映画@見取り八段 トラックバックセンター

『トランセンデンス』究極のネット依存

トランセンデンス〜 TRANSCENDENCE 〜

   

監督: ウォーリー・フィスター   
出演: ジョニー・デップ、モーガン・フリーマン、レベッカ・ホール、ポール・ベタニー、キリアン・マーフィー、ケイト・マーラ
公開: 2014年6月28日


2014年6月28日。劇場観賞。


久々に白塗りじゃないジョニーを観に行った。
……けど、首だけだったり顔に紗が掛かっていたりするので結果的には………。


『インセプション』の撮影監督・ウォーリー・フィスターが監督を、クリストファー・ノーランが製作総指揮を…という事で、地面から舞い上がる粒子などの映像は面白かった。面白かったけれども感嘆の声を上げそうになるほどの盛り上がりはなかったかなぁ…。
   トランセンデンス2.png


前知識は予告以外無く、「死んでしまった主人公の脳が人工知能として開発され、暴動を起こす話」くらいの認識だった。

こういう事情で死んでしまうとはね…だから、そこがずっと引っかかったんですけど。それはネタバレ欄で。


死んだ人の脳をコンピューターとして蘇らせるという発想は小説で漫画でドラマで映画で古くから様々な形で語られている気がする。

愛する人が死んでしまったら、せめて二次元でもいいから側に居てほしい。その記憶を残したい。語りかけてほしい。その気持ちは解る。

ま…ウチのダンナさんがこんな事になったら「それ、賞味期限切れてるよ」とか「明日こそゴミ捨て行けよ」とか言われて最終的には黙ってシャットダウン……いえ、何でもありません…。汗.gif

いや、この場合は残すべき優秀な頭脳だから。

それが人工知能になったら、どうなるのか。コンピューターの中にいるのは果たして夫だといえるのか。

SFであり、疑心暗鬼のラブストーリー。


どんなに一緒にいてくれたって、声が聞けたって、温かい手や抱擁はない。
人間は生身の身体があってこそ生きているといえる。

脳だけのジョニーはジョニーじゃないんだよ…。泣.gif
  トランセンデンス1.png


切ないラブストーリーのはずなのに途中でちょっと眠気にさえ襲われてしまったのは、決して難しいストーリーだからではなくて間延び感が……。汗.gif

決して面白くなかったわけではないのだけれども涙する事もなく終わってしまった。何だろう…切なさが足らない。


ジョニーが粒子となって風に舞い、世界に浸透するなら歓迎したい……。

最終的には…そんな何だか要領を得ない感想を持って終わったのでした。すいません…。



ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



 



いくら愛する人がいつも側にいるって言っても感情や体調まで監視されちゃうんじゃ気持ち悪いよね。笑.gif
だんだんウザくなっていくのも解るわ〜。


ナノテクノロジーの力で怪我や病気が治癒して死人まで生き返るのは、ちょっとスゴイな〜と思ったけれども結果的にはゾンビ製造機だったとは…。

「トレビの泉」だと思ったのに、『ペットセメタリー』だった施設。汗.gif


人工知能が世界中のコンピューターを支配するPINNが危険なのは解る。けれども、テロで殺害されたウィルも科学者たちも生身の人間だよ。
なのに、あのRIFTのボスみたいな女が正義の味方みたいに自由にマックスたちと戦っているのは一体どういうワケなんだ。

そこんところが最後まで納得いかない。人殺しだよ危険なのはこの人たちも同じじゃないか。

そんなこんなで後味も悪かった。
エヴリンが自分の身を犠牲にして世界を救いましたよ。そして2人は共に死んでいった…綺麗で切ない良い話…。とは、とても思えない。

あ、殺されたのがジョニーだから余計に許せないのかも。笑.gif

最終的には一番切ないのはマックスだと思った。
未亡人の支えになる予定だったのにダンナは人工知能で生き返って、ヤケ酒からの拉致監禁…そして反乱軍のメンバーへ…。笑.gif

何だかね…。汗.gif

「トランセンデンス」公式サイト

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」







にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
トランセンデンス@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。





『超高速!参勤交代』知恵を出せ

超高速!参勤交代

    

監督: 本木克英   
キャスト: 佐々木蔵之介、深田恭子、伊原剛志、寺脇康文、上地雄輔、知念侑李、柄本時生、六角精児、市川猿之助、石橋蓮司、陣内孝則、西村雅彦、甲本雅裕、近藤公園、忍成修吾、和田聰宏、冨浦智嗣、舞羽美海、前田旺志郎
公開: 2014年6月21日


