映画@見取り八段 トラックバックセンター

『デビルズ・ダブル-ある影武者の物語-』

デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-〜 THE DEVIL'S DOUBLE 〜

  デビルズダブル.png

監督: リー・タマホリ   
出演: ドミニク・クーパー、リュディヴィーヌ・サニエ、ラード・ラウィ、フィリップ・クァスト、ミムーン・オアイッサ、ハリド・ライス、ダール・サリム、ナセル・メマジア
公開: 2012年1月13日



2013年1月31日。DVD観賞。

かのイラク元大統領サッダーム・フセインの長男・ウダイ・サッダーム・フセインの影武者であったラティーフ・ヤフヤーの自伝を原作とした実話ベースの作品。
…という事だけど…本当にほぼ実話なんだろうか、と思える部分が多かった。

サダム・フセインは当然よく知られた名だけれども、息子のウダイには全く無知だったので、それなりに面白かったけど…見事な鬼畜ぶりですね。汗.gif

権力を行使して、瓜二つの一般人を悪夢のような地獄生活に引きずり込む。
豪華な部屋と豪華な調度品、ブランド装飾品に囲まれた自由のない生活。

脅されつつも自分を保って生き続けるラティフと、鬼畜なウダイの二役を演じたドミニク・クーパーが素晴らしい。

顔は同じ。ウダイは少し声が高い。ラティフには怯えた空気とあきらめが同居している。
弟や父にはひと目で見破ることができる。

ラティフはイランで死んだ。

そう言われた日から、自分が失くなったラティフ。
それでも、精一杯の抵抗をして自分らしく生き延びようとする。

その抵抗が見どころなんだけど…どちらかというと、ウダイの鬼畜っぷりを見る映画かな。

特に心に響くことはなく、ウダイという人間を影武者の目線から描いた作品。
ウダイ・フセインの伝記だと思って見ればいいと思う。


その割には…ちょっと終盤がアクション・サスペンス映画っぽいノリになってる気がするけど…。汗.gif

あの辺は、実際どこまでが真実なのか、ちょっと気になった。

Wikipediaを読んだら、本当にウダイはキチだということがよく解ったので汗.gif、影武者関係なくウダイの伝記を描いた物もちょっと見てみたい気がする。

【関連記事】
ウダイ・サッダーム・フセイン by Wikipedia




ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



 



ラティフが連れてこられたのも、もう二度とラティフとして生きていけないのも、全ては
「インシャーラー」「神のおぼしめし」

ウダイがあんな男になったのも、「インシャーラー」。
女子学生まで連れてきて犯して殺しちゃうんだから、もう権力以上にその狂気が怖い。

父・サダム・フセインがまた、この気狂いの息子に何も言わないんだよね。渋い顔はしてるのに。「生まれた時に殺しておくべきだった」
と言いつつ、何もしない。

何か、納得いかなかったのは、あの女だよ…。
サラブがねぇ、どうしてもそんなに魅力的に見えなかったの。目化粧すごすぎるし。笑.gif
それは、お国柄の好みなのかしら〜。

散々、飼殺して苦しめて、それでもウダイはラティスに死は与えない。
「愛してる」と言うのは案外本音で、寂しい人だったのだろう。

その辺、もっと深く描いてくれれば、のめり込めたかも…。


逃げ出したせいで父を殺されたラティスが、新婦をウダイに犯されて殺された男と協力してウダイを襲う顛末の部分は、あまり「実話ベース」に思えなかった。

でもま…多くを傷つけた男は自分自身もこの後、悲惨な最期を迎えることになる。

それも「インシャーラー」神のおぼしめし。

「デビルズ・ダブル -ある影武者の物語-」公式サイト

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」








にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
デビルズ・ダブル −ある影武者の物語−@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。





【ストロベリーナイト】「インビジブルレイン」

ストロベリーナイト

 ストロベリーナイト.png

監督: 佐藤祐市   
キャスト: 竹内結子、西島秀俊、大沢たかお、小出恵介、宇梶剛士、丸山隆平、津川雅彦、渡辺いっけい、遠藤憲一、高嶋政宏、生瀬勝久、武田鉄矢、三浦友和、染谷将太、金子ノブアキ、金子賢、鶴見辰吾、石橋蓮司、田中哲司、岡本玲
公開: 2013年1月26日



2013年1月30日。劇場観賞。

「ストロベリーナイト」は、2012年第1クールにフジテレビ系列で放送されていた連続ドラマである。

スタイリッシュな映像と演出、クールで沁みるストーリーと毎回残る余韻、レギュラー陣の徹底したキャラクター作り…。
量産しすぎで飽和状態の刑事ものドラマの中で、一際異彩を放つ名作だった。

