映画@見取り八段 トラックバックセンター

『カティンの森』封印されたポーランドの叫び

カティンの森〜 KATYN 〜

   

監督: アンジェイ・ワイダ   
出演: マヤ・オスタシェフスカアルトゥル・ジミイェフスキヴィクトリャ・ゴンシェフスカマヤ・コモロフスカヴワディスワフ・コヴァルスキアンジェイ・ヒラダヌタ・ステンカヤン・エングレルトアグニェシュカ・グリンスカマグダレナ・チェレツカパヴェウ・マワシンスキアグニェシュカ・カヴョルスカアントニ・パヴリツキアンナ・ラドヴァンクリスティナ・ザフファトヴィチ
公開: 2009年12月5日


2014年5月31日。DVD観賞。

1939年9月1日にはナチス・ドイツが、同年9月17日にはソ連がポーランドとの不可侵条約を一方的に破棄して侵攻、第二次世界大戦が勃発した。
ドイツとソ連に西と東から侵攻され、ポーランドは両国によって占領される。
この時、東側で戦っていたポーランド軍はソ連によって捕虜として連行された。

この映画はここから始まる。

ほぼ史実に沿った内容で、当然のことながら救われる要素は何もない。
ストーリーは冷静すぎると思われるほど淡々と進み、それがかえってグレーに閉ざされたこの時代のこの国の鬱屈した背景をドキュメントのようにリアルに映し出す。

主人公はアンナという槍騎兵大尉の妻だが、この作品は「カティンの森事件」その物よりも、事件が起きてからのポーランドの歴史を辿っている。

東でソ連の捕虜となり、そして二度と帰ってこなかった1万数千人もの命。

その事件に纏わる真実にずっと翻弄され、蓋をして生きていかなければならなかった人たちの物語なのだ。

劇中には年号は出て来るが、そこでこの国に何が起きているかは言葉少なく映像で語られるだけ。
不気味なほど物静かな作品だった。


1939年9月。ポーランドの槍騎兵隊大尉アンジェイを探しに、妻・アンナは西部クラフクから東部ワルシャワへ向かう。
運よく巡り会えた夫は、「国に忠誠を捧げた身であるから」と言って軍と共にソ連軍に捕虜として連行されて行った。
苦労の末、半年後にクラフクのアンジェイの実家に帰りついたアンナは、そこで義母と共に夫の帰りを待つ。
しかし、1941年に解放したとソ連から発表された捕虜たちは帰ってこなかった。



歴史の経過としては…

・1939年9月。ポーランドは西からナチスドイツ、東からソ連に占領され、ポーランドの軍隊は捕虜となる。

・この時、ポーランド政府はパリへ亡命。後にはロンドンへ移される。

・1941年。ソ連とポーランドは対ドイツのために同盟を結び、ポーランドの捕虜はこの時に全て解放したとソ連は発表。しかし、将校を中心とした2万人近い軍人と民間人が行方不明のままだった。

・1943年2月。侵攻してきたドイツ軍がスモレンスク・カティン集落近くの森で約22000人近い遺体が埋められているのを発見。ソ連軍による虐殺として世界に発表する。
これに対し、ソ連はこの虐殺をドイツ軍の犯行であると主張。亡命政府とソ連は断交した。

・1943年9月。ドイツ軍がカティンから撤退。

・1944年1月。ソ連が「カティンの森事件」はドイツ軍の犯行であると発表。

・1944年8月。レジスタンス国内軍と民衆が対ドイツのために立ち上がり「ワルシャワ蜂起」勃発。焚きつけたソ連は民衆を見捨て、多くの犠牲者が出る。
(アンジェイ・ワイダ監督の『地下水道』は、ここを描いた作品)

