食らったけれども、
それにも増して面食らったのが、CGとワイヤーアクションだった・・・

人間が高く飛ぼうとする時に使う筋肉や、木から木に飛び移る時に
蹴る力やリアクション、こういう時にはこう動いてからこうなるだろう、
って動きを全部無視

棒のように突っ立った人間を人形のように吊して
飛ばしてみました、って感じ。。。

ちなみに、私、別に体育関係に優れた者ではありません。
そんな運動素人の自分でさえもそう感じてしまうほどの不自然さ。

この映画はアクションが売りなんじゃないんだろうか
なのにこれでいいんだろうか。。。

と、冒頭から、かなり萎えました

その後も、海の風景とかヒドイCGシーンが多発。

何か、何十年も前に撮ったんだろうか、と思うレベルの
映像の数々に、お口あんぐり・・・な状態になってしまったgaaaan
これ、もしかしたら狙ってやってたのかな〜。。。
狙ってたとしたら、ごめんなさいね。狙いがよく解らない


そんなこんなで萎え萎えな前半だったんだけど、
後半、島に入ってからは、ストーリーが俄然良くなってきたので・・・

吸い込まれるように最後まで見てしまった。

それは全て、映像よりも役者さんたちの力量による物だった。

小林薫演じる半兵衛の明るさと心の大きさ、小雪演じる
スガルの切なさと家族に対する愛。
大後寿々花ちゃんの可憐さと真に秘めた強さ。

そして、松山ケンイチの表情の数々。
追われる身の恐怖や、戦う凛々しさ、猜疑心、安堵、
痛み、苦しみ。
優しい笑顔や悲しみの表情、怒り、全てに引き込まれた。

だから、松ケンを見に行ったと考えれば満足な出来だと
言えるのかな〜。。。
アクションも凄かったし、こんなに運動神経の良い人だとは
思わなかった。


くう的には、伊藤英明の不動の登場シーンで

うきゃ〜〜〜〜

っと1人盛り上がったし〜


何だかんだ言いつつ、楽しんだ。。。。。と思う。

ビックリなCGとワイヤーアクションを素晴らしい役者さんたちの
演技で補ってプラマイ0(・・・までは行かないか
な映画かな。。。


あ、あと、この主題歌の人、ダメなのね、私。。。ase
これもイヤだった。。。



ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね




 




サメとかさ〜。。。ほんとヒドイよ。
スピルバーグが「ジョーズ」を撮ったのが1975年。
今から30年以上も前の事。
なのに、これかさ〜。。。gaaan

それとも、このオモチャっぽさも狙ってやってるのかな〜。。。
誰か解説して下さいase
海のウソっぽさとかも全部狙ってるんだよね。きっと。
マンガらしさを出そうとした、とか


あ〜。。。もう画の事は言うまい。。。


上にも書いたけれども、島に入ってからは、ストーリーに入り込めた。

カムイが落ち着いて暮らせそうな優しい環境に
「いつか何かが起きるに違いない」
と言う予感で、カムイが笑顔になればなるほど切なくなった。

抜け忍として、カムイの覚悟と猜疑心は、
スガルに比べて軽すぎた。

でも、いつかは島を出なくてならない、と解っていても
つい居心地の良さに浸ってしまう。。。
そんなカムイの気持ちが解るから。。。

お前が居なければ、こいつらが死ぬ事は無かった

と、笑いながら言う不動の言葉は、本当に憎いけれども
当たってるんだよね。。。


抜け忍と言う非情な運命の中で、唯一カムイの心を癒してくれた島。

カムイは、ここを出て、これから何処へ行くんだろう。


ヒドイCGの海の中を漕ぎ出でて行くカムイを見ながら、
その身の上について考えた。

安堵出来る国は、彼には死ぬまでないんだろうね。



・カムイ外伝 公式HP http://www.kamuigaiden.jp/



    
映画 カムイ外伝 ドキュメント 松山ケンイチ≒カムイ




カムイ外伝@映画生活トラックバック
・象のロケット
★前田有一の超映画批評★





【めがね】人生最高のかき氷

めがね

    

