映画@見取り八段 トラックバックセンター

【日本インターネット映画大賞】外国映画部門

毎度お馴染み「日本インターネット映画大賞」さま2011年度宛の投票記事「外国語映画部門」です。

・・・にかこつけて、今年のまとめ記事とさせていただきます。


2011年は、年内日本公開の外画を21本、2010年以前に公開の外画も含めてDVD、CSテレビ鑑賞で13本。計34本鑑賞しました。(ラインナップはトップページを見ていただければ〜。ちなみに☆は未レビューです。もう年内に終わらない…)

「日本映画部門」に輪をかけて少ね〜…と思いつつも、外国語映画に関しては、失敗のない年だった…気がしてます。(まぁ、外画に関しては毎年かなり選んで観に行ってるっていうのもありますが)


では、投票は2011年公開分25本の中から選ばせていただきます。
(作品タイトルはレビューにリンクしています)


  *************************************************************



[作品賞投票ルール(抄)]

 ・選出作品は5本以上10本まで
 ・持ち点合計は30点
 ・1作品に投票できる最大は10点まで

-----------------------------------------------------------------

『 外国映画用投票フォーマット 』

【作品賞】(5本以上10本まで)
  「リアル・スティール」    6点
  「ソーシャル・ネットワーク」    6点
  「127時間」    5点
  「ヒア アフター」    3点
  「英国王のスピーチ」    3点
  「猿の惑星/創世記」    2点
  「ブラック・スワン」    2点
  「アメイジング・グレイス」    1点
  「SUPER8/スーパーエイト」    1点
  「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」    1点



【コメント】

ダコタくんが私を呼んでいるので「リアル・スティール」を1位に…(違…
いや、ホント楽しかったし、感動もしたし。自分的にはこれで間違いないです。

「ソーシャル・ネットワーク」は、年初めの1本で、その後もずっと今年の1位でした。流れるような勢いの高揚感と、寂しさ…。主人公が歩んできた道そのままに心が動く作品でした。

「127時間」も同じように、主人公の気持ちそのままに風景や緊張感が伝わる作品でした。たった1人での闘いを描くだけでストーリーが出来上がっていく様は素晴らしかったです。

「ヒア アフター」は、ポータルサイトなどでは賛否両論のようでしたが、私は好きです。もう、泣きっぱなしでした。霊現象が本当にあるかどうかは定かではありませんが、こんな奇跡があっても良い、あったらいいと思えました。

他も…30点しか貰えない関係でこんな結果になっていますが、どの作品も大好きです。

-----------------------------------------------------------------

【監督賞】       作品名
   [ダニー・ボイル] (「127時間」)

【主演男優賞】
   [ジェームズ・フランコ] (「127時間」)

【主演女優賞】
   [ナタリー・ポートマン] (「ブラック・スワン」)

【助演男優賞】
   [アラン・リックマン] (「ハリー・ポッターと死の秘宝」)
【コメント】
   候補が居すぎて選べないので…ここは長年の「お疲れさま」と敬愛の気持ちを込めてセブルス・スネイプ先生に差し上げたいと思います。

【助演女優賞】
   [ヘレナ・ボナム=カーター] (「英国王のスピーチ」「ハリー・ポッターと死の秘宝 Part2」)
【コメント】
   この2役の違いが素晴らしすぎる…

【ニューフェイスブレイク賞】
   [ジョエル・コートニー] (「SUPER8/スーパーエイト」)

【音楽賞】
  「ソーシャル・ネットワーク」
【コメント】
   変な話ですが…「マネーボール」鑑賞中に思ったのです。「ソーシャル・ネットワーク」の音楽良かったなぁと…^^;

【ブーイングムービー賞】
  該当なし


-----------------------------------------------------------------

 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。

-----------------------------------------------------------------

  *************************************************************


昨年の後半からレビューをサボり始め、今年も前半ちょくちょくサボってきたので、未レビューの物が溜まっている状態が続いております・・・思い出して書くというのも、なかなか大変なんだと今さら気づく始末。

思い出し書きしては、観た日付にUPしているので…気付いた方は読んでいただけると嬉しいです。

映画ブロガーさまには、今年から完全にコメント欄を閉めてしまい、ほんとーに申し訳ありません〜
また、サボっていた分を時々書いているので古い記事にトラバ送ってしまって申し訳ありません〜


どうぞ、これに懲りず、来年もよろしくお願いいたします〜


「【日本インターネット映画大賞】日本映画部門投票」の記事は、こちら

興味のある方はどうぞ↓
【2011年 ドラマ感想の決算】独断と偏見のベストランキングと〆



※コメントのお返しが溜まりすぎてしまったため、現在コメント欄を閉じております。申し訳ありません。
 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。





