映画@見取り八段 トラックバックセンター

【俺俺】「俺山」は案外楽しくない

俺俺

   俺俺.png

監督: 三木聡   
出演: 亀梨和也、内田有紀、加瀬亮、キムラ緑子、高橋惠子、中谷竜、小林きな子、渋川清彦、少路勇介、岡野真也、町田マリー、ふせえり、岩松了、森下能幸、佐津川愛美、松重豊、松尾スズキ
公開: 2013年5月25日


2013年5月28日。劇場観賞。

亀梨和也が34人出て来るので、亀ちゃんファンにとっては至福の映画である。
(公式には33人なんだけど34人いるらしいので、今から見に行く方は気を付けて探してみて下さい笑.gif)

「俺俺」と言われたら真っ先に頭に浮かぶのは「オレオレ詐欺」だけれども、まさにそこから話は始まる。

28歳の家電量販店店員・永野均は、ある日ファーストフード店で隣り合わせた男の携帯を手に入れてしまい、何となく「オレオレ詐欺」を行ってしまう。
家に帰ると全く知らない女性が出てきて均を大樹と呼び、母親だと言う。
そして実の母親は均をニセモノだと言い、均は長年親子で暮らしてきた団地を追い出されるハメになる。
団地の部屋から出てきたのは均とそっくりな生真面目そうなサラリーマン、大樹。
やがて均は自分にそっくりな茶髪の大学生ナオとも顔を合わせ、3人はナオのアパートを「俺山」と名付けて暮らし始める。


どんどん増殖していく「俺」。
嗜好も考えも同じ「俺」との暮らしは始めは楽しいが、だんだんと「俺」の中に色々な「俺」がいる事に気づき始める均。

誰の中にも「許せない自分」と「好きな自分」は居るだろう。

「私」の中にも「怠け者でダラダラした私」や「妙に神経質な私」や「無神経な私」がいるわけで、増殖して一緒に暮らしはじめたら絶対に楽しくない…予感がする。
すぐに削除を始めたくなりそう。笑.gif
  俺俺2.png

自分がもし世の中に溢れていたら、どんな事になるだろう…と、考えながら見ると面白い。

三木聡監督らしいシュールな世界が展開され、全部が夢なのか現実なのか異世界なのか…あまり考えて見るもんでもないけど。汗.gif

個人的には劇場で見るよりもDVDなどで何度も見直したい気分。
たぶん、見れば見るほどネタが落ちているに違いない。1度しか見ないのはもったいないかな。

とは言え、ストーリー自体はちょっと後半丈長に感じられてしまった。
三木監督の作品で一番好きなのはテレビドラマの「熱海の捜査官」なのだけど、ああいうワクワクはなかったな…。

亀ちゃんファンには、いっぱいの亀ちゃんが楽しめるし、三木作品ファンにはお馴染みの三木組俳優さんたちが濃いキャラクターで楽しませてくれる。

そういう点では、実に満足。

でも、VPはやっぱ加瀬亮だよね…。こんなキモい加瀬くん初めて見た。笑.gif
  俺俺3.png

亀ちゃんはとっても良かったので不満はないけれども、毎回同じストーリーで主役が違う1時間の連続ドラマにした物が見てみたいな…という贅沢をちょっと考えてしまった。汗.gif

まぁ…結果、どんな「俺」が増殖しても、あまり俺同志は楽しくないんだろうな、という気はする。

「俺」なんて、世界に1人しか居ないのがいいよね。


ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



 



「私があんたの事を一番解ってるんだから!」
と言っていた母親までもが均が変わっても気づかない。

そんな風に人が人を識別する目なんて実は大した事ないんだな…とも考えさせられた。
今、ウチに帰って来ているウチの家族は本当に本人なのだろうか、と考える。ちょっと恐い。

最終的には「したたかな俺」大樹が、「人のいい俺」ナオを削除する。
その事に気付いたのは、やっぱり「俺」だからか。

案外、自分の事も自分ではあまり解っていないものなのかもしれない。…とも思った。


ラストに「マサエさん」と暮らしているのは、本当に均なのか

たぶん、もう一回見ればそこまで確認できるかも知れない。

そして、きっと増殖しているのは「俺」だけじゃないんだよね…。
自分の中にある許せない部分を持った人間を人は削除しようとする。

恐い話。

「俺俺」公式サイト

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


【送料無料】俺俺 [ 亀梨和也 ]

【送料無料】俺俺 [ 亀梨和也 ]
価格:4,935円(税込、送料込)



【送料無料】俺俺図鑑

【送料無料】俺俺図鑑
価格:1,995円(税込、送料込)



【送料無料】俺俺 [ 星野智幸 ]

【送料無料】俺俺 [ 星野智幸 ]
価格:1,680円(税込、送料込)





にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
俺俺@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。





【ドリームハウス】現実逃避の家

ドリームハウス〜 DREAM HOUSE 〜

   

監督: ジム・シェリダン   
出演: ダニエル・クレイグ、ナオミ・ワッツ、レイチェル・ワイズ、サラ・ガドン、イライアス・コティーズ、マートン・ソーカス、テイラー・ギア、クレア・アスティン・ギア、レイチェル・フォックス、ジェーン・アレクサンダー、グレゴリー・スミス
公開: 2012年11月23日


2013年5月27日。DVD観賞。

ホラーではないという事は知っていて見たワケだけれども、期待してしまう作り…。
まぁ…ある意味、ホラーと言ってもいいかも知れない。ホラー(かも知れない)系・サスペンス。
ダニエル・クレイグはカッコいい。オフィスの窓から外を見ているだけでカッコいい。
このキャスティングでこうなるというのは、意外性のある素晴らしいキャスティングだとも思えるし、間違っているとも思える…。笑.gif
色々とネタバレになるので、意味はで。


個人的には「あるシーン」で切ってそこで終わりにして余韻を持たせてくれた方が良かった気がする。
しかし、そこまででたぶん半分くらい
ぇ、あと何やるんだと思ってしまった。汗.gif

まぁ…あそこで切ってしまっていたら、後味の悪い余韻が残る数々の名作と似たようになってしまう、というのは解る。
でも、何だかな…と、ちょっと残念に思うのだった。

ナオミ・ワッツも好きだけど、レイチェル・ワイズの美しさに目がいく〜。
ダニエル・クレイグとは、この「ドリームハウス」が切っ掛けで結婚したのだそうで、まさに2人にドリームをもたらせた作品。

変な家は買わないようにお気をつけて〜。
   ドリームハウス.png


ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



 



一緒に居ると思っていた家族は幻だった。
退職した会社は精神病棟。会社の同僚が患者やスタッフとして現れる病院の廊下。なかなかゾッとする風景…。

このままの終りで良かったと思うんだけど…どうしても「実は犯人じゃなかった」とか「真実のために闘う」とかしなくてはならなかったのかな。笑.gif

何だかそこから全然違う映画になっちゃったみたいで…切なさも半減。ミステリー要素も半減…。

怪しい人間が外から家を見張っているのをわざわざ見に行く所も、車に轢かれそうになるところも、ダニエル・クレイグだと思うとあまり心配にならない。笑.gif

けれども、自分自身が自分が探していた男だったのだと知ってからのやつれようが本当に精神を病んでいるようで、ああ、さすがだな。このための意外性のあるキャスティングだったんだな、と思った。

「ウィル・エイテンテン」の名前の意味。「W1_1L 8-10-10」自分の管理番号。名前までが思い込みの妄想だった。

真実が現れていく過程は興味深かった。

……だから…真犯人まで解っちゃったり…やけにハッキリした妻の幽霊とか、終盤は本当に残念だったよ。汗.gif

いや、この人に銃持たせちゃダメでしょ…あまりにも完璧な構えと機敏な撃ち方に思わず笑った…素人じゃない。汗.gif

そんなこんなで、ちょっともったいない映画だと思ったのでした。
もっと切なく、あるいは温かくできただろうにな、と思った。

受け入れられない過去を妄想の中に逃げようとしていた主人公は気の毒過ぎた。
襲う家は間違えないでください…。泣.gif

「ドリームハウス」公式サイト

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」






にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
ドリームハウス@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。



【依頼人】状況証拠と物的証拠

依頼人〜 의뢰인 / The Client 〜

   

監督: ソン・ヨンソン   
出演: ハ・ジョンウ、チャン・ヒョク、パク・ヒスン、ソン・ドンイル、キム・ソンリョン、ユ・ダイン
公開: 2012年7月21日


2013年5月24日。DVD観賞。

正義感だけで動くことが司法の正しい道なのか。
目の前にいる依頼人を信じるか信じないか、本当に犯罪を犯したのか無罪かという感情論や憶測よりも、「裁判に勝ち正しく裁く」事を目的に動く1人の弁護士の法廷物語。

…と書くと、えらく硬くて難しそうな話に聞こえるかも知れないが、実際にはそれほど重々しく描かれているわけではなく、主人公・カン弁護士の弁護の技は軽快で物的証拠を追い求める様子は見応えがある。

【あらすじ】
結婚記念日にハン・チョルミンが花を買って帰宅すると、家の前は警察官で溢れていた。
ベッドの上に大量の血痕を残して妻は姿を消し、ハン・チョルミンはその場で容疑者として逮捕される。
血痕は妻の物だという鑑定結果が出ており、取調べでも何も語らない無表情なハン。
遺体も物的証拠も何もなく、状況証拠だけでハンが犯人として初めから決まっているような裁判の弁護人をカン・ソンヒは受ける事になる。