監督: 荻上直子
出演: 小林聡美、光石研、市川実日子、加瀬亮、もたいまさこ、薬師丸ひろ子、橘ユキコ、中武吉、荒井春代、吉永賢、里見真利奈

公開: 2007年9月22日



2009年9月26日。CS日本映画専門チャンネルにて視聴。

去年、劇場で見そびれて、日本映画専門チャンネルで見たのは3回目。

何回見ても、癒される風景。
透き通った青い海。
目に染みる緑。

そして、美味しそうなご飯。ハート.gif

はぁ〜。。。ここで「たそがれ」てぇ〜。。。

と、心から思うわ。

あの映画の中に、ポックラと入ってしまいたい。
あの中の風景の1つになってしまいたい。

観光する所なんて何もない島。
「たそがれる」事だけが出来る島。

春先に訪れると、サクラさんの
「人生最高のカキ氷」
があるらしい。

どこまでも青い青い海を見ながら、かき氷を食べる・・・

いいなぁ。。。。。。


「かもめ食堂」荻上直子監督。

まったりした空気感は、同じ。
とにかく美味しそうなご飯も同じ。

ただ、環境的には「かもめ食堂」の方が好きかも。。。

私もタエコと同じで、見知らぬ人とご飯食べたり、体操やりませんか、とか言われたり、何回も「氷ありますよ」とか言われたり、朝、布団のすぐ側で起こされたり。。。

そういうの、苦手かも。。。汗.gif

せっかくの一人旅だから、放っておいてくれ〜
と、思っちゃうだろうな。汗.gif

「かもめ」の方が、そういう押しつけが無かった。

ま、タエコさんも、結局はハマっちゃうから。。。
良いんだろうけど。

ハマってしまえば、故郷と同じ。
あんな所だもん。一生通い続けたいよ。


もたいまさこさんも相変わらず良い味だしてるけど。。。

私がこの映画の中で、一番注目してしまったのは

ケンちゃん(コウジ犬笑です。

あんなステキな環境の中で。。。
あまりにも自由に走り回ったり寝転がるあの姿。。。
海を見つめて寝転がる姿は、まさにたそがれてる。

私。。。ケンになりたい。。。。。泣.gif


また放映されたら、また見たいわ。
こういうのって何回見ても良い。

見る度に不思議な旅行気分になれるから。

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


 


【期間限定セール!】めがね(DVD)

【期間限定セール!】めがね(DVD)
価格:3,940円(税込、送料別)





にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
めがね@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。



【アルゼンチンババア】自分の命は自分のためだけにあるんじゃない

アルゼンチンババア


監督: 長尾直樹
原作: よしもとばなな

出演: 役所広司、鈴木京香、堀北真希、森下愛子、岸部一徳

公開: 2007年3月



ムービープラスにて視聴。

午前中、冷蔵庫の修理の人が来ている間、ボーっと見ていた。
(そう、買ってからたった1年の冷蔵庫が壊れたのよっっ

このタイトルは何度も耳にしているけど、映画館で予告を見た覚えが
全くないので、通ってるシネコンではやってなかったんだろうな〜。

このキャストでこの雰囲気だったら、知ってれば絶対に
劇場で観ていたはずだもん。

。。。って事で、若干のネタばれ含みます。


映像が、素晴らしく美しい

草原の中にポツンと建つアルゼンチンババアの家が
まるでお伽噺の1ページのよう。

緑と塔のような家と青い空のコントラスト。
ちょっとティム・バートンの世界を思わせる。

あとは主演(?)の堀北真希ちゃんが、とっても可愛い
怒ったり悩んだり笑ったりの自然な表情に引き込まれる。


家族の中心にいた母が亡くなって
父は家庭から逃亡した。

妻の死から逃げたかった父。
家族の死を受け入れられないアルゼンチンババア。


出会ってしまった2人の暮らしは傷の舐め合いだ。

父の気持ちは何となく解るのだ。
人には、急に糸が切れてしまう瞬間がある。。。と思う。
受け入れられなくて逃げたいこと。

しかし、子供はそうは思わない。
親が子供を捨てるなんて有り得ない、と思っているから。

みつこは自分自身も傷つきながら、父を待ち、探し、
アルゼンチンババアから父の奪還を図る。

現実から逃げ出した父に比べると、みつこは強い。


私はね、父の事は「弱いな〜」と思いながらも
やっぱり同情はしてしまうの。
親だって人間だ。逃げ出したい気持ちは解る。

もちろん、みつこの気持ちも解る。

でも、アルゼンチンババア・ユリは好きになれない。

私は自分自身があまり優しい女じゃないから、
ダメな男を必要以上に甘やかす女が嫌い。

ユリがみつこに「待ってあげましょう」と言うシーンは
全く納得できない。
では、この子自身が抱えている傷はどうなるの


ストーリーの事を言うと、このアルゼンチンババアの元から
父が帰る事になる経緯もあまり好きじゃない。

中盤からの展開は、納得出来ない事だらけ。

父とみつこが2人で海に出るシーンは綺麗だったけれども

「お母さん。さようなら!」

みつこがいきなりアルゼンチンババアを許すどころか
何だか急に仲良しみたいになっちゃってるの変だし。

みつこだけじゃなくて、伯母まで「ユリさん、ユリさん」って。。。

お母さんは、もういいのお母さんの立場はどうなるの

私が母だったら。。。

海底遺跡から化けて出てやる〜〜〜


みんながユリさん、ユリさんと言って慕うほど。。。
そんな凄い魅力をアルゼンチンババアに感じられなかった事、
それがこの映画のストーリーに納得行かない一番の理由かも。


良いところもいっぱいあるのに。。。
もったいないなぁ。。。

と言う感想なのでした


 


   
アルゼンチンババア / 役所広司




アルゼンチンババア@映画生活トラックバック
・象のロケット トラックバック
★前田有一の超映画批評★



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。