映画@見取り八段 トラックバックセンター

『鑑定士と顔のない依頼人』動き出した歯車

鑑定士と顔のない依頼人 〜 LA MIGLIORE OFFERTA 〜

    

監督: ジュゼッペ・トルナトーレ   
キャスト: ジェフリー・ラッシュ、ジム・スタージェス、シルヴィア・ホーク、ドナルド・サザーランド、フィリップ・ジャクソン、ダーモット・クロウリー、リヤ・ケベデ
公開: 2013年12月13日


2014年9月28日。DVD観賞


白髪混じりの髪を染め、高価な美術品を絶対的な眼で鑑定し、世の中の信用と信頼を得ている男。怪しきには近寄らず、依頼人からの電話も自分では取らない。必要以上には人と関わらない。女経験は無し。当然、妻子も無し。

人間、どんなに完璧に見えても必ず穴があるものである。
オールドマンには仕事以外の人間関係が無かった。完璧に見えた彼の人生のその部分にジワジワと今まで無かった感情が入りこんでくる。

<あらすじ>
天才的な審美眼を誇る美術鑑定士ヴァージル・オールドマン(ジェフリー・ラッシュ)は、資産家の両親が遺(のこ)した美術品を査定してほしいという依頼を受ける。屋敷を訪ねるも依頼人の女性クレア(シルヴィア・フークス)は決して姿を現さず不信感を抱くヴァージルだったが、歴史的価値を持つ美術品の一部を見つける。
シネマトゥデイより引用

     鑑定士.png

こういうミステリアスなストーリーだから、見る方もいくつか展開を想像しながら見るわけで。
自分で想定した結末の1つではあった。いや、誰でも「そうなるんじゃないの?」と思うだろう、これは…。汗.gif

…で、ストーリーについては何を書いてもネタバレしてしまいそうな気がするので、そしてネタバレすると何も面白くなくなるので、感想は下のネタバレ欄で。


見どころは、足を踏み入れたこともない高額品オークションの様子や、オールドマンが収集している見事な絵画の数々。そして、巨匠エンニオ・モリコーネの音楽。

クラッシックな館と歴史を語る美術品。そして、最新型のセキュリティシステムとスマートフォン。相反するものが画面の中でチグハグに絡みあうのもまた一興。


ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



 



鑑定士、これ、詐欺じゃないの〜
…と思っていたら詐欺だった。笑.gif

機械屋のロバートが組んでいたらイヤだな〜…
…と思っていたら組んでた。笑.gif

友達面したビリーが黒幕だったらイヤだな〜…
…と思っていたら黒幕だった。笑.gif


…全て、そうじゃなければいいな〜…平気かよ…という最悪想定通りになった。う〜ん…可哀想。汗.gif


クレアはもしかしたら、機械人形で、あの歯車は壊れていくクレアから落ちているのでは〜…とも思っていたんだけれども、バッチリガッツリ姿を現しちゃった時点で違うと解ってしまったし。

姿を見せてしまったらもう機械人形とか幽霊とか鶴とか、そういうファンタジー方向とはかけ離れた展開…。
…というか、引きこもりなのにやけに綺麗だったし、最初に出て来た時にアクセサリーまで着けてたよ。気付けよ…あの年まで女に免疫がないって、こういう事汗2.gif

想像の斜め上を行ったのは、屋敷の向かいの店にいるあの女性が「クレア」だったこと。
そして、あの絵がビリーが描いた物だったこと。

贋作者は自分の痕跡を残す。

ヒントは与えられていた。

自分の絵を認めてもらえなかった復讐か……。確かにオールドマンさんもビリーを利用し続けてきたわけで、酷いと言ったら酷いわけだが。

でもね〜…。

引っかかったのが若者だったら、
「いいお勉強になりましたね。これからは気を付けて人生を歩んでいきましょう」
と言えるけれども、あの年で大切な絵画も仕事も恋も友人も全て失い…って、もう、絶望するしかない。

