映画@見取り八段 トラックバックセンター

【十三人の刺客】さむらいとは面倒な物だ

十三人の刺客

    

監督: 三池崇史   
出演: 役所広司、山田孝之、伊勢谷友介、沢村一樹、古田新太、六角精児、石垣佑磨、高岡蒼甫、波岡一喜、近藤公園、窪田正孝、伊原剛志、松方弘樹、吹石一恵、谷村美月、斎藤工、阿部進之介、光石研、内野聖陽、岸部一徳、平幹二朗、松本幸四郎、稲垣吾郎、市村正親
公開: 2010年9月25日



今さらだけど「十三人の刺客」である。(この記事は2012年11月に書いています。)
2010年9月25日。確か、公開初日観賞…だと思った。1人で行ったのを覚えている。

レビューをおサボリしていて、もう書けなくなってしまっていた所を先日CS日本映画専門チャンネルが放送してくれたので、見直して書く事が出来た。

しかし、本当はもう見直したくなんかなかった。
嫌いな映画だとか駄作だとかそういう意味ではなく、あまりにも壮絶だったから。

この映画の後半に当たる長い長い戦闘描写の中に、死んでいく人間の凄まじい最期の姿を本当に見たので…今さら見直したくなかったのである。
だって、あの人たちは私の中ではもう死んだ人たちなのだから。

時は江戸時代後期の弘化元年(1844年)。将軍の異母弟にあたる明石藩主松平斉韶は暴虐・無法の振舞い多く、明石藩江戸家老間宮図書は老中土井大炊頭屋敷前にて切腹、憤死した。幕閣では大炊頭を中心に善後策を検討したが、将軍の意により、斉韶にはお咎めなし、となった。斉韶の老中就任が来春に内定していることを知る大炊頭は、やむなく暗黙のうちに斉韶を討ち取ることを決意し、御目付役の島田新左衛門を呼び出した。新左衛門は大炊頭の意を受け、自身を含めて13人で、参勤交代帰国途上の中山道落合宿にて斉韶を討つことにした。(「十三人の刺客(2010年の映画)」by Wikipedia より引用)


1963年に工藤栄一監督によるオリジナル版が公開されている。この映画はそのリメイク版。谺雄一郎氏による同名小説はオリジナル版のシナリオから書かれたものであり、原作ではない。

オリジナル版は未見ですが、色々と違う設定になっているらしい。

たぶん、一番大きな違いは、後半の戦闘シーンの相手の人数だと思うの。
オリジナル版では53人対13人なわけだが、このリメイク版では何と300人対13人!!

53人なら13人剣豪を集めれば何かの偶然で勝てるかも…知れないね…と、まだ思えるけれども、300人となったら考えなくても無理無理無理無理…と思ってしまう。

そこは、一挙に相手の人数を減らす工夫をしています。だから映像が派手でセットも大がかり。
この辺は三池監督らしいところ。

・爆発に次ぐ爆発……。
 十三人2.png

・火がついた牛さんも走ったりしてる。笑.gif
 十三人3.png

・敵を一気に潰すためにあちこちに有りえないような骨組みが……。汗.gif
 十三人.png

この辺りはエンターテイメントなのだからっ
と、思って楽しんで見ればいいと思う。私もそうだった。

この映画の見どころは、この大がかりな仕掛けが終わった後の人間対人間の死闘が全てなのだもの。

全体的に前半にも後半にもグロいシーンがあります。(PG12指定です)

前半のグロいシーンというのは、全てがこの作品の中の「倒すべき人間」松平斉韶の仕業なんだけどね…。
それが執拗に…耐えられないくらい残酷に描かれるほど「こんなやつは罰を受けて当たり前だ」と、劇中でも、見ている者にも思わせる事が出来るので必要なシーンなのだろう。
(とにかく…三池監督の映画なのですよ。色んな意味で)

そして、後半の人対人の戦いになってからはもう、役者さんたちの執念籠った演技が素晴らしいのです。

役所さんは私にとっては今だに「千石さん」…。殺陣がすごく好き。
  十三人1.png

2年前に劇場で観た時は、まだチェックしてなかった窪田正孝くん。この時から「必死な人」が上手かったんだなぁ。「平清盛」重盛はここにすでにいた。
  十三人4.png


