映画@見取り八段 トラックバックセンター

【任侠ヘルパー】弱きを助け強きを挫く

任侠ヘルパー

   

監督: 西谷弘   
出演: 草なぎ剛、安田成美、夏帆、風間俊介、香川照之、堺正章、杉本哲太、宇崎竜童、黒木メイサ、品川徹、りりィ
公開: 2012年11月17日



2012年11月28日。劇場観賞。

この作品を「任侠でヘルパー?ギャグかよ」とか思ったり「どうせジャニーズ映画でしょ」とか思ったりして避けている人は、とてももったいない。

「任侠ヘルパー」は、2009年第3クールにフジテレビ系列で放映されていた連続ドラマだ。(最終回レビュー→)

一見コメディなのかというようなタイトルだけど、中身はコメディどころか、ものすごく苦かった。
介護問題をギャグなどにできるはずがなく、行政でさえ解決できない老人問題の数々を誰がどうやって救うのか。 そこを真剣に描いた非常に考えさせられる作品だったのである。

今さらの映画化は一体どうなんだ……とは思っていたけれども、こうして映画化されて見直してみると、連ドラの時には毎回涙しながら見ていたのに3年経ってスッカリ平和ボケして忘れている自分に喝を入れられた気がした。

連ドラから3年経つ内に、自分の両親も主人の両親もますます年を取り、ますます身近になってきた問題だから余計に苦かった。

また、この作品は主役の草g 剛の新境地とも言える役柄で、その演技は素晴らしかった。
どうせ良い人の役ばかり、とかジャニーズ演技とか思っている人にも、ぜひ見ていただきたい。
私が草薙くんは凄い役者だと思っているのは、この翼 彦一を見たからなんだもの。

映画のテーマは連ドラとほぼ同じ。

連ドラ時のラストに「俺たちは、目の前にいる年寄りを放っておく事は出来ねぇ」と、行政を敵に回して目の前の弱者に手を差し伸べる事こそ任侠道だと言っていた翼 彦一も再びムショに入れられて出てくると結局ヤクザの道に戻るしかなく、老人相手に年金や手当を巻き上げて劣悪な環境の施設に押しこむお仕事を始めちゃっている。

しかし、子どもと美女の涙には勝てないところも相変わらずの彦一さんなのだった。
   任侠ヘルパー2.png

大河内教授にも柳先生にもクレーマー爺さんにもボケた老人にもなれる品川徹さん…。品川さんだからこそ、かつてはきっと良い仕事をしていたのにこんな所に入れられて…という哀愁が出るんだよね。
  任侠ヘルパー3.png

※品川徹さんは、ブログやっていらっしゃるんですよね〜。
お忙しそうなご様子。書かれている事がただの宣伝ではなくてエッセイとして読みごたえあります。
素敵な役者さんですね。 http://blogs.yahoo.co.jp/jcbsf264



どうせヤクザと絡んでるんでしょ、と思ったら、正義感溢れた議員の2世ボンボンだった香川照之。珍しく明る〜い舎弟役の風間俊介くん。幸薄いシングルマザー安田成美。アウトレイジな宇崎竜童杉本哲太

主役の草なぎくんだけではなく、役者さん皆さん素晴らしい。

私的には「コドモ警察」で可愛すぎてニヤニヤだったスマートさんこと秋元黎くんが普通の子どもの演技をしていたのが嬉しかった〜。相変わらずカワイイっっ
  任侠ヘルパー1.png

そして、夏帆ちゃんは最初誰だか解らなかった。メイクですごい変わりよう…。
  任侠ヘルパー4.png


劇中、何度も本気で泣きそうになった。だって、やっぱり心痛いから。

連ドラと同じく、ビターな後味で終わった。決して綺麗ごとには出来ない。当たり前だ。だって、綺麗ごとだけでは解決できない問題なのだから。

それでも、出来る限り綺麗ごとにするために、彦一たちはたくさんの血を流して痛い目に遭う。

老人介護の問題は、誰だっていつかは他人事ではない。誰もがいずれは痛い思いをしなければならない。

タイトルや先入観で避けずに、多くの人に見ていただきたい1本。
全く別の所から始まるので、連ドラを見ていなくてもついて行けます。ぜひ。




ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



 




働くために痴呆の母を高級施設に預けたら、薬漬けにされて自分や孫の事さえ判別できないようになっていた…。
無理やり施設から連れ出して逃げるように車に母と子どもを押し込む。
ボロい車はなかなかエンジンがかからず、何度も回していたら折れてしまうキー。
もう、誰も救ってくれない、どうにもならない絶望感で泣き崩れる葉子のシーン……。

