映画@見取り八段 トラックバックセンター

【アンナ・カレーニナ】不倫はがんじ絡めの束縛

アンナ・カレーニナ〜 ANNA KARENINA 〜

  アンナカレーニナ.png

監督: ジョー・ライト   
出演: キーラ・ナイトレイ、ジュード・ロウ、アーロン・テイラー=ジョンソン、ケリー・マクドナルド、マシュー・マクファディン、ドーナル・グリーソン、ルース・ウィルソン、アリシア・ヴィキャンデル、オリヴィア・ウィリアムズ、エミリー・ワトソン、カーラ・デルヴィーニュ
公開: 2013年3月29日


2013年3月29日。劇場観賞。

第85回アカデミー賞 衣装デザイン賞受賞


ロシアの文豪トルストイのあまりにも有名な小説を原作とした作品。

アカデミー賞で衣装デザイン賞を受賞した豪華なドレスや調度の数々、美しい舞踏会の風景、綺麗な役者さんたち…を視覚的に楽しむ映画だと思った。
   アンナカレーニナ1.png

舞台風な変わった演出なので、見る方によって好き嫌いが出ると思う。
今までにも何度か書いてきたけれども当方はミュージカルが苦手なので、役場の一斉ハンコ押しリズムを聞いた時は「えっ、これミュージカルだったのか?」と一瞬引いたけれどもミュージカルではありません。笑.gif

ただ情緒的に物語にのめり込める普通の映画とは違って、先ほども書いたけれども舞台っぽい演出になっている。実際に幕が変わるように演出されたシーンが何度も出てきます。

ストーリーは原作を知っている方と知らない方では解釈が変わりそう。
あの長さを2時間だから…こんなものだろうと思うけれども、あまり主役のアンナ・カレーニナには同情できない作りになっている。
だって、ダンナさんのアレクセイ・カレーニンがとってもとっても良い人で、結婚生活に何の不満も出ないだろ…と思われるから。汗.gif
おまけに、ジュード・ロウだし〜。何が不満なんだアンナよ、と、私は思ったよ。笑.gif
   アンナカレーニナ2.png

これだと、ただ金持ち美女とイケメンが出会ってしまって自分勝手に不倫の道に走り自業自得で…って感じ以外には見えないかな…。(まぁ…原作も身も蓋もなく言ってしまえばそういう事かな…汗.gif)

リョーヴィンの描き方が薄いので、その生き方との対比もあまり見えないかも知れない。

しかし、原作を全く知らずに見ても、それはそれで奥様不倫記として面白い…かも。汗.gif

個人的には、リーヴィンとキティの「あのシーン」はかなり好きだ。
原作とは違って文字積み木のような物で語るので、その指使いまで楽しめる。ここはとても甘くて微笑ましいシーン。

あと、オブロンスキー兄さんがなかなか憎めない可愛いキャラだった。


舞台的演出だからのめり込めないかも知れないような事を書いてしまったけれども、私はかなりストーリー的にも楽しんだ。

アンナとヴロンスキーが踊るのを見つめるキティのシーンなど、なかなかスリリングな演出になっていて見ていてハラハラしたし、追い詰められていくアンナの様子も痛々しかった。

アンナの結末も衝撃的映像…。


結婚という幸せを得る事って忍耐なんだな…。
原作でもそう思ったけど、そう考えると何だか虚しい。


ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



 



ネタバレと言ってもあまり書くことがない…。原作もたぶん読む人によって受け取り方が違うし。
身も蓋もなくあらすじを説明すると…

金持ち美人の奥様アンナ・カレーニナが、兄の浮気を諌めに行ったのに自分自身が年下の美青年にハマって不倫の道に走ったあげく子供が出来たけれどもダンナとの間に出来た愛息も捨てられずに未練たっぷりで離婚もできず、寛容すぎるダンナがアンナの不倫を公認するものの自分自身が愛人の愛情に疑心暗鬼になりはじめ、列車に飛び込んで自殺しちゃう…。

…という、ダンナだってジュードなのにジュードなのに何が不満なんだダンナをもっと大事にしなさいっ。と叫びたくなるようなストーリーだった。

上にも書いたけれども、原作ではダンナは世間体だけが大事でアンナに対しては愛情はあるけれども社交界の美しい華として大事にしている…という部分が大きいので、アンナにも同情される余地があるのだ。

この映画のアンナはその点ダメだな。汗.gif

だから何て馬鹿な女なんだとは思うけれども、そういうアンナが痛々しい。

だって、人は好きになっちゃったら止められないもんね。
不倫を推奨するわけではないけれども、仕方ない思いに駆られて突っ走り、何もかも…自信さえ失くして死んでしまうアンナの気持ちは女として解らなくもなかった。

馬鹿だなダメだな、とは思うけれども、仕方ない子だ、とも思う。

アンナが全く愛情を与えなかった愛人の子どもを自分の子供と一緒に育てているアレクセイ。
あの優しげなラストには救われた。

やっぱり…この映画はアレクセイが素晴らしい。笑2.gif


「アンナ・カレーニナ」公式サイト

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」














にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
アンナ・カレーニナ@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。