ちなみに…松平斉韶公は、実在した人物ですが、この作品は全てフィクションです

ただ、斉韶公の後を継いだ養子の松平斉宣公が将軍の実子であり、参勤交代中に幼い子どもを処罰して父親に射殺されたなどという言い伝え(真偽は不明)が残っているので、たぶんモデルは斉韶公ではなくて斉宣公なのだと思われる。

松平斉韶公についてはほとんど資料はなく、恐らくこんな人物ではなかったと思うので、草葉の陰で泣いておられると思います……。泣.gif
  十三人5.png

そんなこんなで実話ではないけれども、
人間ってこんなに頑張れるのか…。
とか、
人間ってここまで執念深くなれるのか…。
とか…

もう、本当に魂持っていかれるかというくらいに「生と死」について見せつけられるので…見てね、お薦めっとは言えないけれども機会があって好みだったらぜひご覧になってみて下さい。




ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



 




映画やドラマで切腹シーンを見るたびに思う……。腹なんか斬るより心臓一突きした方が早く死ねるのに…(そういう問題じゃないっ汗.gif)

内野聖陽さんが何と冒頭のこのシーンだけで退場。贅沢なキャストの使い方……。

前半は松平斉韶の描写はグロくて惨くて酷いものの、13人がどんどん集まる様子や障子開けっ放しの計画会議を見ていて「こんなに軽くていいのかさ」と思っていた。
あまり大した作品じゃないかも〜という予想は後半に大きく覆された。

だって、仲間との心の繋がりも、武士の信念も、人間の執念も、全てほとんどセリフがない後半の戦闘シーンの中にあるんだもの。

「刀なんか大根切るくらいしか役に立たない」と言われちゃう泰平の世で、武士としての死に場所を求めて、武士としての義を持って散っていく命たち。

強いわけでもない。弱いわけでもない。
切れるというわけではない、恐ろしく強いわけではない、だが負けぬ。
無理に勝ちに行かず、押し込まれてもなかなか動かず、最後には少しの差で勝つ。


島田新左衛門のこの武芸者としての性質がそのまま大戦となる13対300。

見応えがある中にも、あんな男でも守り通すことが武士のお仕事、と、ひたすら斉韶を守り続ける鬼頭半兵衛の忠義が切なかった。

斉韶の最期の「痛い…怖い…」には、ちょっと引いたけど。あれは、笑いながら首をはねられる、で良かった気がする。

さむらいとは面倒な物だ。

という新左衛門の今際の言葉には、サラリーマン的な哀愁も感じた。


ところで…
個人的に腑に落ちなかったのは山賊の小弥太なんですが…。

首に刀がグッサリ刺さっていたし、その後で斬られてもいたのに…なんで普通に生きてるの!?

あれは、仙人だったのだ…とか、「戦なんて、武士なんて、命を懸けるなんて馬鹿らしいぜ」という事を表わしているのだ、とか、自分なりに色々と脳内で説明を作ってみたけれども、やっぱり…あまり好きじゃない描き方だった。

全部、お芝居なのですよ。

と、舌を出して笑われたような気がした。あれだけは、2度見しても納得がいかない。

と言うか…劇場で観た時、このシーンあったかなぁ。忘れたくて記憶から消えたのかな。笑.gif


「十三人の刺客」公式サイト

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


役所広司/十三人の刺客

役所広司/十三人の刺客
価格:3,990円(税込、送料別)







【送料無料】十三人の刺客 [ 谺雄一郎 ]

【送料無料】十三人の刺客 [ 谺雄一郎 ]
価格:1,575円(税込、送料別)





にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
十三人の刺客@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。





【THE LAST MESSAGE 海猿】逃げてたんじゃない。探してたんだ!

