映画@見取り八段 トラックバックセンター

【終戦のエンペラー】無私の民、日本人

終戦のエンペラー〜 EMPEROR 〜

  終戦のエンペラーop.png

監督: ピーター・ウェーバー   
出演: マシュー・フォックス、トミー・リー・ジョーンズ、西田敏行、初音映莉子、桃井かおり、伊武雅刀、羽田昌義、火野正平、中村雅俊、夏八木勲、片岡孝太郎
公開: 2013年7月27日


2013年7月31日。劇場観賞。


1945年8月15日正午、昭和天皇は玉音放送によってポツダム宣言の受諾を表明し、日本の降伏が全国民に知らされた。これにより、太平洋戦争は終結。
8月30日、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)司令官、ダグラス・マッカーサー元帥が日本に上陸。日本統治のための指揮を執る事になる。

ここまでは、恐らく義務教育で教わる範囲。日本人ならば誰でも知っている事だろう。

マッカーサーは日本に上陸すると戦争責任者である戦犯を検挙し、裁判で裁く準備を始めた。
この作品では、そのいわゆる戦後処理について描かれている。

1945年8月30日、GHQ最高司令官ダグラス・マッカーサーは日本に上陸し、第二次世界大戦の戦争責任を問うために活動を始めるが、頭を悩ませたのは「天皇」の存在だった。
「天皇」は果たしてこの戦争の最高責任者たるか否か。また、天皇を逮捕や処刑した場合、日本人にどのような影響を与えるのか。
マッカーサーは極秘調査として、部下のボナー・フェラーズ准将にこの戦争の「真の責任者」を探し出すよう依頼する。
フェラーズには開戦前、学生時代に恋人同士だった「あや」という女性がおり、彼女の捜索も同時に始めるのだった。
10日間という短期間の中で、「天皇」に戦争責任があるか否かの捜査は難航する。



海外が描く日本…というのは、とんでもない物が多いので、あまり期待しないで見に行ったものの、全く違和感なく「日本」が描かれていた事にまず驚く。

撮影は全編に渡ってニュージーランドで行われたらしいが、そこに再現された当時の日本が素晴らしい。
マッカーサーが上陸した厚木基地、アメリカ大使館、空襲の焼け跡、田舎の家屋。家の中の調度から料理に至るまで、しっかり「日本」だった。

もちろん、私だって当時の日本をこの目で見たわけではないが、「当時の日本だと思えるように」作られていた。それだけでももう感無量。

役者さん達もそれぞれ当時の人の雰囲気がある。
マッカーサー役のトミー・リー・ジョーンズ。
  有名なパイプをくわえたサングラス姿…。ものすごく「らしい」。
   終戦のエンペラー1.png


日本を描くと言うならば、やはりきちんと描いてくれなければ全てが嘘にしか見えなくなるわけで、そこが出来ているだけでも見る価値がある。

ストーリーも、どうせアメリカ万歳の綺麗ごとになっているんでしょ…と思っていたのだけれども、全くそういう事が無かった。

アメリカ人にとって、全てが「グレー」で非常に解りにくい人種である「日本人」…という描写が新鮮だ。
確かに戦争を起こしたくせに、やりたくてやったわけではないらしい。
アメリカから見れば「王」、つまり日本の長であるはずの天皇は、この戦争についてどう考えていたのかもまるで解らない。

フェラーズは度々あやの言葉を思い出す。
「信奉」が理解できれば、あなたも日本人を理解できるのに。

真の戦争責任者は誰なのか。日本人の本音と建て前。という謎を解くミステリー部分と、戦争で何もかも失った人々の心を描く人間ドラマ、そして、フェラーズとあやの恋愛部分…それらが融合して全く飽きない物語になっていた。

近年、日本人が作る戦争映画やドラマは何だかお綺麗なお涙頂戴ものばかりで、見てガッカリな事が多い。外国が撮った日本の方が真に迫って見えるなんて恥ずかしい気持ちになるくらい。


アメリカ制作だが、出演者のほとんどは日本人。それも、ちゃんとした日本人の役者さんである事も嬉しい。
日本の戦争映画ではお馴染みの方々も多く、見ていて安心感がある。

当時の日本、皇室にとって天皇陛下がどのように扱われていたか…。天皇の口から詠まれたお歌を披露するのにシッカリと天皇がおわす方向に頭を下げる関屋次官。こんな細かい事まできちんと再現してくれる繊細な演出。
   終戦のエンペラー3.png