・1945年5月8日。ドイツが無条件降伏し、ポーランドは「解放」という名のソ連の監視下に入る。

「カティンの森事件」をドイツがソ連軍の犯行として世界に発表したのは、別に善意でも何でもない。ソ連がドイツの犯行だと言いたてて民衆を煽ったのも、また同じ。

無抵抗で祈りの言葉を言う間もなく射殺された1万数千もの人々は、遺体になってまで国と国との争いの道具に使われたのだ。

ラスト10分からEDの暗転までの衝撃には涙も出ない。
「泣く」などという行為は忘れていた。怒りすら感じなかった。あまりのショックにただ頭が痺れた。

長い長い無音の暗転。

ソ連の犯罪だと解っていても口に出せなかった、抑えられた長い年月がそこにある。

アンジェイ・ワイダ監督の父がこの事件の犠牲者である事は知っていたが、アンナ役のマヤ・オスタシェフスカの曾祖父も犠牲者だったとは公式サイトを見るまで知らなかった。

この映画に関わった人、観た人、どれだけの人たちがこの事件に苦しめられてきたのだろう。

そう考えると、ますますあの暗闇の深さに沈み込む。

ラストにあの映像を持ってきたのは、そして、ここまで淡々と描き続けたのは、事件に対して何の感情も抱かせずにポーランドのあの年月をリアルに体感させるためだと思った。

だから、これは人間が人間を虐げる歴史がどのようなものなのか、世界がどういう行いをしてきた結果今があるのか、思い知るための映画。

どの国が悪いとか誰が悪いとか、そういう事では無く。
侵略され虐待され抑えつけられる苦しみを、どの国のどの人間も二度と与えても与えられてもいけない。


ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



 



「悪に囲まれて生きる意味」を姉・イレナに問うアグニェシュカ。

民衆は解っている。
ナチスドイツにもソ連赤軍にも正義も善意もない事を。
イレナも解っている。けれども生き延びるためには偽装が必要。

ドイツの広告塔を拒否した大将夫人。
生き延びたのにソ連の手先となった事を恥じて自決したイェジ中尉。
ソ連に反抗したあげく轢き殺されたトゥル。

それぞれの傷。それぞれの闘い。

誰も救われなかった。それが戦争なのだと嫌と言うほど思い知らされた。

「カティンの森事件」その物は描かないんだな…と、途中までは思っていたので、ラスト10分にも渡る銃殺シーンは本当にショックだった。

人が殺されるとはこういうことなのだと、ゴミのように埋められていく兵士たちを見ながら思った。

十字架を握ったまま硬直した手。脳裏に焼き付く。


長くソ連の衛星国であったポーランドは、この事件について語る事が出来なくなった。
世界中がソ連の犯行だと解っていながら、それぞれの国の事情を優先して口を閉ざした。

長い年月の末、1990年代に入って、ようやくゴルバチョフが「スターリンの犯罪」としてソ連の責任を認めた。
しかし被疑者がすでに死亡している事も含めてロシアに責任はないとして、国としての謝罪は行われていないという。


あの別れの時、アンナの夫は逃亡することも出来ただろう。彼らは「国に身を捧げると誓った」その誇りを胸に捕虜になったのだ。

彼らの魂は、救われたと言えるのだろうか。
20世紀に入っても、まだあの暗闇の中から外に出ていない気がする。

長い長い無音のエンドロールが、そう語っている気がするのである。

「カティンの森」公式サイト

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」










にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
カティンの森@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。





『青天の霹靂』同じカードは存在しない

青天の霹靂

   

監督: 劇団ひとり   
キャスト: 大泉洋、柴咲コウ、劇団ひとり、笹野高史、風間杜夫、柄本佑、入江雅人、前野朋哉、黒田大輔、中村育二、今井隆文、小村裕次郎、諌山幸治、ヤマザキモータース、稲川実代子、須田琉雅
公開: 2014年5月24日


2014年5月28日。劇場観賞

原作は劇団ひとり氏の同名小説。

39歳で泣かず飛ばずのマジシャン・轟晴夫は、何の目標も希望もなく20年近くマジックバーで働いている。
パッとしない生活の中、警察からかかってきた1本の電話は20年以上も音沙汰のない行方不明の父親の死を伝えるものだった。



テレビCМも含めて予告で散々宣伝されているので言っちゃいますが、タイムスリップものである。

タイムスリップして自分の親に会う邦画…といったら『地下鉄〈メトロ〉に乗って』を思い出した。
あれも主人公と父親には確執があった。

ですよね…仲の良い親に時間遡って会いに行ったからって別に何の物語が生まれるわけでもないし。笑.gif
神様もその辺はちゃんと考えてタイムトラベルさせてくれているという事で…。


