映画@見取り八段 トラックバックセンター

『トワイライト ささらさや』オレのための時間

トワイライト ささらさや

    ささらさや.png

監督: 深川栄洋   
キャスト: 新垣結衣、大泉洋、中村蒼、福島リラ、寺田心、つるの剛士、波乃久里子、藤田弓子、小松政夫、石橋凌、富司純子
公開: 2014年11月8日


2014年10月28日。劇場観賞(試写会)


ささらさらっと感想で…。

イイ話…ではあったけれども、何だか薄いと感じてしまった。

「ささら」の人たちのエピソードがサラッとすぎて、キャラクターに深みや愛着を感じるのにほど遠かった。
キャラクターの持ち味はあるし、確かに温かくていい人たちなんだけれども…それはストーリーから得る印象というよりも役者さんの力技のように見えた。

全体的に脚本よりも役者さん任せで何とかなった作品という気がする。

あらすじ
サヤは落語家である夫・ユウタロウを交通事故で失くした。ユウタロウの葬儀で、生まれたばかりの息子・ユウスケを抱えて涙するしかないサヤの前に「死んだ」と聞かされていた義父が突然現れる。ユウスケを跡継ぎとして貰っていくと言う義父に戸惑うサヤに、「誰も知らない所に逃げろ」と言うユウタロウの師匠。この時、師匠にはユウタロウが憑りついていたのだった。


えっと…亡くなった夫が見ているという設定なのは予告でも散々やっているのでネタバレではないですよね笑.gif

そう。夫は全く幽霊感なくこの世に存在しているので、そういう部分で涙する事がまずなかった。
落語調の演出は面白いけれども見る側が「人が死んでしまったから悲しい」という気分に浸ることが無く、ただサヤの悲しみを傍観する視線になってしまうのは脚本の狙いなのかしら。汗.gif

つまり、そういう視点で泣かせようというワケではないのならば人情に泣かせるって話なんだろうが、そこが薄いからちょっと…感情の持って行きようがない。

そもそも、ユウタロウの話がなかなか肝心な所に触れてくれないので、見ていてイライラする。笑.gif
そんな雑談じゃなくて〜〜もっと伝えておかなきゃいけない事がいっぱいあるだろーーオヤジとどうなってるからこんな事態になったんだYO!汗.gif

…と、結構ユウタロウに反感持ちながら見てしまったので…それも狙いですか

少なくとも、個人的にはこの主人公()に全く共感も同情もできずに終盤まで来てしまったのだった。

まぁ…それが最終的にはこの作品のテーマなんだろうなとは想像でき、実際そうなるわけだが…私がサヤさんだったらイライラしっぱなしになる。大切な事を先に言ってくれよと。

もっとも、サヤさんはそんなイライラ女ではないので、だから愛されるのである。

新垣結衣さんは本当に可愛かったし、美しかったし、若くて不安な母を一生懸命演じていた。ガッキー、可愛いよ、ガッキーハート.gifだけでも見れちゃう映画である。


先ほども書いたけれども脚本よりも「ユウタロウになる人」たちの演技に支えられた映画である。そこが見どころであり、笑いどころ。

特に「あの彼」は……素晴らしすぎてCGで造り出したんじゃないかと思うほどだった。天才だよ、あれは…。


現実を考えれば色々と納得できない設定もあり、「これはファンタジーなんだよ、ファンタジーなんだから!!」と、見ながら何度も自分を戒めた……つまり…戒めなければファンタジーだと思い切る事が出来ない演出だった。

別に泣かなくてもいいじゃない…という話だけれども、宣伝班が初めからこの映画を「泣かせたい」気持ちでやっているらしいので。結果、そんなに泣けなかったですよ。とご報告するしかない。笑.gif

もちろん「笑い」も「泣き」も個人個人でレベルが違うから…笑って泣けた方を決して否定するという事ではありません。念のため。
(ちなみに当方の涙腺は通常かなり緩い方ですが笑.gif)

原作は加納朋子氏の同名小説『ささらさや』。お話自体は恐らく面白いし、後味ホッコリ…な1本である事には違いないので、個人的にはちょっと残念でしたという感想。


ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



 


いやぁ…富司さんも面白かったけれどもさ…子役の寺田心くんが本当ーーーーに凄かったね〜。汗.gifセリフの出し方も凄かったけれども表情や身振り手振りが…。
    ささらさや1.png

日本の子役界、恐ろしす……。汗.gif


ユウタロウが他人に乗り移るたびに、父親の事、いい加減話してくれーーと思った。

そもそも親権のない人間が勝手に子どもを連れていく事もできないはずだし、どうしてこんな事になるのか解らなければ逃げて隠れるなんて事もできないじゃん交通事故だから賠償金だって出るはずだし、逃げちゃったらそれも貰えないじゃん。生活どうするんだよ(←だからファンタジーだってば……と自分を戒める笑.gif)

