映画@見取り八段 トラックバックセンター

【母なる証明】誰にだって人は殺せる

母なる証明
〜 마더 / MOTHER 〜


   

監督: ポン・ジュノ   
出演: キム・ヘジャ、ウォンビン、チン・グ、ユン・ジェムン、チョン・ミソン

公開: 2009年10月



お帰り笑2.gifウォンビン

とか浮かれられる内容とは違う・・・

このウォンビンはカッコ良くもないし、素敵でもないのだ。
でも、思えば映画のウォンビンは、いつもそんな感じかも知れない。
あの外見を生かしたカッコ良い役に充て書きされる事はない俳優。
作品の中にウォンビンがいる。
彼自身も韓国映画界も彼をアイドルではなく俳優として育てようとしている姿勢が見えるから・・・

だから、私は彼が好きなのかも知れない。


さて・・・

たぶん、かなり賛否両論なストーリーなんだろうな〜・・・

息子の無罪を立証するために、走り回る母。
そのやり方は、試行錯誤もいいところ。
思いこみで動き回る姿は、やりすぎで滑稽だ。

「グエムル」ポン・ジュノ監督らしく、眉をしかめたり、クスッと笑わせられたりした後には背筋が凍るクライマックスと涙が溢れる結末が待っている。

ありえないだろ〜と思うほど息子一途のおばさんの姿は、ハッキリ言って気持ち悪いくらい。

でも、気が付くと、おばさんの中に自分の姿が見える。

たぶん、男の子の母親は誰でも、おばさんを見て、ただあざ笑う事はできないはず・・・


冒頭のシーンは
えっ?もしかしたら歌い出すの?
この映画ミュージカルなの〜?

と、ちょっと引いてしまったけれども・・・

ラスト、この冒頭シーンに納得が行くのである。
悲しいほど・・・


どんな母親だって、息子を信じている。
どんな母親だって、息子を守りたいのである。



ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


 




知的障害者に罪をなすりつけるなんて、いい加減な警察。。。
最初はそう思ったけれども、刑事のカンは、あながち外れでもなかったらしい。
なるほど「誰にだって人は殺せる」


携帯電話の写真と、トジュンの記憶が繋がる瞬間は思わず鳥肌が立つ。


「馬鹿」と言われる事に異常な反応を見せるトジュン。
ネタだと思っていたけれども、こういう伏線だったとは…。


上にも書いたけれども、おばさんのやっている事は極端でも、母親は概ねあんなモンだと思う。

もしも、自分の子供が本当に犯罪者だったとしたら…。
すぐに警察に突き出す事が出来る親なんているだろうか。

私でも、ああしてしまうかも知れない。
母親ってありがたい。そして恐い存在かも知れない。

逆に…

息子の方も恐い存在だよね…。

どこまで弱くて、どこから正気なのか、まるで解らないトジュン。

トジュンを信じ続けて奔走したおばさんは、使われていたのかも知れない。

「誰も信じるな。この町の人間を。」

ジンテの言う「この町の人間」の中に、トジュンは…

・母なる証明 公式HP

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


スマイルBEST: : 母なる証明 【DVD】

スマイルBEST: : 母なる証明 【DVD】
価格:1,342円(税込、送料別)





にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
母なる証明@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitter
Facebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。





【沈まぬ太陽】理不尽な夕日

沈まぬ太陽

監督: 若松節朗   
出演: 渡辺謙、三浦友和、松雪泰子、鈴木京香、石坂浩二、香川照之、木村多江、清水美沙、鶴田真由、柏原崇、戸田恵梨香、大杉漣、西村雅彦、柴俊夫、風間トオル、山田辰夫、菅田俊、神山繁、草笛光子、宇津井健、小林稔侍、品川徹、加藤剛

公開: 2009年10月



この会社は何も答えをくれない!