「すごく泣ける!!!」と聞いて、自分的にはちょっと引き算目線で観に行った。
「泣ける」と聞いて泣けなかったら人間として虚しいし〜(←実際、そういう事が多いし、自分汗.gif)

劇団ひとりさんにとっては映画初監督。映画原作としては『陰日向に咲く』に続く2作目の今作。
経験値から考えたらあまり大きな期待はしてはいけない気がしていた。


結果、普通〜にいい映画だった。
号泣することはなかったけれども、ウルウルっとはした。

正直、ストーリーとしては創作ものでは有り触れた筋なのでベタで何の意外性もないけれども、そこは達者な役者さんたちの演技と映像で見せる力で充分に補えていたと思う。

絵力。そこが一番凄いなと思ったところ。

いや…ついこの前、他の方の初監督映画を観てガックリ感を味わったばかりだったので、それで引き算目線になっちゃっていたところもあって。笑.gif

これが同じ日に公開された監督デビュー作対決だと考えたら、もう…こちらの方が圧倒的な勝利だと思うのだった。

昭和48年の浅草の町。雷門ホール…実に浅草っぽい。笑2.gif
   青天の霹靂1.png

赤みがかったステージのライト。提灯、看板。夜の浅草なんて行った事ないのだけれども、なぜか懐かしく感じる。時代ものには「らしさ」があるって大切な事。
河川敷の映像も空の美しさも印象に残る。


役者さんは、大泉洋ちゃんのマジックが本当に見ごたえあった。
吹き替えなしだそうで、あれの練習だけでも大変よね。
クライマックスのステージは本当に素晴らしかったよ。鳩飛ばす洋ちゃん、カッコいい。笑2.gif

柴咲コウちゃんのお母さんも可愛くて…劇団ひとりは普通にイケメンだった。笑2.gif

音楽は佐藤直紀さんだし、脚本は橋部敦子さんだし、このキャスト…。関わったスタッフにこんなに恵まれたデビュー作。
監督や俳優業に関わる時は「劇団ひとり」は止めて川島省吾にした方がいいのでは〜。笑.gif


ストーリー自体に若干の弱さを感じる以外、良作。ひとり監督には次作も期待したいです。笑2.gif


…で…あのスプーン曲げマジック、よくテレビでもやってるけれども全然仕掛けが解らないよね…と改めて思った。


ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



 


ネタバレ欄に書くまでもなく、予告でお母さんが死んじゃうんだろう事は宣伝されてしまっているので〜…これは、どうなのでしょうか。ここバラしちゃったらお話自体にミステリー要素がまるで無くなっちゃうと思うんだけど。汗.gif

まぁ別に要らないのか。ミステリー要素。
でも、母親が子どもをただ置いて行ったと思いながら見るのと死んでしまったと解っていて見るのとでは見る方の気持ちも違うと思うのだが…。汗.gif


タイムスリップした時の様子も何かアッサリだったな…。自分だったら落ちている昭和48年の新聞を見たからといって自分がタイムスリップしたとは即座には思わないだろうな。その辺はもう少し丁寧でも良かったのではと思う所。

あと、早期胎盤剥離が解っていて入院しているのに自然分娩っていうのは変な気がした。
昭和48年、そこまで医療は遅れていないはず。

お母さんが亡くなったのは晴夫を産んだからではなくて病院がヤブだったからだよね。汗.gif


人生が上手く行かないのは、ダメな父親と冷たい母親のせい。

そう思っていた男が真実を知る物語。

愛を与えられていたと知る事は自信に繋がる。
元の世界に戻っても、この人の今後は大丈夫だと思えた。

昭和の手品業界クオリティで自信もついたしねぇ。笑2.gif

いいね。昭和。
単純で人の繋がりが密で温かい。

「ありがとう」
の回想で切ったラストの余韻も心地よい。

人間が生きていくのって大変。
けれども温かい思い出は生きる支えになる。


「青天の霹靂」公式サイト

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」






にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
青天の霹靂@映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。



『オー!ファーザー』行け!プリズナー!