だから後味が物すごく悪い。

復讐の内容が、「目には目を」じゃなくて「目には目と歯と指を」くらい上行っている気がするんだもの。

エンニオ・モリコーネの美しい曲を堪能し、絵画を愛でつつ、地獄の底に突き落とされるという……救いのない空虚。


「鑑定士と顔のない依頼人」公式サイト

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」






にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
鑑定士と顔のない依頼人@映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。





『ジャージー・ボーイズ』君の歌声に恋してる

ジャージー・ボーイズ〜 JERSEY BOYS 〜

   ジャージーボーイズ.png

監督: クリント・イーストウッド   
キャスト: ジョン・ロイド・ヤング、エリック・バーゲン、マイケル・ロメンダ、ヴィンセント・ピアッツァ、クリストファー・ウォーケン、マイク・ドイル、レネー・マリーノ、エリカ・ピッチニーニ
公開: 2014年9月27日


2014年9月27日。劇場観賞


『君の瞳に恋してる』(Can't Take My Eyes Off You)は、1967年にアメリカのポップスシンガー、フランキー・ヴァリが出した曲である。

『Jersey Boys Movie Soundtrack 18. Can't Take My Eyes Off You』(2014)
    


実は私自身、フランキー・ヴァリも彼が所属していた大人気グループ「フォー・シーズンズ」も、よく知らない。けれども『君の瞳に恋してる』は知っているのである。驚いた事にウチの息子も知っていた。世代を超えた名曲だということ…。

それもそのはず、ヴァリが歌ったのは1960年代だが、その後、現代に至るまで世界中でカバーされているんだもの。CМか何かにも使われていたような気がする。You Tubeでオリジナルを聞いてみたけれども自分の記憶の中の『君の瞳に恋してる』とはかなり違う。
『Can't Take My Eyes off You - Frankie Valli and The 4 Seasons』
   


で、これだこれだと納得したのでした。「Boys Town Gang」版。うーーん…イントロの感じまで記憶と同じだ…スッキリ。
『Boys Town Gang - Can't take my eyes off you』(1982)
    


自分の記憶の中の音楽の事は置いといて……。

この歌が、あんな状況の中で作られた物だとは知らなかった……。
あのシーンで泣いた。

ずっと大好きな曲だった。晴れた空を浮遊するように気持ち良く広がるメロディだと思っていた。この映画を観たらちょっと感覚が変わる。もっと空の高い所から1人で叫んでいるメロディなのだと解った。それは、気持ち良さと孤独のブレンド……。


<あらすじ>
ニュージャージーの貧しい地域で育ったトミー・デヴィートはニック・マッシと組んでいたバンドにヴォーカリストしてフランキー・ヴァリを迎えた。やがて、作曲の腕を買われて新たに加わったボブ・ゴーディオと4人。"フォー・シーズンズ"の曲は大ヒットし、彼らは夢見ていた栄光の階段を上り始める…。



「大スターの栄光と挫折と名曲の誕生秘話……」

という宣伝文句を見たような気がするが、純然たる青春映画だと思った。

貧乏で犯罪にも手を染めちゃうが、音楽の才能はあって、上へ登りたいという野心があって、若くて自信に溢れていて無防備で特攻的で…。

ああ…結局、自分はトミー・デヴィートを見ていたのかな。リーダーじゃなければ気が済まなくていい加減で…だけど孤独。

いつも一緒にいたけれどもね、結局はみんなが孤独だったんだよね。上り詰めたから終わったんじゃない。終わるべくして終わったんだ。
  ジャージーボーイズ2.png


けれども、寂しい。みんながキラキラしていた時代を思い出すから、あの凄いエンディングも「楽しい」と思いながら泣いていた。

ずっと一緒に居られないのが「青春」なんだ。

"Sherry"など聞き馴染みのある曲と、グループが上っていく高揚感。音楽と映像の盛り上がりが凄い。音楽が結び付ける友情も仕事風景も、物足らない部分が全くない。

それだけに…綻びが起きた時は見ている方もショックなのだ。


トニー賞を受賞したミュージカル『ジャージー・ボーイズ』を映画化したものだが、映画自体は別にミュージカルではない。ただ、フォー・シーズンズの4人のモノローグで構成されるところは、ちょっと舞台っぽい。面白い演出。