ボナー・フェラーズ准将とあやの恋愛関係は丸っきりの創作らしく原作にもないらしいが、全くそんな事は知らず原作も未読の身にとっては、この回想シーンも美しい。

大抜擢でハリウッドデビューした初音映莉子さん。美しく、可愛らしく、スタイルよく、毅然としている…という素敵な日本人女性になりきっていた。
   終戦のエンペラー2.png


太平洋戦争が終わって、もう70年近くなる。日本は「戦争を知らない子供たち」だらけだ。
興味のある方もない方もぜひ見ていただきたい1本。


※アメリカ人のちゃぶ台返し…(ノ-_-)ノ ~┻━┻・..。;・'初めて見た。笑.gif
   終戦のエンペラー4.png


ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



 



アメリカから見れば「王」が戦争を仕切っているのが当然なわけで、「王」が知らない所で様々な事が起きているなど思いもよらない…。

多くの日本人が一部の日本人に踊らされて起こした戦争。みんなが日本は戦争すれば勝つのだと信じていた。

「 四方の海 みなはらからと思う世に など波風の 立ち騒ぐらむ」

明治天皇が詠まれた歌を開戦前の御前会議でお詠みになられて気持ちを伝えたという昭和天皇。

「四方の海にある国々は皆同胞なのに、なぜ波風を立てるのか」

天皇にはハッキリと戦争するなと言う事は出来なかった。そういうお立場ではなかった、と伝えるも、証拠がなければ無罪には出来ないとアメリカ的に物を言うフェラーズ。

みんなの言う事言う事が全て「グレー」。日本人の言葉は中間の美があり、中間の薄気味悪さがある…。

はっきりと戦争終結を決断されたのは天皇であった。けれども、証拠はない。だからマッカーサーは天皇と会う。

自分は断罪される覚悟でマッカーサーと対面された天皇と、断罪するためではなく共に日本を作るために会ったのだと告げるマッカーサー。

この人たちがいたからこそ、今の日本はあるのだと。
本当に感動した。
天皇が日本という国に居わす事に感謝したくなる。

戦争の悲惨さも伝えられ、上に立つ人たちの勇気と赦しの心も伝わる…いい戦争映画だった。


「終戦のエンペラー」公式サイト

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」




にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
終戦のエンペラー画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。





【ザ・デット 〜ナチスと女暗殺者〜】

ザ・デット 〜ナチスと女暗殺者〜〜 THE DEBT 〜

   

監督: アサフ・バーンスタイン   
出演: ギラ・アルマゴール、ネタ・ガーティ、イエズケル・ラザロフ、アレクサンダー・ペレグ、エドガー・セルジュ、オーデッド・テオミ、イタイ・ティラン
公開: 2007年制作:日本未公開


2013年7月30日。DVD観賞。

イスラエル諜報機関・モサド…と聞いたら、一番最初に頭に浮かぶのは2005年のスピルバーグ監督作品『ミュンヘン』

見終わって、同じような切なさと後味の悪さが残る。
主人公は恐らくやり遂げたのだろうけれども…。


1965年。モサドの工作員・ラヘル、エフド、ズヴィの3人は逃亡していたナチス戦犯、マックス・ライナーを捕獲し殺害した事で、英雄としてイスラエルに帰国した。
時を経て1997年。ラヘルはその時の事を自伝として出版もしていた。
仕事から30年経ってスマートだった身体は年を取って膨らみ、昔のように素早くは動けない。
そんな中、彼女に新たな「仕事」が出来る。それは、自分たちが作った「ある秘密」の処理であった。



ユダヤ人という人たちの悲しみや苦しみは、日本人である私たちには推しはかろうとしても理解しきれない部分はあると思う。
大戦時に彼らは「ユダヤ人である」という理由だけで狩られ、ユダヤ人であるだけで次々と殺されて行った。その数は600万人に及ぶと言われている。

多くのユダヤ人が今もその恨みを抱えて生きているわけでは無いだろう。しかし、赦せずに復讐を考える人たちがいてもおかしくはない。
「戦争も終わったのに今さらさ」「もう平和な世の中なのに何やってるの」と言える資格は当事者ではない人間にはないのだ。