【希望の国】放射能と楽しく暮らせって

希望の国

  

監督: 園子温   
出演: 夏八木勲、大谷直子、村上淳、神楽坂恵、でんでん、筒井真理子、清水優、梶原ひかり、菅原大吉、山中崇、河原崎建三、浜田晃、大鶴義丹、松尾諭、吉田祐健、並樹史朗、米村亮太朗、吹越満、伊勢谷友介、手塚とおる、田中壮太郎、本城丸裕、深水元基、大森博史、占部房子、井上肇、堀部圭亮、田中哲司
公開: 2012年10月20日


2013年3月28日。DVD観賞。

園子温色の少ない映画だと思った。
エログロはない…代わりに痛烈な皮肉を見た気がする。

ラストに出てくるタイトルバック。
一歩一歩一歩一歩……。
結局、「続き…」なんでしょう「希望の国」は。

東日本大震災の話なのかと思っていたけどそうではなく…。
ストーリーは、その何年後かの日本らしかった。

「フクシマの時には…」と何度も出て来るので、『フクシマの時』を経ても日本は何も変わっていないらしい。

事故が起きる「長島原発」の名は見ればそのまま長崎と広島を思わせる。

フィクションであるから、福島の時にはどうだったのかは分からない。
起きる事全てに対してイライラしながら見た。
なんて国だ。この映画の中の国は…。

災害対策基本法を盾にして、ろくな情報も与えずに住民を追い出す国。
  希望の国.png


日本人が日本を歩いてどうして日本に怒られるんだ!

と、叫ぶ智恵子。

意味の解らない風評被害。
正しく伝えられない被爆情報。
放射能が溢れていると知っていても住み続ける人たち。
みんな、そこに放射能がある事に慣れていく。

つい最近までマスクしていた人たち。
野菜の産地を確かめていた人たち。
洗濯ものを部屋干ししていた人たち。

みんな、周りがやらなくなると自分も止めてしまう。

そうやってみんな、忘れていくんだ。
だって「帰る場所なんてどこにもない」から。

放射能と楽しく暮らせって言うんですか!?

洋一の言葉に医師も看護師も無言になる。みんなもう現実にそうなってしまっているから。


この状況から
一歩一歩一歩……。
歩き出すミツルとヨーコ。

彼らの向かう先に希望の国はあるんだろうか。


雪に埋まった震災後の長島県の風景。
ここに住める人は誰もいない。寂しい。
  希望の国1.png

悲しい寂しい、どろっとした映画。

反原発の目線がどうとかそういう事ではなく、ただこの寂しいやるせなさが心に残るやり切れない映画。

周りに理解されなくても夫婦の、家族の愛を貫く。
痴呆の妻と、思い出が詰まったその場所を愛し続ける夫を演じた夏八木勲さん。落ち着いた佇まいの中に見える情熱に泣いた。

そこに、確かに愛だけはあった。

でも、愛だけでこの国が救われるかどうかは解らない。

私には難しい事は何も言えない。
でも、愛だけで救われるとは思えない…。

風化させてしまったら、同じことは何度でも起こる。
そういう叫びが聞こえた気がした。


※EDでキャスト見てビックリした。伊勢谷さんとか田中哲司さんとか出てるの全く気付かなかったよ。吹越満さんだって、暗くてほとんど姿が見えないのを声で気付いたくらいだし〜…。汗.gifってくらい贅沢に役者さんが使われていたのでした。


ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



 



20キロ以内の区域は避難しろと突然庭に杭を打たれる小野家。

放射能は空気でしょう?
向かいは避難するのにウチは本当に大丈夫なんですか?


もっともな疑問だ。
なのに、誰も答えてくれない。
本当の事を誰も知らないのだ。

ずっと暮らしていた家を土地を仕事を突然奪われて、上から目線で「法律」をひけらかされて、安心かどうかも解らない避難所に押し込められて…。

お父さん、帰ろうよ。

痴呆の口癖である智恵子の言葉を聞きながら、泰彦は帰る場所なんかないと思った。
あんなに家族を大事に思って来た泰彦なのだから、息子と嫁と生きる道を選んでほしかった。
家族がいる場所が帰る場所なのだと思ってほしかった。

でも、この悲壮感も現実なのかも知れない。
見えない戦争に彼らは巻き込まれたのだから。

子どもが出来たいずみの防護服は確かに滑稽だよ。
そんな事するくらいなら、もっと遠くに移ればいいじゃないかと思ったよ。
でもね…

ものすごく遠くへ行かない限り、逃げたって意味なんかないんですよ。

ものすごく遠くって何処だろう。
逃げて意味がある所って何処だろう。

ここから移動しても、そこにもあるかも知れない。
海外に移ってもあるかも知れない。
放射能じゃない「何か」もあるかも知れない。絶対安全な場所なんて何処にもない。


人生の中で杭は何度も打たれる。
それをどうするかは自分自身の力で決めるしかない。

若い夫婦は、ここで戦いながら生きていく。
年よりは骨をうずめる。

その結末が悲しい。

そして最後の最後に出てくるタイトルバック。
だから、思ったんだ。「希望の国」は、これから始まるんだと…。

いや、始められるのかな。
風化させたら何も始まらない。

「希望の国」公式サイト

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


【送料無料】希望の国 [ 夏八木勲 ]