あまりに苦しくて、一緒に泣いてしまう。
どうすれば救われるんだろう。

彦一はここからまた「弱きを助ける道」を歩き始める。

人手は雇えない。だからボケて押しこんでいた老人たち自身に手伝わせて、ゴミや汚物で腐ったようになっている「うみねこの家」を生まれ変わらせる。1日中寝たきりで何もできなかった入居者たちの顔が輝き始め、どんどん積極的になっていく。

人は必要とされて初めて生かされるものだから。

「ここは自分の家じゃない」と、出て行こうとしていた認知症の老人が、火事の後には「うみねこの家」に帰ってきている。楽しかった思い出が詰まった家。

物語の流れはドラマと本当に同じで、彦一は自分の身を犠牲にして目の前の弱者を救う。

八代も彦一の生き方を理解する病院でのシーンも好きだ。
行政もヤクザも弱者を救わない。弱者を救うのは、そこにいる人の「手」。ただそれだけ。

最終的には、何かが丸く収まるわけではない。
「うみねこの家」が再建されるかどうかは解らないし、あの老人たちはまたバラバラに劣悪施設に押し込められるかもしれないし、極鵬会が丸ごと逮捕されたって新たなヤクザが弱者から搾り取る行為をまた始めるかもしれない。

それでも、彦一がこの地に戦う人たちを残して行ったのは事実。

少しずつでも希望が見えれば、今はそれでいい。
理想だけに走るのではなく、そこに「人の手」がある事を教えてくれるこの作品が私は好きだ。


「任侠ヘルパー」公式サイト

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」








にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
任侠ヘルパー@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。





【カラスの親指】もう騙されちゃってるもんねぇ

カラスの親指

    

監督: 伊藤匡史   
出演: 阿部寛、石原さとみ、能年玲奈、小柳友、村上ショージ、鶴見辰吾、ベンガル、ユースケ・サンタマリア、戸次重幸、なだぎ武、上田耕一
公開: 2012年11月23日



2012年11月26日。劇場観賞。

原作は第62回日本推理作家協会賞を受賞した道尾秀介氏の同名小説。未読です。

もう何か月も前から何度も劇場で予告を見て、ずっと楽しみにしていた1本だった。
キャストも魅力的だし、コン・ゲーム物は大好き。どんな話になるんだろう…と思っていたんだけど…。

結論から言うと、この映画は予告のイメージで見ない方がいい。
ミステリーとか何とかよりも、人情ものとして見る方が正解かも。

いや、原作を読んでいる方には笑っちゃう話かも知れませんが…
予告をずっと見てきて予告から連想していた結末と違ったので、最後まで、あれっあれっって事になってしまったんですよ。
ネタバレになるので書きづらいんだけど、予告に出てくる「あるセリフ」が本編にないのである。汗.gif

ずっと、きっとこうなるに違いないと思って見続けて、最後まで無かったから、ええーーー?で終わっちゃったのだ。何だったんだ「あのセリフ」

…という事で……これから見る方は予告に騙されないようにしましょう。笑.gif

今さらだけど、キャストの皆さんは素晴らしい。
  カラス3.png

阿部ちゃんはもう鉄板の良さ…。だけど、脚本があまり自然な言葉で書かれていない気がした。そのせいか、最初の内、ちょっと演技しづらそうに見えた。

仏さまみたいな顔した貫太郎くん役の小柳友くんは、知っている人には今さらだけど、あの「阪急電車」で戸田恵梨香のDV彼氏をやっていた人である。全然違うね。汗.gif
村上ショージさんは、やっぱり標準語に無理してるように見えたけど、すぐ慣れた。この役、ハマりだった。
さとみちゃんは、相変わらず可愛い

そして…
とにかく能年玲奈ちゃんが、チョーかわいい。ハート2.gif
   カラス2.png

玲奈ちゃんは2013年4月から始まるNHK朝ドラ「あまちゃん」(宮藤官九郎脚本)のヒロインをやるんだよねぇ。一刻も早く始まるようにみんなで祈りましょう。

…って事で…色々書いたけど、色々思う所はあったけど、ちょっとホロっとさせてもらえて、ええーっ。という展開もあって面白かった。確かに色んな意味で騙された。

後は、のネタバレ欄で〜。



ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ





ほんとうにね〜…ずっと、ずっと、竹夫は子どもたちに騙されるんだと思いながら見てた。
きっと、あのお金は、まひろたちが全部取ってドロンするんだと思い込んでたのに〜。汗.gif