結果的にはその「父親との関係」を紐解くストーリーで、最終的には石橋凌さんに泣かされたわけだけれどもね…そういう展開も予想されてはいたワケだけれどもね…それでも、不満でモンモンしながら見てた。

つまり、大泉洋ちゃんは好きだけれども、この映画を見ている大部分の時間で洋ちゃんに不満抱えながら見ていた。笑.gif


わたくし、オヤジに抱っこされたくなっちまいまして…。

本当は大好きだったんだよね親子の事はその2人にしか解らない。それは納得。

ラストの流れで、やっとユウタロウが「死んでしまった」実感が沸き、馬鹿で哀れな父子に涙する。

馬鹿だねぇ…おれは…。

この世をさまよう時間はサヤのための時間ではなくて、オレのための時間だった。

人はいつ居なくなるのか解らないのだから、後悔しないように生きている内に色々と解決しておかなくては…というメッセージは伝わった。


「トワイライト ささらさや」公式サイト

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」






にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
トワイライト ささらさや@映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。





『惨殺のサイケデリア』残酷童話集

惨殺のサイケデリア 〜 追凶 / FAIRY TALE KILLER 〜

    

監督: ダニー・パン   
キャスト: ラウ・チンワン、ワン・バオチアン、エレイン・コン、ジョーイ・マン、ケン・ロー、ジェームズ・ホー、ゲーリー・チウ、ロク・インクワン、エレーナ・コン、ラム・シュー
公開: 2014年5月17日


2014年10月28日。DVD観賞


邦題…ぇ……である。笑.gif


英題を直訳すれば「殺人の童話」。中国タイトルだと「瞳」 もう一つの中国原題『完美童話』だと「完璧なおとぎ話」。

「サイケデリア」ねぇ〜……と、首をかしげつつ…。うん。ビミョウかも…。笑.gif

ホラーだと思って見たのだけれどもホラーとはちょっと違うかも。『SE7EN』のようなサイコサスペンスを…『SAW』のような猟奇サスペンスホラーを目指したのかも知れないけれども、そこへ行くにはかなり弱い。

簡単感想で。

あらすじ:
香港警察のワン刑事(ラウ・チンワン)は、5人の男を殺したというウン(ワン・バオチャン)の証言を基に被害者とされる男の家に行くが、当人がいたためウンを追い返す。翌日、男が死体で発見され、ウンを逮捕。だがワン刑事たちの過去の捜査ミスが世間にさらされ、ウンを釈放。ウンの追跡のため、ウンの家に入ったワン刑事たちは大量の絵を発見。そして今度は、その絵に描かれたのと同じ状況の殺人事件が起こり……。(「シネマトゥデイ」より引用)


『the EYE』のパン監督(今回は弟のダニー・パン監督のみね)って事で、ちょっと期待した。『the EYE』はゾッとする描写も結構多かったので。

けれども、先ほども書いたように、これホラーじゃないし。汗.gifタイトルに『惨殺の』とか付いている割にはその惨殺描写も今ひとつ。

「金の毬」「赤ずきん」「狼と七匹の仔山羊」など童話をモチーフにした猟奇事件が起きるというアイデアは面白いものの事件自体は割とサラッと…。結果的にはサスペンス面よりも刑事たちがアホすぎるという「ダメダメ殺人課刑事物語」になってしまっているのだった。汗.gif

自閉症に関連する話でもあるので、見て不快に思う方もおられるはず。関係者の方にはお薦めしません。

切ない背景もあり、家族の物語でもあり、警察内部足引っ張り物語でもあるわけだが、どれもハンパ過ぎてツッコミ物語に終わってしまった。汗.gif最終的には、ちょっとシャマランっぽい解決。


映像はゾッとする部分もあったので、パン監督ならばやっぱり霊が出てくる純正ホラーが見たい。


ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



 



白塗り犯人はアトピーを馬鹿にされ、お姫さまは自閉症で、共に施設で虐められて育った。その復讐物語。

切なくはあるが、ネタとしては有り触れている。

主役のホンが自閉症の息子と向き合うことから逃げている…というのも、だから仕事にかまけて残業三昧し、出世街道を歩んで人格が変わった…というのも、ちょっと説明が浅い気がするの。だって、少なくとも昔は親子仲良くて良い家族だったんだよね。いつ、なぜ変わったのか。

