映画@見取り八段 トラックバックセンター

『手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく』声

手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく


監督: 森下孝三   
出演: 堺雅人、吉岡秀隆、吉永小百合、観世清和、黒谷友香、折笠愛、竹内順子、玄田哲章、水樹奈々
公開: 2011年5月28日



      



劇場鑑賞。


原作はだいぶ昔に読んでいる。 何度も読み返している。

大昔、本気で漫画家を目指していた身としては、手塚治虫先生は今でも「先生」だ。
偉大なのだ。とても呼び捨てになんかできない。

そんな手塚先生の名作「ブッダ」を原作としたこの作品・・・

予告で見ていた時は「絵が綺麗だな」と思っていた。
キャラクターが原作と似ていない、などはあまり気にならない。
原作者本人がキャラクターデザインしない限り、違う絵になるのは当然だからだ。
日本のアニメは優秀だ。声も堺さんが当てるという。とても楽しみにしていたのである。


しかし、全14巻に渡る「ブッダ」のどうしてこの部分…
と思っていたら、三部作にするんだってね・・・

正直、次はどうしよう、観に行くべきなのだろうか、と悩むレベルです。怒.gif


宗教臭いとか説教臭いとかいう部分はほとんどないので、誰にでも観易い出来だとは思う。
ツッコミ所がいっぱいなのも…まぁ、仕方ないだろう。

しかし・・・表情の動きといい体の動きといい、決して出来のいいアニメではなかった。

・・・そして、絵より何より・・・声が酷かった…汗.gif


いや、堺さんは経験もあるだけに良かったけど…シッダールタを堺さんが当てれば良かったのに。
イメージはその方が合ってたと思う。

いや、そんなレベルじゃない酷さが・・・パパだよ・・・

なんなの?どうしたの?なんでこんなに・・・スティックなの・・・
も〜衝撃的だった・・・汗2.gif


この映画を観に行って感想を書いている今までに半年。
感想と言ったら、パパのスティックっぷりの衝撃・・・こればっか思い出すわ。


ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



ツッコミ所はいっぱいあったけど、今となってはもう、あのの記憶ばかりが頭を支配する。

ラストも、何だかちょん切れた感じで驚いた。(三部作だと思わなかったから余計に驚いた汗.gif)

上に「説教臭くない」と書いたけれども、その代わり、もう何も残らない作品だった。

もし、観なおす機会があって、ツッコミ所を見つけたら、追記します。笑.gif

・手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく 公式サイト

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」



【送料無料】ブッダ(全12巻セット)

【送料無料】ブッダ(全12巻セット)
価格:6,108円(税込、送料別)




【送料無料】火の鳥 鳳凰編

【送料無料】火の鳥 鳳凰編
価格:2,945円(税込、送料込)




手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
★前田有一の超映画批評★





【八日目の蝉】愛情と自分探しの旅

八日目の蝉


監督: 成島出   
出演: 井上真央、永作博美、小池栄子、森口瑤子、田中哲司、田中泯

公開: 2011年5月



      


原作は角田光代氏の同名小説。未読です。

しかし、2010年NHKで放送されていた連続ドラマにどっぷりハマっていた口。
ドラマは名作だった。名作過ぎた。
私は、今でもあの音楽を聞いただけで泣けてくるほどである。

映画を見た感想は、私としては
「ドラマの短縮版」
という印象。
感動の大きさも「ドラマの短縮版」

だから、あのドラマで感動したという方は、映画は見なくてもいいかも知れない。

元々、ドラマと映画を比べるのはおかしな話である。
だって、ドラマ版は全6話。

5話分くらいは、たっぷり希和子と薫の恋人同士のような親子の蜜月ぶりを見る事が出来るのだ。

その愛情の深さが染み入るように見ている者に伝わるから、これが誘拐犯の所業だと知っていても

どうか、1日でも多く一緒に居られますように。
どうか引き離される日が来ませんように。


と祈りながら(もう、それこそ半泣き状態で)見続ける事が出来るのである。

映画では2時間足らずでその描写をしなければならないのだから大変だ。

ドラマと映画の大きな違いは、千草の存在感である。

ドラマ版では、恵理菜の案内役であり、記者に過ぎなかった千草が映画版では恵理菜と同じようにトラウマを抱えた1人の女性として生きている。

千草を演じた小池栄子がまた、素晴らしい。
ここは、ぜひ見ていただきたいところ。

もう一つ、大きな違いは写真館。
田中泯さん演じる写真館の店主が、短いシーンなのに
すごい存在感。

あと、実母である恵津子は、ドラマ版よりも遙かに哀れだった。

そういう意味でも、ドラマを見た方にとっては、この映画はドラマと映画の違いを楽しむと言う見方が正しいのかも知れない。

永作博美の演技は、言うまでもなく素晴らしい。
(大好きな女優さんではあるものの、若干心配もしていたんですよね。
普通の母親役ができるのかなぁと・・・しかし、本当にピッタリでした。)

あとは、意外だったのが、
井上真央って、カッコ良いボディしてるんだね・・・
ってことかな・・・
初めて井上真央ちゃんに「女」を感じました。


以上。
映画の感想、というよりも映画とドラマ比較になってしまった。

ちなみに連れはドラマを見ていなかった人だけれども、この映画だけでもラストには感動した、と言ってました。


※余談・「八日目の蝉」と実際の事件について

この作品は、1993年に東京都日野市で起きた「日野OL不倫放火殺人事件」が元ネタだと言われている。

原作者は、全くその事に触れていないらしいけれども、事件の概要を見てみれば一目瞭然…
騒がれないのは、恐らく事件の関係者をそっとしておきたいという配慮からだと私は想像します。

この事件を知ってからこの作品に触れるか、全く知らずに作品を見るか、それは、各人にお任せしたい。

しかし、私自身は、この作品が現実であれば・・・
と、思ってしまった。だって、その方が救われる。

いずれにせよ・・・

男が駄目だってことです。
全ての悲劇は、そこから来ている。
騙される女は・・・業だから仕方ないのである。

「日野OL不倫放火殺人事件」 by Wikipedia


【関連記事】
・ドラマ「八日目の蝉」最終回レビュー「ドラマ@見取り八段・実0段」

ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



【送料無料】その時殺...

