映画@見取り八段 トラックバックセンター

【エルム街の悪夢】リメイクにはジョニーがいないんですぅ

エルム街の悪夢
〜 A NIGHTMARE ON ELM STREET 〜



監督:  サミュエル・ベイヤー   
出演: ジャッキー・アール・ヘイリー、ルーニー・マーラ、カイル・ガルナー
公開: 2010年6月



Wマイカルのポイントで、6月いっぱいで期限が切れてしまう
カードが1枚あったので、これを観た。
ただ、それだけの理由であります。
他に特に6月中に観たい物が無かったから。

1984年の元映画の方は「観たことある」って程度の記憶。
特にこの作品のコアなファンってわけじゃありません

だから、サラッと行ってみよ。


普通〜に面白かった。
それなりにドキドキもしたし。
音の効果が大きいやね〜。。。わっって言うとこ多かった

私の記憶が正しければ、元映画の方がグロかった気もする。

見始めて、
あ〜、そうそう。フレディって夢の中でやるんだよね〜。
と、思い出したくらいで、記憶は「13日の金曜日」とかと
ゴッチャになっている


人間は睡眠時間が短いと、起きている時に夢に入る時間が
出来てしまう・・・らしい。
気を付けよう、あたし


元映画自体は、あまり記憶にないが、無名時代のジョニー・デップ
出ていた事は有名だよね〜〜

今作にも、それなりにイケメンは出ていたけれども、
将来、あの中でジョニーみたいになる人が・・・
出てくるんだろうか・・・

そんな事ばかりが気になっちゃいました。えへ


・エルム街の悪夢 公式サイト


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


 



エルム街の悪夢

エルム街の悪夢

価格:1,782円(税込、送料別)







にほんブログ村 映画評論・レビュー
エルム街の悪夢@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitter
Facebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。





【アカシア】母なる木に包まれる少年

アカシア
〜 Acacia 〜

아카시아

監督: パク・キヒョン   
出演: シム・ヘジン、キム・ジングン、チョン・ナユン、パク・ウン、ムン・ウビン
公開: 2003年制作 日本未公開



え〜。。。アントニオ猪木主演の同名映画があるらしいですが(未見)
全く関係ありません

2003年制作の韓国ホラー。劇場未公開。
第8回・釜山国際映画祭のクロージング作品です。


ホラーと言うよりはサスペンスに近いかも。。。
ハッキリ言って恐くないっす

恐くないけど、悲しい。。。
悲しいと言うより、無性にハラが立つ。

理不尽な話である。

まぁ。。。太古から理不尽な死を迎えるから恨み、呪いが
生まれるわけで、それがホラーの出発点なわけだけど。

だから、ある意味、ホラーの王道なのかな。

ちょっと切ない展開、時間軸の移動、現実と精神世界の混同も
韓国ホラーの王道です。

クライマックスの音楽が、火曜サスペンス劇場みたいで
ちょっと、どうかと思ったけど。。。


恐くなくても韓国ホラーが好き

って方は満足出来る作品だと思う。







ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね



 






養子を迎えたら実子が出来ちゃった。。。と言う。。。
あり勝ちな展開ですが。

もう、養父母としてダメダメだよねぇ。。。

実子が出来たって養子を大事にする気持ちがあるなら、
生まれる前に「下が生まれたって愛しているんだ」と言う事を
充分に充分に伝えておかないと〜。

下の子が生まれた時の上の子の寂しさって
実子でもあると思うくらいなんだから。。。

とりあえず、実子が生まれる前に

あのクソババァを何とかしとけっっっ

って話だよねっっっ

ママもさ、「養子を施設に返すのは大変なのよ」
は、無いんじゃないの〜

ジンソンは悪くない。全然悪くない。

実の親を亡くして施設から引き取られ、
ずっと可愛がってくれると思っていた養父母。

でも、人の心はとても移ろいやすかった。

母と思っていたアカシアの根に守られるように包まれた
ジンソンの白い遺体に涙する

結局、やったのはミスクなんだろうなぁ、って事は
何となく想像の通り。

でも、お祖父ちゃんは最期まで残る存在であってほしかった。
ジンソンの味方であってほしかった。

子供を育てるのは難しい。
愛情を与えるのには覚悟が必要だ。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


アカシア(DVD) ◆20%OFF!

アカシア(DVD) ◆20%OFF!

価格:3,192円(税込、送料別)






にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。



【クロッシング】神様がいる国へ

クロッシング
〜 crossing 〜


    

監督:  キム・テギュン   
出演: チャ・インピョ、シン・ミョンチョル、ソ・ヨンファ
公開: 2010年6月


2002年、脱北者25人が北京のスペイン大使館に駆け込んだ。
「クロッシング」は、この事件をモチーフに作られたらしい。

しかし、この映画は脱北の苦労を語る映画ではないし、北朝鮮の在り方を批判する映画でもない。

ただ、そこで仲良く暮らしていた家族が飲み込まれていく波。

人は親を選べないように、産まれる国を選ぶことが出来ない。
親子は国に不満なんか何も無かった。
だって、他の国の事など何も知らなかったから。

この家族の悲劇は、そこに生まれた事。

夕立の中、笑顔でサッカーを楽しむ父と子。
まとわりつく犬。
この映画の中で何度も思い出すシーン。


この日が、ずっと続けば良かった。

平和ボケした日本人には、あまりにも衝撃的な映画だった。

この現実をもっと多くの人に知って貰いたい。

辛い映画だけど。
1人でも多くの方に見て貰いたい


・瀋陽総領事館北朝鮮人亡命者駆け込み事件 by wikipedia
この辺、記憶にある方も多いかと思います。

この物語の背景にある出来事は、大昔の話ではありません。
今、この時にもある現実。



ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね



北朝鮮の子

北朝鮮の子

価格:620円(税込、送料別)

パリ

パリ

価格:2,415円(税込、送料別)




見ている間、何度も何度も嗚咽を堪える。

家族にもう一度会いたい。
家族のいる場所に戻りたい。

スクリーンから響く、父と息子の叫びに身を切られるよう。

父は、ただ妻のために薬が欲しかっただけだった。
命を賭けて渡った国で、次々と変わっていく身の回り。

渡った国では結核の薬は無料だった。
渡った国では神と言う物が存在した。

神は南にしかいないのか?
北にはいないのか?

神は富める国にしか存在しないのか?


北には神なんて居なかった。
誰も救ってくれない。薬もない。
家族3人、食べる物さえもない。


少年はガールフレンドから神の話を聞き、天国の存在を知る。

最期の時、少年は母が待つ天国を確かに信じただろう。

頬を塗らす一滴の雨。

天国にも少年が好きな雨はきっと降る。

また、夕立の中で父とサッカーができる。

父は神を呪いながら、神の理論のある国で暮らす。

そして、少年は神のいる国に旅だった。


エンドロールで映る河原のバーへキュー。
子供連れの家族が集まる日本では当たり前な風景。

でも、この映画の世界では、天国でしか許されない風景だ。

少年と父を再会させてあげたかった。
甘くても何でもいいから、抱き合う姿が見たかった。
ただその思いだけで、涙が溢れる。


・クロッシング 公式サイト


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


【送料無料】クロッシング

【送料無料】クロッシング
価格:4,442円(税込、送料別)





にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
クロッシング@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitter
Facebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。