アッサリと良い話で終わった……。汗2.gif

なんで、そんな風に思ってたのかと言えば、上に書いたけど、劇場やテレビでバンバン流れている予告のラストのさとみちゃん、「もう騙されちゃってるもんね〜」である…。

あのセリフが印象深かったのにも段階があってですね…

このさとみちゃんは、だらしない性格の設定のせいか座り方もだらしなくて常に座高が低いので、予告で最初に見た時は「さとみちゃんによく似た子ども」だと思っていた。つまり、玲奈ちゃんの妹設定なんだろうと…。
  カラス1.png

それが、名前が出てから「えっ、さとみちゃんなの?」→ラストシーン「さとみちゃん可愛い〜」
  カラス.png

で、結果、「もう騙されちゃってるもんね」が頭にこびりつく……という……。

だから、予告のあのシーンを探している内にラストになり…EDが始まり…もしかしたらED後に何か来る?と、いつもボーっと音楽を楽しんでいるEDを目を凝らして待機し…何もないまま電気点く。

みたいな…。汗.gif
つまり、予告を見た段階で「もう騙され」てた。笑.gif

ヒグチをハメる所は、まぁ何とかなるんだろう。死ぬわきゃないし、と見ていたけれど、その後のテツさんの話には驚いたよ。

劇団員には笑った。まさか、ぶつかったおばさんまで仕組まれてたとは。笑.gif
ヒグチもちょっぴり気の毒かな。まぁ〜ひどい事してきた報いか。

まひろたちと一緒に暮らせて、家族でいられて、本当に嬉しかったのはテツさんの方だったんだね。

指の中で、親指だけが他の指と向き合っている……。

「カラス」は「クロ」。ブロの詐欺師のこと。
だから、「カラスの親指」かぁ…。
あのシーンでは、見た人はみんな指がくっつくか試してみたはず。笑2.gif

切なかった。
けど、温かかった。

なによりも…
とさかが生きていてホント良かった!!


「カラスの親指」公式サイト

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


【送料無料】カラスの親指 [ 道尾秀介 ]

【送料無料】カラスの親指 [ 道尾秀介 ]
価格:780円(税込、送料別)





にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
カラスの親指@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。



【その夜の侍】たあいない話がしたい

その夜の侍

    

監督: 赤堀雅秋   
出演: 堺雅人、山田孝之、新井浩文、綾野剛、田口トモロヲ、谷村美月、安藤サクラ、山田キヌヲ、高橋努、でんでん、木南晴夏、坂井真紀、三谷昇、峯村リエ、黒田大輔、小林勝也
公開: 2012年11月17日



2012年11月21日。劇場観賞。

始めに。
武士は出てきません。
時代劇ではありません。


作品概要はよく知らず、監督もよく存じ上げず、好きな役者さんがたくさん出ているのでそれを目的で見に行った。
そして、ここにいる私が好きな役者さんは、みんなそれぞれ今までにないような顔を見せていた。
それを見た事が良かったかどうかは分からない。ただ、凄かったことは確か。

ストーリーは鬱々とする。

5年前、中村健一は妻を交通事故で失くした。
ここで公式などには「最愛の妻」と書いてあるが、始めの重要な留守電のシーンでは「最愛」な感じはしない。
部屋にいるのに妻からの電話も取らず、黙々とプリンを食べ続ける男・中村。
それが堺雅人なのである。
分厚いレンズのメガネ、よれっとした工場の作業服、くせ毛そのままの髪、したたる汗。見るからに根暗な雰囲気。ハッキリ言ってキモい。堺さんだと言われなければ誰だか解らないほどだ。

だから、「大奥」の美しい有功さまのような堺さんが見たいだけの方は止めておきましょう。面影の「お」もないです。
   夜侍2.png


妻の事故はただの事故ではなかった。ひき逃げだった。
犯人は妻を殺して逃げた。
まず、そのシーンがなかなか恐ろしい。

自分の事ばかりしか頭になく、心のない男・木島宏
これを山田孝之が演じている。
山田くんのこういう雰囲気の役と言うのは今までにも無くはないが、大義とか正義とか情けとか…そういう物は全くない人物なので本当に怖い。
   夜侍3.png

