映画@見取り八段 トラックバックセンター

【ひぐらしのなく頃に】おやしろさまの祟りか妄想か

ひぐらしのなく頃に 劇場版


監督: 及川中
出演: 前田公輝、飛鳥凛、松山愛里、あいか、杉本哲太、川原亜矢子、田中幸太朗、小野恵令奈、矢部美穂

公開: 2008年5月



先にひと言書いておくと。。。

これはホラーではないので、ホラーを期待している方は止めた方がいいです。
(ポータルサイトが「スリラー」カテゴリにしてるから一応ウチもホラーに入れたけど)

それから、元ネタを知らない方は、何も解らないまま終わるので見ない方がいいです。


実際、私は見終わってひと言

えっこれで終わり

と言っちゃったもん。。。


レンタルしてきた切っ掛けは、昨年ちょっと遠い劇場で
「ひぐらしのなく頃に 誓」の予告を見て
ホラーだと思いこみ、興味を持った事。
でも、結局見に行けなくて心残りだったので、思わず借りてきてしまったのだ。

しかも、借りてきてから、これは昨年公開された物ではなくて、その前年に公開された別物だと気付いたのです。
つまり、借り間違えた

でも、まぁ結果的にはそれが良かった。
こっちの作品がシリーズ的には先らしく、昨年公開された「誓」の方はその後の話らしいから。

もっとも、私はもう「誓」の方を借りてくる事はないでしょう


雰囲気としては、ちょっと横溝正史の空気もあって悪くはないのだが、何せワケが解らない。
だって、いっぱい謎を散りばめて、何にも解決せずにそのまんま終わるんだもん。

だから結局、このストーリーは本当に祟りなのか、それとも妄想なのか、それすらもサッパリ解らないのだった。

実は、これも借りてきてから知ったのだが、何と我が家にはこれの元ネタのコミックや小説がいっぱいあったのです。。。

ちょっとオタクな我が家の長男がハマっていたらしい

長男に言わせると、この映画は原作にほぼ忠実。だけどヒドイ。
と言う事だった。

何でも元ネタはマンガでも小説でもなく、ゲームらしい。
しかも「萌え系文化」の象徴・・・だけど感動する物だと言う。

何も解決しないまま終わった件については長男に解説してもらいました
それは、ネタばれ欄で。。。

まぁ、それはともかく。。。

映画として何が悪いって、私が一番面食らったのは(ファンの方はゴメンなさいね)キャストのひどい棒っぷり。。。
これが、もう甚だしく興を削ぐのである。

安心して見ていられるのが杉本哲太田中幸太朗くらいなんだもん。

とりあえず、ご忠告。
私と同じように元ネタも知らずに手を出そうとしている方は見終わってお口ぽか〜んとなる事請け合いです。


「富江」と言い「1303号室」と言い、私は及川中監督とは相性が悪いんだな、たぶん。





ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね



 






私のように何も知らずに手を出してしまってスッキリしない方へのネタバレです。

結局、あの現象は全て主人公の妄想オチらしい〜。
「雛見沢シンドローム」と言う病気が見せる妄想。
おはぎの針も注射器も全部妄想。

あの医者が何かして、そのせいでこうなったのか、と聞いてみたところ、別にそうでもないらしい。
医者はそんなに悪い人じゃない、と言う事でした

両親も仕事で東京へ行っただけ、と言う事で。。。

結局「おやしろさま」は、何だったの

まぁ、いっか。。。
たぶん、二度と見ることもないし。。。


・ひぐらしのなく頃に 公式サイト

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


 




にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
ひぐらしのなく頃に@ぴあ映画生活トラックバック
★前田有一の超映画批評★






【Dr.パルナサスの鏡】神様のような悪魔

Dr.パルナサスの鏡
〜THE IMAGINARIUM OF DOCTOR PARNASSUS〜



監督: テリー・ギリアム   
出演: チャールズ・マッケオン、ヒース・レジャー、ジョニー・デップ、
    ジュード・ロウ、コリン・ファレル、リリー・コール、トム・ウェイツ
公開: 2010年1月



鏡の中はぶっ飛び世界。。。。。

夢の中・・・どちらかと言うと悪夢に近い
色とりどりの植物だったり、色を失った木々だったり、
落ちちゃいそうな梯子。
宙に浮いた長い道。
高い高い砦。

スーパーマリオマリオカートを思わず連想した私はゲーマー
ダリの絵にも似てる。
奇妙な世界の奥行きは、3Dじゃなくても驚くほど深い


現実世界の方も、現代らしいんだけど何処かクラッシック。
まぁ、Dr.パルナサス、1000年生きてるから出し物も
クラッシックなわけだけど

そんな不思議世界に、ピッタリなキャスト。

リリー・コールの美しさ可愛らしさは、妖精みたい

ヒース・レジャーが亡くなって、参加する事になった
ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレル。