【送料無料】希望の国 [ 夏八木勲 ]
価格:3,701円(税込、送料込)





【送料無料】希望の国 [ 園子温 ]

【送料無料】希望の国 [ 園子温 ]
価格:1,575円(税込、送料込)





にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
希望の国@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。



『ボクたちの交換日記』「やろうと思う」と「やる」の間には大きな川が流れている

ボクたちの交換日記

  ボクたちの交換日記op.png

監督: 内村光良   
出演: 伊藤淳史、小出恵介、長澤まさみ、木村文乃、川口春奈、佐藤二朗、佐々木蔵之介、カンニング竹山、大倉孝二、ムロツヨシ、ベッキー
公開: 2013年3月23日


2013年3月27日。劇場観賞。

上映時間115分。短めだけど、もっと短く感じた。駆け抜ける「房総スイマーズ」。

もうデビューした頃からウッチャンナンチャンが好きで…えっと正直に言ってしまうとウッチャンが大好きで。
この映画に大きな期待をしていたわけではなかった。ウッチャンが好きだから見なくてはと思って観たというだけ。

もっと、軽くて、ただ笑えるだけの話だと思ってた。
結果、やるせなくて切ない後味。でも、爽やか。
上手くいかない大人の青春の1ページをたっぷり見せてもらった。

派手さはないけれども、とても真っ直ぐでいい映画だった。

ストーリーは、売れない芸人コンビの交換日記の内容をそれぞれが語るモノローグに沿って進む。

小出恵介の甲本の語りが良いんだ。ホント。「ROOKIES」でも小出くんの「ねえ、先生…」から始まるモノローグに泣かされてきたんだもの。

伊藤淳史の田中の真面目な語りもいい。

面と向かっては言いたい事が話せないからと交換日記を提案する甲本と「嫌です!」と言いながら続ける田中。

2人が芸人になると決めた房総の海の風景。2人が練習する桜がピンクの霞に思えるほど咲き誇る公園。背景までが2人の青春と一緒に心に残る。

それぞれの生活でのパートナーがまた素晴らしい。
昼は薬剤師をして夜はホステスをして甲本を支え続ける久美@長澤まさみちゃん。たぶん、何かを目指す全ての男性の理想だと思った。柔らかい笑顔と優しい言葉。良い女だなぁ。
  ボクたちの交換日記1.png

田中を見守る麻衣子@木村文乃。この人も優しい出しゃばらない人。木村文乃さんには珍しく控えめな役かも。
  ボクたちの交換日記2.png


芸人さんでも何でも、大成するのは難しい。努力だけじゃない。運もある。
そして、影で支えてくれている人の存在もある。

監督自身もそういう人たちの存在に感謝する気持ちも込められた映画なんじゃいかな…と。芸人さん達へのエールと共に、この世界で大成した今のウッチャンならではの色んな思いが溢れている気がした。


芸人じゃなくても、お笑いが好きじゃなくても、何かに打ち込んだ経験のある人は共感できる部分がたくさんある作品。

解散が決まっているFUNKY MONKEY BABYSの主題歌「サヨナラじゃない」が神がかっているほど合いすぎていて、EDに聞き入りながら泣いた。

桜って、綺麗なだけじゃなくて切ない花でもあるんだよね…。


ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



 



原作がある事は知っていたけど、ウッチャンが映画を作るために作った話を書かせたのかと想像しちゃった。笑.gif

いや、実際には鈴木おさむ氏の原作小説「芸人交換日記〜イエローハーツの物語〜」は2011年に発行されていて舞台にもなっているらしい。

見ながら、誰かモデルになっているコンビがいるのかとか…ウンナンもこうなっていたかもしれないという話なのか、とか…。汗.gif

実際には、どんなコンビも売れない時代があって、こんな事になったりなりそうになったりして頑張っているのだろう。芸の道は厳しい。

でも、実際に相方のために自分を犠牲にできるのか。それを死ぬまで黙っていられるのか。と言ったら、それはなかなか出来ないと思う。

再会のシーンは老けメイクが上手く行って無さすぎるのもあって、ちょっと時間の流れを感じるのに無理があったんだけど…汗.gif

それでも、甲本が死ぬ前に田中が真実を知ることが出来たのは良かったと心から思ったよ。

黙って差し出す古い交換日記を開いて、

また始めるのか?

嫌です!

かつてのやり取りをする2人。

再会シーンから入るEDのファンモンに泣けたんだ…。
「さよならじゃない」。あのままサヨナラにならなくて本当に良かった。


※公式に寄せられた芸人さん達のコメントを読んでまた泣けたわ…。たぶんほとんど本音のメッセージ。
「ボクたちの交換日記」公式サイト

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」




【送料無料】芸人交換日記 [ 鈴木おさむ ]

【送料無料】芸人交換日記 [ 鈴木おさむ ]
価格:540円(税込、送料込)





にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
ボクたちの交換日記@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。