1つのグループの栄光と挫折、1人の天才歌手の孤独。淡々と史実を描いているようだが、底にあるのは人間の弱さと強さ。痛々しさと輝き。いつものイーストウッド監督作品と何ら変わらない。

だから、泣けるんだよ。
痛々しい人たちの人生は愛おしいからだ。


※クリントさん、ご自身が出演されてます〜…一瞬ね。どこかに。笑2.gif


【関連サイト】
・実話ベース映画『ジャージー・ボーイズ』公開。クリント・イーストウッド監督作品まとめ


 

ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



 



仲間を裏切るやつはジャージーじゃない。

…これ、聞いたな…。ついこの前見た『猿の惑星:新世紀』で聞いたな…と思った。そういえば、トミーはどことなくコバに似ているな。孤独で、自分の方を向かせたいからボスで居たくて、自分勝手で失敗する…。

みんな孤独なんだ。
妻と娘から仕事を理解されないフランキー。お山のボスでいたかったトミー。自分をシャドウのように感じていたニック。


ずっと我慢していた思いをニックが吐きだすシーンは面白かった…面白くて、そして可哀想だった。言われなきゃ実感できなかったらしい、いい加減でガサツで経済観念のないトミー。
ニックは我慢した。フランキーとボブは見ていないフリをした。10年間。

グループは崩壊し、ヒットは出なくなり、フランキーはただ借金を返すために歌った。そして、愛する娘を失くして、失意からの再生。それが『君の瞳に恋してる』。


ミュージカルのようにキャスト総出演で踊るエンディング……の中で、彼らは彼らの想いを独白する。


どうして辞めたのかは自分でもよく解らないけれども、リンゴ・スターで居たくなかったと言うニックの気持ちは一番解る。ただ有名になりたかったトミーの気持ちも。

そして、ボブは冷静に実業家のように分析する。元々、フランキーと自分だけソロとして活動しようと提案したのはこの人だもの。自分が得をすればいい。本当の意味で成功を手に出来るのはこういう男。

フランキーは、もっと感情的情緒的に自分たちの過去を語る。

一番幸せだったのは、初めて4人で曲を作った時だと。
それが4人の共通の想いだと信じてやってきたフランキー。

だからエンディングが終わって、いかにもハッピーな気持ちになれそうでも…苦い思いは残るのだ。
4人の気持ちは、こんなにもバラバラだった。

この、イーストウッド監督風味が好きなのよ。
決して、カラッとサクッとした気持ちだけでは見終えることが許されない。

そのほんの少しの重さに今回も心が揺れる。

また大好きな名作が増えた。


「ジャージー・ボーイズ」公式サイト

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」








にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
ジャージー・ボーイズ@映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。



『猿の惑星 新世紀(ライジング)』

猿の惑星:新世紀(ライジング)〜 DAWN OF THE PLANET OF THE APES 〜

   猿の惑星新世紀op.png

監督: マット・リーヴス   
キャスト: アンディ・サーキス、ジェイソン・クラーク、ゲイリー・オールドマン、ケリー・ラッセル、トビー・ケベル、コディ・スミット=マクフィー、カーク・アセヴェド、ニック・サーストン、テリー・ノタリー、カリン・コノヴァル、ジュディ・グリア
公開: 2014年9月19日


2014年9月24日。劇場観賞


泣くわ…。
猿たちが必死過ぎて。

『創世記』が自分が体験した過去のように思い出されて泣くわ。泣.gif

彼らは頑張って自分たちの世界を築いてきた。
もう人間は必要ないもののはずだった。

人間の世界に甘いノスタルジーを抱くシーザー。
人間に対しての記憶は憎しみのみで構成されているコバ。

どちらの望みも等しく、猿の世界を守ること。


<あらすじ>
前作「創世記」から10年ほど経った2020年代。人類は自らが生みだしたウィルスによって滅亡の一途を辿り、わずかな人数がサンフランシスコで細々と暮らしている。
シーザーは立派な大人になり、新世代の猿たちを率いて暮らしていた。人間はとっくに滅びたと思っていた猿たちは、ある日、再び人間の一団と出会うことになる。



