映画@見取り八段 トラックバックセンター

【そして父になる】生物学上の親子

そして父になる

   

監督: 是枝裕和   
出演: 福山雅治、尾野真千子、真木よう子、リリー・フランキー、二宮慶多、黄升満マーク、風吹ジュン、國村隼、樹木希林、夏八木勲、中村ゆり、高橋和也、田中哲司、井浦新、吉田羊、ピエール瀧
公開: 2013年9月28日


2013年9月25日。劇場観賞。

第66回カンヌ国際映画祭・審査員賞受賞。

生物学的に血が繋がった子供と、自分の手で育てた子供と、どちらを選ぶのか…という話である事は、散々宣伝されているのでネタバレではないだろう、と思って書いてしまう。

つまり、最後はどうなるのか、何が起きるのかとハラハラしながら見るような作品ではないということだ。

静寂と静かな音楽の中で、親としての決断に至るまでが淡々と描かれる。

子供を作ったからといって親になるわけでもなれるわけでもなく、そこには人間としての関わりが必要だと主人公が気づくまでの物語。


大手の建設会社に勤め、家庭よりも仕事を優先してきた野々宮良多にある日、突然1本の電話が入る。それは6年間育てた1人息子の慶多が出産時に取り違えられていたという信じられない連絡だった。

舞台は「現代」であり、昔と違って取り違えなんてあり得ないでしょうという話だが、その辺の説明はきちんとある。

(ちなみに出産時に知らされる子供の血液型は母親の血が検査に出てしまう事があり、100%あてにはならないそうです)

なぜ起きてしまったのか、というよりも、起きてしまった事をどうするか…。


主人公・良多の思考はあまり人間的には思えず、共感もできない。妻・みどりの複雑な感情には少し共感できた。…自分だったらあんなに夫の言うままにはならないと思うけれども。

多くの人が「血なんて関係ない、育てた時間でしょ」と、映画が始まってすぐに思うだろう。

しかし、子育てとは複雑な作業だ。

子どもが大きくなる過程でもしも何か事件でも起こすような事があったら…きっと自分の子供じゃないからこんな事をしたに違いない、と、思うかも知れない。

ましてや、あまり家庭に目が向かず仕事一筋で生きてきた父親の目から見たら「時間よりも血」なのかも知れない。

たぶん…「どんな子供」でも受け入れられる大きな器と、気長に子どもを見守る事ができる目。それが親の資格として一番必要な事なのだろうと思う。

慶多がね…また、クリクリした目で大人しくて素直で可愛いんだよね。
  そして父になる1.png

だから、斎木家で育てられた元気で子どもらしい琉晴が野々宮夫妻に育てられる気がしないのだった…。

子どもは「血」では無くて、育った環境で成長する。
どんなにこの先容姿が自分に似てこようが、自分の家に馴染まない子どもは受け入れられない気がする。私だったら絶対に嫌だ。

こういう事があって、初めて「父である自分」を見つめ直す良多。同時に人間としての自分を見つめ直す…。大人の成長物語。


自分を責めて情緒不安定になっていくみどりを演じる尾野真千子。言いたいことはズバズバ言い、ぶっきら棒だけれども心が広い斎木家の妻を演じる真木よう子。どちらも有りそうな母親像が自然で素晴らしい。

また、両家の子役を演じた二宮慶多くんと黄升Rくんも…本当にね、居そうな子供だった。とても自然。
是枝監督が撮る子どもの繊細な目線は本当に素晴らしい。
「誰も知らない」しかり「奇跡」しかり。

リリーさんの飄々とした親父っぷりがまた、いいのね…。こういうお父さんがいい。こういうお父さんが欲しかった。笑.gif
   そして父になる2.png


とんでもない話だけれども、これが起きなければ、たぶん良多という人は一生変わらなかったんだよね…そう思うと事件自体が良多のための天からの贈り物だったのかも知れない。

親は子供を育てて初めて親になる。
子どもとは、親を人間的に育ててくれる大切な宝物だ。



ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



 