【日本インターネット映画大賞】日本映画部門

毎度お馴染み「日本インターネット映画大賞」さま2011年度宛の投票記事です。

・・・にかこつけて、今年のまとめ記事とさせていただきます。


2011年は、年内日本公開の邦画を24本、2010年以前に公開の邦画も含めてDVD、CSテレビ鑑賞で27本。計51本鑑賞しました。(ラインナップはトップページを見ていただければ〜。ちなみに☆は未レビューです。もう年内に終わらない…)


自分的には、上半期はこれと言ったものがなく(今から考えれば「これと言ったもの」は、震災だ何だで未見だったわけですが)下半期になってから、良い物いっぱい見たという感じ・・・


では、投票は2011年公開分35本の中から選ばせていただきます。
(作品タイトルはレビューにリンクしています)


  *************************************************************



[作品賞投票ルール(抄)]

 ・選出作品は5本以上10本まで
 ・持ち点合計は30点
 ・1作品に投票できる最大は10点まで

-----------------------------------------------------------------

『 日本映画用投票フォーマット 』

【作品賞】(5本以上10本まで)
  「聯合艦隊司令長官 山本五十六 −太平洋戦争70年目の真実−」    7点
  「奇跡」    6点
  「ステキな金縛り」    5点
  「冷たい熱帯魚」    5点
  「一命」    3点
  「阪急電車 片道15分の奇跡」    2点
  「大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇」    1点
  「犬飼さんちの犬」    1点


【コメント】

「ステキな金縛り」を見た時は、もう、今年はこれでいいだろう、と思いました。
とにかく、好きなんです。もう、ただ楽しくて幸せでニコニコしながら劇場を出られる三谷幸喜さんの作品が…。

しかし、その後DVDで「奇跡」を見てしまい、「やっぱこっちか」と思っていたこの年末にきて「山本五十六」にやられました。

例年通り、単純に「好きなもの」と「感動したもの」を選びました。


-----------------------------------------------------------------

【監督賞】       作品名
   [三谷幸喜] (「ステキな金縛り」)
【コメント】
単純ですね、と思われるかもしれませんが、本当に単純に三谷さんだから期待し、期待通りに楽しませてもらいました。

【主演男優賞】
   [市川海老蔵] (「一命」)

【主演女優賞】
   [宮崎あおい] (「ツレがうつになりまして。」

【助演男優賞】
   [でんでん] (「冷たい熱帯魚」「大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇」)
【コメント】
今まで人の良い印象しかなかったので…。こんな恐いでんでんさん、初めて見た。トラウマです。

【助演女優賞】
   [田中麗奈] (「源氏物語 千年の謎」
【コメント】
本当に素晴らしい六条御息所を見せていただきました…

【ニューフェイスブレイク賞】
   [まえだまえだ(前田航基、前田旺志郎)] (「奇跡」)
【コメント】
2人とも選びたかったので…^^;

【音楽賞】
  「GANTZ」(1も2も特に変わらないけど、1の方で)
【コメント】
いや、あの音楽は本当に素晴らしいと思ったわけです…

【ブーイングムービー賞】
  「2ちゃんねるの呪い 劇場版」
【コメント】
劇場で見たわけでもないのに「金返せ」と思った。いや、時間を返せか…


-----------------------------------------------------------------

 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。

-----------------------------------------------------------------

  *************************************************************


2011年は劇場で見れない物が多かった、と書きましたが、映画どころじゃない状態が春先には日本に起こっていたわけで…私が主に通っている劇場2館は、両方ともかなり長いこと再開しなかったのです。
交通の事なども考えると遠出する気にもなれなかったし、見そびれた名作は多かっただろうと思います。

被災地にも、楽しみに待っていた映画を見れなかった方が、たくさんいらっしゃる事でしょう。

気の利いた事が言えなくて申し訳ありませんが、一日も早く皆さまの生活が元に戻り、楽しい映画で癒される日が来ればいい、と心からお祈りしております。



映画ブロガーさまには、今年から完全にコメント欄を閉めてしまい、ほんとーに申し訳ありません〜
とにかく、記事をジックリ書く、そして、トラバ先さまの記事をジックリ読む、これに専念していきたいと思っております。

どうぞ、来年もよろしくお願いいたします〜


「【日本インターネット映画大賞】外国映画部門投票」の記事は、こちら

興味のある方はどうぞ↓
【2011年 ドラマ感想の決算】独断と偏見のベストランキングと〆



※コメントのお返しが溜まりすぎてしまったため、現在コメント欄を閉じております。申し訳ありません。
 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。




