映画@見取り八段 トラックバックセンター

【二流小説家−シリアリスト−】

二流小説家−シリアリスト−

     

監督: 猪崎宣昭   
出演: 上川隆也、片瀬那奈、伊武雅刀、武田真治、平山あや、小池里奈、高橋惠子、本田博太郎、黒谷友香、賀来千香子、でんでん、長嶋一茂、戸田恵子、中村嘉葎雄、今野敏、佐々木すみ江
公開: 2013年6月15日


2013年6月25日。劇場観賞。

原作はデイヴィッド・ゴードンによる同名小説。未読です。

簡単感想で。
だって、書けないよ。こんな映画の感想…。
もう〜殿が可哀想すぎて。泣.gif

いや、見る前から嫌な予感はヒシヒシとしていたけれども、私はただ上川隆也が好きだから。
映画初主演とは驚いたけど、言われてみればそうだから。
だから見に行ったんだ。大きな画面で殿が見たかったんだ。
だからいいんだ。どんな映画だって。
…という事で納得させて。泣.gif


アダルト専門の小説で何とか食べている自称…自嘲・二流小説家・赤羽一兵は、ある日、連続猟奇殺人犯の呉井大悟から呼び出しを受け、自伝小説を出版してほしいと頼まれる。
まず、自分にファンレターを出してくる女たちとの官能小説を書くように言われた赤羽は、金と好奇心目的で彼女たちにインタビューするために接触。その日から、赤羽は事件に巻き込まれていく。



とにかく、どこかのドラマで見たようなありきたりなストーリー。犯人も少ない候補から考えればすぐに想像がつく。クライマックスはマジですか、な展開…。

こんなに危ない目に遭っているのにこの仕事を推奨し続ける姪。いや、久しぶりに見た小池里奈ちゃんは可愛かったけれど。でも、ウザい。泣.gif

よく各局が作っている2時間ドラマサスペンスみたい。

猟奇的な映像も最初はゲゲッと思ったけれども、全てが同じ形態のご遺体なので目に慣れてくる。

一から十まで「こんなもんか…」で終わった残念な映画だった。
たぶん、今年上半期に見た邦画の中で一番残念だった。

それでも、上川隆也ファンとしては、ビックリ顔や困り顔の殿には充分満足した。だから、それだけでいいんだ。
   二流小説家1.png

原作は「このミス」で1位になっているほどなのだから、きっと面白いのだろう。
もう特に読む気もないけど。汗.gif

特筆する事と言えば、武田真治の狂気の演技が素晴らしかった事。
この人は、一体いつまでこんなに美しいんだ。
   二流小説家2.png

私は藤原竜也が好きで『藁の楯』の藤原くんには何の不満も無かったけれども、この武田真治を見た途端に、あ〜清丸はこれだな…と思ってしまった。

それくらい真に迫っていた。この人だったら何でもやりそう。笑.gif


ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



 



そもそも呉井が檻の中にいる限り犯人は呉井ではあり得ないのだから、「誰か」がやっている事は確か。
呉井の母の話を聞いたらもう、ああ、弁護士が母なんだな、と思ってしまった。

こういう話ってよくあるけれども、女の腕で人の頭を切り落とすのって大変だと思う。
だからこその意外性…を狙っているのだろうけれども…あんなにたくさん…大変だよね。汗.gif

これはもう、本当に2時間ドラマでいいでしょう。火サスみたいな枠で…。

最後には刑事と連れ立って推理まで始めちゃって…。
赤羽はこの先、探偵になればいいと思う。その方がきっと稼げるわ。


「二流小説家−シリアリスト−」公式サイト

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」




にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
二流小説家−シリアリスト−@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。





【ザ・チャイルド】子供は恐いって話

ザ・チャイルド〜 COME OUT AND PLAY 〜

  

監督: マキノフ   
出演: ヴィネッサ・ショウ、エボン・モス=バクラック、ダニエル・ヒメネス・カチョ
公開: 2013年5月11日


2013年6月24日。DVD観賞。

え〜簡単感想で。

1976年のスペイン産ホラー「Who Can Kill a Child?」のリメイクらしい。
すいません。元映画を知らない…。出会えたら今度見てみます。


フランシスとベスはもうすぐ新たな子供を得る夫婦。
出産前に2人で久しぶりにスペイン旅行にやってきた。
フランシスが昔訪れたスペイン沖の美しい孤島「プンタ・フエカ島」へ渡るために漁港でボートを借りる2人。
しかし、島へ渡ってみると、そこは人の姿がなく、ただ子供がたくさん遊んでいるだけだった。


この子供たちがね…何も喋らず、でもニヤニヤして楽しそうで不気味っちゃ不気味…。
しかし、姿かたちが本当〜にただの子供たちなので…あまり恐くないのである。

元映画は今から37年前の作品。
その当時だとこの題材はもっと有りえなくてもっと恐かったのかも知れない。
けれども、この現代では何だか悪魔の仕業じゃなくてもあり得るのでは…という話になってしまっている。

ああ、でも、そう考えると…。
37年の時を経て、悪魔は世界中に侵食し、犯罪の低年齢化だと世界中が嘆いている現代事情はこの映画の続きなのかも。

見終わった時は、あまり恐くない…と思ったのだけれども、翌日、小学生の集団下校を見たら何だか「子供の集団こわっっ」と思ってしまった。

見た目や先入観では自分を守れない世界は、すでに現実…。

あ、しかし、映画自体は短いのに丈長に感じるほどだった。汗.gif
個人的には、今ひとつでした。


ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



 



ボートを借りるシーンまで意味深にしなくてもいいんじゃないか…
あっそれとも、あのボートを貸してくれた男が「悪魔」だって話なのかな。←今気付いた。

どっちにしろ、大人のご遺体を切り刻んで耳や目玉繋ぎの首飾り作ったり、描写は一部残酷な物の、後は淡々と…という感じ。

例えば『ドーン・オブ・ザ・デッド』のような、ハァハァ言いながら必死に逃げてる感が少ないので、今ひとつ盛り上がりに欠ける。

子供の集団にもう少し…例えば大げさすぎない程度の悪魔的メイクがあったり…すればもっと恐くなる…かも


この作品のどこに恐怖を感じるのかというと、あどけない可愛い守られるべき子供たちがニヤニヤしながら集団で大人を殺し、大人はどんな子供だろうが子どもだから殺す事が出来ない、という構図なのだけど…

元映画から37年経ち、犯罪は低年齢化し、子どもは世界中で普通に大人を殺している。
そして平気で子供を殺す頭のおかしい大人も急増。

世の中、本当に悪魔だらけになっちまったのだ。

だから、37年前と同じつくりではショッキング度が減ってしまうのね。たぶん。

元映画を見ていないので的外れな感想かも知れないけれども。

そちらを見る機会があったら、訂正加筆するかも。
ここは、これにて。


 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」






にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
ザ・チャイルド@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。



【俺はまだ本気出してないだけ】

俺はまだ本気出してないだけ

    

監督: 福田雄一   
出演: 堤真一、橋本愛、生瀬勝久、山田孝之、濱田岳、水野美紀、石橋蓮司、秋元黎、指原莉乃、賀来賢人、ムロツヨシ、川久保拓司、ドナルド・アッシュ、蛭子能収、尾上寛之、小柳心、村松利史、池田成志、佐藤二朗
公開: 2013年6月15日


この映画のレビューページはこちら↓
『俺はまだ本気出してないだけ』絶賛将来中




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。