映画@見取り八段 トラックバックセンター

【世界にひとつのプレイブック】より高く!

世界にひとつのプレイブック〜 SILVER LININGS PLAYBOOK 〜

  世界にひとつ.png

監督: デヴィッド・O・ラッセル   
出演: ブラッドリー・クーパー、ジェニファー・ローレンス、ロバート・デ・ニーロ、ジャッキー・ウィーバー、クリス・タッカー、アヌパム・カー、シェー・ウィガム、ジュリア・スタイルズ、ブレア・ビー
公開: 2013年2月22日


第85回アカデミー賞・主演女優賞受賞(ジェニファー・ローレンス)。

2013年2月25日。劇場観賞。

第85回アカデミー賞の受賞速報が伝わる中、WMCのサービスデーを狙って見に行きました。
特に、作品賞にノミネートされていたから、という理由ではなく、予告が面白そうだったから。そして、観賞前にはまだジェニファー・ローレンスの受賞は知らなかったので、かえって良かったかな…。知っていたら、構えて見てしまっていたかも知れないから。汗.gif

あまりラブストーリーには感心のない方ですが、普通に楽しくて気持ちのいいお話でした。
ラブストーリー…よりは人間物語かな。
心に病を抱えた人たちが、前向きになれる出会いをし、前向きに生きるための手段を見つけ、お互いを癒す事を知る。癒し探し物語。

妻を失ったパットと夫を失ったティファニーが出会い、過去に拘り続けるパットを自身も苦しみながら引っ張り上げていくティファニーの健気さ。

精神を病んだ人を題材にした映像作品だと、夢想的、幻想的な映像表現が使われる作品が多いですが、この映画ではそういう表現はありません。
ストレートで現実的。

演出で表現されないとなると役者さんの演技で変わった人格を表さなくてはならないワケで、ブラッドリー・クーパーとジェニファー・ローレンスがノミネートされ、ジェニファーが受賞したのにも納得できます。2人とも、とにかく素晴らしかったので。

ティファニーは常に挑戦的な表情。猫系で、もっと大きな鋭い動物…チーターみたいな。常に身構えた感じ。だからこそ、弱った表情にはグッと来るのでした。
  世界にひとつ3.png

受賞は逃したけれども、個人的には実はジェニファーよりもブラッドリー・クーパーの方が凄いと思った…だって本当におかしいんだもの…。
  世界にひとつ2.png

浮気して去って行った妻に拘り続け、接近禁止と言われているのに職場や家の周りに行っちゃう。必ず妻を取り戻せると信じている。夜中に大声で叫ぶ。感情をセーブできない。
…これって本当に妻が居なくなったせいでこうなったの
どうも、そう見えなくて…。笑.gif

だって、元々病気だったんじゃないのかな、と思うのは、父親が絶対的に変だから。
この父に育てられたらおかしくもなるだろう…。
縁起担ぎで息子の行動を縛ろうとし、賭けに負けたら息子のせいとか、ありえない…。
  世界にひとつ4.png

素人目の個人的印象としては、これが作品賞にノミネート…というのは、少々意外な気もします…。同じ病気を抱えた方は、こんなに簡単じゃない、と思うのではないかと。

そういう目を抜きにして観れば、勢いも高揚感もあり楽しめる映画でした。

まぁ…映画なんだから楽しく見れればいいじゃないかと…。ラストもストンと心に落ちてくる気持ちの良い作品です。


ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



 



上にも書いたけれども、父親が…ひどい。笑.gif
パットは確かに変わってるけれども、妻のせいというよりは家庭のせいだろ…と思わせるひどさ。
自分の事しか見えていなくて妻に固執し続けるパットは、リモコンの位置まで神経質に気にし、縁起に固執し続ける父親にそっくり。これはまさに、血のなせる病。

それを啖呵を切って打破していくティファニーが爽快だった。
彼女の方はね、夫を亡くして会社中の男(女も汗.gif)と寝たから病院に入れられたという…こっちは寂しさが成せる病かな、と納得できました。

一生懸命パットの気を引いているのに、戻らない妻の方ばかり心が向いているパットにイライラしたり…でも、そのパットもティファニーに引かれている様子は見えたり。
ダンスのシーンは、全くウキウキできなかった。
ティファニーは飲んでいたし、失敗するのかと思っちゃった。汗2.gif