聯合艦隊司令長官 山本五十六 −太平洋戦争

聯合艦隊司令長官 山本五十六 −太平洋戦争70年目の真実−


監督: 成島出   
出演: 役所広司、玉木宏、柳葉敏郎、阿部寛、吉田栄作、椎名桔平、香川照之、伊武雅刀、柄本明、益岡徹、原田美枝子、五十嵐隼士、坂東三津五郎、瀬戸朝香、田中麗奈
公開: 2011年12月



    


ここ何年も戦争を描いた邦画はお涙頂戴ものばかりで、「もう日本人は戦争映画作るな」と思っていたところにこの作品。 本当に素晴らしかった・・・。

…と言っても、戦闘シーンの迫力を見たい方にとっては、ちょっと勝手が違うかもしれない。

この作品は、「戦争」を描くよりも、「上に立つべき者」を描いた作品だからだ。

「海軍内も一枚岩ではない」
と劇中でも記者が言うわけだが、山本が願っている方向とは違う方へ違う方へと事は転がっていく。

見通しの甘さ、無謀な計画、個人の思惑、そんな物でドロドロしている中で、太平洋戦争は「講和」が利かない段階にどんどんコマを進めていく。

日本はまともに戦ったら絶対に勝てない。とにかく、安全な範囲で叩いて、一刻も早い講和を。
その思いは、ついに叶えられることが無かった。


既存の戦争映画やドラマとは全く違う描き方。

ここには、軍部に無理やり洗脳されて戦争の犠牲になる悲劇的な国民や、強制的に洗脳記事を書かされる記者は出てこない。

「日本は戦争すれば必ず勝つ」「戦争が起これば景気が良くなる」
そんな風に考え、海軍に開戦を願う愚かな国民の姿が描かれている。

結果を知っている私たちだから愚かに感じるが、実際こんな物だったのかも知れない。
現に日本は日露戦争にさえ勝った。余裕で勝ったと国民は思っているのだから。

戦争が起きれば、その後どうなるか明確に将来を見据えて忠告する山本。
戦争したい国民。戦争を避けたい軍人。

この描かれ方には驚く人が多いはず。


「目と耳と心を大きく開いて未来を見なさい」

と、山本は新聞記者の真藤に言う。
若い世代を育てる事を常に念頭において行動している。


この山本五十六を見たら、誰しも「こんな人が上司だったら」「こんな人が政治家だったら」と思う事だろう。

この作品は、そんな風に現代のサラリーマン社会にも通じている。

これから人の上に立つ貴方は、ぜひ、この作品を見てお手本にしてください。


全く戦闘シーンがないわけではもちろんなく、迫力のある映像も見れます。
戦闘シーンがお好きな方にもお薦め。

役所広司山本五十六はもちろん、軍人姿がピッタリはまる役者さんたちも皆さん素晴らしい。

これを見に行く前日までNHK「坂の上の雲」(レビュー→)で陸軍軍人をやっていた阿部寛の海軍姿には、ちょっと浮き浮きしてしまった…。 「ウルトラマンメビウス」五十嵐隼士の零戦パイロット姿も清々しく・・・

見どころは多いです。ぜひ。


ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



【送料無料】聯合艦隊司令...

【送料無料】聯合艦隊司令...
価格:1,470円(税込、送料別)

 



「戦で勝ったって人は死ぬのよ」
と、小料理屋の女将は言う。

戦争が起きたら景気が良くなる。という客は「それは仕方ないね」と言う。

本土を空襲されて、初めて戦争とはどういう物なのか理解する記者。

戦前、戦争に向けての国民意識はそんな物だった。

かつての戦争から40年…。
人間は忘れる生き物だ。良いことしか覚えていない。

軍の上層部も国民と同じ。
「戦争はやってみなければ解らないからね」

やってみた結果、失うのは「命」という掛替えのないものだというのに。


山本は一手先を読み、忠告し続ける。

しかし、目と耳と心が塞がった人たちは、取り返しのつかない間違いを起こし続ける。

これが、太平洋戦争の悲劇。


人の上に立つ者は、いつも未来を考えていなくてはならない。
失敗した部下を責めてはならない。
冷静でいなければならない。

太平洋戦争の実態以外に、人間として学ぶことが多かった。

こんな人が、本当に今の日本のトップにもいればいいのにね…


※なお、この記事で書かれている事は、あくまでも作品の中の山本五十六に関する感想です。史実の山本さんに関して書かれたものではありませんので、そこは論点になさらないようお願いいたします

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」




【送料無料】聯合艦隊司令長官山本五十六

【送料無料】聯合艦隊司令長官山本五十六
価格:1,470円(税込、送料別)








にほんブログ村 映画評論・レビュー
聯合艦隊司令長官 山本五十六 −太平洋戦争70年目の真実−@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。