映画@見取り八段 トラックバックセンター

【ALWAYS三丁目の夕日'64】変わらぬメンバー

ALWAYS三丁目の夕日'64


監督: 山崎貴   
出演: 吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、薬師丸ひろ子、森山未來、大森南朋、高畑淳子、米倉斉加年、須賀健太、小清水一揮、マギー、温水洋一、神戸浩、蛭子能収、飯田基祐、ピエール瀧、染谷将太、正司照枝
公開: 2012年1月



   always.png


久しぶりに、「三丁目」のメンバーが顔を揃えました、という作品。
子役たちは驚くほど成長し、時の流れを感じさせる。

そして、「三丁目」の人たちは、今日も元気。
相変わらず、良いことがあったり悪いことがあったり、悩んだり怒ったり喜んだりしながら生き生きと昭和を生きている。

小道具や建物、背景、全て、相変わらず素晴らしいセットの数々…

…ということで、つまり、相変わらず、相変わらず…の安心感なのである。

私は、この監督さんの他作品は、あまり、こう…グッと来るものが少ないのだが、このシリーズは本当にいつも入り込んで見てしまう。
笑ったり泣いたり、恐らく作り手の思いのままにハマってます

原作ありきだから…というわけではないんですよね。
私は、これの原作も大好きで、全巻読んでいるんだけど、映画とはほぼ別物だから。
やはり、脚本と演出の力なんだと思う。素晴らしい。


今回は、「鈴木オート」「茶川先生家」それぞれの血の繋がりのない子供たちの独立物語

血が繋がっていようがいまいが、家族は家族。それぞれの親たちの思いに泣く…

特に、ろくちゃんのご挨拶には…もう予告からウルウルしてたし…卑怯だ。誰でも泣くでしょ、これは
また、堤真一さんの親父っぷりが素晴らしくて…もう、この作品自体に堤さんの親心を感じます。

前2作を見た方には、ぜひぜひ見ていただきたいです。本当に幸せな気持ちになれる良い映画。


ところで…


子役たちはこんなに変わったと言うのに…
always.jpg always2.jpg

堀北真希まきのこの変わらぬ可憐さは何?
always3.png


天使だ・・・

・・・と言う事で、真希まきのファンの方も、もちろん必見です


今回は1964年の東京オリンピックが背景ということで、私もかろうじてまだ生まれてないけど…
次作がもし出来たら、今度は生まれてると思う。いや、絶対
また見たいです。ぜひ続きを。


ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ






私的には、いつも茶川先生周りよりも「鈴木オート」中心に見てしまうのは、堤さんのファンだから…というのが大きいんだけど、この先生がどうしてもあまり好きになれなくて〜。(原作の茶川先生は大好き)

でも、今回のラストはカッコ良かったです。あの髪型を何とかしてくれれば、もっとカッコいい

ずっと育ててもらった淳之介。苦労しても同じ道を進みたい。本当に尊敬しているんだよね。親冥利に尽きるじゃないか。

そして、鈴木オートでは、ろくちゃんの結婚問題。カワイイ恋ですね。
この映画に限って…とは思ったけれども、ちょっとは心配しちゃったよ。

だって…菊池先生、どっからどう見てもチャラ男だもん…
とても、「自分の身の振りも気にせず医療に尽くす今時得難い青年」には見えない

でも、ろくちゃん、幸せになれて良かった。
(結婚式で、ろくちゃんの親族、みんな頬っぺたが赤くて笑った)

そんな感じで…
こっちも、この映画を見守ってきた親のような気持ちで見てしまった。

だから、親としては、またみんなの成長が見たい。
この温かい気持ち、ぜひまた味わせてください。お待ちしております


 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」





にほんブログ村 映画評論・レビュー
ALWAYS 三丁目の夕日’64@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。






【ヒミズ】「病気」を自覚する園子温監督作品

ヒミズ


監督: 園子温   
出演: 染谷将太、二階堂ふみ、渡辺哲、吹越満、神楽坂恵、光石研、渡辺真起子、黒沢あすか、でんでん、村上淳、窪塚洋介、吉高由里子、西島隆弘、鈴木杏
公開: 2012年1月



   


