映画@見取り八段 トラックバックセンター

【 GANTZ 】ねぎ星人キモカワ恐す・・・

GANTZ


監督: 佐藤信介   

出演: 二宮和也、松山ケンイチ、吉高由里子、本郷奏多、夏菜、田口トモロヲ、白石隼也、千阪健介、綾野剛、水沢奈子、戸田菜穂、落合モトキ、若葉竜也、玄覺悠子
公開: 2011年1月29日



        

劇場鑑賞です。感想をおさぼりしていたのを今頃UP。
(この記事は2011年11月に思い出し書きしています。)

奥浩哉氏の漫画を原作としたSFアクション作品。原作未読です。

観た映画は記録として全て記事にしたいと思っていますが、これに関しては書くことがないです。

だって、この記事書いている2011年11月時点で、すでにこれの続編は見ちゃってるし、そっちのレビューは、とっくに上がっちゃってるんだもん。汗.gif

「GANTZ PERFECT ANSWER」レビュー

なんで、こんな事になったかというと…さぼっていたからである。
感想は観て帰ってきたら、すぐに書かなきゃね。笑.gif

と、いう事で、この記事に関してはネタバレ欄は特に設けません。ごく簡単感想で。


・冒頭、就活のニノが「フリーター、家を買う」の誠治にしか見えない。

「いってくだい」に、何だかハマった。
・ねぎ星人、キモカワ〜・・・
・戦闘シーンはツッコミ所満載。
・タエちゃんの存在は必要なのか?
・ストーリーの設定は面白いと思う。たぶん、原作は面白いんだろうな。



そうそう・・・

夏菜のヌードは、この「GANTZ」前篇でしか見れません!!←これ大事

一番、わくわくしたのは、ED終了後の後編予告。ハート.gif

タイトル音楽は、本当に素晴らしい耳に残るほど印象的です。

【関連記事】
・『 GANTZ PERFECT ANSWER 』黒服星人・綾野剛もえ



 


・「GANTZ」公式サイト

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


【送料無料】GANTZ(ガンツ) [ 二宮和也 ]

【送料無料】GANTZ(ガンツ) [ 二宮和也 ]
価格:3,349円(税込、送料込)



【送料無料】GANTZ PERFECT ANSWER [ 二宮和也 ]

【送料無料】GANTZ PERFECT ANSWER [ 二宮和也 ]
価格:2,911円(税込、送料込)



サントラ/Sound of GANTZ

サントラ/Sound of GANTZ
価格:2,500円(税込、送料別)







にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
GANTZ@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。





【ソーシャル・ネットワーク 】ボリビアには道がない。でもFacebookはある

ソーシャル・ネットワーク
〜 THE SOCIAL NETWORK 〜



監督: デイビッド・フィンチャー   
出演: ジェシー・アイゼンバ−グ、アンドリュー・ガーフィールド、ジャスティン・ティンバーレイク、ルーニー・マーラ、アーミー・ハマー,マックス・ミンゲラ
公開: 2011年1月


第83回アカデミー賞作品賞ノミネート作品


冒頭からセリフの応酬応酬応酬・・・・・

字幕を追うのがもう大変
英語が不得手な身としては不安でいっぱいになる。

しかし、見ていくうちに、その速さが心地良い。
ガーっと進んでピタッと止まる。

静寂の安心感と切なさ。


今や全世界に広がるソーシャル・ネットワークサービス
「Facebook」の創始者マーク・ザッカーバーグ

その偉業の発端は、学内の女子のフェイス・ブックを作る所から始まった。
発想の転換と、それを作り上げる力。
彼の偉業は、ただのゲーム感覚。
楽しいことをやっただけ。

道なきボリビアにネットワークの道を作り上げたマーク。
しかし、彼自身の後ろの道は繋がってはいなかった。


神のようなプログラミング技術で「Facebook」がどんどん世界に
広がっていく様を、宙に浮かぶCGなどではなく映像と音楽で見せた。
その素晴らしさに感服する。

ディビッド・フィンチャーは、やはり見せ方が上手い。



IT用語が飛び交う作品なので、まるっきりそっちの知識が無いと
見るのが辛い人もいるのかなぁ・・・
万人向けの内容ではない、かも。

しかし、何かを作り出し制覇していく高揚感は万人が味わえると思う。

ビジネスで独立、成功したい人。
成功したいと望んでいる人。
願っている人。

そんな人に一番お薦めの作品。






ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね



 






マークは2つの裁判を抱えている。

1つは、勝っても負けてもどうでも良い裁判。
金があれば方が付く裁判。
自分に非があるとは思えない裁判。

そして、もう1つは

やりたくなかった裁判。

こうなっても、マークには何が悪かったのか完全には解っていない気がする。

現代のゲームばかりしている子供が「ゲーム脳」
言われているのと同じで、仮想世界でただ突き進み、気づいたら
側にいたと思っていた物を失くしてしまった感じ。

マークも辛いだろうが、エドゥワルドは普通に思考する人間だからもっと辛い。
裏切られるシーンは見るのも辛い。

世界にネットワークの道を広げた覇者は、自分自身が
現実の世界で歩いてきた道は失ってしまった。

それは、彼にとって小さい物なのか。
それとも大きな損失なのか。

彼自身にも人生の終わりにならなきゃ見えないかも知れない。



2011年、1本目の鑑賞作品です。
今年もよろしく・・・って何日だYOっっっ
しかも、実際に観に行ったのは先週だしね

相変わらず、コメント・トラバのお返しが出来てません。
ホント、すいません



・ソーシャル・ネットワーク  公式サイト


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


にほんブログ村 映画評論・レビュー
ソーシャル・ネットワーク@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitter
Facebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。