映画@見取り八段 トラックバックセンター

【永遠の0】語り継ぐ物語

永遠の0

   永遠の0.png

監督: 山崎貴   
出演: 岡田准一、三浦春馬、夏八木勲、井上真央、濱田岳、新井浩文、染谷将太、三浦貴大、上田竜也、吹石一恵、田中泯、山本學、風吹ジュン、平幹二朗、橋爪功
公開: 2013年12月21日


2013年12月25日。劇場観賞。

原作は百田尚樹氏による同名小説。未読。
ですから、以下の感想は映画の印象のみの物です。ご了解ください。

司法浪人の佐伯健太郎は、祖母・松乃が亡くなった事を切っ掛けに祖父・賢一郎と母は血の繋がりが無かったという事を知る。祖母は祖父とは再婚であり、母は前夫との子供だった。
本当の祖父は宮部久蔵という男で、太平洋戦争の際に特攻で戦死した海軍航空兵だった、と知った健太郎は姉の慶子と共に宮部の足跡を辿り始める。


「凄腕のゼロ戦乗りだったのに、死を恐れて前線から逃げていた卑怯者」と評される宮部久蔵が、なぜ特攻に行く事になったのか。

「どんな男なのか」から「なぜ逃げていたのか」、そして「なぜ特攻に行ったのか」までを宮部と戦地で関わった人たちを探し、話を聞きつつ真相を追っていくミステリー的な部分の2004年と宮部に纏わるエピソードと共に当時の世相や戦争の実体を伝えるエピソードを織り込んでいくストーリー。

実話ベースではないし、終盤はこの監督の特徴であるこれでもかこれでもかと重ねていく演出にちょっと「またか」とは思ったものの、やはり釣られて泣いてしまう自分がいた。

決してプロパガンダに凝り固まった作品ではなく、観た人間が受け止めて自分の中で噛み砕いて考えることができる内容になっている。

ストーリーについては色々とあるけれども…とりあえず、それは下のネタバレ欄の方で。

役者さんの演技が素晴らしく、それだけでも感動してしまう。

実は、前日にBSで「木更津キャッツアイ 日本シリーズ」を見てしまったので、しまった…と思ったのだが、岡田准一の演技の幅は素晴らしく、全く心配する必要が無かった。
つまり…宮部久蔵は、どこも「ぶっさん」では無かった。
   永遠の02.png

「何としても生きて帰ろう」という強い意志ゆえに「逃げている」ようにも見える怯えた表情、部下に対する頼りがいのある落ち着いた眼差し、夫として父親としての優しい表情。終盤の憔悴しきった雰囲気…。この作品の中だけでも岡田の色々な顔を見る事が出来た。

濱田岳、新井浩文、染谷将太などの安定した演技も素晴らしかった…けれども、やはり戦地から帰ってきて2004年を生きている老人を演じる役者さんたちに泣かされた。

中でも田中泯さんの眼力は、いつもながら素晴らしい…。もう、泯さんだけでも見る価値がある映画。
   永遠の01.png

終盤の方は本当にストーリーと共にファンタジックに処理されているので、その中で説得力を持たせるのはやはり映像と演技なのである。
田中泯さん、山本學さん、橋爪功さん、そして、夏八木勲さんの存在感がこの作品を作り上げていると言っても過言ではない。

観ている間に何度も泣かされたけれども、実はもう人目が無かったら号泣しそうなほど胸に来たのはエンドロールの「memory of 夏八木勲」だったりする…。
今年の5月に未公開映画5本を残して亡くなった夏八木勲さん。
これが、恐らくその最後の1本になるのかな。

最後の方の作品は、遺作になったドラマ『ゴーイング マイホーム』を含め、過去に傷を持つ人の役が多かった気がする。
この作品でも夏八木勲さんならではの強く優しい人を演じておられた。
    永遠の03.png

そんな事も含めて…時代は変わっていくんだな…と思わされた1本だった。

「私たちの世代はあと10年もすればいなくなる。だから伝えなくては。」という橋爪功さん演じる井崎の言葉。

この映画で戦争の恐ろしさが伝わったかなぁ…とは思うけれども…少なくとも考える切っ掛けは与えてくれる。

まずは考えることが大切なのだから。そうい意味では、見る価値のある作品。
少なくとも、綺麗ごとばかりで構成されているような戦争映画では無かった。良作。



ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



 



日本全体が戦闘態勢に染まっている中で「戦は嫌じゃ」で生き延びようとしている宮部久蔵は、あり得ないと見る向きもあるかも知れないけれども変わり種として居てもおかしくない存在ではある。