「親子関係はない」
というDNA鑑定の結果を見た時の両家のショックは計り知れない。

こういうケースの場合、交換するのがほぼ100%…ってほんとうなの
信じられない…そんなに血のつながりが大事かなぁ。


あれこれと手を考える良多に比べて斎木家はとても冷静だ。
この人たちには、どんなに親が苦しもうが子どもは子どもであるという覚悟が出来ているのだろう。

良多は自分の経済力と比べて斎木家の経済力を危ぶむけれども、交換させられた子供がこの家の子供であった事は良多にとって本当に良かった事だと思う。

もしも、子供が交換された家が同じような経済力で同じように子育てされ同じような思考の父親の家だったら…たぶん、子どもはアッサリと再交換されてしまったのだろう。

たぶん、両家の子供は同じように抵抗を示さず大人しく育ち、歪は大人になってからやってくる。

何も考えずにアッサリと交換される子どもがいるわけがないのだもの。犬や猫じゃない。お人形ではない。

6歳まで育てられた親から捨てられた悲しみは彼らの心の中に溜まり続けるに決まっているのだ。

経済力の観点からしか物を見れず「2人ともください」と言った良多が、琉晴が家出して帰ってきた時に斎木から「ウチは2人とも貰っても構わないんだから」と言い返されるシーンで、ちょっとザマミロ…と思ってしまった。

「代わりが効かない」ことを子供と関わって初めて知る。

本当に、この家族に出会えてよかったね。

この先、きっと両家は家族のように関わっていくのだろう。4人で2人の子供を育てるのだろう。

何も説明はないが、そう思わせてくれるラストに幸せな涙が出た。


「そして父になる」公式サイト

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」

【送料無料】そして父になる [ 是枝裕和 ]

【送料無料】そして父になる [ 是枝裕和 ]
価格:690円(税込、送料込)



【送料無料】奇跡 [ 前田航基 ]

【送料無料】奇跡 [ 前田航基 ]
価格:3,584円(税込、送料込)




にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
そして父になる@映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。





【許されざる者】地獄で待ってろ

許されざる者

   

監督: 李相日   
出演: 渡辺謙、柄本明、佐藤浩市、柳楽優弥、忽那汐里、小池栄子、國村隼、近藤芳正、小澤征悦、三浦貴大、滝藤賢一
公開: 2013年9月13日


2013年9月21日。劇場観賞。

原作…というか、オリジナルは1992年に公開されたクリント・イーストウッド監督の同名作品。(未レビュー)

オリジナルの方は1880年代のアメリカを舞台にしている西部劇だ。町を牛耳る保安官が「法律」であり、主人公は賞金稼ぎのために理不尽な相手に立ち向かう。

リメイクである今作は、面白いことに時代的に同じ所に立っている。

1880年。日本は明治13年。
1868年に幕末の内乱である戊辰戦争が起こり、新政府軍によって鎮圧される。3年後には廃藩置県により藩は無くなった。1876年には廃刀令により武士の魂である刀が取り上げられた。士族の不満は募り、翌年には西南戦争が勃発する。

武士である事を取り上げられ、戊辰戦争による傷跡も納まりきらず、それでも時代は目まぐるしく動く、まさに激動の時代。

主人公・釜田十兵衛は戊辰戦争に幕府軍として参加し、「人斬り十兵衛」と呼ばれるほどの剣の腕前の持ち主であった。しかし、敗北した幕府軍の残党を新政府軍は追い続け、生きるために斬る苦しい逃亡生活を強いられる。

何年か後に十兵衛は北海道で妻となる女と出会い、素朴な幸せを手に入れた。
刀を捨て、家族と極貧生活を送った末に妻を失くし、2人の子供と暮らす十兵衛の元へかつての仲間が現れる…。