猿たちは人間が生存している限り自分たちが滅ぼされると思っている。
人間たちは猿たちに恐怖を抱いている。

異なる種族をお互いに理解し合わず、間違った情報に振り回され、自分たちの黒歴史さえ相手になすりつけ、力で相手を制しようとする…。

現代のリアルな社会にも通ずる悲しい争いの元が、ここに見えてくる。

人種差別など社会の問題を猿の世界に反映させて描いてきた『猿の惑星』だが、今回はその他に「資源」の話も出てくる。震災以降、否応なく「電気」と向き合わされてきた日本人としては、気づかされることも多いだろう。

猿たちには電力も武器も不必要であり、それを持つ事で人間がどうなるか大人の猿たちは解っている。

それでも人間を信じたいシーザーと、絶対に信じられないコバ。
     猿の惑星新世紀3.png


もう、どうしてそうなっちゃうんだろう…。泣.gif
という悲しさでいっぱいになるストーリー。


しかし、前作同様に悲壮感でいっぱいになるベタベタした話ではない。むしろ、ゆっくり悲しんでいる間もないほどスピーディに物事は坂道を転がり落ちていく。


「人間」も出てくるわけだが主人公は間違いなくシーザーであり、シーザーの戦いを描く物語である。

『創世記』で仲間になった檻の中の面々も健在。コーネリアはシーザーの妻となり2人(2猿?笑.gif)の子どもを産んでいる。

オラウータンのモーリスは頼もしい理解者。今回も癒しの存在。
   猿の惑星新世紀1.png


"Ape Shall Never Kill Ape"「猿は猿を殺さない」

若い世代にも伝えてきたこの言葉が……今回の作品の苦さとして残るのだった。

映像もスピード感もストーリーの組み立ても素晴らしい。前作と並ぶ傑作。

人間とサルは本当に戦わなければならなかったのか…。そこを現代の様々なシーンにも置き換えて考えてみたくなる。
   猿の惑星新世紀4.png

 
そして、物語は2016年公開の続編へ……。
  待ち遠しいね。笑2.gif

  【関連サイト】
・新作『猿の惑星:新世紀 ライジング』も含む『猿の惑星』シリーズはこの順番で見る? :ギャザリー



ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



 



ジェームズ・フランコさんが出てる……。泣.gif

   猿の惑星新世紀2.png


シーザーが、自分が人間に愛されていたビデオを見るシーンで泣いた…劇場に人が1人も居なかったら声上げて泣きたかったよ。泣.gifシーザーはあんなに人間を愛していたのに。


武器を持って恐怖政治を開始して、すっかり悪の権化みたいになってしまったコバだけれども(元々人相…猿相か、悪いしな)、あの子はあの子で虐待されて育ったんだから仕方ないんだよね。

コバには人間に対する恐怖や嫌悪、恨みと共に、人間に愛されて育ったシーザーをうらやむ気持ちもあっただろう。

森に武器を持ち込んだのは人間だ。それが無ければコバの気持ちも掻き乱されることは無かったかも知れない。平和に森で一生を送ったのかも知れない。そう考えると哀れだ。

森に武器を持ち込み、ウィルスの元凶が自分たちである事さえ忘れて「猿ウィルス」と呼ぶ人間。

けれども、それは「一部の人間」だ。

それと同時に、コバも「一部の猿」だ。

同じ種がみんな同じ考えを持ち同じ方向を向いているわけではないのに、人は同じ種をまとめて見ようとする。リアルな社会がここにある。


「お前は猿ではない」

断腸の思いで、みんなの前でコバを切り捨てたシーザー。

前作と同じく…シーザーは長である責任から逃げない。苦い思いもちゃんと受け止める。


『創世記』『新世紀』と見て、これは1972年の『猿の惑星・征服』のパラレルワールドなのかなぁ…と、ふと思った。

…となると、次は『最後の猿の惑星』……。


「猿の惑星:新世紀(ライジング)」公式サイト

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」










にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
猿の惑星:新世紀(ライジング)@映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。