映画@見取り八段 トラックバックセンター

【カルマ】レスリー・チャンの遺作だけど…

カルマ
〜異度空間 INNER SENSES〜



監督: ロー・チーリョン   

出演: レスリー・チャン、カリーナ・ラム、リー・チーハン、ヴァレリー・チャウ、マギー・プーン、ツイ・シュウカン、サミュエル・ラム、ユ・サイタン、オリヴィア・ウォン、ラン・タン
公開: 2003年2月15日


2011年10月31日 DVD鑑賞。

前半はね・・・
結構、ぞぞぞっというシーンもあった。

まあ・・・
アジアンホラーに切ない展開はお約束なので、そこが前面に出過ぎていたとしても、まだ許容範囲だと思うけど・・・

クライマックスに近づくにつれて、ダメすぎるでしょ。汗2.gif

前半の展開から、ここまでダメになってしまう事に一番驚いた。

しかし、レスリー・チャンがこの後亡くなった経緯を考えると、とても複雑な気持ちになる映画である。。

この作品とレスリーの死は何の関係もないと言われているし、私も実際、そうだとは思う。

でも・・・やはり、内容を見ると、考えてしまうのだ。


レスリー・チャンは素敵だった。
本当に、素敵だった。

映画自体はツッコミ所満載だけど・・・
レスリーの遺作として、その演技には注目してほしい。

ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ





クライマックスのあのお化け屋敷のような展開は一体…汗2.gif

いや・・・どんなすごいホラーでも、なかなか貞子をあんなに大人数動員することはできんわ。汗.gif
幽霊が説得に応じた日には、すでにコメディである。

トラウマ設定も映像的に悪くないのに、色々な意味でもったいない作品だ。


しかし、主人公があの場で救われた事は・・・
甘いと思いつつ、泣けてしまう。

だって、レスリーの事は誰も救ってくれなかったから。
どうか、彼の魂が救われていますように。
そう願ってやまない。


 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


 カルマ/レスリー・チャンDVD/洋画アジア

 カルマ/レスリー・チャンDVD/洋画アジア
価格:3,761円(税込、送料別)








にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
カルマ@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。





【デスカッパ】こりゃ酷い、いや、こりゃスゴイ

デスカッパ〜 DEATH KAPPA 〜

   デスカッパ

監督: 原口智生
出演: 平田弥里、深華、なべやかん、星光子、庵野秀明、樋口真嗣、桜井浩子、荒木しげる、横尾和則、三宅敏夫
公開: 2010年11月



とんでもない勘違いからレンタルしてきたDVD鑑賞。

まずね〜・・・私が借りたDVDのカバーはの物だった。
いや、今から考えれば、これだけでも解りそうなもんだけど、借りた時はDVD屋は薄暗いし、あまりよく見なかったのである。

最初からカバーがこれだったら絶対に見る事はなかったと思う。
  

楽天では、こっちのカバーの物しか見当たらなかったわ。
どうやら、海外版と日本版があるらしい。


見終わってから85分映画だと知ったが、もっと長く感じた。

その間、常にお口あんぐりな状態である。

「お口あんぐり」時々「苦笑」または「爆笑」。

「今夜あなたとトゥナイト」には、もうどうすればいいか解らなかった・・・笑.gif

   

しかし、これが意外な伏線になって出てくるってのももっとビックリだったけど笑.gif

乱闘シーンのセットのチープさは・・・狙ってるもんだよね。

自分的に「勇者ヨシヒコと魔王の城」よりもチープな物を映画で見る日が来るとは思わなかったyoshihiko.png

たぶん、この映画は、もんのすごくマニア向けの映画なのだと思う。

特撮が大好きで怪獣映画が大好きで、それでも飽き足らず、ちょっとキワモノ系が見たくなっちゃうほどのマニア向け。

私は怪獣映画に何の知識も興味もないので、申し訳ないが出演俳優さんも誰も存じ上げず・・・
(あっ、なべやかんは知ってる。8役?子供の役は笑うしかない汗.gif)

庵野秀明監督と樋口真嗣監督が普通に出演 してるのも笑える・・・笑.gif
(庵野さん狂ってるしw)