それに、表向きは家族のために生きて帰りたいという設定であるけれども、セリフなどから考えると上が押し立てている作戦の無謀さを冷静に観察している人であり、決して「戦は嫌じゃ」という考えで逃げているわけではないように思える。

つまり、勝てるわけがない無謀な作戦に参加したくないけれども、言い出せる空気じゃないから仕方なく見ている…という人のようだった。

世相に反論して生きていくのは勇気がいることであり、決して臆病だとは言えない。
それに気づくから慕ってついて行く部下もできるわけである。

結果、宮部によって生かされた命たちが2004年に決して彼の事を忘れることなく生きている事に違和感はない。

ただ、何だか賢一郎が気の毒に思えてならなかったのは私だけ〜汗.gifとは思うの。

例え死んでも帰ってくる……と言う言葉を宮部が自分に賢一郎を遣わしてくれたように受け取ったらしい松乃…。
戦地から帰り松乃と会った時から、賢一郎という人間は居なくなってしまったような気がする。それで賢一郎は幸せだったのかなぁ。

だったら、特攻になんか行かずに自分が助かれば良かったのに、という話だが、最後の方の宮部の形相から考えるに無意味な特攻で教え子たちが次々と亡くなっていくのを見て精神的におかしくなっていたようなのは明らか。

あれで生き延びて1人家族の元に帰っても、たぶん宮部に安らかに眠れる日は来ないだろう。

だから賢一郎を生かして自分が行ったのは、宮部が本当に「逃げた」決断だったようにも思えてしまうのだ。

それが教え子を1人救ったという英断なのか逃げなのかは受け取り方次第なのかも知れないけれども。

そういう思いを背負いながらも必ず特攻を成功させるという覚悟で飛ぶラストの表情は清々しく美しかった。


先入観が出来ると観ていて良くないだろうからと思って上には書かなかったけれども、映像はさすが山崎貴監督という素晴らしさ。
だが、戦闘シーンは想像していた迫力には欠けていた気がする。

戦争映画は、もっともっと、これでもかというくらいに残酷に描いて何ぼだと私は思うのだ。恐いと思うくらいじゃなければ、二度と戦争を起こしたくないと現代に伝えられないから。

だから、見やすいエンターテイメント作品として誰にでも薦められるといえばその通りで…。

あんな思想で塗り固められた時代を経て、自由な思想が許される今があるのだという事は伝わるだろうと信じている。

あのコンパに来ていた「特攻はテロ」の若者たちにも伝わるかどうかは解らないけれども。汗.gif



「永遠の0」公式サイト

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」

【送料無料】永遠の0 [ 百田尚樹 ]

【送料無料】永遠の0 [ 百田尚樹 ]
価格:920円(税込、送料込)




にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
永遠の0@映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。





『利休にたずねよ』美を決める男

利休にたずねよ

  利休にたずねよ.png

監督: 田中光敏   
出演: 市川海老蔵、中谷美紀、大森南朋、成海璃子、伊勢谷友介、市川團十郎、福士誠治、クララ(イ・ソンミン)、川野直輝、袴田吉彦、黒谷友香、檀れい、大谷直子、柄本明、伊武雅刀、中村嘉葎雄
公開: 2013年12月7日


2013年12月18日。劇場観賞

千利休は戦国から安土桃山の時代を織田信長と豊臣秀吉に引きたてられて名を成した茶人である。
生まれは堺の商家。本名は田中与四郎、号は宗易という。
家業を継ぐための教養の1つとして16歳の時から茶の湯に親しみ、17で武野紹鴎に師事。紹鴎が目指す、茶道具や茶室を極限まで簡素化させる事で枯淡の美を追求する「侘び茶」を完成させた。

この映画では、信長の茶頭として仕える40代半ばから、秀吉に切腹を言い渡される69歳までと、時間を遡った10代の利休が描かれる。


茶道という芸術を追及する利休の栄華。
「栄華」といっても利休にとってやりたい茶道を追求できる自由を与えられた栄華であり、一茶人でありながら当時の権力者を動かすまでの力を持つ栄華…という視点からは描かれていない。

利休が意図しようとしまいと、権力者・秀吉お抱えの茶人の誉める物、認める物はそれだけで価値が出てしまう。

その価値が本当に解ってるか怪しい人々までが「利休が認める物」を欲し、それらには高値が付いて行く。

まさに、作中のセリフ通り「美は私が決めること」
   利休にたずねよ1.png

わび茶という芸術を作り上げ入れ込んでいく様がもっと狂気めいて描かれていれば、もっと見ごたえあっただろうと思われる…。

もっともこの作品は利休の伝記を描くものではなく、「なぜそこまで美を追求したかったのか」を紐解いていくミステリー仕立ての部分があるので、ストーリーとしては史実や芸術を淡々と描くよりもそっちを見せたかったのだろうな…。

