映画@見取り八段 トラックバックセンター

【127時間】体験をバネに生き抜く!

127時間 〜 127HOURS 〜


監督: ダニー・ボイル   
出演: ジェームズ・フランコ、アンバー・タンブリン、ケイト・マーラ、クレマンス・ポエジー、ケイト・バートン、リジー・キャプラン
公開: 2011年6月18日



    


第83回アカデミー賞6部門ノミネート作品。


劇場鑑賞…遅れレビュー。
(この記事は2011年12月に書いたものです。)


勢いの良い音楽に乗って、走る。飛ぶ。
流れるような疾走感。

この映画の出だしに、この後起きる事を予感させるような暗い部分は何もない。

アーロンは明るい青年だ。
父親から教え込まれて身についた方向感覚もある。
国立公園で迷っていた女の子2人をガイドした。
高い岩の隙間から遥か下へとダイブする遊び。楽しかった。
岩は友達で、国立公園は自分の庭・・・のはずだった。


この後、アーロンの身に、序盤のワクワクする空気とは一変する悲劇が襲いかかる。

ここからは、もうずっと、アーロンの1人DJとつぶやきと回想…

停滞する127時間。

その127時間が、全く長くは感じられない。
アーロンの心理描写と岩の隙間から見える自然の美しさ。

そう。こんな状況でも、自然はやはり美しい。恐ろしいほどに。

流れる雲や、青い空や、移動していく太陽の光。

そして、衝撃の決断。


長い長い時をざわざわする気持ちで見守る90分。
ダニー・ボイルは、凄い!!


ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ





アーロンは考える。

今までの人生が今の自分を招いた。

親や兄弟と連絡を取らなかった。
出がけにかかってきた電話にも出なかった。
わずらわしいから居場所は誰にも教えない。

それでも、大抵の人は困らない。アーロンも1人でやっていけると思っていた。

あの決断には、目を覆うしかなかった。
困難の中を生き延びるって、なんて過酷なことなんだろう。

生き延びたかったら、やはり人間に必要なのは生命力。
生きようとする力なんだなぁ・・・

「今までの人生がこの事態を招いた」

と、アーロンは言うけれども、今、生きているのも今までの人生があるからなんだよね。

父が幼いころから生きていくために大きな知識を教えてくれていたから。
母が見守っていてくれたから・・・

家でゲームばかりしていて、ちょっとケガすると親が学校に乗り込んでいくような、今時の温室育ちでは127時間生き延びる事は出来なかったに違いない。私も我が家の息子たちもしかり・・・

生き延びるために必要な事は、「知識」「気力」「体験」そして「希望」と、「また会いたい人」

やはり、人は人と繋がっているからこそ生きる希望が湧いてくる。

自然の驚異と共に、そういう事を教えてもらえる作品だと思う。


・旅に持っていく音楽は、明るい曲を選ぶべし。
・行先は、ちゃんと誰かに伝えてから出かけようね。笑.gif



・127時間 公式サイト

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」



【送料無料】127時間

【送料無料】127時間
価格:820円(税込、送料別)




127時間@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
★前田有一の超映画批評★






【赤ずきん】こんなのグリム童話じゃない…

赤ずきん
〜 RED RIDING HOOD 〜



監督: キャサリン・ハードウィック   
出演: アマンダ・セイフライド、ゲイリー・オールドマン、ビリー・バーク、シャイロー・フェルナンデス、マックス・アイアンズ、ヴァージニア・マドセン、ルーカス・ハース、ジュリー・クリスティ
公開: 2011年6月10日



    

劇場鑑賞。


溜まりレビューを片付けたくて、記憶を辿って書いているので、簡単に。
わざわざDVD借りてきてもう1度見直したいと思えるような映画ではないので〜。笑.gif

その内、CS放映でもされたら見直して追記するかも。(しないかも汗.gif)



何かも〜…とにかくツッコミ所がいっぱいだった。

赤ずきんちゃん、可愛くない〜
いや、容姿じゃなくて…。

冒頭から木陰に男を誘っちゃったり、一緒に逃げようと誘惑してるあたり…もう魔女のよう。

「おばあさん、どうしてそんなにお耳が大きいの?」どころか、人間の(いや、男の汗.gif)骨の髄まで知り尽くした感が溢れてるんですけど。

そんな赤ずきんちゃんも、お姉さんが狼にやられて亡くなってしまうと、なぜか途端に、ちょっと真面目でウブな娘っ子のようになってきます。

村は人狼に襲われる、ってんで大騒ぎして神父を呼ぶわけなんだけど、これがまたエロ親父で邪悪。
全く無関係の人間に疑いをかけさせたり、とにかくこの神父のせいで村中余計に大騒ぎになってしまうのでした。