最終的には親父が良い事言って、パットもとっくに目覚めていたようで、幸せなティファニーが見れて良かった〜。笑2.gif

ああ、ラブストーリーって気持ちいいモンなんだな、と思えました。

心の傷を癒すのは、前向きな心で引っ張っていってくれる人。
そう思えるストーリーでした。

「世界にひとつのプレイブック」公式サイト

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」








にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
世界にひとつのプレイブック@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。





【ローマ法王の休日】法皇だって人間だ

ローマ法王の休日〜 HABEMUS PAPAM 〜

  

監督: ナンニ・モレッティ   
出演: ナンニ・モレッティ、ミシェル・ピッコリ、イエルジー・スチュエル、レナート・スカルパ、マルゲリータ・ブイ
公開: 2012年7月21日



2013年2月26日。DVD観賞。

え〜…フィクションです。

邦題は「ローマの休日」のパクリかよって感じだったし、DVDに入っていた予告も思い切りコメディだったので…こんな話だとは思わなかった。これはヤラレた感でいっぱい…。笑.gif

…ということで、笑えるコメディ映画として大きな期待はしない方がいいです。
どちらかというと、結構痛々しい人間ドラマ。

と言っても、全く笑えないという事ではなく、特に前半はクスクスします。
とにかく…おじいちゃんたちが可愛くて。

前法皇が逝去された事により、バチカンではコンクラーヴェ(法皇選挙)が行われます。
  ローマ法王の休日.png


選挙を行う礼拝堂に移動する間に歌う「ヴェニ・クレアトール」をすでに間違えたり…おじいちゃん、大丈夫という不安がすでにここで勃発。
礼拝堂に入ってからの様子もなかなかユーモラス。
このまま進めばコメディなんだろうな、と思えるんだけど。

しかし、映画としてつまらないのか、と言われれば、そういうワケではない。
日本人にはあまり馴染みのないバチカンの背景は観光客気分で楽しめる。

108人の枢機卿が集まって行うコンクラーヴェの様子やイタリアに集う人々がどんなに法皇を愛しているか、そして、コンクラーヴェに寄せるマスコミの関心も並みならぬ様子がうかがえる描写。
  ローマ法王の休日1.png

白い礼拝堂に映える枢機卿たちの赤い礼服。
映像の色合いも美しい。

個人的には先ほども書いたけれども、おじいちゃんたち(失礼)の可愛さにニヤニヤしながら見た。
  ローマ法王の休日2.png


それだけに、ラストは…うん…仕方ないけれども、可愛そうだなぁ…と思ってしまった。

ゲラゲラ笑えるコメディや、「英国王のスピーチ」のような盛り上がる展開を期待する方にはお薦めできません。

え〜何でこんな事になっちゃうんだ…と、おじいちゃんたちと一緒にオタオタしながら見る映画。

折しも、この2013年2月末日にローマ法王ベネディクト16世が退位され、コンクラーヴェが行われる事になっているバチカン…。

退位のご挨拶の際には世界中から20万人の信者(だけじゃないかも知れないけど)が集まる事が想定されているらしい。
基本的には法皇は終身のお勤めであり、ご存命中に退位されるのは実に600年ぶりなのだとか。

法皇は、どうして退位を決断されたのだろう。
もしかしたら、この映画のように…とか、想像してしまう。


ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



 



わが日々は煙へと消えゆきわが骨は炭火のごとく燃える
わが心は芝のごとく刈り取られ干からびる
私はパンを食べることさえ忘れ恐れと慄きが私を蝕み
落胆が私を苛む


聖書には、うつ病の描写がある。と言い始めるセラピスト。

彼は、一体何をしに来たんだろう。

わたしには無理だ!

と、逃げ出した新法皇が安定して民に挨拶するまで、外部との連絡も遮断され携帯も取り上げられて閉じこめられ…。
結局、最後には姿もなく、どうなっちゃったのかも分からない。笑.gif
彼の元妻らしい女性セラピストも、ただ出てきて、ちょっと関わって終わりだ。

劇団員たち。そして、法皇を待ち続ける枢機卿たちも。
主人公と関わった多くの人たちが、彼に何の影響も与えず話は結末を迎える。

つまり…成長物語のような物でもなく、ただ、突然の重責を受け入れられずに最後まで逃げて終わる1人の老人が描かれるだけ。

法皇も1人のただの人間だという事は、よく解る。

つまり…神などいないという事なのかしら。

そんなにやりたくなきゃ、最初に断固断ればいいじゃん。というのが普通の考えだけど、学級委員選挙ではないんだ。投票=神のご意志なのだろうから、神にずっと仕えてきた身としては、断るなんて事は出来ないんでしょうね。