犯人・ソイグァンがホンを巻き込んだのは、ホンを家族の英雄にするための計画だった。

そこまでしてやるほどホンが良い人に見えなかったのも説得力がない要因かも。笑.gif

ラストの「ラプンツェル」は、よくあんなにいっぱい1人で吊るしたり装置造ったりできたよね、ソイグァン…という最大のツッコミと共に見た。笑.gif

あんなにソイグァンを恐れていたユイーが仲良く手を繋いで燃えていくのも今ひとつワケ解らず…。

最終的には蛙はお姫さまと一緒になれ、ホンも家族とやり直せ、捜査課もボスに助けてもらって何となくまとまっただろうから…童話的にはハッピーエンドってことでいいんだろうか…。


 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」




にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
惨殺のサイケデリア@映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。



『まほろ駅前狂騒曲』ライター、子育て、小指

まほろ駅前狂騒曲

    まほろop.png

監督: 大森立嗣   
キャスト: 瑛太、松田龍平、高良健吾、真木よう子、本上まなみ、永瀬正敏、奈良岡朋子、新井浩文、三浦誠己、古川雄輝、横山幸汰、岩崎未来、水澤紳吾、大西信満、原田麻由、宇野祥平、市川実和子、伊佐山ひろ子、麿赤兒、松尾スズキ、大森南朋、岸部一徳
公開: 2014年10月18日


2014年10月20日。劇場観賞


シリーズをずっと見てきた人間にとっては愛おしい作品である。
出会いの時から多田と行天を繋いできたエピソードが集結された作品。

原作は三浦しをん氏の小説『まほろ駅前狂騒曲』。映像化シリーズとしては映画『まほろ駅前多田便利軒』、そしてドラマ『まほろ駅前番外地』から続く今作。

あらすじ
多田啓介は、まほろ駅で「多田便利軒」という名の便利屋を経営している。相棒は中学の時の同級生・行天春彦。
今回の依頼は、行天の元妻・三峯凪子からの物。仕事で海外に行かなくてはならないので娘の「はる」を預かってほしいというのだった。はるは行天の娘であり、多田は困惑する。
そして、面倒な依頼はこれだけではなかった…。


親から受けたトラウマと向き合う機会を与えられた行天を見守る多田の視線が優しい。

子どもに関するトラウマを持つのは行天だけではない。多田だって子どもを預かる事には戸惑いがあったわけで…。それでも多田は行天のためを考えて行動する。

仕事を遂行していく内に、「多田の知らない行天」がたくさん浮かび上がってくる。

まるで、夫婦に隠し事があっちゃいけないのかよ、みたいなやり取りが可笑しかったり悲しかったり。

笑えて泣けて、温かいという定番の「まほろ」世界を充分に堪能できる。
今回は2人のお父さん(お母さん)姿も見られるからね。ファンにとってはお得な映像満載である。ハート.gif

冒頭にかる〜く登場人物説明は語られるので今まで見たことない方でも問題ない…とは思う。けれども前作連ドラまで全て見てキャラにハマっている人向けなのは確実。

個人的には星さんの出番が多すぎてワクワクした。ハート.gif
   まほろ1.png


相変わらずのゆるさと、笑いと、苦さが混同した切なさ。

クライマックスは、ちょっと、えーーーこれは無いわ…汗.gifというシーンもあったわけだが…まぁ…まほろファンタジーだから。笑.gif

2人の夫婦っぷりと、はるちゃんの可愛さと、そして身勝手な親から卒業する行天の姿を見守る大人のファンタジーである。


ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



 


前作の仕事で送り迎えしていた由良(横山幸汰)くんがまた出て来るとは思わなかったなぁ。

塾に行かせて親は何をしていたのか…あれはただのお仕事ではなかったらしい。
「HHFA」という新興宗教のような組織はあのオウムを思い出させる。

多田の知らない行天。

行天は「HHFA」の子だった。由良と同じ。親の勝手な思想を押し付けられて、虐待を受けて、そこから自由になりたかった。

この世界の暗の部分が、この親子関係にあったんだよね、ずっと。

自分の子どもと会って、自分は自分の親とは違うのだと確信すること。
「HHFA」と再会して、自分は決して戻らないのだと確信すること。

そうする事で、行天はやっとトラウマから卒業する。

永瀬正敏が何だか雰囲気変わっちゃって…中盤くらいまで「どこかで見た人」だと思っていたけれども気づかなかった。笑.gif

バスジャックからラストまでの流れは、ちょっと、驚いた…。警察が無能すぎて引くよ、あれは。イライラして、早く救急車呼べよと叫びそうだった。泣.gif

とりあえず…みんな無事だったらしいけれども由良は、あれ、トラウマにならないかなぁ…。汗.gif


取れた小指はまたくっつく。行天は戻ってきた。

ライターのいたずらは、前作の2人の再会シーンも思い出させた。
たぶん、これからも2人はずっといっしょにいられる…そう思わせてくれたラスト。


「まほろ駅前狂騒曲」公式サイト

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」












にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
まほろ駅前狂騒曲@映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。