【送料無料】その時殺...
価格:500円(税込、送料別)

 
【送料無料】八...

【送料無料】八...
価格:1,680円(税込、送料別)




この作品について、ドラマ放送時にも言われていたことは、
なぜ赤ちゃんを置いたまま出かけたのか、という。。。

それを「有りえない」と言う人も多かったけれども、
私は、赤ん坊がよく寝ている時は、数十分くらいの買い物程度ならば
寝かせたまま出かけていたので。。。
何にも批難できないのである。(もちろんカギはかけてたさ汗.gif)

だって、赤ちゃんを連れて行く、というのは、ほんのちょっとのお出かけだって大変なのである。

どうして、あの時、連れて行かなかったんだろう・・・
と、泣く恵津子の気持ちは、よく解る。
だって、誰も、置いていったら攫われるなんて思わない。
だから置いていくのである。

この作品の中には、そういう「もしも」の後悔がたくさんある。


父は、娘と妻を見るたびに自分の不倫を後悔しただろう。
妻だって、自分が夫の愛人にした仕打ちを後悔しただろう。
愛人は子供を堕ろしたことを後悔しただろう。


追い詰められた精神状態の中で行われた業の報いとして、1人の少女が4年間の空白の時間を求めて旅をする。

少女は、自分には愛された過去がないと思っている。
いや、思っているというよりは無理に忘れているのである。

思い出すことは実母への不実にも繋がるから。

愛されていた記憶
が1人の人間にとって、どれほど大切な物なのか。

この作品は、それを親である私たちに訴える。

人の親になることと、人の親でいることの難しさ。


「八日目の蝉」とは、事件の日から時が止まったまま
置いていかれた全ての人たちを示すもの。

この人たちが、他の蝉が見ることが出来なかった
美しいものを見ることが出来る日が本当に来ればいい。


・八日目の蝉 公式サイト


 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


【送料無料】八日目の蝉

【送料無料】八日目の蝉
価格:620円(税込、送料別)






にほんブログ村 映画評論・レビュー
八日目の蝉@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
★前田有一の超映画批評★



『ブラック・スワン』ハリウッド版・世にも奇妙

ブラック・スワン〜 BLACK SWAN 〜


監督: ダーレン・アロノフスキー   

出演: ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー
公開: 2011年5月11日



  

第83回アカデミー賞 主演女優賞受賞(ナタリー・ポートマン)


劇場鑑賞です。感想をおさぼりしていたのを今頃UP。
(この記事は2011年11月に思い出し書きしています。)


ナタリー・ポートマンがこの役のために、どれだけ力を尽くしてきたか…
それが見るだけで解る演技が素晴らしい。

優秀だと言われながらも何かが足らず、輝くことが出来ない主人公が、抜擢されたことからだんだん狂気に陥っていくさま。
ナタリーの鬼気迫る演技と、追い詰められる姿を衝撃的に映していく演出で、スクリーンに目が釘付け。

下手なホラーよりも、ずっと怖いです。

ラストの「白鳥の湖」は、本当に素晴らしかった。


ナタリーは、終始眉間に皺を寄せて、本当に「ギリギリまでになった人間」をリアルに演じていた。
見ているこっちまで息が苦しく、押し潰されそうに思えたほど。

ストーリーのオチは想像力を膨らませれば、どうとでも取れる。
恐くて奇妙で精神的に不安定になる世界。


ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ




黒鳥を踊れる妖艶なリリーは白鳥を踊れるのか?!

これが、観了して一番最初にツレ友と交わした言葉。

真面目、一途、男を誘惑できないニナは黒鳥を踊れない。
男と遊び放題なリリーは純真な白鳥も行けちゃうの

それは何だかおかしい気がする。
リリーはニナとは逆の事で悩むことはないのかな。


上にも書いたけれども、どうとでも取れる結末は面白かった。

全てが完成して絶頂の内に幕を閉じることが出来たニナは絶命する…(たぶん)

しかし、この舞台そのものがニナの幻想で、実は舞台にすら立っていないかも知れない。
舞台には立っているけれども、途中で倒れているかもしれない。
殺されたのはニナだというのは幻想で本当にリリーを刺しているかも知れない。
いや、リリーなんて人さえ初めからいなかったかも知れない。
全てが幻想で、実は病院の中で踊っているのかも知れない。

こういう余韻は好きです。想像が無限に広がる。


だから、一番怖いなと思ったのは、親の過干渉における子供の精神的ダメージです。

こんな娘が生まれたのは、母親が自分の願望を押し付け、抑えつけ抑えつけてきたからなんだよね、たぶん。
娘は、プレッシャーに負けて壊れてしまった。

黒い羽を広げて、母親の抑制から飛び立とうとしたんだ・・・

そんな風に見えて仕方なかった。


 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」






にほんブログ村 映画評論・レビュー
ブラック・スワン@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。