マックス・ライナーは、かつてビルケナウ(アウシュヴィッツ第二強制収容所)でユダヤ人を使って人体実験をしていた。 モサドはその罪ゆえに彼を戦犯として追った。
終戦後20年。ライナーはベルリンで平凡な産婦人科の開業医をしている。

普通の平和な町から1人の人間を消すための工作。
その計画にはハラハラさせられる。
えっ、こんな事が簡単に成功していいのという感覚は『ミュンヘン』と同じ。

人間は平和に暮らしていればいるほど鈍感になって行くらしい。


日本語サブタイトルは、ちょっとB級感が漂っているし、女スパイが悪を倒すために立ち回るアクションもののようにさえ感じられてセンスが悪い…。

硬質なサスペンスであり、史実に基づいているわけでは無いらしいが歴史は踏んでいる。目的を達成する事と、命について考えさせられる良質な映画だ。


マックス・ライナーが、あまり人間らしい面が見えない事、ユダヤ人について思い切り悪態をつく事など、やはりイスラエルの目から見たイスラエル産の映画なんだなぁ…と思ってしまったな…。

成功したからといって何が残るわけでもないだろう…もう年なんだし、もっと平和に生きれば…とラヘルに何度も言ってあげたくなった。

そんな風に思いながら彼女を見ていた私にとっては虚しさばかり感じられるラストだったけれども、彼女にとっては泣きたいほどの達成感だったのも知れない。


2010年に『ペイド・バック』としてハリウッドリメイクされている。けれども、こちらも日本未公開。本作よりもリメイクの方が何かと演出がドラマティックらしい。
機会があったら見比べてみようかな。サム・ワーシントンが出ているらしいし。




ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



 



ライナーは言うのだ。

「当時、ユダヤ人には何をしても許された。」
「ユダヤ人は殺し方を知らない。殺されるだけだ。」

と。

ユダヤ人には率先して民族を守る気持ちがない。だから大人しくガス室に運ばれる。自分の身を呈して守る事もしない。だから殺されてもいいのだと…。

考えようによっては、ライナーも自分自身にそう言い聞かせなければ人体実験なんて出来なかったのではないだろうか。

「戦争は多くの人生を変えた」

それは、戦争で苦しい思いをしたラヘルの母に対する社交辞令ではなく、ライナー自身の本音も言っていたのだろう…と思いたい。

しかし、あの時に殺してしまったのかと思っていたのに拉致するだけだったとはね。命令が捕縛じゃなくて暗殺だったら、きっともっと楽だったのに。

捕まえた人間のヒゲなんて剃ってやらなくていいじゃん…と思ったんだ。そして、あんなにロープをチェックしていたのに、なぜカミソリを持っている事に気づかないんだ。汗2.gif


自分が逃がしたのだから、自分が後始末…。
老人ホームに入っても、ライナーの冷たい性格は変わっていなかった。

ここで、あの息子や孫がライナーの身内ではないことも…やはり、ライナーという人間を少しでも「良い人」には描かない作り方だと思った。

たぶん…想像だけれど、ハリウッド版リメイクは殺される方にも多少の「人情」を与え、「鬼畜も人間だから心はあるのですよ。それでも殺しますか」のような主人公の葛藤があるのでは〜。(単なる想像です汗.gif)

イスラエル産であるこの映画は、ナチス戦犯に「人間らしい心」など与えない。

そして、かつて「ユダヤ人は殺し方を知らない。殺されるだけだ。」と言った男は、「恐怖を知る」人間らしいユダヤ人の手によって殺されるのであった。

30年前「話さなければ真実は葬られる」と決めて、ターゲットを殺した事にして英雄になった3人。
ラヘルはかつての自分の尻拭いをやり遂げて倒れた。
通りすぎる列車の中に、失意の苦さを抱えたかつての自分を見るラストが印象的。


 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


[DVD] ザ・デット 〜ナチスと女暗殺者〜

[DVD] ザ・デット 〜ナチスと女暗殺者〜
価格:3,354円(税込、送料別)







にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。



【ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋】

ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋〜 W.E. 〜

   

監督: マドンナ   
出演: アビー・コーニッシュ、アンドレア・ライズ、ブロージェームズ・ダーシーオスカー・アイザックリチャード・コイルデヴィッド・ハーバージェームズ・フォックスジュディ・パフィットハルク・ビルギナージェフリー・パーマーナタリー・ドーマーローレンス・フォックス
公開: 2012年11月3日