今年、大河ドラマ「八重の桜」を見ている身にとっては色々と重なって見える部分が多かった。
「八重の桜」の場合は会津戦争後に会津藩士は斗南に移住させられる。
そこでは多くの者が食べることが出来ず、寒さの中で命を落とし…という部分がドラマ中であまり深く描かれなかったので、映像的に補填する事が出来た気分。

極寒の地、尽きる食料、横暴な新政府軍、殺さずの誓いを立てた人斬り十兵衛に剣心が重なったり、明治の開拓民にも他の作品で思い出す物があったり…。

自分的には、あっちで見た物こっちで見た物が脳内で補填され、幕末の武士のやるせなさを思い起こさせられる…そういう作品になった。

斬りたくなくても斬らねばならなかった激動の時代を生きた人が、許されざる者に堕ちていく。
  許されざる者3.png

ストーリー自体は元映画とほぼ同じ中、この激動の時代が舞台になった事で日本ならではの独自の物語になったと思う。

厳しくも美しい北海道の自然と、役者さん達の素晴らしい演技を堪能できる1本。


ただ、心を鷲づかみにされてどっと泣くような事は無かった。残虐シーンが目を覆うほどではないからかなぁ…と個人的には、そんな風に思っている。あまり「必死さ」を感じられなかったのである。

佐藤浩市さまなんて、充分ゲスいんだけどね…。
  許されざる者2.png

役者さんの演技が云々ではなく、作品自体が何となく「上品」なのだ。だから、ぐわっと来そうで押さえられてしまう…この辺はもう好みの問題なのだろう。

しかし、小池栄子さんは、何に出ていても素晴らしい。ハート.gif
   許されざる者5.png

あとは、行きずりで賞金稼ぎに加わったアイヌの青年・柳樂くんも良かった。ハイテンションだけれども、影にあるのは切ない身の上。
   許されざる者1.png


そして、やはり最終的には謙さんの迫力に持っていかれてしまうのだった。
   許されざる者6.png



ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



 



個人的に違和感感じたのは、なぜ賞金を出すなどという話を持ち出した女郎たちを取り締まらないのだろう、という事…。
金吾の拷問に立ち会わせてまで口を割らせようとするなら、初めから賞金を出して復讐すること自体を取り締まれば良かったのに。

オリジナルの方は西部劇なので「賞金稼ぎ」はハマる気がするけれども、日本でこの状況では「賞金稼ぎ」という設定は無理がある気がするんだな…。

(一緒に見たダンナにそう言ったら「賞金を出さなきゃ話が始まらないだろ」と言われた。そ…そうだけど〜汗.gif)

金吾は弟の方を殺した段階で、自分から誘ったのにこの話を下りてしまう。

つまり、戊辰戦争の時にはそれなりに活躍したのであろうこの老人は、もう自分には「本当に許されざる者なのかどうかよく解らない人間」を殺す気力がない事に気づいてしまったのだろう。

それは、もう自分は武士には戻れないというあきらめの気持ちでもある。だから途中で抜ける。

今わの際に言ったという「お前たちは十兵衛の本当の恐ろしさを知らない」という言葉は、十兵衛にはまだその気力が残っていることを表している。

五郎もしかり。
本当は一度も人を殺した事が無かったというこの青年も、自分はどんなに恨みがあっても無感情に人を殺すことなどできないと悟った。

十兵衛だけが今でも人を殺せる者なのだ。

それに気づいたから、子どもたちの前から去った十兵衛。

この賞金稼ぎは、各々に自分の本質を気づかせた。

「地獄で待ってろ」

は、そういう彼らに、それでもお前らも人を殺した。という十兵衛の叫び。

誰もがみんな許されざる者である事を示し、それでも、子どもたちを育てるために その地に住んで十兵衛の帰りを待つ事にしたなつめ。

そのラストは贖罪を求める救いでもある。

「許されざる者」公式サイト

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」










にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
許されざる者@映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。



ミニ感想【トイレの花子さん 新劇場版】

トイレの花子さん 新劇場版

   