THE LAST MESSAGE 海猿


監督: 羽住英一郎   
出演: 伊藤英明、加藤あい、三浦翔平、佐藤隆太、時任三郎、石黒賢、加藤雅也、吹石一恵、濱田岳、鶴見辰吾、勝村政信、香里奈
公開: 2010年9月18日



              



劇場鑑賞…1年遅れレビュー。あまり覚えてないけど確か2Dで観たと思う。
この記事は後々、1年前の日付に移動します。
(この記事は2011年12月に書いたものです。感想、書いたかな…と探したけれども、やっぱ書いてなかったフジテレビが地上波放送してくれたおかげで見直すことができた。ありがとうフジテレビ)


伊藤英明、仙崎の安心感・・・

元バスケットマンの先輩コーチも保険調査官も良いけどさ…伊藤くんは、やっぱ仙崎だわ。

物言わず見せる背中の逞しさ。要救護者もこの背中を見て「必ず助かる」と信頼するわけです。それがとってもよく出ている。

思えば、訓練生だった時からずっと仙崎を見てきたのである。
彼の成長は本当に素晴らしいよね。今や後輩を励ましながら指導する立場。

今作は、その後輩、服部くんの成長物語でもある。
中盤まで三浦翔平だと気付かなかったわ黒い短髪、こっちの方が「ごくせん」のロン毛金パよりずっと良いじゃないか。

想定していなかった危機に戸惑い、震え、挫折ギリギリの中から這い上がっていく新人潜水士の姿を良く演じ切っていたと思う。

ストーリーは相変わらずベタです。
しかし、このベタさが好きなんだ。ベタだベタだと思いながらボロボロ泣く・・・
これが「海猿」

ま〜、これがダメだっていう人は見ない方がいいと思う。
だって、そういう作品なんだもん。このスタンスは何作新作が出たってきっと変わらないだろう。

・・・って事で・・・新作が出ます(決定)
映像的にはスクリーンで観る価値のある迫力だし、私は今度もまた仙崎を見に行くよ。

・2012年7月公開決定!『BRAVE HEARTS 海猿』公式サイト
「海猿」第4弾だね。サイトは制作中みたい。今度は横浜が舞台らしいから、それも楽しみ。

【関連記事】
「海猿 UMIZARU」レビュー
「LIMIT OF LOVE 海猿」レビュー





ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね



 






服部、お前は逃げてたんじゃない。探してたんだ。だから潜水士になったんだ!

自分の命をかけて、人の命を救う仙崎の背中を見て、この仕事の重さを改めて知り、責任感と勇気を奮い立たせる服部・・・

しかも、仙崎が1人で残って服部を行かせるのは、別に自殺行為ではないんだよね。
希望をちゃんと持っている。「必ず仲間が来る」という希望。

これが「海猿」の好きなところ。
正義感から命を捨てて自殺行為に及ぶ綺麗ごとはあまり好きじゃない。仙崎の行動にはいつも未来がある。


「あそこに残っている5人は1500億を沈めてまで助ける価値のある人間なんですか?」

内閣参事官の問いに、下川は
「私には、その質問の意味が解りません。」
と答える。

この人も好き!
目の前にある命の重さをお金や国家と計らない、とにかく助ける。「海猿」たちのカッコ良さ・・・


そして、元々のバディである吉岡の数少ない激励シーンも泣けた。
離れていても、もう心が繋がっている最強コンビ。


ベタですかベタですとも・・・
でも、私は泣いたし、感動したし、また見るのだ。

日本が1500億かけた国家プロジェクト「レガリア」を捨てて助けた仙崎の命。
どう生かされるのか、次も楽しみ



・THE LAST MESSAGE 海猿 公式サイト





【送料無料】海猿 TV ORIGINAL SOUNDTRACK

【送料無料】海猿 TV ORIGINAL SOUNDTRACK
価格:2,249円(税込、送料別)


【送料無料】海猿 UMIZARU EVOLUTION DVD-BOX

【送料無料】海猿 UMIZARU EVOLUTION DVD-BOX
価格:22,491円(税込、送料別)




おすすめ映画情報-シネマメモ
THE LAST MESSAGE 海猿@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
★前田有一の超映画批評★


※コメントのお返しが溜まりすぎてしまったため、現在コメント欄を
 閉じております。申し訳ありません。
 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。




【悪人】誰が悪いのか?悪人とは何を示すのか?

