映画@見取り八段 トラックバックセンター

『母なる復讐』実話…じゃないよね

母なる復讐 〜 DON'T CRY, MOMMY / 돈 크라이 마미 〜

    

監督: キム・ヨンハン   
キャスト: ユソン、ナム・ボラ、ドンホ、ユ・オソン
公開: 2014年1月26日


2014年8月31日。DVD観賞


女の子の親にとっては、かなり見るのが辛い作品になるだろうな…。

少年法については日本でも被害者及びその家族が辛酸を嘗める事件が数多く、いつだって加害者は報道も含めて法によって守られ、被害者のプライバシーのみが「同情」という名の野次馬的記事によって拡散されていく。

犯罪の低年齢化によって法は徐々に改正されている。2014年には有期懲役の上限が15年から20年に引き上げられた。それでも未成年に対する法律は軽い。未成年は先が長く未来があり更生する機会があるからだといわれるが、再犯率が多いこともデータで確認されている。

被害者の方には未来なんてないのにね。


韓国の少年法は日本のものに似ているが、検事先議制(非行少年を刑事裁判所に送るか少年審判所に送るかについて検察官が裁量権を持つ)を採用しており決して刑罰は甘くはない。検挙率も高いと聞いていたのに…この始末


夫と離婚し、娘のウナ(ナム・ボラ)と一緒に新たな生活をスタートを切ろうと考えていたユリム(ユソン)。二人で力を合わせて生きようとする中、ウナは転入した高校で出会ったチョハン(ドンホ)という男子生徒に心惹(ひ)かれる。
チョハンに学校の屋上に呼び出されてテンションが上がるウナだったが、そこで待ち受けていた彼と不良グル−プに犯される。
事件を知ったユリムは彼らを訴えるが、チョハンは証拠不十分で釈放、ほかの仲間たちは保護観察処分になってしまう。

(あらすじは「シネマトゥデイ」さんより引用)



映画のラストには不起訴や無罪になった少年事件の実例が流れ、やるせない気持ちにさせられる……んでも、それらってこの映画の事件とは違うよね

実話ベースだという触れ込みで見たんだけれども…これは実話ではないよね

そういう事件があった…という部分は実話なのかも知れないけれども、恐らくそのベース以外の、つまり90%以上の部分が完全フィクションだと思うの。汗2.gif

事件は本当に痛々しく加害者たちは本当に鬼畜で、母親の心情は切なく、気持ちは充分理解できる…けれども、何だかな…というツッコみ部分が多かったのも確か。

泣きながらツッコみ、ツッコみながら泣くという…とっても複雑な見方になってしまったのだった。
いや、そもそも実はそれほど泣けたわけじゃなかった。じゃ、ツッコミだらけやん…。汗.gif

だって、何だか色々と納得いかないんですもの。

自分的には、この作品で何か社会に訴えたいのだとしたら、それは「少年法」ではなくて警察の捜査や裁判のズサンさだと思うの。ね、もっと、ちゃんと調べて。証拠は初めからあったはずじゃん。汗.gif

こんないい加減な捜査がもしも実話なのだとしたら、それが酷い。

92分と短いせいもあるのだろうが、人が行動を起こすための心情の掘り下げも浅い。何のために出て来たのか解らないキャラやシーンさえある。扱っているテーマは深いのに何だかもったいない。

『トガニ』のような深い問題提起作品を期待したんだけど…そこまでは相当遠かった。汗.gif


ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



 



「加害者は少年法に守られ判決は総じて軽い。」


「娘からのSOSに気づけなかった状況」を警察で訊かれる母。

どの国でも、平気で人の心をえぐる人間はいるもんだ…と、ここでは思った。ユリムに同情した。
けれども、事件後のユリムのやる事が色々と何だかな…。汗2.gif

お稽古…学校…友達…そんな事、できるわけないって娘の状態を見ていれば解るでしょ。カウンセリングとか病院に連れていくとか田舎に引っ越すとか…そういう発想の方が先じゃないか

動画を見せられて誘い出された時にも、どうしてついて行かないんだろう。突然、出掛けると言い出しておかしいと思わないかな。

ウナ本人も、どうして行くんだろう…と思った。あんなカッターで身を守れると思う幼稚さ。中学生かと思ったら高校生だもんね。1度目は本当に可哀想だと思っていたけれども、2度目のアレはないわ〜。汗.gif

