映画@見取り八段 トラックバックセンター

『MAMA』過ちの結果

MAMA
〜 MAMA 〜


   

監督: アンディ・ムスキエティ   
出演: ジェシカ・チャステイン、ニコライ・コスター=ワルドー、ミーガン・シャルパンティエ、イザベル・ネリッセ、ダニエル・カッシュ、ハビエル・ボテット、ジェーン・モファット
公開: 2014年5月17日


2014年7月28日。DVD観賞。

ギレルモ・デル・トロ制作総指揮のホラーである。

『永遠のこどもたち』ほど胸に迫る感じはないけれども、泣いたよ。随所でウルウルした。

泣きながらビクッとなったり泣きながらツッコんだり、ツッコミながら泣いたり…
だって、本当にそんな感じだったから〜…。泣.gif


精神を病んだ投資仲介会社の経営者・ジェフリーは共同経営者と妻を殺害し、幼い2人の娘を連れて逃亡。行方知れずになった。
5年後。兄の行方を捜し続けていたジェフリーの弟・ルーカスは、山小屋で動物のように育った2人の姪、ヴィクトリアとリリーを発見する。
子育て経験のない中、姪たちと暮らしたいルーカスは、心理研究家のドレイファス博士が用意してくれた家で恋人のアナベルと子どもたちを育て始める。



発見された子どもたちがガリガリで真っ黒で素早すぎて、まずビクッとするわけだが…それは別にホラー演出というわけではなく、とにかく可愛そうなのだった。

オオカミに育てられたわけではないけれども、5年間どう暮らしていたのかオオカミ少女のようになってしまっている子どもたち。

別にルーカスと結婚しているわけではなく、子ども好きでも無さそうなアナベルがひたすら気の毒に思えた。

しかも…その設定から『ダーク・フェアリー』を思い出しちゃって、あんな納得いかない結末になったらイヤだなぁ、と嫌な予感が走る。

だって、姪たちと一緒に暮らしたいのはルーカスの自己満足だもんね。自由に音楽を楽しんで生きて来て結婚する気もなかったのに、突然2人の野生動物のように懐かない子どもを育ててくれと言われても〜…。

それでも、ちゃんと関わって行こうとするところが偉い…偉すぎると思う。ルーカスのことが本当に好きらしい。まぁ…イケメンだし。(パパもおじさんもイケメンだ)
    mama4.png


綺麗にしていればものすごく可愛いヴィクトリアとリリー。
この子たちが可哀想なところから物語は始まるので、同情と切なさで溢れている。叔父であるルーカスが心からこの子たちを愛している様子は伝わるので、そこはホッとするところ。
   mama2.png

オオカミ少女を観察したい大人の欲も加わって、ホラーじゃなくても普通に話に入り込む事は出来る。けれども…ホラーなのである。

一体、何者が彼女たちを育てていたのか。彼女たちが「ママ」と呼んでいるものは何なのか。
姿かたちがハッキリと見えるまでは、結構ドキドキするシーンの連続。
何度、志村うしろーーーーー!!と叫んだことか……。←いや心の中で。笑.gif
   mama3.png

タイトルが「MAMA」であるから、当然話は母性の方に向いて行くわけで…ルーカスおじさん、本当にイケメンで優しくて良い人なんだけどさ…やっぱりちょっと残念なんだよね。泣.gif

血のつながりもなく子ども好きでもなく、ただルーカスに協力してちょっといい家に住めるだけのつもりだったアナベルが子どもたちと深く接していく事になるのだった。
    mama1.png


冷たく澄んだ映像は上質なクラッシックホラーを思わせる。夢で過去を暗示するシーンはアニメチックなのに妙にリアルでちょっとギョッとする。

個人的にはクライマックスはあれでいいのか……って気もするけれども…ファンタジーっぽいと言われればそれも納得だし。

少なくとも「もう一度見たい」気にさせてくれるホラーではある。
この切なさと品の良さが、やっぱり好きだ。


ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



 