その間にも、赤ずきんちゃんは2人の男の恋に挟まれてお悩み中。その関係にも、すったもんだあって……

とか書くと、まるでコメディのようだが、そうではない。ジャンルはホラーらしい。私ゃ、めちゃめちゃヘラヘラしながら見ていた記憶しかないけど〜。

ストーリーとしては、「人狼は誰だ?」に尽き、見どころとしては、幻想的でファンタジックな映像世界でしょうか。

赤ずきんちゃんことヴァレリーは、とっても美しい。…けど、赤い頭巾を被った姿は可愛いよりも何故か余計に色っぽいのだった…。

中世世界の魔女狩りのような残酷さと、幻想的な映像と、なんかエロ…いや、色っぽい描写と…そして、ツッコミ所満載のストーリー。

それが、絶妙(?)に混ざり合った奇妙な作品でありました。

※ホラー目当ての皆さん、怖くないっす。ご注意を。


【関連記事】
・ディズニー映画だけじゃない!童話ベースの実写映画まとめ



ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ





あたしはね・・・

「あのとんがった木に狼が刺さって、ぎゃーってなって死ぬんだーー」と、最初は思ってたよ。(全然違ったけど汗.gif)
だって、あの村中に生えてるあの木は何なんだ。あんな枝、刺さったら痛いだろ…。
    赤ずきん.png

神父の手、掘り出す所がマジホラー。腐ってなかった?

一番のツッコミ所は……

おばあちゃん、おとうちゃんのおかあさんなんだよね!
じゃ、もっとはやくきづけ!


…でした。

こんな記事ですいません…もし、観なおす機会があったら追記します。たぶん。

・赤ずきん 公式サイト

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」




赤ずきん@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
★前田有一の超映画批評★



 コメントはTwitter
Facebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。



『プリンセス トヨトミ』大阪全停止。

プリンセス トヨトミ


監督: 鈴木雅之   

出演: 堤真一、綾瀬はるか、岡田将生、中井貴一、沢木ルカ、森永悠希、笹野高史、和久井映見、宇梶剛士、甲本雅裕、合田雅吏、村松利史、おかやまはじめ、平田満、菊池桃子、江守徹、駿河太郎、宅間孝行、玉木宏
公開: 2011年5月28日



         


劇場鑑賞です。感想をおさぼりしていたのを今頃UP。
(この記事は後程、TOPから実際に見た日付に移動します。)
この記事は2011年11月に思い出し書きしています。

公開から半年たって、原作は今だに未読。
原作は万城目学氏のヒット小説。私が大好きな「鹿男あをによし」の作家さん。

この作品、お余所のレビューを見てみると、案外評判良くない。
特に、原作ファンの評価が大変良くない。

映像の都合上、原作とは設定がだいぶ変わっているらしい。
そこが低評価の理由みたい。

(原作との相違点はWikiに詳しく載ってました→「プリンセス・トヨトミ」by Wikipedia)

原作知らぬ私にとっては、大変面白く拝見しました。(ツッコミ所はいっぱいあったけど笑.gif)

まず、豊臣の遺児という設定もワクワクするし、あの瓢箪の印。
登場人物の名前。秘密の部屋。何もかもが歴史好き心をくすぐる。ハート2.gif

「鹿男」を見ていた時と同じようなワクワク感があった。楽しい。ハート2.gif
(鹿男・玉木宏さんが、ちょい役で絡んでるのも嬉しい)


しかし、まぁ・・・それより何より・・・
この映画で一番の見どころは

綾瀬はるかちゃんの胸

これでしょ・・・

いや、別に露出したデザインの服を着ているわけでもないし、はるかちゃんにピッタリの清楚なデザインなんだけど・・・デザインがシンプルなだけに・・・
ええっ!?おおっ・・・!すご・・・

ってなるよね・・・笑.gif

ここは必見でしょう・・・

キャストは、みなさん、素晴らしくキャラに合っていた。
堤さんはもちろん、岡田くんのクセものっぷりも、セリフの掛け合いも楽しかった。

沢木ルカさんは初見だけれど、昔の薬師丸ひろ子を思わせるボーイッシュな顔立ちと印象的な目力。
先が楽しみです。


ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ





大阪国、治安悪すぎっっっ汗2.gif

なんか、こう・・・めでたしめでたし的に収まってたけど、大けがしてるのにいいのか、あれで。汗.gif

皆で大阪国を守るのはいいけど、あんな事しでかす人間がいるんじゃ、心配だよね〜。

あと、人っ子1人居なくなるのは、いくらなんでも不自然かと・・・
大阪国は余所の地方からの移民も多いはずだし、観光客もいるはずやで〜・・・

そんなんこんなんツッコミながらも、歴史ロマンにどっぷり漬かりましたわ。

父から子へ伝えたかった思い。
ちょっとウルっとした・・・泣.gif

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


【送料無料】プリンセス・トヨトミ

【送料無料】プリンセス・トヨトミ
価格:750円(税込、送料別)






にほんブログ村 映画評論・レビュー
プリンセス トヨトミ@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram ★前田有一の超映画批評★




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。