第68回ヴェネチア国際映画祭 最優秀新人俳優賞受賞作


牛乳の中にいる蠅 その白黒はよくわかる

みながみな同じであればよくわかる
働き者か怠け者かわかる

何だってわかる 自分のこと以外なら



「ヒミズ」は、手のひらサイズのモグラの一種らしい。
名前の由来は「日見ず」を意味する。土の中にいるから日を見ることが出来ない。

実際の「ヒミズ」はモグラだから日を求めてはいないだろうが、物語の中の少年たちは、日を求めてあがき続ける。彼らから日を奪ったのは「親」という名の大人。

親だけではなくて、もう本当に死んでしまえばいいのに、と思うような大人がいっぱい出てくる。
強い者が弱き者を虐げる構図は園子温監督の作品のベースにあるけれども、弱き者が中学生だという設定はエログロ描写が無くても心が痛い。

バイオレンス描写はあるものの、他の園子温監督作品に比べるとソフトに出来ていると思った。どうしようもない「どん底感」だけではなく、希望が見える優しいラストだった。

親と子の問題…というよりも、問題外な親たち。しっかり立派に生きて行こうとする若者を阻む大人の身勝手さにムカムカする。でも、助けてくれようとする人たちもいる。

頑張ろうとする人間には見守ってくれる目もあるという設定は救われる。

園子温監督の作品には、いつも「病んでる」と思われる人たちがたくさん出てくる。もっとも、何が人間が「病んでる」基準なのかと言われれば解らないけれども。
痛い人たちが繰り広げる悪夢。…しかし、他のどの作品にも登場人物に向けられる「病気」だという言葉は出てきていないような気がする。

この作品には、主人公に向けられて「病気だ」という言葉が2回も出てくる。それも、他の作品とは、ちょっと違うなと思った所。
「病気だ」と言ってくれる人がいる映画。それも救いなのかも知れない。


「冷たい熱帯魚」出演の方々などお馴染みの役者さんが数多く出てくるのは、ちょっと面白かった。「愛のむきだし」で主演した西島隆弘や、「紀子の食卓」デビューの吉高由里子ちゃんが、ほんのチョイ役で出てきたのも嬉しい。

窪塚洋介は、「源氏物語」の安倍晴明よりも、やっぱりこっちの方が全然いいでも、あの人、どうなっちゃったんだろう…いや、それはネタバレ欄で…。

ヴェネチア国際映画祭で最優秀新人俳優賞を受賞した染谷将太二階堂ふみの感情…というよりも命むきだしの演技にも注目。「熱海の捜査官」ファンとしては、この2人の受賞は嬉しいこと


痛いけど、優しい。鬱々とするけれども、考えさせられる。凄い映画だった。



ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



【送料無料】ヒミ...

【送料無料】ヒミ...
価格:580円(税込、送料別)

【送料無料】ヒミ...

【送料無料】ヒミ...
価格:580円(税込、送料別)

 
【送料無料】小...

【送料無料】小...
価格:750円(税込、送料別)




父親を殺して「普通」じゃなくなった主人公・住田。
一体、「何が普通なんだ」と言われれば、普通なんてないのかも知れない。仲良さそうに暮らしている家族だって「紀子の食卓」みたいなことになっているのかも知れないし、親がいてもいなくても、孤独な心は埋まらない。

しかし、親が両方とも出て行って、父親は多額の借金をして、家に暴力団の取り立てが来て…そして、父親を殺す。

茶沢の言うとおり「もう普通じゃないよね!」の状態だ。

自殺する前に命を世の中の役に立てようと、包丁を持って街をうろつくシーン。中二病っぽいけど、実際に中学生なのだから仕方ない。

ここから、バスの中のシーンや金子ローンのシーンなど、住田の妄想世界が組み込まれるので、どこまで本当なのか少し混乱する。
これが「病気」なのだ。「お前は今、病気なんだ」と言ってくれるのが、あんたに言われたくないよ、と思う金子ローンの社長なのだから、これもまた凄い。
あれだけ殴っておいて、結局、住田から包丁を取り上げたのが彼なのだから、案外良い人なのね、とか…登場人物にそんな意外性もある。

住田が一生懸命生きてきた事を知っているからこそ、味方してくれた被災者の人たち。

住田、がんばれ!住田、がんばれ!