2014年6月25日。劇場観賞


湯長谷藩は、現在の福島県いわき市に藩庁を置いていた実際にあった小藩である。
藩主・内藤政醇も実在の人物であり、八代将軍・徳川吉宗も老中・松平伊豆守信祝も当然実在の人物。

けれども、物語はフィクションです。笑.gif
史実がどうのなど考えるよりも、純然たる時代劇として楽しむが勝ちの一大時代物エンターテイメント。

予告の印象ではもっとノホホンとしたコメディなのだと思っていたのだけれど、意外なくらい「時代劇」。
悪役は笑いどころのないダークさだったし、蔵さま始めキャストの皆さまの殺陣まで楽しめるのだった。


時代は享保20年(1735年)、八代将軍・徳川吉宗の治世下。
陸奥国の小藩・湯長谷藩藩主・内藤政醇が参勤交代を終えてお国許に帰るとすぐに、江戸屋敷の家臣・瀬川が老中・松平信祝の命を携えて駆けつけてくる。
今から五日の内に再び参勤交代せよと…。



参勤交代は江戸時代、幕府に忠誠を誓わせるため妻子を江戸屋敷に住まわせ人質とし、藩主には定期的に自藩と江戸を行き来させるという超大掛りな単身赴任制度(いっぱい家臣を引き連れているから単身じゃないけどね汗.gif)…である事は小学校の教科書にも載っている。

元々は鎌倉時代の「いざ、鎌倉」辺りからの武士の忠誠を見せる意気込み合戦から始まったらしいが、三代将軍・家光の治世に正式に制度化された。

単身で行き来するならまだ何とかなるものの、いざとなったらこんなに引き連れて上様をお守りいたしますという証しを見せるものだから家臣をたくさん連れていく。連れて行けば当然人数分の宿代や食費が掛かり、川を渡る運賃や様々な手間賃も発生する。

国元が遠ければ遠いほど日数もかかり金もかかる。一番遠い薩摩藩からだと1か月もかかったというのだから、本当に負担以外の何物でもない。

大きい藩の場合は引きつれる人数も1000人単位になり、一回の参勤交代にかかる費用は現在に換算すると3億〜5億だのになったというから…何だか、もう、無駄だとしか思えない。汗.gif

そうやって参勤交代に金を使わせて各藩が幕府に謀反を起こすための費用を削いでいたという話。気力も削がれるよね…。


さて、湯長谷藩の場合は小藩であるからそこまで費用は掛からなくても、小藩であるのだから元々の財産も少ないわけで、金も気力も削がれて帰ってきたばかりのところを再び江戸に来いと言う。

無理である。でも、行くのである。

だから「知恵を出せ」…という事になるのだった。笑2.gif


笑いどころは「知恵」と「ハプニング」に関する数々のエピソード。
湯長谷藩、みんな良い人たちだから見ていてホッコリ。

苦行としか言えないような旅だけれども、ロードムービーとしても楽しめる。
  超高速参勤交代2.png


「時代劇」らしい大立会いもあるのだった。
『十三人の刺客』かよっと、思わず突っ込む宿場町での立会シーン。
   超高速参勤交代3.png

蔵さまの殺陣、カッコいい。ハート.gif
でも、隠密、弱すぎっ……。笑.gif

ダークな敵キャラのボスに松平信祝役の陣内さん。現行大河の『軍師官兵衛』でも憎々しげな役やられてますが、もうそういうイメージ付いちゃったよ。笑.gif

不気味な隠密棟梁・夜叉丸の忍成くんも良かったなぁ。動き軽やか。
見たところ気づいてない方も多いようですが冨浦くんは隠密の1人ですよ〜。くノ一じゃないよ。顔は可愛いけど筋肉はモリモリだから。笑2.gif

弓の名手、鈴木吉之丞の知念くんが猿的にカワイイ。ハート.gif
Hey! Say!のライブで綱渡りやりたいと言っていたほどの人が、あんな所でアレだなんて、何だかすごく笑えた。笑2.gif←見れば解るから。


猿といえば、時生くんの肩に乗っていた菊千代さまがホンにお可愛らしく…。
   超高速参勤交代1.png

いい働きもしたしな。笑2.gif


気持ちよく笑えて迫力もあって、素敵な娯楽作でした。


ちなみに実在の湯長谷藩も民から慕われる名藩主が多かったらしい。
日頃の行いや善行が最終的には身を助けるということなのね。


ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



 