連ドラ最終回の時点で映画化されることは決まっており、ファンは公開の日を待ち望んでいたのである。ホントに。泣.gif

映画の原作は、誉田哲也氏の小説「姫川玲子シリーズ・インビジブルレイン」

連ドラファンとしては、久しぶりにみんなで動く姫川班を見たいところだけど、この作品の中では姫川は単独行動が多い。
…事情があって、秘密で捜査しているので。

その姫川を影で見守る菊田を始めとする姫川班の面々が切ない。
でも、姫が何をしていようが信頼してサポートしている様子が、またいじらしいんだよね…。
いつも思うけど、みんな姫が飼ってる忠犬みたい。

特に今回の菊田の切なさときたら…泣.gif
  ストロベリーナイト4.png

姫のための自分も単独行動。泣けるよ。
  ストロベリーナイト5.png

しかし、今回はもぉ〜牧田(大沢たかお)よりも姫川班よりも菊田よりも(ゴメンね泣.gif)日下さんだった。
  ストロベリーナイト3.png

姫が何を探っているのか知りながら、影になって姫と姫川班を支える…。
ドラマシリーズ最後の「ソウルケイジ」で得た、職務とモットーに忠実ながらも姫川を尊重する父親のような印象…。

カッコいい。カッコよすぎます。日下さん!!

今回は、いつもながらのえげつなさながらも、情け深いガンテツとか、いつも上ばかり気にしてる橋爪(渡辺いっけい)もカッコ良かった。
記者会見シーンでは泣いたよ、あたしゃ…泣.gif

彼らが守りたかったものは、露見したら人を傷つける真実。

そして、毎度の事ながら上層部のそれと下のそれは全く違うのだった。

そして、姫川の過去もえぐり出し思い出させる事件の真相。

ラストは、余韻を残してバッサリ終る。
それも、いつも通り。


連ドラ未見でも、恐らくは普通に1本の映画として楽しめる作品だと思う。

けれども、ファンとしてはやっぱり連ドラを見て充分に各キャラを愛してから見てほしいところ。
連ドラ再放送中の地域は、ぜひチェックしてからお出かけ下さい。


【関連記事】
・ストロベリーナイト〜アフター・ザ・インビジブルレイン〜感想(映画の後日談)
・ストロベリーナイト 連続ドラマシリーズ感想
・金曜プレステージ「ドラマレジェンド ストロベリーナイト」感想




ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


 



ヤクザも警察も、みんな感情がある人間。

今回は、組対四課という暴力組織専門の見慣れない班も一緒に活動。
一緒というか…最初の捜査会議から早くも対立しちゃうんだけど。笑.gif

組対は、殺しをただの暴力団の跡目抗争だとしか見ない。

殺される人間にも心があります。

という姫川の事件の裏に「心」が絡んでいるという主張も、日下さんの「何事も裏を取らなければ真実に辿り着けない」という主義も認められない。

しかし、事件の真実は9年前の悲惨な事件の隠蔽が発端だった。

1人の女が犯されて殺され、その父親が冤罪をかけられて自殺し、その全てを見てきた男の心に巣食った闇が引き起こした事件。

同じように闇を抱えた牧田と姫川が、彼の闇に引き込まれていく。

真実を隠蔽しようとした刑事たちは、9年前に冤罪に関わった自分たちの尊敬する先輩を守りたかった。
上層部はその気持ちさえ利用しようとする。

潔く真実を全て暴露した記者会見…。
真実を隠し、身を守って引退するよりも、けじめをつけることが正義だとちゃんと解っていた和田さんは、姫に真実を暴いてほしかったんだよね。

みんな、刑事魂の塊だ。

9年前の捜査がちゃんと行われなかったせいで闇を抱えてしまった柳井健斗と、同じ闇に引き込まれて手を貸した牧田。
最初の事件の再現シーンは頭が痛くなるほど突き刺さった。悲しかった。
柳井が染谷くんのせいか「ヒミズ」を思い出した。

柳井に、復讐する覚悟を教えた牧田の気持ちが切なくて泣いた。

隠した方が幸せになれる真実なんてものは存在しない。

背中を向けて別の方向に歩く菊田と姫川に、この後どんな未来が待っているのか…。
もう少し続きが見たい。

原作は、まだ続きが出ているみたいだけど…。

「ストロベリーナイト」公式サイト

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」















にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
ストロベリーナイト@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。



『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日〜 Life of Pi 〜

  ライフオブパイop.png

監督: アン・リー
出演: スラージ・シャルマ、イルファン・カーン、タブー、レイフ・スポール、ジェラルド・ドパルデュー、アーユッシュ・タンドン、ゴータム・ベルール、アディル・フセイン

公開: 2013年1月25日


この映画のレビューページはこちら↓
『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』真実の物語の意味



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。