オー!ファーザー

    

監督: 藤井道人   
キャスト: 岡田将生、忽那汐里、佐野史郎、村上淳、河原雅彦、宮川大輔、柄本明、賀来賢人、駿河太郎、古村比呂、長江英和、広岡由里子、長原成樹、榊原徹士、奥村知史、内田慈、橋本マナミ、矢島健一
公開: 2014年5月24日


2014年5月26日。劇場観賞

原作は伊坂幸太郎氏の同名小説。
伊坂さんの小説って「重力ピエロ」「フィッシュストーリー」(どちらも映画観賞後)くらいしか読んでいないのですが映像化された物は90%大好きなので(←まぁ、その内80%は中村監督作品なんですけどね…)期待して観に行った。


由紀夫には4人の父親がいる。大学教師の悟、ギャンブラーの鷹、体育教師の勲、元ホストの葵。
そして、その4人の妻である母との6人家族。
それぞれの父から学ばされてきた教え通りに生きてきた由紀夫は、ちょっとしたお節介からある事件に巻き込まれていく。

    オーファーザー1.png


たまに書くけれども父と息子の物語は大好物だし、イケオジ大好きな身としては萌え要素満載な設定。ハート.gif

特に佐野史郎さんと村上淳さんがパパだなんて、なんていう幸せな息子なんだ…。笑2.gif

元ホストで主夫でエプロン姿の料理男子に村上淳…。もうワクワク…。ハート2.gif
   オーファーザー2.png


なのになのに、このテンポの悪さは一体何なのだろう…。
面白そうな要素はたくさん溢れているのに、どうにも盛り上がらない。

父たちと由紀夫の赤ちゃんの頃からの触れ合いは微笑ましいし、それぞれの教えが今に繋がっていることも楽しいし、エピソードが伏線になっていくことも…面白いはずなのになぜか広がりがない。

事件自体が割と単純で展開が予想できるという事も原因かもしれないけれども、それだけじゃない「何か」を感じてしまう。

キャストもキャラもストーリー自体も好きだけれども、どうもパッとせずに終わってしまった。汗.gif


あくまでも私感なので…。汗.gif
ものすごく何度も笑っていらした方も(たぶん後ろの方の席で若干1名くらい〜)いたので、ハマれる方にとっては面白いんだろうな、と。笑.gif

じゃ、面白くなかったかというと、そういう事では無く。
萌え要素が多かっただけに、ただ何となく残念なのであった。

ああいうパパはほしいよ…楽しそうだな、あの生活。
お母さんにはその幸せを正しく理解していただきたい。怒.gif

きっと、すごく魅力的な人なんでしょうね。
そこが最大のミステリーであった。

魅力的な女には魅力的な夫が、そして魅力的な息子が育つと…。
正しく素晴らしい家庭。ハート.gif

スガシカオさんの主題歌は素晴らしく後味に合っていた。
ここだけは、うん、もう文句なく爽快感。笑2.gif


ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



 


格闘技、女の子の言う事は何でも聞いてあげる、クイズと試験と解法と回答、手旗信号…そして「ランナウェイ・プリズナー」。

父親たちの教えや言葉が伏線になって回収されて行き、解決に繋がっていく…のは、まさしく伊坂ワールドだと思うのだ。

しかし、驚きと爽快感はなかったなぁ、と…。汗.gif

だからと言って不快なわけではないし。
キャラクターは父親たち以外も愛すべき存在ばかり。
(多恵子と鱒二は若干以上にウザかったけれども、そのおかげで助かったと思えば、まぁ笑.gif)

個人的にはパパたちに萌え、まだ高校生が出来る岡田くんを再確認し、ゆる〜くストーリーを見守ったという事で…。
あ、何か歯切れの悪いレビューですいません〜。笑.gif


「オー!ファーザー」公式サイト

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」





スガシカオ / アストライド / LIFE 【CD Maxi】

スガシカオ / アストライド / LIFE 【CD Maxi】
価格:1,296円(税込、送料別)




にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
オー!ファーザー@映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。