「悪の教典」のサイコパスはエンターテイメント性の高いサイコパスだったが、こっちのサイコパスは本当にそこら中にいる日常の中のサイコパスだから。

人の心を持たぬ者。
自分だけが中心に世界が回る者。

この男に関わった事で、「平凡な人生」を送ることが難しくなっていく周りの人間たち…。

言っている事は割と堂々としているんだけど、実は小ずるい小心者の義兄・青木順一。この「ずるい」面が凄く出ている…新井浩文
   夜侍5.png

私は、この人の気持ちが一番解るかもしれない。いや、実体験はないから実感はないけれども、たぶんDVに遭っている人などはみんなこんな感じで離れられないのだと思う。木島の「友達」・小林英明に綾野剛
   夜侍4.png

ヘタレなのになぜだか木島について行くワケの解らないおっさん、田口トモロヲ。そして、これはもっとワケの解らない女・谷村美月

寂しいからついて行くってことなのかな。ついていけばどうなるかは想像できそうなもんだけど。

それぞれの役者さんが本当に「スゴイ」と思える映画だった。

ストーリーは、「私はこの映画が嫌いです!」(←って何かの映画について某タレントが言ったらしい。笑.gif)に近いかも知れない。

暗くて鬱々として汗や泥が臭いたつように野暮で辛くて悲しい。

しかし、忘れられない1本にはなった。

本当の恐怖も本当の悲しさも痛さも、お綺麗でスタイリッシュな物からは感じ取れない。





ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



 




「ねぇ、健ちゃん、いるんでしょう?またプリン食べてるんでしょう?知ってるんだからね。ダメだからね。ねぇ、電話に出てよ。冷蔵庫に納豆があるかどうかちょっと見てほしいんだから」

それが最期の電話だったのに、健一は電話に出なかった。
自分の家なのにコソコソ隠れてプリンを食べる。糖尿のけがあるのに妻かくれてプリンを食べるのは健一の日課だった。
たぶん「自分の好きな事を止める口うるさい妻」。くらいの感覚で取らなかった電話。だって、もう二度と「他愛ない話」が出来ないとは思わなかったから。

もう空気のように自然に一緒に居て、自然に他愛ない話をして、平凡に一緒に時を過ごしていた妻は、1人の心無い男によって奪われた。

5年間も復讐の時を待った。
5年間納骨せず、毎日繰り返し妻の最期の留守電を聞き、妻の着ていた下着の匂いを嗅ぎ、妻のブラジャーをポケットに入れて過ごす。

殺した男の方は、自分は何も悪くはないと思っている。しかし、助手席の連れが自首したせいで自分も逮捕された。臭い飯を食う羽目になったのも、出所してからも上手く行かないのも全部他人のせいで自分は何も悪くない。なのに脅迫状が毎日届く。
自分は悪くないのに自分を殺すと言っているこの男が不愉快で怖い。
不愉快だけど自分で何とかするのは面倒くさいから人に何とかしてもらおうと義兄を脅してみた。

義兄は考えた末、新しい配偶者が出来れば健一も未来に目が向くかもしれないから脅しを止めるかも、とニセの見合いを計画する。
自分だって妹をこの男に殺されているのに、怖いから抵抗が出来ない。

「木島の友人」という名の男は、この男から離れたいと思っている。だけど「俺がいなきゃダメなんだ」という考えから離れる事が出来ない。

決行の日。

健一は結局包丁を投げた。

他愛ない話がしたい。
たとえば、昨日のテレビの話とか、芸人の話とか好きな食べ物のこととか…。
そういう平凡で他愛ない話がしたい。


この男が自分から奪ったのは、そういう平凡で、でも掛け替えのない物だったから。

たぶん、健一にはもう何もない。
しかし、木島にも何もない。

何もない人生を持つ者同士の2人……。


でもね、こういう人たちに「頑張れ」とか「前を向け」とか言っちゃいけない気がするのだ。

妻の留守電は消した。
たぶん、納骨もするだろう。
顔と頭中になすりつけたプリンを健一はたぶん二度と食べない。

それでも、再生したとは思えない。

たぶん、この先も木島は自分は悪くないと思う人生を続け、健一は何もない人生を続けていく…。
私は、そう思った。吹っ切れたとは思えない。

だって、一度奪われた平凡を手に入れるのは難しいのだから。

それを理解できない人間が確かに存在するのだから。


「その夜の侍」公式サイト

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


【送料無料】その夜の侍 [ 堺雅人 ]

【送料無料】その夜の侍 [ 堺雅人 ]
価格:3,591円(税込、送料込)







にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
その夜の侍@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。