大叔母様、わざわざ夜中に来たから何かいい働きしてくれるのかと思ったら、あっさり憑りつかれて終わっただけで笑える…。笑.gif


『インシディアス2』と連日で見たので、ほんっとーーに男って役に立たないよね…という感想になってしまうわけ。笑.gif

結局、ルーカスったら入院して子育てはアナベルに全て任せ、肝心の乱闘シーンでも早々に気絶しちゃうし…私だったらキレて出ていくわ。

子どもは好きだけど、言うこと聞かない四足歩行の子どもなんて手に負えない…おまけに得体の知れないMAMA憑きだし〜。汗.gif

ドレイファス博士が「乖離性人格障害」だと診断していたようなので、そういうオチもありなのかな…と、ちょっと思っていた。けれども真っ直線に霊だったね。しかも…ここでも霊はクローゼットの中にいるのだった。海外の大きな屋敷のクローゼットはナルニアにも繋がるし霊界とも繋がる。汗.gif


山小屋に連れて来られた時、赤ちゃんだったリリーと違ってちゃんと言葉も理解していたヴィクトリアは年が少し大きいだけに「ママ」に対する感謝も愛情もあるけれども異界のものだとも理解している。

アナベルの愛情にも応えたいと思い始めてからのヴィクトリアの葛藤が切ない。

MAMAとは、1878年に閉鎖された精神病院の患者だった。
引き離された自分の赤ちゃんを取り戻すために病院の職員を殺害して崖に追い詰められ、子どもと共に飛び降りた可哀想な女。

真実を夢で知るシーンや赤ちゃんの遺骸を探し出してママに差し出し、呪いを解こうとする辺り、ちょっと『リング』を連想する。

ただMAMAの姿がよく見えない間は恐いんだけど、ハッキリと見えちゃってからの映像はちょっと…まぁ…ファンタジックでいいのかなとも思うけれども好き嫌い分れると思うの…少なくとも恐さは激減だよね。汗.gif

クライマックスのママは『コープスブライド』かとツッコんだ。笑.gif
    mama5.png


上にも書いたけれども、ラストはもしかしたら『ダーク・フェアリー』みたいにアナベルが子どもたちを救うために自ら犠牲になるのでは〜と嫌な予想をしていたので、そうはならなくて良かった。

けれども、リリーだけがママについて行っちゃうという結末はまた切ない。
ただただルーカスとアナベルの元に残されたヴィクトリアの幸せを祈るばかり…。


・『MAMA』公式サイト


 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」








にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
MAMA@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。





『インシディアス 第2章』まだ終わっていない

インシディアス 第2章
〜 INSIDIOUS:CHAPTER 2 〜


   

監督: ジェームズ・ワン   
出演: パトリック・ウィルソン、ローズ・バーン、バーバラ・ハーシー、リー・ワネル、アンガス・サンプソン、リン・シェイ、タイ・シンプキンス、スティーヴ・コールター、ギャレット・ライアン
公開: 2014年1月10日


2014年7月27日。DVD観賞。

実は前作があまり好きじゃなかったので、これは観なくてもいいかな…と思い、劇場に行かなかったのである。なのになぜレンタルしてしまったのかというと、たぶん病み上がりだったから…劇場観賞を見送った理由すら忘れていたらしい。

見る前に自分のレビューを振り返ったらすぐに思い出したわ。
あ〜〜あの…赤いカッパ(←ちがう)がいる黄泉の国散歩みたいな……う〜ん……。


あ、ちなみに前作を見ないで第2章だけ見ようとしている方!
それは止めておいた方が良いです。

ホラーのパート2というのは同じ霊が違う主人公を襲ったりするものが多いですが、この作品の場合は完全な続編です。登場人物も全く同じだし前作と繋がる部分も多く、前作を知っているからこそ面白いシーンもあるので、ぜひザザッとでも第1章をご覧になってくださいまし。