上に書いたけれども、ネタバレ的には高所全く平気な知念くんが吊り橋でオロオロする姿と、お約束の西村さんの落ち武者姿に笑ったわ。笑2.gif

あの姿は誰でも拝むよね…逃げるよね。汗.gif

隠密との決戦は、ちょっと不穏な空気が漂いすぎていたので、上地くんは死んじゃったと思ったし段蔵@伊原さんも死んじゃうのかと思った。

こういう映画でそういう涙の取り方は個人的には醒めるので、生きていてくれて良かった〜。
死んでしまっていたら、かなりトーンが下がるところだった。汗.gif

しかし、信祝は解りやすい悪人だったけれども、吉宗も随分だよね…。こんな小藩を使って老中の悪さを調査していたとは…。この参勤交代の費用、少しでも出してやってくりょ…。汗2.gif


身分よりも人柄。金よりも大根。
勧善懲悪。いい時代劇だった。笑2.gif


「超高速!参勤交代」公式サイト

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」








にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
超高速!参勤交代@映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。



『エンド・オブ・ザ・ワールド』最期の時間

エンド・オブ・ザ・ワールド
〜 SEEKING A FRIEND FOR THE END OF THE WORLD 〜


   

監督: ローリーン・スカファリア   
出演: スティーヴ・カレル、キーラ・ナイトレイ、コニー・ブリットン、アダム・ブロディ、ロブ・コードリー、ジリアン・ジェイコブス、デレク・ルーク、メラニー・リンスキー、マーティン・シーン
公開: 2013年1月19日


2014年6月18日。DVD観賞。

終末をテーマにしたドラマである。
けれどもディザスター・ムービーではない。
むしろ秩序保たれ過ぎであっけにとられるくらい。笑.gif


地球に小惑星マチルダが衝突することが判明し、打つ手はすでになく、地球は21日後に滅亡することになった。
中年の保険セールスマン・ドッジは、ひょんな事から今まで一度も顔を合わせたことがなかった隣人・ペニーと初めて出会い、行動を共にするようになる。



本当に、そんな馬鹿な…と思うほどみんな普通である。
『2012』みたいに逃げ回ったり戦ったりしないのだ。
街中はパニックがあるものの上手く脱出できちゃってからは、もうロードムービー。
ディザスターではない事は解っていたものの、ここまでノンビリしているとは思わなかった。笑.gif

もっとも、滅亡までの日にちが短いからね。
あと20日程度だったらジタバタしても仕方ない。
普通に仕事に行っちゃったりする気持ちも解らなくもない。

ドッジもペニーもそれぞれ会いたい人の元へ走る。

予告の雰囲気からは、もっとぶっ飛んだコメディなのかと思っていたけれども、意外としんみりしていた。ジャンルとしては恋愛映画ですね、これ。


もし人生がもうすぐ終わるとしたら、自分だったら何をしたいだろう。誰と過ごしたいだろう、と考える。

私だったら映画をたくさん見るな。劇場ではもう見れないだろうからDVDで。
側には家族が居てくれればそれでいいや。実家には帰らない。
でも、自分は家族と居たいのに実家の親の所には帰らないというのは勝手よね。
親はきっと寂しいだろうな…。

見終わって、そんな事をたくさん考えた。

みんな寂しい。寂しいから最期はきっと温かい思いをしたい。

途中で少し退屈したけれども、温かい気持ちになれる風変わりな終末映画。

ちょっとダメな子を演じたキーラ・ナイトレイがとても可愛かった。


ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



 



君は僕の最愛の人だ。

私たちお互いを救ったのね。


と言う、ハッピーエンド。
けれども、この後、地球は滅亡するんだよね…。

もし、しなかったら。
それはそれで、まぁいいのかな。
お互いの良い所を存分に理解したドッジとペニーだけれども、こういう恋愛には「吊り橋効果」というものがございますから…。汗.gif


ドッジと父が2人でロッキングチェアー並べてハーモニカ吹いているシーンでホロっとした。
たぶん、こんな事が無ければ和解はなかった父と息子。

最期だから見直せる関係もある。


滅亡を知らないっぽいお掃除のおばさんに悲哀を感じてしまった。
彼女はきっと最期の時まで何も知らないで逝くんだろうなぁ…それも、また幸せかも。

そして、絶対にありえないけれども、最期まで務めを果たし続けたアナウンサーさん。
みんなが非常時にも日常を感じられるとしたら、それはテレビだよね。本当にお疲れ様でした…。
彼が居なくなった後のテレビ画面に一番寂しさを感じた。


 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」






にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
エンド・オブ・ザ・ワールド@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。