10分の休憩を間に挟んでの202分の上映時間。

休憩なんて要らないんじゃ・・・と言うくらい、あっと言う間だった。
それだけ入り込める人間ドラマだった。

もう冒頭から・・・


ストーリーは、架空の航空会社NALを舞台に、架空の事故、群馬県御巣鷹山のジャンボジェット機墜落事故をベースに腐った会社組織、政治などに翻弄されつつも強く立ち向かう主人公を描いていく。

私は「クライマーズ・ハイ」の感想で、「御巣鷹山のジャンボジェット機 墜落事故を描いた物語ではありません」
と書きましたが、こっちは、まさにそれを描いた部分が多いです。
架空らしいけど…と、言い張ってるけど汗.gif

原作は山崎豊子の同名長編小説。
これは未読なのですが、山崎豊子さんらしく、全くスッキリできないラストが待っている。

見終わった後は、多くの「なぜ?」を感じます。

まさに理不尽とはこういう事。

会社の社員のために戦い、会社のために尽くし、会社の犠牲になった人たちのために歩き回り・・・

それでも

この会社は何も答えてくれないんだ!

なのに恩地は会社を辞める事はない。
どんなに虐げられても、家族を犠牲にしても、歩き続ける会社人間。

その後ろ姿に、今の時代にはほとんど見る事ができない、流されない、屈しない、信念を曲げない、己の利に走らない清いリーダーの姿が見える。


だから、長い上映時間、彼を助けたくて、応援したくて 見守りたくて、ただ見入ってしまうのです。

渡辺謙さんが演じる恩地がその頼もしく清いリーダーに ピッタリだった。

彼を長年支え、待ち続ける妻に鈴木京香さん。
これも、今の時代にはなかなか見られない女性像。

俳優陣は、ただただ豪華。

ワンシーンしか出てこない上川隆也さん。。。 山崎豊子繋がりですか?笑.gif


重たくも見応えある傑作。

現在フジで放映中の「不毛地帯」→感想の1時間が 長くて仕方ないと言う方は、ぜひこちらを。笑.gif


ただね〜。。。。。

驚くほど観客の年齢層が高かったのね。
そのせいでせっかちなのか。。。

私はラストの心に染みいるはずの、あの夕日が ほとんど見れていません!!!泣.gif

何故って、みんながスクリーンの前をどんどん ノロノロと通り過ぎていくから〜…。汗.gif

何で、何で席を立ってしまうんだ。
エンドロールで席を立ってしまう人も私的には有り得ないが、 あそこは、まだキャスト名が出てきたとは言え、 明らかに作品の最中じゃん!!怒2.gif

あの夕日に浸らないで、この映画に感動できるの
はぁ〜。。。信じられない体験です。泣.gif

これから見に行く方には、もっとほとぼりが冷めて客数が減ってから行く事をお薦めしますわ。


ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



 



飛行機事故の無惨な現場に涙。
もの言わぬ棺桶が無機質に並ぶ会館の映像に背筋が寒くなる。

そんな中でも大会社の上は立場や今後の人事しか考えていない。

そもそも労働組合って会社の社員のための組織のはず。。。
このために尽力した結果が左遷人事って言うのが許せない。
この時代、まだ労働基準局という物は機能してないの

これだけ虐げられても、会社に居続ける恩地。
まさに「義」の人だ。

馬鹿正直で融通が利かなくて。。。でも憧れる生き方。
こういう人が出てこないと、社会はどんどん腐ってしまう。

何処かにこんな人いないかなぁ。。。
こんな人がリーダーだったら良いのに。


そう思いながら、私たちは今日も腐った組織の中で なあなあに生きている。

ラストのナイロビ行きは、見ている方としては悔しいけれども、 恩地には、長い休暇になるのかなぁ。。。

あの会長が職を離れて、恩地が日本を離れて。。。

一応、大雑把に膿が出たとは言え、 あの会社はこの後どうなるのだろうか。


かつて朝日の中、飛び立つ1号機を手を振って見送った恩地は、 今はナイロビに沈む夕日を見ている。

その心の中に平穏は訪れたのか。

私たちは彼に「お疲れさま」と言っていいのか。

答えは出ないまま。。。


 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」
















にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
沈まぬ太陽@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。