(ただ、それが面白いという保証はない…いゃ、確か高評価の方も多かったはずっ汗.gif)

と…とりえず第1章の感想→『インシディアス』←ロクなこと書いてません


さて、第2章。

ストーリーはこの家の主人ジョシュの過去から始まる。幼いジョシュは霊媒師カールとカールの親友である若き日のエリーズと話をし、幽体離脱体質を忘れさせるべく処置を施される。
そして、現代。エリーズの死に不審感を抱きながらも一家は普通の生活に戻ったかのように見えた。しかし、家はまた様々な怪奇現象が起こり始める。そしてジョシュはその事について話すのを避けている様子。ルネは子どもたちを守るため過敏になっていく。
また、エリーズの仲間であったスペックスとタッカーもエリーズの死の真相に近づこうとしていた。



今回は『悪霊病棟』みたいな病院探検や「黒い歯」まで出てきたりして、前作よりも探検ホラーっぽい。

その辺は前作よりもドキドキする部分は多かったかも。
まぁ…相変わらずホラーハウスなんですけどね。笑.gif

いつも一緒にいる夫が夫じゃなくなっている気がするというのはホラーじゃなくても恐い。世の中で一番信じ、頼りに出来るはずの人材に殺されるかも…と思ったら、もう自分自身がしっかりするっきゃありません。

ってことで、戦うルネさんの頑張りが全体的に好印象。
なんせ、あいかわらずゴーストバスターズが役に立たないからね。自分の身は自分で守らないと…。


異世界のものたち…は、相変わらず姿が見えなければドキドキし、出てくれば爆sh ……ぃゃ…でも、そんな感じ。笑.gif

前作よりもますます「オルフェウスの冥府下り」感漂う冥界。

さぁ、ルネは子どもたちを守る事が出来るのか

上にも書いたけれども前作と繋がる部分があって、あ〜〜そうなってたのか〜…とか、そういう事なのか〜という面白さもあるので、前作が好きな方ほど楽しいはず。

恐さよりも、そういう部分を楽しむつもりでどうぞ〜〜。


ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



 



家は関係ない。
ジョシュなのよ。



前章のラストで暗示された通り、すっかり悪魔的なジョシュ。
憑りつかれている時と我に返ってからの表情の違いが素晴らしかったパトリック・ウィルソンさん。
クライマックス、襲ってくる時なんか本当に恐かったもんね。


結局は、狂った母親「黒衣の花嫁」と虐待されて育てられた殺人鬼の息子パーカー・クレインがジョシュに憑りついていたと。

ジョシュは憑りつかれている身だからそれなりに頑張ったけれども、後はカールにしろエリーズ任せだしスペックスとタッカーはコメディ要員だし、男は役に立たない…向こうのホラーってこういうの多い。笑.gif

その代わり、ダルトンが頑張ってくれた。持つべきものは優しくて勇気のある息子。ハート.gif

とりあえず、ランバート一家は平和になって良かったですね。笑2.gif

…んで、別の家に話を移して第3章かな…。気が向いたらDVDで見ます。
できたら、ゴースト映像の改善を………。笑.gif
   インシディアス.png


・『インシディアス 第2章』公式サイト


 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」








にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
インシディアス 第2章@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。



『殺人漫画』みんな死にたくなかった

殺人漫画
〜 Killer Toon / 더 웹툰:예고살인 〜


   

監督: キム・ヨンギュン   
出演: イ・シヨン、オム・ギジュン、ヒョヌ、ムン・ガヨン、クォン・ヘヒョ、キム・ドヨン、キム・ソヨン、オ・グァンノク
公開: 2013年10月19日