2013年7月25日。DVD観賞。

『英国王のスピーチ』で描かれたイギリス国王ジョージ6世の兄・エドワード8世と、その妻になったウォリス・シンプソンの王室スキャンダル恋愛物語。

…だから、ウォリスとエドワードが主役なのかと思っていた。

主役は、1998年のニューヨークで、ウォリスに憧れ、思いを馳せる1人の女性、ウォーリー。
カチカチの歴史ものではなく、歴史題材のイメージ映画…という見方が正解かも。


国王は愛する女性のために英国を捨てた。 美貌も財産も地位もないウォリス・シンプソン夫人は、英国王政の危機を招いた。

エドワード8世の退位当時のそんなラジオ報道から始まる冒頭。
1936年12月11日。イギリス国王エドワード8世はイギリス王室や議会の怒りを買い国民を騒がせながら、在位わずか1年に満たずに退位した。
退位の理由は「王冠を賭けた恋」

エドワードがアメリカ人女性で既婚者のウォリス・シンプソンと浮名を流し、王室一大スキャンダルを巻き起こし、ついに退位してしまい…その結果、「どもり」で悩む弟・ジョージ6世が苦手なスピーチを克服しなければならなくなる、という下りは『英国王のスピーチ』で描かれている。

各登場人物…特にジョージ6世の妻・エリザベスの性格があちらとは違うのが面白い。

2人が初めて出会ってから恋に落ちるまでの1930年代の映像が臨場感があって美しい。すすけた雰囲気が古いフィルムを見ているようでロマンティック。
パーティ、ダンス、アクセサリー、シャネル、カルティエ……イギリス上流階級のトップに立つ女が作り出す時代のきらびやかさ。

そして、ウォリスという女のしたたかさと決心と戸惑い…。

スカーレット・オハラのような、こんな女は嫌いじゃない。
自分の魅力を十分解っていて、それを最大限に欲しい男にアピールできる女だ。

アンドレア・ライズボローが、そんなウォリス・シンプソンを妖艶に可愛らしくまたは悪女のように魅力的に演じる。(メイクのせいもあってか実際のウォリスさんによく似ていらっしゃいますよね。すごいキャスティング。)

女は「着こなし」だというウォリス。
マドンナ目線だからこそのファッショナブルな映像…だけではなく…ウォリスのこの強さしたたかさ、奔放さ、そして孤独と哀愁。これもマドンナだからこそかな。

そんなウォリスを1998年のウォーリーの妄想と融合させて過去の時代に遡って描く、というスタイルそのものは面白かった。

けれども、その設定が何故かあまりシックリかみ合っていなかった気がする。
ウォーリーの恋愛部分が無駄に長い…。

だから、ウォーリー側のシーンになると退屈な部分も多く、何度も「ここで終わりだよね」と思う瞬間を迎えてしまった。とくに後半が丈長に感じられた。
もっとウォリスとエドワードを中心に見たかった。
    we.png

とはいえ、ウォーリーが時々ウォリスの幻から受けるメッセージには共感する。


生きるのよ。

思いどおりに行かない人生でも。辛くても、敵だらけでも。

女には勝ち取らなければならない物がある。




ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



 



「私は世界一の悪女にされるわ」

最初は、ただ皇太子の愛人という位置を勝ち取りたいだけの女に見えた。たぶん、上流階級の軽い火遊びだったのだろう。

しかし、エドワードは女に対して純粋で、王子の立場にあって言いたい事も言えず、傷つきやすい繊細な心と自由を求める大胆さを併せ持っていた。

いつしか、エドワードから離れられなくなるウォリス。

「彼は国民と同じく私が持っていない物を持っている。幸せな家庭と妻と子どもだ。」

退位の演説で弟の事をそう語ったエドワード。なのに、ウォリスは彼に子どもや家庭を与えてあげることが出来なかった。

世紀の愛を貫いた代償はイギリスに帰れない悔しさと憎まれる孤独。

それでも、
「痛ましくて輝かしくて馬鹿げた世界を愛しています」
そう言える強いウォリスに励まされて、ウォーリーは自分を生きる決心をする。

誰でも、例えどんな人生でも満足しきるということはない。
愛を奉げられ続ける人生は、女にとって一番贅沢な人生かも知れない。


「ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋」公式サイト

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」








にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。