映画@見取り八段 トラックバックセンター

【フィリップ、きみを愛してる!】本当の君は誰

フィリップ、きみを愛してる!
〜 I LOVE YOU PHILLIP MORRIS 〜


監督: ジョン・レクア、グレン・フィカーラ   

出演: ジム・キャリー、ユアン・マクレガー、スティーヴ・マクヴィカー、レスリー・マン、ロドリゴ・サントロ、フィリップ・モリス
公開: 20103月13日



     

DVD鑑賞。
劇場で予告を観て、面白そう!と思いつつも行く機会を逸し、DVDでいっか、と思いつつ借りるのを忘れ続けてやっと見た。

面白い!!

そして、

信じらんな〜い!!

実話ベースなんだよね、これ。

「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」などを見たときにも思ったけれども、人間ってこんなに簡単に騙されるもんなのだろうか。信じてしまった人や見かけには弱いという事か。


スティーヴンは、親の愛情に欠けた幼少時を過ごし、ゲイの詐欺師になった。
ここら辺に、やはり幼少期に受ける心の傷が人格形成に大きく影響するのだという真実を見る。

・・・とは言え、この映画はそんなことは大して大きく取り上げない。
ひたすら、お金のかかるゲイ活動()のために詐欺を働き、バレては刑務所に入れられ、出てはまた詐欺活動に勤しむ1人のバカで哀れな男が滑稽に描かれる。

ジム・キャリーが、スティーブンにすごく合っていた。
失礼だけど、もうゲイにしか見えないほどに。

それにも増して、スティーブンに愛される天使のようなフィリップにユアンがピッタリ

も〜可愛い本当に可愛い。ハート.gif
ユアンも可愛いなんて年じゃないはずなんだけどね。汗.gif
家でスティーブンの帰りを待ってる様子なんて、もう、新婚の奥さんみたい。笑2.gif

作品中では、ゲイに対する冷たい目線や差別などもなく、詐欺師のスティーブンの元妻と娘も天使のように理解してくれる存在で、だからこそスティーブンはやりたい放題である。

本人も…止めたいとは思っているんだろうけれども…一種の病気なんだよね。
「嘘つき体質」。割と身近にいるので解ります。
止められないんだよね。たぶん一生。
  フィリップきみを愛してる.png
 

そんなスティーブンが唯一心から失いたくない存在のフィリップ。
クライマックスまでの一連の流れがまた・・・


耳に残る音楽と共に、流れるように運ぶストーリー。

ゲイに拒否反応のある方にも、絶対にお薦めできるハートフルな1本です。


ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ






どっちも社会的大犯罪で刑務所に入っているわけではないのである。
ちょっと我慢すれば2人で普通に出所して仲よく暮らせるはずなのに・・・

それが待っていられない

命がけの脱獄、大物過ぎる詐欺のスケール・・・

「ゲイは金がかかる」

とスティーブンは言うけれども、相手はそんな物、大して望んでいないのに。

自分の事まで騙していると知った時のフィリップの怒りが可哀想すぎて・・・

止められない嘘。どんどん大きくなる嘘。嘘つき体質の愛は止まらない。

エイズを装う手法には唖然としたわ。笑.gif
まさに命削ってます。

弁護士でも役員でも警官でもない。脱獄名人でもない。今はただ、きみを愛する男だ。


男色ものは本来苦手系なんだけど、普通の恋愛もの、しかも、本当に上質な恋愛映画のような感動で涙が溢れた・・・泣.gif

・・・のに、なにあの最後のテロップ!!
(あれを見たとき、そういえば実話ベースだったと思い出した)

あの後もまだ繰り返して終身刑って・・・

本当に病気だな…フィリップ、きみは今、どうしてる!?


「フィリップ、きみを愛してる!」公式サイト

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」






にほんブログ村 映画評論・レビュー
フィリップ、きみを愛してる!@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。





【マネーボール】金と統計と、そして愛と

マネーボール
〜 MONEYBALL 〜



監督: ベネット・ミラー   

出演: ブラッド・ピット、フィリップ・シーモア・ホフマン、ロビン・ライト、ジョナ・ヒル、ディミトリ・マーティン、クリス・ブラッドリー、スティーブン・ビショップ、ケリス・ドーシー
公開: 2011年11月



        


この映画に「野球」を求めている人は見ない方がいい。
スポコン作品ではなく、タイトル通り「マネー」と統計学のお話です。

と言っても、堅苦しく数字がズラズラ並ぶわけではなく、そこは、数学で0点取っちゃった事もある私でも面白く見れるように出来ている。
「野球」よりも、野球をコマにして「いかに勝つか」を考えた男たちの話。

統計数字がパソコンに並ぶ映像では、なぜか「ソーシャル・ネットワーク」を思い出した。

何か新しい物を作る人の上っていく上っていく感じがよく似ている。

アメリカの実在の球団「オークランド・アスレチックス」のGM、ビリー・ビーンが、経営難の弱小球団を立て直していく話。実話ベースである。

ただ数字だけを見てチームを組み立てていくストーリーではなく、主人公の内面的変化も丁寧に描かれている。
そっちの方が見どころと言えるのかも。


チームの人間主体のストーリーではないので、野球の試合シーンは、ほとんど出てこない。
それでも、戦略が試合結果に結びついていくシーンでは感動した。

おそらくチームのメンバーたった1人にでももっとスポットを当てて、ある程度はメンバーの心理描写を描いていけば全く違う映画になっただろうと考えると、そこは賛否両論の元なんでしょうね。
何せ、この作品では人はとことんコマなので・・・

