映画@見取り八段 トラックバックセンター

『人類資金』M資金の「M」はMANのM

人類資金

   

監督: 阪本順治   
出演: 佐藤浩市、香取慎吾、森山未來、観月ありさ、岸部一徳、ヴィンセント・ギャロ、ユ・ジテ、オダギリジョー、寺島進、三浦誠己、石橋蓮司、豊川悦司、仲代達矢
公開: 2013年10月19日


2013年10月24日。劇場観賞

「М資金」とは、終戦直後GHQ(連合国軍総司令部)が持っていたという秘密資金の事である。財源は占領下の日本などで接収したものであり、その額は10兆を超す…

と言っても架空の話であり、公的には全く記録もなく認められてもいない。都市伝説である。

あの『日輪の遺産』で少女たちが囲んでいたやつですよ…。


あなたの技術を使って『М資金』を盗み出してほしい。
時価総額10兆円。報酬は現金50億。
そしてあなたの恩人の死の真相。


M資金専門の詐欺師・真舟は、ある日「М」という男から「一緒にM資金を盗み出そう」と依頼される。実は真舟の父親はМ資金の謎を追いつつ謎の死を遂げた経緯を持っていた。М資金で詐欺をしながらもその存在を信じている真舟は話に乗り、世界をまたにかけるマネーゲームに巻き込まれていく…。

ヒジョーにスケールの大きい話である。
壮大な設定で日本映画を支える凄い俳優陣が顔を揃え、すごく大変な事がスクリーンの中でいっぱい起こってる!!

…なのに…ちっともワクワクしない。汗.gif

恐らく、作り手は凄く面白いに違いないと思い込んで進めているのに見ている方はポッカーーンな感覚…。

経済に関する話だから、そこに興味がないと理解できないんじゃないの…という以上の置いてけぼり感がある。

置いてきぼりを食らいつつ、ツッコミ所は満載という…。何だか期待していたのとは全く違うつまらなさだった。

冒頭の軍資金らしきものを沈めるに至るシーンには、ワクワクさせられるものがあったのにね。
オッチョのようなトヨエツの出番、あれで終わりだという衝撃…。汗.gif

まぁ…結局、全部持って行ったのは森山くん@石の演説ですけれどもね。
この人、本当に何をやらせても様になるし迫力あるわ。
(もっとも、そのシーンさえもがツッコミ所の1つなワケだが…)

個人的なワクテカ所は、ロシアのポワポワ帽子を被った斉藤一とカモ……じゃなくて、オダジョと浩市さま。ハート.gif
   人類資金.png

正直、ストーリーがドンドンどうでもいい方向に「けっ」となっていったので、オダジョの登場が終わった途端に見どころが無くなり、寝そうな状態だった。

そして、豪華キャストの質を一挙に落とすのが、役名、芸名、色んな意味でМのカップル…。いや、予告の段階でここには不安でいっぱいだったんですけどね…。怒.gif(ファンの方にはごめんなさいね)

どうして、この人をこんな堅くて社会派()の作品に出そうと思えるんだろう。決して嫌いなわけではないが、いつも変わらぬベタベタ甘えた口調の演技…合う物と合わない物ってのがあるよね…。

こんな感想で申しわけない…。汗.gif
劇場観賞からだいぶ遅れレビューになり、今や長くてつまらなかった記憶だけが脳内に残ってる。笑.gif


ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



 


そもそも主人公はこんな大事に巻き込まれるような人なのか…
M資金を信じているというだけの一般人だよね。
こんな人が世界の大事を任されているなんて、何だかそこからもうツッコみっぱなし。

「電話をかけた事もない7割の人類に知る機会を」というのは心に響く物はあった。
あったけれども、あの映像で帰ろうとしていた国連理事たちが戻ってくるほど心が動くかなぁ。汗2.gif

PDAの仕組みもよく解らなかった。
充電はどうすんのどこでもネットできる物なの維持費は国が出し続けるの

ネットは確かに人の生活を豊かにし、人を世界と繋げる。
その代わり、繋がらなくてもいいような悪いものとも繋がっちゃうもんだよね…無垢な精神がなくなる。そこら辺、すごく複雑。

結局、M資金の行方を託されたМ資金一族の自己満足のような気がしてしまった。
金は確かに人を救うが、破滅も呼ぶ。

この映画の続きはもうどうでもいいが、カペラ共和国がこの後どうなっていくのか…そこは、ちょっと知りたい。

「人類資金」公式サイト

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」

【送料無料】人類資金 [ 佐藤浩市 ]

【送料無料】人類資金 [ 佐藤浩市 ]
価格:3,528円(税5%込、送料込)