個人的には、その部分が長くて……絵的に納得いかない部分もあって…たぶん見せたかったのだろうけど今ひとつだったんですけど。

まぁ…そういう事もあったのかも知れないね…歴史なんてタイムスリップでもしなければ本当の事は解らないのだから。

ちなみにネットに浮いている話で「朝鮮人が茶道を伝えたことになっている」というのを見ましたが別にそんな内容ではありません汗.gif

でも「なんで」とは私も思う。いや、どの国とか限った事ではなく…。

市川海老蔵の所作美しく、茶人としての利休の素晴らしさには見ごたえがあった。
利休が求めた「精神で感じる美」「余計な物を極限まで削った美」を表す花や風景、わずかに開けられた戸の隙間から覗き見える雪景色の暗と明の対比。
  利休にたずねよ2.png

究極の日本を表すインテリアである。美しい。この映画がモントリオール世界映画祭最優秀芸術貢献賞を受賞したのも頷ける。

利休が求めた「余計な物を削った」世界は、権力という余計な物を呼び寄せた。
国宝となっている二畳の茶室・待庵。ここで何人の権力者が秀吉への取次を頼んだ事だろう。

利休69歳の2月。突然秀吉から蟄居を申し付けられる。秀吉の怒りに触れた理由は諸説ある。個人的には、一茶人である利休に時の武士たちが師事していくのを面白く思わなかった者からの陰謀…のような気がする。

その月の末には切腹の沙汰が下った。
これまた一茶人である利休になぜ「切腹」という死罪が下されたのかには諸説ある。
石高を得ていたのだから武士と同じ…という話もあるけれども、私はこれも誰かの差し金かな…と思っている。 商人ふぜいが武士に意見するくらいお偉いのだから腹切って見せよ、という嫌がらせ。

「美」は暴力と権力に勝てなかった。

香炉を投げつけようとして握りしめる宗恩。

私が利休にたずねたいのは……。



ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



 


私が利休にたずねたいのは……。

その女の事…でしょうか。

女房としては、投げつけたい気持ちでいっぱいだっただろうな…。しかし、その女も利休ももう居ない。

さて…歴史改悪だの捏造だのと騒がれている高麗の女だけど…。
利休が「美」を求めるようになったのは手に入れられなかった女の影を追うからだ…という話は、まぁ…タイムマシーンでも使わなきゃどんな歴史が正しいのかは解らないのだからあるかも知れない、と思おう。

でも、それがなぜ外国の女でなければならないんだろ。どの国とか関係なく。別に日本の女でいいじゃん、とつい思ってしまう。汗.gif

利休が求めた「究極の美」のスペースは二畳でも限りなく日本の美しい風景が広がるように作られているわけよ。その切っ掛けが外国の女性だっていうのが解せない…まぁ原作ありきなワケだから、原作の設定自体が解せない。

あとは絵的に…いや、クララさんは充分美しい、というか可愛らしい女性だったけれども、一生その面影に「美」を追い求めるほどには見えなかったの。すいません汗.gifこれは、好みの問題。笑.gifだけど、私はそれ故に説得力を感じられなかった。

ストーリーとしては、ええぇぇ利休、心中の生き残りかよと……。汗2.gif
「待庵」もあの時の小屋のイメージから作られているのかと思ったら何か興ざめ……。汗.gif

個人的には、この映像このキャストで、普通〜〜に他の原作の伝記『利休』を見てみたい。

そう思ってしまったのだった。何かもったいない。

「利休にたずねよ」公式サイト

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」

【送料無料】利休にたずねよ 【通常版】

【送料無料】利休にたずねよ 【通常版】
価格:3,072円(税5%込、送料込)



【送料無料】利休にたずねよ [ 山本兼一 ]

【送料無料】利休にたずねよ [ 山本兼一 ]
価格:880円(税5%込、送料込)





千利休の功罪。

千利休の功罪。
価格:1,575円(税5%込、送料別)




にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
利休にたずねよ@映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。



『北のカナリアたち』バイオリンの不安定な調べ

北のカナリアたち

   