2014年7月23日。DVD観賞。

GEOで何度か手に取ってはいたのだけれど、タイトルとカバーに惹かれず棚に戻す…を繰り返したあげくやっと借りてきた。汗.gif

ネット評価で良い物をいくつか目にしたので…。
以前は次々と借りていたけれども最近は今イチ食指動かず久々の韓流ホラー。


WEB漫画編集部の編集長が1人で残業している時に、美貌で人気のホラー漫画作家カン・ジユンから原稿が送られてくる。開いてみると、それは編集長自身の母親を描いた『黒いヴェール』という作品。編集長は驚きの声をあげる…。
事件の担当になったイ・ギチョルは、検死の結果「自殺」と断定されたこの事件を後輩のキム・ヨンスと共に調べ始める。数々の事件がカン・ジユンの漫画の通りに実行されていた。
しかし、検死結果は「科学的な所見では」自殺……。



冒頭から割と絶え間なくホラー現象は起こり「息つく暇もありません」と書きたいけれども、映像的にはそれほど怖くない。笑.gif

ああ、でも、たまに書きますが、当方はホラー慣れしているので耐性のない方にとっては恐いのかも。笑.gif その辺は個人の感覚という事で。

猟奇的な映像もあると言えばあるのだが、漫画と実写が融合し始めたりして…わざと猟奇っぽさを隠している
バーーンと出てくるステレオタイプな脅かし方が多くて、DVDで家で見る印象と劇場で大画面で見る印象とではだいぶ違うかもしれないな、と思った。

つまり、家のテレビの大きさで観賞した場合にもガツンと来るほどの精神的なゾゾゾ…は無かった。基本的にはそういうホラーは自分の好みではない。←すでに好みじゃない宣言。笑.gif

ホラーとしての怖さは味わえないけれども切ない物語としては飽きる事なく見た。
この辺は韓国ホラーのいつものセオリー通り。

人間みんな自分勝手で、何かしら抱えていて、それが霊を呼んでいると…。

けれども、ターゲットの方にも同情してしまう点はあるわけで。
霊も勝手だよね。結局はみんな生きたかったんだ。だから思いが強く残る。


主演のオム・ギジュンさんが、こんな絵を描く人とはとても思えないキュートさ。
   殺人漫画.png

それだけにクライマックスの表情の変化には見入ってしまった。
「欲」が引き起こす悲劇。

あいつもこいつも…身に覚えがあるならもっと警戒して。汗.gif


ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



 



作品世界と現実世界の境界がなくなる「アリス症候群」というカウンセラーの話が出ていたから、実はジユンが全部手を下していました。あるいはジユンの妄想でした…という感じの多重人格オチかなと思っていたら、そういう事では無かった。汗.gif

結果「殺人漫画」は霊媒師の予言的なもので、媒体がソヒョンからジウンに替わってしまっていたって事ね。

霊たちがわざわざジユンに「殺人漫画」実況させるのにはどういう意味があるのだろう。自分の復讐をネットで多くの人に見せようなんて、この霊たち凄く目立ちたがり屋…。笑.gif

青二才、キム・ヨンスにはちょっとガッカリだよ。あんなお馬鹿キャラだとは思わなかった。轢かれた少女が可哀想。泣.gif

復讐されたターゲットたちの中で、ヨンスが一番同情に値しない気がする。

他は…母親のせいでイジメに遭っていた編集長にも介護生活に疲れ果てていたソヒョンの父にも少しは同情した。編集長なんて特にねぇ…母親元々死のうとしてたんだし。娘殺さなくても〜〜。汗2.gif

「怨霊たちの話よ!」

友達だと信じていた人に殺されたソヒョン。

怨霊たちに囲まれて絵を描き続けるジユンの狂気の笑顔。
恐怖というオマケ付きで手に入れた名声と才能。

とても幸せには見えないけれども…。


『殺人漫画』公式サイト


 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」


イ・シヨン/殺人漫画

イ・シヨン/殺人漫画
価格:4,104円(税込、送料別)





にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
殺人漫画@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。