コンクラーヴェって、自分が法皇になりたいがために、必死に裏工作したり派閥作ったりして、ドロドロと行われるのかとばかり思っていたら、みんな「主よ、どうかわたしを選ばないでください」「私には無理です」とか必死に祈ってるのに笑った。笑2.gifまさに神頼み。

私は、導くのではなく導かれるべき1人の人間です。

ラストは、悲しみに沈むバチカン……のような形で終わってしまって…。
この後、一体どうなるんだろう。この人たち。と、心配してしまった。
本当に…こういう場合はどうなるのですか神よ。

「ローマ法王の休日」公式サイト

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」






にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
ローマ法王の休日@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。



【ブラック・ブレッド】ピトルリウアはどこへ

ブラック・ブレッド〜 PA NEGRE 〜

   

監督: アグスティ・ビジャロンガ   
出演: フランセスク・クルメ、マリナ・コマス、ノラ・ナバス、セルジ・ロペス、ルジェ・カザマジョ、リュイサ・カステル、マルセ・アラーナガ、マリナ・ガテイル、アリザ・クラウェット、ライア・マルール、アドゥアル・フェルナンデス
公開: 2012年6月23日



2013年2月23日。DVD観賞。

1936年から3年間に渡ってスペインでは内戦があった。
作品中では「内戦のせいで」と大人の口から何度も語られるが、それについて詳しく描写されるシーンも物語との関わりも特に描かれない。

ただ、主人公の少年は、この内戦のせいで迫害されている「右派」の一家である事。
内戦のせいで一家が生活に窮している事が表される。

「ブラック・ブレッド」は文字通り「黒パン」。
貧しさの象徴だ。

「アルプスの少女ハイジ」を思い出す。
ペーターのおばあさんが、硬くて食べられないと嘆いているのが気の毒で、フランクフルトへ行ったハイジはフワフワの白いパンを持って帰ろうと隠す。

この作品中では、主人公・アンドレウが初めて白パンに手を延ばそうとして、黒パンを食べるようにと叱られるシーンがある。

アンドレウがある事故を目撃する所から物語は始まる。
友達の親子が何者かに殺され、一体誰が事件を起こしたかという謎を追う内に大人たちのどす黒い過去が明らかになっていく。

バウマスの洞窟に住んでいると言われる怪物・ピトルリウアとは一体何なのか。
誰が親子を殺したのか。

という問題が次第に少年の家族、そして村の過去を暴いていくミステリー……。

だと思って借りてきたので、かなり肩透かしを食らったのは確か。

ミステリーよりも、人間の黒さ、大人の黒さ、ブラックな部分を抉り取る物語だった。

青暗い写真のようなクラッシックな映像が美しい。。
ストーリーとしては、ミステリーやサスペンスを期待する方にはお薦めしません。


貧しくても大人は正しいと思っていた少年の決断と、甘い少年時代への決別を見せて終わるラストは心が痛い。


ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



 



羽のない鳥。マルセルはピトルリウアだった。

その羽をもいだのは自分が信じ、愛してきた父だった。
(まぁ…実際にもいだのは羽じゃなくて「ち〇〇」だけど…)

しかし、父にもそうしなきゃならなかった理由はあった。
大人には大人の事情。
でも、少年には理解できない。

子どもの願いは、いつだって親に守られて正しい親の元で幸せに暮らす事だから。

でも、大人は性や色んな柵に囚われて真っ黒なの。
それを受け入れるには、少年はまだ幼い。
父親はピトルリウアを作った本人で人も殺していた。
母親は全て知っていた。
気高そうにしているけど生活のために町長に身体も許す。

まぁ…そんなこんなを知ってしまったら、それでも親を愛して真っ直ぐ育てと言っても確かに難しいだろう。

結局、アンドレウは元凶であるマヌベンスの元に、それと知って養子に行く。

どうせみんな黒いんだ。
だったら、俺も白いパンが食える生活してやる。

的な決断。

でも、これはこれで良いと思うのだ。
だって、生きていくためには誰だって黒い決断が必要な時があるんだから。

ただ、いつか、自分の両親が家族のためにやむない選択をしたんだという事は理解してほしい。
そう願ってやまないラスト。

「ブラック・ブレッド」公式サイト

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


フランセスク・クルメ/ブラック・ブレッド

フランセスク・クルメ/ブラック・ブレッド
価格:3,990円(税込、送料別)





にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
ブラック・ブレッド@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。