悪人


監督: 李相日   

出演: 妻夫木聡、深津絵里、岡田将生、満島ひかり、柄本明、樹木希林、宮崎美子、光石研、余貴美子、井川比佐志、塩見三省、松尾スズキ
公開: 2010年9月11日



        


モントリオール世界映画祭・最優秀女優賞受賞
第34回日本アカデミー賞・最優秀主演男優女優賞、他3部門受賞
第65回毎日映画コンクール・日本映画大賞受賞
第35回報知映画賞・作品賞、主演女優賞、助演男優賞受賞



2010年9月15日 劇場鑑賞。

感想をおさぼりしていたのを今頃UP。
(この記事は2011年11月に思い出し書きしています。)

劇場で見終わった後は、何かもう、どんよりして、感想書く気になれなかったのである。

主人公含め、全ての登場人物に共感も好感も持てず、ただ、当事者たちの保護者が気の毒で気の毒で、
「子供がこんなことになったら、親は救われない」
と、親目線でしか見れなかったことを覚えています。

そんな、イタイ、イタイ人たちを描いた作品。

しかし、こうして公開から1年経って地上波で放送されたものを見ると、改めて「保護者もイタイ人たちなんだな」と思えてくる。

上から目線ということではなく、私だってそう。たぶん、あなただってそう。

人間はみんなどこかが欠けていて、どこか痛い人なのだ。

イタイ人生を、それなりにもがき苦しみながら生きている。

「悪人」とは、みんなを指すことなのだ。


「フラガール」の時も思ったが、李相日監督は、田舎や貧乏生活や希望の見えない生活の鬱々とした情景を描くのが本当に上手い。

その抜け出せないドロドロが嫌というほど見ていて身に染みるから、灯台から見る開かれた風景の清々しい悲しさが、よけい心に響くのだ。


人とのつながりの大切さを、自分を思ってくれている人がいる。
そのありがたさを、もう一度わが身を振り返って考える。




ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



     
 



「悪人」とは普通、「悪事を引き起こした人」を指す。
しかし、「悪い傾向に物事を持って行ってしまう人」と考えると、この映画に出てくる人全てが 「悪人」と言えなくもない。

1人娘をあんなイタイ人に育ててしまった優しい床屋の夫婦も、孫を育てた責任から最後まで逃げなかった 老婦人も、そういう意味では「悪人」なのだろう。

雨の中、娘が亡くなった山道で、娘の幻に語りかける父。

私がこの映画で一番心に残っているシーン。

親はバカだ。どんな娘だって大切だ。
「お前は悪くない」
傘の中で涙を流して寂しく微笑む娘の姿に、父の心の中に描く 愛娘の「そうあって欲しい姿」が映し出される。

性の対象を求めて出会い系サイトで相手を作る祐一も、 ダメンズにハマって最後まで付いて行ってしまう光代も、 私にとっては全く好感の持てない人たちだった。

むしろ、キャラクターとしては、虚栄心丸出しの大学生と、 変な自尊心の塊のせいで被害に遭った佳乃の方が面白い。

自分自身も鬱屈した心を抱えながら、事件を起こした孫の保護者という 立場から最後まで逃げようとしなかった祐一の祖母。

どんな娘でも、ひたすら愛し続ける限りなく優しい佳乃の父。

この2人が私にとっては、この映画の主役だった。

賞を出すなら、柄本明さんと樹木希林さんに。


あんた、大切な人はおるね?
その人の幸せな様子を思うだけで、自分まで嬉しくなってくるような人は。

今の世の中大切な人もおらん人間が多過ぎる。

自分には失うもんがないち思い込んでそれで強くなった気になっとう。
だけんやろ、自分が余裕のある人間って思いくさって失ったり、
欲しがったりする人をバカにした目で眺めとう。

そうじゃないとよ。
それじゃあ人間は駄目とよ。


佳乃の父が、増尾にぶつけるこのセリフ。

これが、この映画の全てを示している。

見終わって鬱々としつつも、
自分を大切にしてくれる存在について、
自分が大切に思っている存在について、
もう一度考え直す機会をくれる、
そんな作品だったと思う。

(でも、「この映画好きですか?」と聞かれたら、私は「嫌い」だと思う。それは確か)

・「悪人」公式サイト


 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」








にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
悪人@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。