映画@見取り八段 トラックバックセンター

『ヒア アフター』過去に癒され未来を生きる

ヒア アフター〜 HEREAFTER 〜


監督: クリント・イーストウッド   

出演: マット・デイモン、セシル・ドゥ・フランス、フランキー・マクラーレン、ジョージ・マクラーレン、ジェイ・モーア、ブライス・ダラス・ハワード、マルト・ケラー、ティエリー・ヌーヴィック、デレク・ジャコビ
公開: 2011年2月19日



        

2011年2月23日 劇場観賞。


観了した時、
あぁ・・・これは賛否両論だろうな・・・
と、まず思った。

今まで社会問題を取り上げて現実味のある世界観を独自の視点で作り上げてきたイーストウッド
今回は、ファンタジーに近い作品だ。ちょっと色が違うように感じる方も多いだろう。

でも、私は感動した。
こんな事が現実にあったら・・・
どんなに多くの人の心が救われるだろう。

私自身は、身近な人の死にあった事は未だになくて、人生で巡り合った葬儀といえば、両親側の祖父母だけ。
その内2人は私が幼い内に亡くなっているし、2人は長患いと高齢で亡くなった。
「死」の覚悟は来ていた。突然の死に巡り合った事はない。

こんな私が言っても良い話かどうかは分からないけれども、

もしも愛する人が突然いなくなったら・・・
きっと、幽霊でもいいから会いたいと願うだろう。



これは、大切な人を突然失って絶望の中にいる、そんな人にこそ、癒しを与えてくれる作品なのではないかと思う。

癒しを与える側にも苦悩はあり、心の線が知らず知らず仲間を求める。

いわば「運命の人」と巡り合ったラストに、涙。


同時に、イーストウッド監督が見ている未来の事も考えてしまった。

1人の若者に人生の指針を示し、自らが十字架となった「グラン・トリノ」からのこの作品。
クリント爺さんも、もう81歳だ。

見ている先は、ついに現世をも超えてしまったのかな…。
いや、癒しの先に未来を見る作品だ。目線は現世に向き続けているよね・・・


ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ






バカンス先で大津波の災害に遭い、九死に一生を得た結果、いわゆる臨死体験をしてしまったマリー。
2人で1人のように一緒に行動し続けてきた双子の兄を突然失った少年、マーカス。
そして、霊媒体質で人の見えないものが見えてしまうジョージ。

会った事もない3人のバラバラな人生と生活をそれぞれ描き出した後の「偶然の出会い」。
それは、まさに運命の導きによるものに違いない。

マーカスはジョージによって癒され、マリーとジョージは運命で結びつく。

「こんな事、あるわけないじゃん」と思うか、「運命ってすごい」と思うかで評価は分れるのかな…

人は生きているだけで意味があるのだという事を、充分に教えてくれた作品だと私は思った。


この作品は、まだ公開されて1月も経たない内に日本での上映が中止になってしまった。
3月11日に東北地方太平洋沖地震が発生し、映画の冒頭シーンのような事が日本で実際に起きてしまったから…
その時、私は家にいて、関東だからかなり揺れたけれども大きな被害はなく、ただTVの中の信じられない光景をボーっと見ていた。

一番に思い出したのは、昨年観た「TSUNAMI」と、この「ヒア アフター」だった。
実際に見た現実の津波は、どろどろと渦を巻いていて黒くて茶色くて生き物のようだった。
やっぱり映画とは違う・・・

日本の中で、実際に多くの人が突然愛する人を失う事になってしまった。
幽霊でもいいから会いたいでしょう?などと、軽い事は、とても口にできない。

でも、いつか…この映画を、今傷ついている方たちにも見ていただけるといいな…
映画1本でも、心を癒すのに役立つことは、きっとあると思うのだ。

おそらく、私を含めて、あの震災の前に劇場でこの映画を観た人にとっては忘れられない作品になったと思う。

上手く言えないけれども、日本のみんなの心が早く癒える日が来るのを願っています。


・「ヒア アフター」公式サイト

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」






にほんブログ村 映画評論・レビュー
ヒア アフター@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
★前田有一の超映画批評★