まぁ、母親に心配をかけたくなかった。知られたくなかったというのは解る。
しかし、一卵性親子のように仲良くて、どうして言ってくれなかったのかとユリムが嘆くシーンがせめてあればね。

手首切った後もね…なぜ救急車を呼ばずに自家用車で連れていくんだ。汗2.gifもう、手落ちだらけ。

「SOSメールに気づかなかった」切っ掛けになった男性や、元ダンナの女弁護士や…その辺は一体何だったのか。笑.gif

大抵の場所に刑事が付き添っているっていうのも何だか変だし…結局は脅されていたとはいえ娘も加担していたというのにそれに関する感情の動きもほとんど無し。

何よりも、あんなに普通〜〜の戦闘力なのに、よく1人で頭も使わずに乗り込んでいくよね。汗.gif自分も犯されたり殺されたりしたら復讐にもならなくて、ますます悔しい思いをするだけじゃないか。


とにかく…呼び出したり呼び出されたりにメールが使われている事は初めから解っていたはずなのに、あいつらの携帯もパソコンも調べず無罪になるなんて…。ありえないわ。

上にも書いたけれども、こういう事例がなくならないのだとしたらそれは警察と検察のせいだから、少年法うんぬんよりもまずそっちを何とかした方がいい。

そうしなければ、被害者も浮かばれない。


「母なる復讐」公式サイト

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」




にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
母なる復讐@映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。





『喰女 クイメ』ゲキ×シネ「四谷怪談」

喰女-クイメ-

    

監督: 三池崇史   
キャスト: 市川海老蔵、柴咲コウ、中西美帆、マイコ、根岸季衣、勝野洋、古谷一行、伊藤英明
公開: 2014年8月23日


2014年8月27日。劇場観賞


難しいね…。
きっと、好みが凄く分れるだろうなと思った。
ものすごく変わった作りの作品であり、ある意味挑戦とも言えるだろうし、奇をてらったとも言えるだろうし。

もっと純正ホラーだと思っていたので面喰った。
どちらかというとゲキ×シネ+世にも奇妙な物語。笑.gif

後藤美雪と長谷川浩介は、舞台劇『真四谷怪談』の稽古の毎日。2人は同棲中の恋人同士であり、周囲もそれを黙認している。浩介は稽古が進む中、他の女優に目が移り始め、美雪は彼の変化に気づきながらも平静を装っていた。


怖いというよりも、ウゲーーーーーっとなるシーンが多かった。まぁ…三池監督ですものっ。笑.gif
   喰女5.png


ストーリーは2人の俳優の実生活と舞台が徐々にシンクロしていくという物だが、その境界は曖昧。
曖昧だからこそ面白いんだけれども、想像していたよりも多くの割合を舞台シーンが占めているものだから、ちょっと丈長に感じられる。

とはいえ、舞台セットやリハの様子は見応えある。役者さんも豪華だしね。笑.gif本当に、この舞台見てみたいわ。
   喰女6.png


柴咲コウちゃんファンとしては眼福な映画であった…綺麗だよ、美しいよコウちゃん。
   喰女1.png


ストーリーがラストに向かうにつれ、えっ…ここ、どうなってんのと、思うところも増えてくる。そこら辺が「世にも奇妙な物語」なのよ。

結果的には、芯からゾゾゾーーっとなるような心霊的恐怖はなかった。
作りは面白かったし、セットは美しかったし、「思い返せば」ストーリーも面白いけれども見ている間はちょっと眠くなった。笑.gif

どちらかというと…
遊んでる男はこれ見てゾッとしろや!
…という話。笑.gif
    喰女3.png
 

ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



 



ぼうやが〜〜ぼうやが居ないの〜〜……!!