【送料無料】人類資金(1) [ 福井晴敏 ]

【送料無料】人類資金(1) [ 福井晴敏 ]
価格:263円(税5%込、送料込)



【送料無料】人類資金(2) [ 福井晴敏 ]

【送料無料】人類資金(2) [ 福井晴敏 ]
価格:525円(税5%込、送料込)



【送料無料】人類資金(3) [ 福井晴敏 ]

【送料無料】人類資金(3) [ 福井晴敏 ]
価格:525円(税5%込、送料込)




にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
人類資金@映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。





【偽りなき者】冤罪事件の作り方

偽りなき者〜 JAGTEN 〜

   

監督: トマス・ヴィンターベア   
出演: マッツ・ミケルセン、トマス・ボー・ラーセン、アニカ・ヴィタコプ、ラセ・フォーゲルストラム、スーセ・ウォルド、ラース・ランゼ
公開: 2013年3月16日


2013年10月9日。DVD観賞。

第65回カンヌ国際映画祭 コンペティション部門・男優賞受賞。

原題は直訳すると「HUNT」=狩り…である。

本当に狩られている感覚だった。
こんな馬鹿馬鹿しい事、ある!?
と、怒りで頭がおかしくなりそうだった。
見ている間、ずっとイライラした。だって…理不尽極まりないじゃないか。

特に、きっとアレはああなるんじゃないだろうか、という嫌な予感が的中しちゃったシーンなんか…もう。泣.gif


失業し、離婚し、1人息子を自分の元に呼び寄せたい中、幼稚園の助手という仕事を得て安定した暮らしを始めたルーカスは、ある1人の少女の作り話によって過酷な生活を強いられることになる。


子どもは無垢で嘘などつかないなど、どうして本気で思えるのだろう。
自分の子どもを信じたい気持ちは分かる。
でも、どうしてそうなっちゃうの泣.gif

いわゆる「集団パニック」の恐ろしさが描かれる本作。

閉鎖された世界の頭のおかしい権力者が「あいつが悪い」と断定する→知的な識者だと信じている人たちがあっという間に話に巻き込まれる→犯人断定。

冤罪事件の作り方。
この過程の間に「疑い」が何もないことが恐い。こんな現実あったら恐い。
子供の頃からずっとこの町の住人なんだよね。みんな…。友情って一体何なのだ。

主人公・ルーカスが引きこもりで友達もいなくて以前から不審者っぽかったならまだ解るけれども、仲間はいっぱいいたはずなのに。

周防正行監督の「それでもボクはやってない」と、似た感覚はあるものの、信じてくれる心強い味方がいない分、あれよりももっともっと気分がドロドロする。まさに狩られていく感じ。

結末も全くスッキリしなかった。
私だったら、あんな町に住み続けられないけど。

そして、ラストのあのシーンは不要だったと思う。

サスペンスとして秀逸だとは思う。いい映画だとも思う。
少なくとも教えてくれる事はある。

汝の隣人を信ぜよ…と。

血圧の高い方にはお薦めしません。ブチ切れそうだから。汗.gif


ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



 



ファニーーーーーーー!!!!!!汗.gif

ああなるんじゃないかと思ったんだよ。…もう、すっごく心配していたらその通りになった。泣.gif
犬に罪はないだろ〜。
「変質者」を追い詰めるつもりで自分自身がおかしくなっちゃってるのが解らない「誰か」。恐すぎる。

園長のグレテに話を切り出された時に、どうしてもっと本気で否定しなかったんだろう。
まぁ…子どものたわ言が自分を本当に追い詰める結果になるとは思ってもみなかっただろうから…。

本人の居ない所でどんどん広がっていく嘘。

じゃあ彼は見せたんだね。
きみに触らせた?
白い物が出た?


誘導してるじゃないか。
犯罪と犯人を作り上げているじゃないか。

子どもに罪はないのだろう。

しかし、ごめんなさい。私はこの子を許せないし、この子の親も許せない。
特にグレテは許せない。

訴えるわ。そして、こんな裏切り者だらけの町には住まないわ。

ルーカスは心が広すぎる…。泣.gif

仕事も信用も失って愛犬まで失くしたのに

「父よ。と言うだけであなたは神の子になれる」

…じゃねーーよ

…と思ってしまった私は心が狭すぎるのでしょうか、神よ。泣.gif

私たちがこの映画を見て考えなくてはならないのは、こういう人を作らないためにどうすればいいかという事。

子どもは信じてあげたいよ。
けれども、嘘を広げた大人のせいで、この子も傷つく結果になった。

真実を見極めるって、きっと難しい。


「偽りなき者」公式サイト

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」






にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
偽りなき者@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。



