映画@見取り八段 トラックバックセンター

『あしたのジョー』

あしたのジョー



    

監督: 曽利文彦
キャスト: 山下智久、伊勢谷友介、香里奈、香川照之、勝矢、モロ師岡、西田尚美、杉本哲太、倍賞美津子、津川雅彦
公開: 2011年2月11日


この映画のレビューページはこちら↓
『あしたのジョー』立てー立つんだージョーー!





【日本インターネット映画大賞】外国語映画部門 2014年

2014年の映画総評(外国語映画部門)です。


今年も「日本インターネット映画大賞」さんの投票テンプレを使わせていただいてランキングさせていただきます。ランキングと言っても、映画の出来がうんぬんとかではなく、あくまでも1個人ブログとしての好みのランキングですのでご了解ください。

今年は2014年国内劇場公開の外国語画を38本。それ以前の公開映画をDVDなどで27本。
計65本の外国語映画を観賞しました。

単館系は近くでなかなかやってくれないのでDVD観賞が多いですね…相変わらず。

一覧はこちら→2014年・映画の一覧

以下は「日本インターネット映画大賞」さんのテンプレートです。
(作品名はレビューにリンクしています)

[作品賞投票ルール(抄)]
大丸2選出作品は3作品以上10作品まで
大丸21回の鑑賞料金(通常、3D作品、字幕、オムニバス等)で1作品
大丸2持ち点合計は30点
大丸21作品に投票できる最大点数は10点まで
大丸2各部門賞に投票できるのは個人のみ
大丸2音楽賞は作品名で投票
大丸2以上のルール満たさない場合は賞の一部を無効
-----------------------------------------------------------------

『 日本映画用投票テンプレート 』

【作品賞】(3本以上10本まで)
  「ジャージー・ボーイズ 」    7点
  「ホビット 決戦のゆくえ 」    6点
  「グランド・ブダペスト・ホテル 」    4点
  「ゴーン・ガール 」    4点
  「チョコレートドーナツ」    3点
  「猿の惑星:新世紀 ライジング 」    2点
  「LIFE!」    1点
  「怪しい彼女 」    1点
  「あなたを抱きしめる日まで 」    1点
  「インターステラー」    1点

【コメント】
邦画よりも苦労しないだろうと思ったけれども、やっぱり好きな物が多い中から10本出すのって難しい。汗.gif順位も実はその日の気分次第で変わりそう。笑.gif
でも『ジャージー・ボーイズ』は1位にしようと決めていました。迷わず。ほんと〜に「好き」だけで選んだ10本です。

-----------------------------------------------------------------

【監督賞】              作品名
   [ウェス・アンダーソン] (「グランド・ブダペスト・ホテル」)

【コメント】
あのオモチャ箱みたいな世界が好きなのですよ。職人技ですね。

【主演男優賞】
   [アラン・カミング] (「チョコレートドーナツ」)

【主演女優賞】
   [メリル・ストリープ] (「8月の家族たち」)

【助演男優賞】
   [      ]
【コメント】
たくさん居すぎて絞れません…。

【助演女優賞】
   [      ]
【コメント】
男優賞に同じく…。

【ニューフェイスブレイク賞】
   [マッケンジー・フォイ] (「インターステラー」)

【音楽賞】
  「ジャージー・ボーイズ」

-----------------------------------------------------------------

 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。



  。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

上にも書きましたが、10本に絞るのって難しい。
上半期に観た『アメリカン・ハッスル』も『ウルフ・オブ・ウォールストリート』も好きだし。

そして、今年は劇場で観た物は全部レビュー終わってるーー凄いぞ、と思ったら、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』の感想書いていなかったことにこれをまとめていて気づいた……恐ろしいことです。汗2.gif

DVDで見たものの方は…相変わらずレビュー溜まっております…。

こんな感じですが…来年もぽちぽちやっていきますっ。
今年も拙いレビューにお付き合いいただきありがとうございました。ハート.gif

日本映画部門はこちら → 日本映画部門・2014年邦画ランキング


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」

  


  



【日本インターネット映画大賞】日本映画部門 2014年

2014年の映画総評(邦画部門)です。

今年も「日本インターネット映画大賞」さんの投票テンプレを使わせていただいてランキングさせていただきます。ランキングと言っても、映画の出来がうんぬんとかではなく、あくまでも1個人ブログとしての好みのランキングですのでご了解ください。

今年は2014年国内劇場公開の邦画を44本。それ以前の公開映画をDVDなどで12本。
計56本の日本映画を観賞しました。

観賞本数自体は昨年よりも多かったのに邦画観賞数は昨年よりも減っている…。外画の方が邦画を超えるという自分的には珍しい年になりました。

一覧はこちら→2014年・映画の一覧

以下は「日本インターネット映画大賞」さんのテンプレートです。
(作品名はレビューにリンクしています)

[作品賞投票ルール(抄)]
大丸2選出作品は3作品以上10作品まで
大丸21回の鑑賞料金(通常、3D作品、字幕、オムニバス等)で1作品
大丸2持ち点合計は30点
大丸21作品に投票できる最大点数は10点まで
大丸2各部門賞に投票できるのは個人のみ
大丸2音楽賞は作品名で投票
大丸2以上のルール満たさない場合は賞の一部を無効
-----------------------------------------------------------------

『 日本映画用投票テンプレート 』

【作品賞】(3本以上10本まで)
  「野のなななのか」    8点
  「紙の月」    5点
  「ぼくたちの家族」    4点
  「るろうに剣心 京都大火編」    3点
  「白ゆき姫殺人事件」    3点
  「小さいおうち    2点
  「そこのみにて光輝く」    2点
  「るろうに剣心 伝説の最期編」    1点
  「東京難民」    1点
  「渇き。」    1点

【コメント】
結構無理やり10本選んだかも…。笑.gif
だって、この「1点」という縛りの位置ならば自分的には『神様のカルテ2』『WOOD JOB!』『闇金ウシジマくん』『超高速!参勤交代』『舞妓はレディ』『寄生獣』辺りも並びそう。笑.gif

豊作だった…と思える中で、やはり『野のなななのか』は圧巻でした。たぶん「死ぬ時に思い出す映画」の1本になると思う。

-----------------------------------------------------------------

【監督賞】              作品名
   [大林宣彦] (「野のなななのか」)

【主演男優賞】
   [品川徹] (「野のなななのか」)

【主演女優賞】
   [宮沢りえ] (「紙の月」)

【助演男優賞】
   [菅田将暉] (「共喰い」「そこのみにて光輝く」「闇金ウシジマくん Part2」「海月姫」
【コメント】
今年は映画・ドラマ共に出演作の多かった菅田さん。それぞれの作品で全く違う輝きを見せていました。この年末に来て「くら子」にはやられたわ。笑2.gif

【助演女優賞】
   [松たか子] (「小さいおうち」)

【ニューフェイスブレイク賞】
   [小松菜奈] (「渇き。」)
【コメント】
可憐と妖艶と不気味を併せ持つ役柄を好演。

【音楽賞】
  「野のなななのか」

-----------------------------------------------------------------

 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。



  。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

今年は邦画、外画どちらもいわゆる「金返せ映画」には出会わなかった気がします。(あえて外したし…汗.gif)

レビューも…邦画の方は年末に観た『ぼくたちの家族』以外は書き終ってる気がする…気が…。怒.gif

こんな感じですが…来年もぽちぽちやっていきますっ。
今年も拙いレビューにお付き合いいただきありがとうございました。ハート.gif

外国語映画の総括→ 外国語映画部門・2014年映画ランキング


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」

  



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。