前半から「ありえね〜・・・」は、始まり、
もっと「ありえね〜」クライマックスを迎え、
「私は一体何を見たんだろう」
と、ボー然とエンディングを迎えたのだった…

そもそも、おめーは何を期待してレンタルしたんだよ?
と思われるだろうから一応ご説明しておきますと…
何かのドラマを見ながら

「あ〜、カッパを題材にした本格的な恐いホラーを誰か作ってくれないかな〜」
と思っていたところ、ツイ友さんから

「内容は全く知らないけどこんな映画があるよ」
と教えていただいてレンタルしたのである。

だから・・・

おみそれしました汗.gif
私にこの映画を語る資格はない。

ただ、まぁ、色々面白かったよ。別の意味で。笑.gif

世の中には色々な映画があるものだ。


ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ





え〜・・・もう、特にネタバレってほどのネタもないけど〜…

海に帰ったカッパ様はいいとして、あの巨大な加奈子は一体何なの??

この後、あの人はどうやって生活していくの
あれも怪獣の一種なの汗.gif


・デスカッパ 公式サイト

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


【26%OFF】[DVD] デスカッパ

【26%OFF】[DVD] デスカッパ
価格:3,652円(税込、送料別)




にほんブログ村 映画評論・レビュー
デスカッパ@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitter
Facebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。



【スマグラー おまえの未来を運べ】嫌な奴ほど

スマグラー おまえの未来を運べ


監督: 石井克人   

出演: 妻夫木聡、永瀬正敏、安藤政信、松雪泰子、満島ひかり、阿部力、我修院達也、テイ龍進、高嶋政宏、小日向文世、島田洋八、松田翔太、大杉漣、山本竜二、津田寛治、寺島進、森下能幸
公開: 2011年10月



    


例によって前知識なしで観に行った。
原作は、真鍋昌平氏のコミックなのだそうで。
TVドラマの「闇金ウシジマくん」は楽しく見てました。

出演の役者さんたちは、皆さん、もう
こんな顔、初めて見た!
と言うほど魅力的。

主演は妻夫木聡なワケだけど、もう誰が主役でも良いってくらい。

特に、安藤政信は肉体美含め素晴らしすぎる
男性ヌードに特に興味なくても、見惚れる美しさです。
ここは、必見。

「一命」と2日続きで見た満島ひかりも、ここではまた全く違う顔を見せる。
たぶん、今まで見た満島ひかりちゃんの中で一番好き。

いや、満島ひかりちゃんだけではなく・・・

渋い永瀬正敏、「悪い女」チャイナチックゴスロリ・松雪泰子、弟も悪役定番になりつつあるけど兄もスゴイ・高嶋政宏、こんな役でも損しない・阿部力、カッコいい小日向文世

みんながみんな、今まで見た中で一番魅力的かも
と思えるほどの凄味と美しさがあった。笑2.gif

疾走感のあるストーリー運びと、見終わった後に残る甘酸っぱさ。
石井監督の作品は他を見ていないのだが、ヒントの山口雅俊Pのお仕事だと思えば、私的には合点がいく。

ただね〜・・・

とにかく、痛い泣.gifので…

いや、性格的にも人生も痛い集団だけど、視覚的に痛い

後ろ1/3は、ほとんど耳塞いで下向いてたくらい。

グロ暴力シーンが苦手だという方には、お薦めしない。
特に、妻夫木くんのファンは痛みに耐えられないと失神する。笑.gif

それに耐えてまでも見るほどの魅力がある作品だと、個人的には思うけど…

ずっと苦い飴を我慢して舐め続けてたら、最後には物凄く美味しくて爽やかなミント味だった・・・
そんな感想。


ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ





あの拷問シーンは、私はダメだ
悪趣味にしか思えないの。痛いわ恐いわ・・・

あれだけの事をされた人間が、入院もしないであの後普通にスタスタ歩けるの

・・・と、ツッコミ入れておく。

パチスロにハマって人生台無しにしそうな若者が身近にいるので、 ぜひ見せてあげたい。と思ったけど、ラストに大金掴んじゃうんじゃ…

あの後、彼の人生が有意義なものになりますように。

登場人物の心理に深く入り込める内容ではなかったな…
とは思う。痛がったり恐がったりするのに忙しくて、 それどころじゃなかった。汗.gif


このメンバー、魅力的だけど「シリーズ化して・・・」 とは思えない。汗.gif


個人的には、「今まで見た中で一番美しい安藤くんを見た。」
その満足感が一番高いかも知れない。

・スマグラー おまえの未来を運べ 公式サイト

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」










にほんブログ村 映画評論・レビュー
スマグラー おまえの未来を運べ@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケットblogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitter
Facebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。