主人公の気性はせっかちで荒いのだが、映画全体のスピード感はそれほどない。

上にも書いたけれども、そういう点でも「ソーシャル・ネットワーク」と比較してしまうのだ。

もっともっと疾走感と高揚感が欲しかったな・・・個人的には。


主人公とチームの変化が堅実に描かれている、と考えれば、面白くて良い作品。

プロ野球には全くと言っていいほど興味がないので、スポーツという物をこういう側面から見られた事は新鮮だった。

帰りの車のラジオで
「大リーグでは監督からチーム作りの采配までGMが任されているのに日本では新聞社の言うままになっているというのはどういう事だ」
と騒いでいたが、今見るとタイムリーな作品なのね。そういう意味でも面白い。

ブラピファンとしては見どころいっぱいの1本だと言えるでしょう。
メガネ男子のブラピも見れるよハートでも、あれって老眼鏡だよね、たぶん。



ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ






チームの成績が悪い時はGMが叩かれ、成績が上がってくるとGMじゃなくて監督が誉められる…
全く、どこの国でもマスコミってやつは・・・である。

トレードって、冷たいものなのね。人間が人間じゃないみたい。
ビリーは、選手たちと触れ合わない。人間関係が出来てしまうと切りにくくなるからだ。

でも、だんだんとそんなビリーが変わっていく。
選手を叱咤激励し、直接アドバイスをし始める。
そこからチームが変わっていく・・・

そう考えると、やはり、スポーツにおいて大切なのは「言葉」「向上心」「勇気」であり、この作品も結局はそこを描いているんだよな、と思う。
「負けて嬉しいか?!これが敗者の音だ!」と、ビリーがバットを投げてからだものね。変わってきたのは…。

この映画でほとんど試合が描かれないのは、主人公に「自分が見に行くと負ける」というジンクスがあるからだ。
これも、解る・・・
私も子供の試合、「自分が見に行くから負けるのでは…」と何度も思った事がある。(野球じゃありませんが)
実際に、よその強い選手のお母さんで、そういう理由で一切見に来なかった人もいたし。

出来るだけの努力と影からの応援と祈りで勝たせる我が子。親ってそういうもの。GMもたぶんそう。

そんなビリーをまるで親のように見守っているのが唯一の家族である娘だというのも面白い。

「パパっておばかね・・・」

そんな彼女の歌で終わるラストが余韻を残して好き。

人は、誰かが付いていてくれるから強くなれる。


・マネーボール 公式サイト

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


【送料無料】マネー・ボール

【送料無料】マネー・ボール
価格:798円(税込、送料別)




マネーボール@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
★前田有一の超映画批評★




【オーケストラ!】ラスト12分間のための120分

オーケストラ!〜 LE CONCERT 〜


監督: ラデュ・ミヘイレアニュ   

出演: アレクセイ・グシュコフ、メラニー・ロラン、ミュウ・ミュウ、フランソワ・ベルレアン、ドミトリー・ナザロフ、ヴァレリー・バリノフ
公開: 2010年4月



        


DVD鑑賞で。
…と言っても、観たのはだいぶ前です。

すでに色々な所で粗筋はバラされていると思うので、ネタバレも何もないかな、 と思いつつ・・・

ロシアのボリショイ交響楽団で清掃夫をしているアンドレは、実はかつては この楽団の指揮者であった。
ある日、アンドレは支配人室の清掃中にパリからの演奏依頼FAXを発見し、楽団に成り代わってパリでコンサートすることを思いつく。
そして、かつての仲間を集めて楽団を再結成するのだった…



・・・という「あらすじ」を見るだけで、もう発想がまともじゃない事が解る。
つまり、バリバリシリアスな感動映画ではありません。
ジャンルは「ヒューマン」になっているが、基本コメディなのだと思った方が良い。

実際、劇中で起きる事は「奇跡」「奇跡」「奇跡」の連続である。
現実味を求めたら、とても見てはいられない。

それでも涙を流すのは、まさに「奇跡」なラストの「チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲」のため。

音楽って素晴らしい!!音楽そのものが「奇跡」なのだ…と聞き入るそのラストの20分間。
この映画に出会えて良かったと、きっと思えるはず。



ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ






観る前に色々なところであらすじは聞いていて「面白そうだなぁ」と思ったから観たわけなんだけど…

まさか、本当にここまで「奇跡」だとは思わなかった。笑.gif

寄せ集めは寄せ集めなりに、苦労してコンサート出来るようになるまで練習し、その間のドタバタが描かれるのかと思った。

まさか、ぶっつけ本番大成功だとは・・・


しかし、それまでに、もうメチャメチャな「偶然」がたくさん起きているので、もう何が起きてもあまり気にならず・・・

制作側は、苦い歴史を描きたかったのだろうけれども、私的にはアンドレイとアンヌ=マリー・ジャケの歴史は、あまりコツンと来なかった。
別にこの2人が親子で隠し子でした、という結末でも映画の印象自体は変わらなかったと思う。

何が起きようと、全て飲み込んでしまうコンサート。
劇中人物たちの人生を変えた「チャイコフスキー・ヴァイオリン協奏曲」。

音楽はいい。音楽って、やっぱり素晴らしい。


・「オーケストラ!」公式サイト

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」





オーケストラ!@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
★前田有一の超映画批評★




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。