『太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男-』

太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-


監督: 平山秀幸   

出演: 竹野内豊、山田孝之、井上真央、中嶋朋子、唐沢寿明、阿部サダヲ
公開: 2011年2月11日



         

この映画のレビューページはこちら↓
『太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男-』で…どの辺がフォックス?…




【ジーン・ワルツ】命を作るということ

ジーン・ワルツ


監督: 大谷健太郎   
出演: 菅野美穂、田辺誠一、大森南朋、南果歩、風吹ジュン、
    桐谷美玲、浅丘ルリ子

公開: 2011年2月



私は2男子の母であるが、出産の大変さはよく理解していないところがある。
2人とも数回いきんだらポロっと出てくるスペシャル安産だったので

しかし、そんな私でも、生まれ出てくる命のシーンには無条件に感動する。

だから、ドラマでも映画でも、産声が聞こえれば思わずホロッとなる。
命の誕生はどんなシーンでも素晴らしい

この映画の謳い文句は

「代理母出産に挑む産婦人科医師の闘いを描く医療ドラマ。」

と言うことだった。

海堂先生の原作は未読。
しかし、「バチスタ」には感銘しまくったので、これにも期待して観に行った。

でも、ちょっとね・・・

前半はまだ良かったものの、どうも
「現代の産婦人科医療にメスを入れた」
ってほどの深みが感じられないのよ。


しかも、実は、クライマックスに向かうシーンではとある事情で、全然集中できなかったのさ。

その事情って言うのは・・・・

このシーンを、どっかの何かで見たことあるぞ

と言う考えが頭の中をグルグル回り出しちゃって、

何だっけ?何のドラマだっけ?
っと、ず〜〜〜っと考え続けていたから、って話なんだけどね

謎は、家に帰ってから検索で解決したわけだが・・・


・・・っ、つまり既視感バリバリなシーンだったって事ですよ。


役者さんは、みなさん素晴らしかったけど、前述したように描写が薄いので、それぞれのキャラも薄いって言うか・・・

総合的に評すると

お金出して見なくてもDVD、あるいはテレビに来てからでも
良いんじゃないかと・・・

そんな評価です。はい。






ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね



 







上にも書いたけど、あの病院の待合室が大わらわになってからず〜っとず〜っと

どっかで見た何かで見たこれはデジャヴですか〜

と、言う「思い出せなくて気持ち悪い」症候群に罹り、そのせいで全く集中できなくなったんだな

そして、同時に心の中でしきりにツッコミ始めた自分がいたんだな。。。

ありえね〜ありえね〜だろ〜。。。
おいおい、あんなに苦しんでたのにいいのかよ〜。
そこでぐずぐず話してね〜でさっさと手術してやれよ。


と、頭の中で1人ツッコミ続ける自分。。。

ミラクル起き過ぎな結末には、ちょっとお口がポカーンとなったのでした

産婦人科医療の問題よりも、主人公周りのハッピーエンドに終始してしまった感じ。
海堂先生の原作は。。。たぶん、こんなに軽くないよね
この内容なら昼ドラでも良いと思われ。


そうそう、家に帰ってから一生懸命調べたよ。
デジャヴの原因。

「BABY BABY BABY!」だよね

「映画生活」で、「BABY BABY BABY!」にソックリだと書いてくれている人がいて、全て解決できて助かったわ〜
あれを見つけなかったら、今もまだ悶々と悩んでいる所だった

っつーか。。。
あっちはコメディだって言うのに。。。
あれと同じじゃダメじゃん


・ジーン・ワルツ 公式サイト

Twitterやってます(ドラマツィートばっかです)

 
【送料無料】ジーン・ワルツ

【送料無料】ジーン・ワルツ
価格:1,575円(税込、送料別)

 
【送料無料】ジーン・ワルツ

【送料無料】ジーン・ワルツ
価格:3,591円(税込、送料別)








ジーン・ワルツ@ぴあ映画生活トラックバック
おすすめ映画情報-シネマメモ
・象のロケット
★前田有一の超映画批評★




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。