叫び続ける茶沢も愛おしい存在。

この子だって…言っていたような未来が来るかどうか解らない子なのに。

「お前が本当……に、要らない」

親からそんな風に言われ続ける子供の気持ち。どん底の沼の中で必死にもがく。

それでも、生きていけ。

作品全体が全身でそう語っている。

それはきっと…とても辛い事なのかもしれないけれども。


※ところで…
本当に、窪塚くんが演じていたスリ男は、あの時どうなったんだろう…
どうでも良いけど、ちょっと気になる。
夜野さんには、人殺しになってほしくないんだよ。




・ヒミズ 公式サイト




【送料無料】ヒミズ(1)

【送料無料】ヒミズ(1)
価格:580円(税込、送料別)




ヒミズ@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
★前田有一の超映画批評★




【お墓に泊まろう!】レッツ!おもしろ葬儀!

お墓に泊まろう!


監督: 伊藤隆行   

出演: 金田哲、河本準一、川田広樹、野間口徹、小村裕次郎、杉原杏璃、伊藤明賢、徳井義実、日野美歌、大橋未歩、大鶴義丹、松方弘樹
公開: 2010年10月



       


テレビ東京地上波テレビ放映視聴。

内容は全く知らなかったけれども、DVD屋さんで見かけて興味を持っていたところへ、テレビ東京が深夜の新春ロードショーで放送してくれた。

「よしもとクリエイティブ・エージェンシー」の配給なので、男優さんのほとんどは吉本の芸人さん。

よく「お笑いが芝居なんて」と言う人がいるけれど、私は漫才やコント芸人さんというのは自分で脚本から演出までやって限られた時間で演じる人たちだと思っているので、別に何の抵抗もない。

実際、この映画の金田の演技はお笑いの時の大きな演技とは違って、自然な熱血青年っぷりだった。

テレビ東京が舞台の「架空のテレビ東京の未来」を描いた作品。
監督は実際にテレビ東京でバラエティ番組のプロデュースをしている伊藤隆行さん。

軽く見れるもんなんだろう、と見始めて、実際に軽かったし、思っていたよりはるかに面白かった。

で、最後には意外と真剣に見ている自分に気づく。
いつの間にかウルっとなってるシーンもあった。笑って、泣かせて…という流れが自然だった。

やりたい事が思うようにできないジレンマや不安、不満は、テレビ局じゃなくてもサラリーマンなら誰でも経験するところ。共感できる方は多いのではないだろうか。

仕事に対する新人の情熱と空回り。「あきらめなければ何だってできる!」青臭い理想論。チームで働くことの喜び。
そんな物がいっぱい詰まっている。
良いお話だった。

ただ、カメラワークがどうも落ち着かなくて…汗2.gif
こう…ふっふっと時折映像が飛ぶように細かく動いたり、いやにボケてる所や焦点が定まってない感じ…
素人が録ってるビデオみたいに思える所も多かったんだけど…狙ってやってるんだよね笑.gif

狙ってるとしても、これはあまり好きじゃないなぁ…。ちょっと残念。

※テレ東ファンにとっては嬉しい、テレ東バラエティのパロディもちらほらあるよ。



ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ






いや、実際、吉本制作で吉本芸人だらけだし、もっと落ち着かない映画なんだと思っていたけど意外とまじめだった。

「自分らしさを捨てるんだったら死んだ方がマシ」

伊藤のこの口癖が社長の物だったと言うのは容易に想像できたけど、なぜか泣かされるあのビデオ…

だって、やっぱりお葬式だからさ…死んじゃった人の思いは重たいよね。

「演歌の菊の花道」 「アド街っく天国」 「何でも棺桶団」
笑ったわ。中島誠之助先生、本当に鑑定に出てくるし

しかし、全員クビってどうなるの。視聴率43%取って、結局無くなっちゃう制作局。
その辺は、投げ出した?それとも視聴者へ投げかけた?
「あなたはこういう番組許せますか?」のメッセージ?


「自分が作りたいものを作って世に出せ」

島田社長の最後の言葉。

でもね、私、ちょっと言いたい事があります。

しがらみを気にせず自由に作っていたと思われ、そのおかげで「鈴木先生」という名作が出来たテレ東の月曜22時ドラマ枠。
視聴率が悪いからと言って切ったのは何故だろう島田社長。

テレ東さん、「自分が作りたいもの」、本当に作ってますか


・お墓に泊まろう! 公式サイト

お墓に泊まろう! 【DVD】

お墓に泊まろう! 【DVD】
価格:3,591円(税込、送料別)




お墓に泊まろう!@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
★前田有一の超映画批評★




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。