監督: 阪本順治   
キャスト: 吉永小百合、柴田恭兵、仲村トオル、里見浩太朗、森山未來、満島ひかり、勝地涼、宮崎あおい、小池栄子、松田龍平、石橋蓮司、菅田俊、藤谷文子、高橋かおり、駿河太郎、伊藤洋三郎、福本清三、塩見三省、小笠原弘晃、渡辺真帆、相良飛鷹、飯田汐音、佐藤純美音、菊池銀河
公開: 2012年11月3日


2013年12月15日。テレビ朝日地上波放送観賞

公開当時、1000円で見られる券を貰っていたにも関わらず行かずに終わっていたのは、主役の方の作品は大抵「主役の方のための作品」なのでつまらない物が多くて…ぁ、ファンの方、すいません。汗.gif

今回は湊かなえ原作作品という事で惹かれる部分もあった事はあったんだけど…。


東京で図書館司書をしている川島はるは、20年前に北海道最北端の離島の小学校分校で教師をしていた頃を思い出す。
その時の6人の教え子の1人、鈴木信人が事件を起こした事を知ったからであった。
はるは自分が島を去った20年間の思いを生徒たちに伝えるべく再び島へ行くことを決意する。


予告でも圧倒された木村大作さんが映し出す北海道の映像、子役さんたちの歌声の美しさ、森山未來くんの演技の迫力……
…は、素晴らしかった。

音楽はヴァイオリニストの川井郁子さん。
ヴァイオリンが奏でる不安定な調べが極寒の大地の映像と共に引き裂くように心に残る。

ストーリーは湊かなえさんらしいモヤっと感が残る物…だけど、またこのネタか…っていうのはある。

原作未読なので何とも言えませんが、ストーリーそのものにいっぱい言いたい事がある…。
それとも、やっぱり主役の人のために色々と改変されてる…ぁ…ファンの方すいません>汗.gif

子どもの時に心に負った傷はそのまま成長の妨げとして残る。
それが、たとえ自らが負わせた傷であっても。

子どもたちのために始めたコーラスであり、その歌声は本当に素晴らしかったのにね。

でもさ〜……とりあえず…トオルよ……。汗2.gif


風景映像の素晴らしさを考えると劇場で見たかった気もするが、内容を知ってしまった今となっては特にDVDで見直そうとも思えない…まぁ…北の大地の映像は予告でも見られたからいいか…。


ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



 


原作は湊かなえ氏の『往復書簡』。(「原作」ではなくて「原案」らしいですが〜……)
地上波放送だったのでツイッターで実況入りながら見ていたんだけど、原作既読の方々にとっては、結構ブーブーな出来だったようで…。

当方は未読なのでよく解りませんが、20年前の先生は別の女優さんで良かった気がした…でも、この方の主演作だからそれは許されないんですよね。汗.gif

個人的には壇れいさん辺りが無理なく20年前に合っている気がするんだけど、20年前を別の人が演じてしまったらこの映画のほぼ全てだもんね。

原作知らずの身からすると、ホントに不倫ネタ多いなぁ…と…。汗.gif
主人公としては苦しんでいる人は放っておけない精神で救うつもりだったんだろうけれども、度が過ぎた。

まぁ…旅立つ時に間に合いたい気持ちは解るけどさ。先生、頼むからバーベキューの間は生徒たちの側から離れないで〜〜。危ないから。危ないから。泣.gif

子どもたち自身が抱えていた事情が傷を広げていき、取り返しのつかない事件を起こす。

自分がソロを歌うと結花に言った真奈美。
結花の母親に恨みがあったから結花に酷い事を言った直樹。
そして、飛び込みは自殺でも事件でもなく、純然たる事故だった結花。

誰が結花を突き落したのか
というミステリーは結局は消えた…。
結花を助けるために、はるの夫は水死したのに。

その夫も実は末期の重病で、どうせ助からない命を犠牲にした上、妻を愛人に差し出そうとしていたという…何だか切ないというよりも出来すぎて恐い。

先生のダンナさんを死なせたのは自分。
先生を島から追い出したのは自分。

多くの生徒がそう思い込んで20年を生きてきた。辛い。

「歌を忘れたカナリアは何を考えたのでしょうか」

宿題の答えは、前を向いて生きていくという事。

「北のカナリアたち」公式サイト

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」

【送料無料】北のカナリアたち [ 吉永小百合 ]

【送料無料】北のカナリアたち [ 吉永小百合 ]
価格:3,766円(税5%込、送料込)





【送料無料】往復書簡 [ 湊かなえ ]

【送料無料】往復書簡 [ 湊かなえ ]
価格:630円(税5%込、送料込)




にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
北のカナリアたち@映画生活トラックバック
blogram
象のロケット
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。