難しい裁判だと解っていながら「面白い」と言って依頼を受けるカン。

遺体のない殺人事件は2種類。
屋内発生か。屋外発生か。

屋外発生は物的証拠が消えやすい。だから状況証拠だけで犯人は確定される。遺体が見つかっても再訴はできない。
屋内発生は絶対に何処かに証拠が残っているはずだ。


しかし、証拠は全く出てこない。
遺体がないだけではなく、家の中の何処からもハンの指紋が出てこない。
映像技術の仕事をしているハンは薬剤と手の洗浄で指先を常に痛めており、指紋がないのだ。

現場に残されたのは血まみれのベッドだけ。
外部侵入の形跡は無し。

防犯カメラは警察に押収されており、出してもらえない。

こんな状況の中でカンは、何が何でもハンを犯人にしたいアン検事と法廷で対決する。

国策対策捜査、最高裁の人事評価、検事のメンツとプライド、様々な事情が見え隠れする中、なんとか「状況証拠」だけで依頼人を有罪にしないようにとカンは動く。

ハンと不仲だった義母の証言、致死量に至る血痕、警察の不気味な動き、曖昧な目撃者。

明らかに何かの陰謀が動いているように見える裁判劇が面白い。。

カンの最終弁論からラストまでの流れは、そこまでの事を考えると鳥肌が立つほど。

とにかく、ストーリーの組み立てが素晴らしい映画だった。

真実が解った時は、ええええーーーー!!!!!っとなるはず…。

多くを語るとネタバレになるので、あとはで。笑.gif

ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



 



見終わって『宇宙人王〈ワン〉さんとの遭遇』と全く同じ騙され方してんな〜私…と可笑しくなった。笑.gif

無表情で無感情で無口な容疑者ハン。
以前、容疑をかけられたという「西北婦女暴行殺人事件」でも、そんな所が怪しまれたのだろう。人間って愛想がなくてポーッとしていると犯人に仕立て上げられてしまうんだね…。
…そういう話なのかと思っていた。

ハンが「妻を愛している。今でもどうしていいのか解らない。」と涙するシーンでは貰い泣きした。…ほら…人が良いからね…どう見ても可哀想な犯人にしか見えなかったし。汗.gif

警察もアン検事も最初からハンを犯人にしたかった。
「西北婦女暴行殺人事件」の時に、証拠が無くて逮捕する事が出来なかったから。

別に大人の黒い事情だけで彼らはハンを有罪にしたいわけではなかったのだ。
そこが救われるところ。

しかし、カンは自白もなく物的証拠もない事件で犯人を作り上げる裁判はしたくなかったワケである。
そんな事が通用してしまうなら、冤罪はいくらでも増える。

本当にハンを信じていたのかどうかは謎。

弁護士の意地やプライドや金のためではなく、それがカン弁護士の正義。

無罪判決には、手を叩きたくなった。

アン検事も、ハンのやりたい事は理解したのだろう。
しかし、ここで一言。

最終弁論は素晴らしかった。
でも、ハンはあの時、扉の方を振り返らなかった。


「今から私が3つ数えると、この法廷の扉を開けてハンさんの奥さんが現れます。3・2・1」

緊張のシーン。
みんなが扉を振り返って注目した。
映画を見ている方も、実は妻は生きているかも知れないとずっと思っていたから。

今、扉を振り返った人は、ハンさんが犯人だという事を疑った人。

なるほど…と思った。その時、アン検事も妻の母親も扉を振り返っていた。

誰もがハンが犯人だと確信のないまま行っている裁判だという事をカンはあの時に立証した。

しかし、アン検事はちゃんとハンを見ていたんだね。
ハンは振りかえらなかった。
ハンだけは知っていたのだ。妻が入ってくる事は有りえないと。


夫が「西北婦女暴行殺人事件」の犯人だという証拠を見つけてしまった妻は殺された。
殺された女子高生から犯人が1本持って行った歯。

その時、ゾッとした。

だって、その事件の精神鑑定人が始めの公判で言っていた単語を思いだしたから。

「サイコパス」

「西北婦女暴行殺人事件」に関わった刑事も検事も良い勘の元に動いていたんだね…。
ただ捜査が足りな過ぎた。

今度はカン弁護士が録ったハンとの会話の記録がある。違法らしいけど、確実な真実。


これは、もっと他の事件もぜひ見てみたい気持ちになった。
シリーズ化してくれたら絶対に見る。笑2.gif


 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


【送料無料】依頼人 [ ハ・ジョンウ ]

【送料無料】依頼人 [ ハ・ジョンウ ]
価格:3,431円(税込、送料込)





にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
依頼人@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。