のシーンで「いつの間にこんなに家中ビニール張ったんだよっっ!!」と思い、翌朝に切り替わると「いつの間にビニール剥がしたんだよっっ!!」と、なるわけだが、全て妄想だったんだなと思わせておいての床磨きにはゾッとする。

死んだのは果たして浩介なのか美雪なのか。

ドラマ的には浩介なんだよね。つまりは、あのマンション前で美雪の霊に襲われる所が御臨終だったという事で…。
   喰女2.png


けれども、別の結末もあるかも知れないわけで。

浩介が平然と暮らしていて、美雪の方がバスルームで死んでしまった結末。

四谷怪談の名場面は、戸板が表に裏にクルリと回転すると伊右衛門が殺した者たちがうらめし顔で現れる所…。

それと同じように浩介と美雪の世界は表と裏でクルクル回っているのだった。

女の情念は恐いのよ。

…というお話でした。つまりは、四谷怪談そのものだ。笑.gif


「喰女-クイメ-」公式サイト

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」






にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
喰女-クイメ-@映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。



『パズル』この世に生きていてもいい人間

パズル

   

監督: 内藤瑛亮   
キャスト: 夏帆、野村周平、高橋和也、八木さおり、佐々木心音、田中隆三、大和田獏、渡辺凱、冨田佳輔、佐伯亮、馬場ふみか、吉満涼太
公開: 2014年3月8日


2014年8月24日。DVD観賞。


原作は山田悠介氏の同名小説。

いつもの山田氏原作映画のようにグロくて残忍で容赦なくて…けれども、他の山田氏原作映画よりもファンタジックで不謹慎なほど美しい世界が展開される。監督によってこれほど世界観が変わるのだから映画は本当に面白い。


徳明館高校で、中村梓という1人の女生徒が飛び降り自殺を図ってから1ヶ月。
学校は奇妙な扮装をした一団に占拠される。人質をとられ、犯人たちから仕掛けられた「ゲーム」に右往左往する教師たち。
そして、その時から校長と数名の生徒が行方不明になった。



夏帆ちゃんが、とにかく儚く美しい。まるでファンタジーのような映像と、妙に可愛らしい音楽と、美しい少女…なのに、変なキャラクターと凄惨な事件。この不協和音が見ている人間を不安に陥れる。
   パズル2.png


監督は『先生を流産させる会』の内藤瑛亮監督。

あれのレビューには「主人公が出来すぎで女としての悲哀が感じられない」ような事を書いたのだけど、こっちにその本音があった。笑.gif
あそこまでやらなくても…と思うもんね。

夏帆ちゃん以外のキャストも安定の演技力。若手を支えるベテラン俳優の方々もそれぞれ怪演。大和田獏さんなんて、もう…本当にキモい。泣.gif

八木さおりさんの狂った感も良かった。あと、高橋和也さん。素晴らしいよね…息子の真実を知った時の様子がもう……そして、ラストに繋がる戦車のような迫力。滑稽なんだけれども理解できる。


野村周平くんのサイコパス的なキャラも良かったな。

純愛か。それとも、ただ壊したかっただけなのか。

壊したいと言いながら破滅に向かうことを楽しんでいるようにも見えた。
全然前向きじゃない。突進する方向が違う。でも必死。そこが少し切ない。


山田悠介作品だからツッコみ所だらけなわけだが、そこはファンタジーだから。笑.gif
黒いグロイファンタジーホラー。たぶん今までの山田悠介原作映画の中で一番好き。
   パズル1.png



ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



 



この世に生きる価値ある人間は一人もいない。

神様か悪魔みたいな事を言う湯浅。
溺愛する母親に対してさえ愛を感じられない。

それでも復讐に走ったのは中村の痛みを感じたから。なんだろうな。
これはゲームに使える…と、思っただけには見えなかった。

妊娠中の安田先生に対する仕打ちは酷すぎると思った。別に知っていて中村を呼び出したわけじゃないもんね。他の生徒たちに対する復讐も酷いな…と、初めは思っていた。

けれども、あのシーンを見ちゃったら…ああ、何されても仕方ないのかなと。

それでも子どもを殺された親たちは今度はその復讐に走る。やられてはやり返していたら復讐は止まらない。だから虚しい。

タイトルは何故「パズル」なんだろう。
パズルのピースをはめるシーンは、ほぼ無かったし…と思っていた。

復讐された者も復讐した者もみんな居なくなって綺麗にピースがはまる。
中村の復讐が完結してピースがはまる。
欠けていた湯浅のピースが中村への思いで埋まる。

いずれにせよ、死んで完結するパズルは虚しい。


「パズル」公式サイト

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」




にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
パズル@映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。