【闇金ウシジマくん】金は奪うか奪われるか

闇金ウシジマくん

   

監督: 山口雅俊   
出演: 山田孝之、大島優子、林遣都、崎本大海、やべきょうすけ、片瀬那奈、市原隼人、黒沢あすか、新井浩文、岡田義徳、ムロツヨシ、鈴之助、イケメンゴレンジャイ、金田明夫、希崎ジェシカ、内田春菊
公開: 2012年8月25日


2013年10月21日。DVD観賞。

原作は真鍋昌平氏による同名のヒットコミック。
2010年10月期の連ドラとして放送されていた。原作は未読。ドラマは視聴済み。ドラマのレビューはありません。

簡単感想で。

劇場公開された時、行くかどうか迷って結局止めてしまった…DVDでいいかな、と思ったので。
正直、それは正解だった気がする。

深夜ドラマだったのでゴールデンの時間帯でスペシャルを組める内容なはずもなく、映画化されたのも不思議といえば不思議。
もっともドラマ版も「ヒント」が企画していたので最初から劇場版を視野に入れていたのかな。

そういう話はどうでもよくて〜…面白かった

ドラマ版と同じく、金に節操がなく底辺を生きる人たちのどうしようもない泥沼感。
彼らにトゴ(10日5割)で貸し付けを行っている『カウカウファイナンス』の社長・ウシジマくん。
取り立ては容赦ない。いつも無表情。恐い。けれども、金を借りに来る人間の弱さや痛みは実は理解している。

山田孝之の当たり役である。…ほんと、表情が凶悪だよね。笑.gif

劇場版である今回は、セレブになりたい若者たちを集めるイベントサークルを主催するジュンと、カウカウファイナンスから金を借りて身体を売っている母親を持つフリーター・未來を主体とした物語。

自分自身は金を持たず、けれども成り上がりたくて必死に金をかき集めるジュン。
娘さえ売ろうとする自堕落な母親の元から逃げ出し、何とか自分に出来る事を模索する未來。

2人の痛々しさと馬鹿さを見ながら、それでも共感した。
うん…この年で、若さゆえのバカを繰り返す若者の気持ちがちょっと解ってしまう自分が嫌だ。笑.gif

お金があれば変われる気がする。お金さえあれば夢が見れる気がする。
それが分不相応な夢だと解っていない。ひたすら妄想に包まれた未来を見ながら突っ走る。
その過程に闇金が存在する。

で…貸す方も自分がそういう存在であると解っている。
ある意味…人の夢を食う存在だよね。

お金って一体何なんだろう。
もう「若者」とは程遠い年になっても解らない。

痛々しいなぁ…バカだよな、と思いつつも、彼らの中に自分自身が見えたりする。

人集めのためのセレブな若者を「使っている」つもりなのに実は「使われている」ジュン。
その小者感…林遣都が物すごく上手く演じていた。


個人的にはテレビシリーズからのキャスト…高田と柄崎に萌えたわ。笑2.gif
2人とも相変わらずカッコいい。ハート.gif
   ウシジマくん.png


千秋はドラマファンのための特別出演かな。ハッキリ言っちゃうと劇場版だけ見た人には意味の解らない存在だった気がする。笑.gif

あと、ちょっと出は珍しいイッチーが嬉しかった。笑2.gif

ドラマシリーズのファンだった方は、ぜひ見るべき1本。


ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



 



「肉蝮」の存在意味が解らなかったなぁ…。
いや、新井浩文さんは大好きだから出てきたのは嬉しかったけれどもね。
(でも、最後の方まであれが新井さんだとは気付かず見てたんだけどね汗.gif)

分不相応な借金なんかしていると、こういう恐い目に遭いますよ、というのを解りやすく見せるための存在だと考えればOKなのかしら。

実際あそこまで落ちてしまうと、平凡な人生を送っている私らには想像もつかない色々な危険に遭う事もありそうだ。

映像的には彼がいるから劇場版に相応しいアクションシーンが出来たのですよ…ってことで…OKか。笑.gif

携帯3台にアドレス3000件。
その頼りないネットワークが全てだと思い込んでいた男。

命が危険にさらされた時、虚構のネットワークは何の役にも立たなかった。

虫のエサになって…あの後どうなったのかなぁ。恐い。汗2.gif

借金は本当に身を滅ぼすね。
身体は売らなくても心を削る。

やり直す道を順調に歩んでいるように見えた未來にホッとした。


「闇金ウシジマくん」公式サイト

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」










にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
闇金ウシジマくん@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。