監督: 山田雅史   
出演: 上野優華、水崎綾女、安田聖愛、田中瞳佳、山川りな、石條遥梨、馬場良馬
公開: 2013年6月29日


2013年9月22日。DVD観賞。

ごく簡単なミニミニ感想で。
この記事には特にネタバレ欄は設けません。つまり、完全ネタバレ込み感想なのでご了承ください。(しかも、かなり怒ってます。怒りながらツッコミます笑.gif)


久しぶりに心から腹が立った1本である。あまりにムカついたので、逆にぜひご紹介したいくらいだ。

いや、ストーリーがつまらないからとか、ホラーなのに恐くないとかそういう問題ではなく、脚本のバカさに心から腹が立つ…。怒2.gif


主人公・さよは、家の都合で東京から母親の実家である田舎町に引っ越してくる。ストーリーは、その転校先の高校で始まる。

さよに初めて声を掛けたクラスメイト・真帆は、実はクラスの虐められっ子だった。
さよは真帆を気の毒に思いながらも助けてあげる事が出来ない。スクールカーストの空気に巻かれ、クラスの有力者であるグループの言うままに嫌々イジメに加担してしまう。
その日、真帆は学校のトイレに閉じ込められた状態で死んでしまうのだった。
そして死んでいる真帆を発見したさよは、その時、赤いスカートを履いた少女を目撃する。



イジメ描写のステレオタイプっぷり…。

イジメのために弁当にゴキブリ入れるとか…まずその入れるGを捕まえるのがイヤじゃね共学ならばおバカな男子がやりそうな気もしないでもないけど、女子高っぽいよね。そんな事が出来る屈強なJKがいるもんだろうか。虐めにそこまでかける情熱が理解できねえ。

トイレに閉じ込めて上から水かけるとかもドラマや映画で凄く見るけど本当にこんなに周りにバレやすい虐め方する人間いるのかな。


てか、教師気付けよ…。怒2.gif教師の鈍感力にもうずっとムカムカしたわ。トイレの花子よりも、まず自分のクラスのイジメに気づけ。
亡くなった生徒の遺族に向かって、呪いのせいで死んだんじゃないか…とか言い出す馬鹿さ…。

兄ちゃん、妹はトイレに閉じ込められて上から水かけられて数時間後に死んだんだぜ。確かに死因その物は呪いなのかもしれないけどさ、イジメに遭っていなければ取り込まれる事も無かったわけだよ。

なのに、イジメの証拠も上がっているのに、呪いのせいなんかにしちゃっていいのかさ。妹の死がそんな事で片づけられちゃっていいのかよ。怒.gif

主人公も虐められ始めたって言うのに誰も守りも救いも戦いもしない。
呪いだの生立ちだのに誤魔化されて、イジメそのものがどうでもよくなっちゃってる。

花子さんが死んだのだって、兄ちゃんのせいじゃないし。
田舎で自分の小学校の学童じゃない子供が毎日フラフラ学校に来ている事を知ってるなら、役所や教育委員会に相談するのが普通だよね。校長。

まぁ…幽霊なんて不条理な物だから誰を呪うかなんて解らないわけで、その辺はどうでもいいけどさ。

もう、何か、ホラーとして恐いとか恐くないとかそんな見方をする以前の問題で90分間ムカついて終わった。汗.gif

振り返れば、演出や映像は良かったと思う。たぶん。←そんな事はもはやどうでもいい。

とにかく、虐めのせいで1人の生徒が死んだことを全部呪いのせいにして片づけた最悪脚本。
現実の社会問題を夢物語にすんな。

ホラーに虐めや虐待を絡めてみたよ、ほら、切ないでしょ。という製作者の世の中を馬鹿にした声が聞こえてきそうだよ。

映画やドラマ制作に関わる方は、こんな頭お花畑な作品が二度と世に出なくて済むように、ぜひ見ておいていただきたい。


 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」

 






にほんブログ村 映画評論・レビュー
トイレの花子さん 新劇場版@ぴあ映画生活おすすめ映画情報-シネマメモ
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。