【さまよう刃】少年法への報復

さまよう刃


監督: 益子昌一   
出演: 寺尾聰、竹野内豊、伊東四朗、佐藤貴広

公開: 2009年10月



警察が守っているのは市民ではないのですか?
警察が守ろうとしているのは「法律」の方なのですか?



何の落ち度もない女子中学生が、悪魔のような男たちに攫われ、
汚され、そして殺される。

しかし、彼らは逮捕されたとしても極刑にはならない。
彼らは未成年者だから・・・


原作は東野圭吾が2004年に書いた同名小説。

「少年法」と言う盾に守られた未成年者の犯行に対してメスを入れた
問題提起作品だ。

映画は、この原作を大きく端折った内容になっていた、と思う。
結末も違うのだけど・・・
「問題提起」としてのテーマは、原作通りに充分描かれていた。


ただ、何だか物凄く淡々としていて・・・

もっとグワっと心を鷲掴みにされる映画になると思っていたので、
最後まで平らな空気に、ちょっと肩すかしを食らう。

また、誰の心の内も特に明かされず、行動だけを追っていく映像に、
登場人物の誰にも感情移入ができず、主役不在の作品に
なってしまっている気がする。

事件の残虐性も極力抑えた演出。
追う、追われる緊張感にも欠けているし。


制作者は、ただ問題提起の部分だけを掘り下げたかったんだろうな・・・

それは、確かに果たされているのだけど、そうだとしたら
ちょっとこの映画の制作は遅すぎた感がある。

2008年、光市の事件で未成年事件に対する死刑判決が下され、
少年法は少しは変わろうとしている。

せめて映画の公開があと2年ほど早かったら・・・

もう少し見る側が受ける衝撃も大きかったかも知れない。




ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね



 





いくら未成年だって、あんな悪魔は許されて良いはずがない。

警察の対応は、いちいち遅すぎる気がするけれども、
織部のように口に出して不満を言う者はいなくても
誰もがこの「守るべき未成年」に対して同情なんてしていない。

できたら、長峰に思いを遂げさせてやりたい。。。

登場人物の誰もが、そして映画を観る者の誰もが
そう思うはず。
警察の捜査の手も緩むってモンだよ。

もしも、この男が普通に警察に出頭していたり、逮捕されたり
していたとしても、反省や更生にはほど遠いに違いない。

犯人を極刑に処さない、と言う「少年法」の目的は
未来ある青少年に更生の機会を与えるためだ。

しかし、この蓑を着て、やりたい放題に非道い事件を
繰り返す未成年が後を絶たない。
こんな悪魔、死刑で何が悪いんだ。
。。。と、ついつい思ってしまう私がいるワケです。

だから、私は思う。

長峰さん、甘いね。

私だったら、あそこまでやったら、必ずこの男を殺す。
愛する自分の娘にされた事を思ったら。
この先もこいつが繰り返すだろう犯罪を考えたら。

だって、きっと長峰さんがあんな風に自分の命を断って
こいつをちょっとくらい恐い目に遭わせてやったって、
絶対にこいつは反省なんかしないと思うから。

そういう悪魔は世の中に本当に存在するのだから。。。


・さまよう刃 公式HP



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」

【送料無料】さまよう刃 [ 東野圭吾 ]

【送料無料】さまよう刃 [ 東野圭吾 ]
価格:740円(税込、送料別)



さまよう刃 【DVD】

さまよう刃 【DVD】
価格:4,442円(税込、送料別)





にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
さまよう刃@映画生活トラックバック
・象のロケット
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitter(@kukucoo付けてください)Facebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。