鏡の中の3人のトニーは、皆さん白いスーツがお似合い
(親バカならぬジョニばかを言わせてもらえば。。。
ジョニーのトニーが一番素敵だったよ。。。)


映像美の優れた不思議な物語。
これは劇場のスクリーンで観てこその映画





ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね



 





ストーリーは一見支離滅裂にも見える。
でも、実は、とてもリアルなんだと思う。

Dr.パルナサスは永遠の命を悪魔から貰った。

恋をした。若さが欲しくなった。

妻が死んだ。自分も死にたくなった。

「死」を求める代わりに娘を差し出した。

。。。しかし、最終的には娘を差し出したくなくなった。


こうやって考えると、欲だらけなの。
これが人間。

そんな欲だらけのパルナサスが、悪魔とのゲームに勝つために
鏡の中で5人に欲を捨てさせなければならない。

この皮肉。。。


ゲームを楽しみながら、パルサナスを見続けている悪魔は、
実はパルサナスを手のひらで転がしている神様のように見えるんだ。

ファンタジーのように見えて、限りなくブラック。

テリー・ギリアムの描いた夢のような世界は、
実は深くブラックな悪夢の世界なのかも知れない。


・Dr.パルナサスの鏡 公式サイト





Dr.パルナサスの鏡@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
★前田有一の超映画批評★




【ひとりかくれんぼ 劇場版】ネット発、真夜中の降霊術

ひとりかくれんぼ 劇場版


監督: 山田雅史
出演: 川村ゆきえ、河北麻友子、碓井将大、湯沢勉、麻亜里

公開: 2009年5月



感想は、ひと言

ねむいっっっっっ


ホラーのセオリーとして、何か来るぞ、何か出るぞ、出るぞ、出るぞ・・・
と期待を盛り上げて、出た〜となるのがお約束なワケだけれども、

その「出るぞ出るぞ・・・」の合間が長〜い・・・
長すぎる

その間、暗闇をずっと見続けさせられる物だから、どんどん睡魔が襲ってきて・・・

実際に3度ほどウトッとなったもん。

しかも、かなりクライマックスに近い場面でそうなったし

まさに、
かくれんぼで鬼に待たされすぎて眠くなっちゃいました状態

しかも、待たされたあげく出てくる物も大して恐くないし〜


何でも2ちゃんねる辺りで話題になったネット遊びが元ネタなのだとか。。。。?

原作は第一回ケータイホラー小説大賞の受賞作らしい。

何も知らずに、とにかくパッケージ画像が恐そうだったからと借りてきたのが間違いだった


川村ゆきえさんは、ご自身もホラー好きらしいけれども、ホラー専女優を目指してるのかしら〜。

川村ゆきえホラー目当てで見る方がもしおられるならば、私は「口裂け女2」の方だよ)をお薦めしますわ。


こっちの方がマジ恐い ひとりかくれんぼ実況まとめサイト




ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね



 






ネタばれって言うよりも、教えて誰かって感じ。

まぁ私もかなりウトウトしちゃったんで見損なったのかも知れないけど〜。。。

あの女の先生が、いつの間にか「ひとりかくれんぼ」に参加した形になっちゃったのはどうしてなんですかね

学校でサイトをクリックしちゃったのが原因だろ、
と言うことは朧気に解るけれども、あれは
「参加します」と書き込まなくても、準備しなくても
クリックしただけで勝手に参加になっちゃうわけ

涼子に関しても同じ謎。
ただ入院してただけじゃん。。。

自分と関連した霊が出てくるらしいって事で、涼子の場合は幼い頃にかくれんぼ中に亡くなった友達が「鬼」になってるらしいけれども、同僚の先生や、りつ子の場合の「鬼」は誰なん

学校で自殺した男子生徒、と言う話の振りは何処行った

ちょこちょこ出ていた赤い服の女の霊は誰


。。。深く考えるなって

ま。。。そういうノリのホラーだって事で。。。

・ひとりかくれんぼ 劇場版 公式サイト


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


 
【23%OFF!】ひとりかくれんぼ 劇場版(DVD)

【23%OFF!】ひとりかくれんぼ 劇場版(DVD)
価格:3,072円(税込、送料別)





にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
ひとりかくれんぼ 劇場版@ぴあ映画生活トラックバック
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitter
Facebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。