【硫黄島からの手紙】 - 映画@見取り八段 トラックバックセンター

【硫黄島からの手紙】

この記事へのコメント
TITLE: さすがです☆
SECRET: 0
PASS:
この映画を観てこられたのですね。

私は娘が今ちょっとこういう映画が観られないので映画館へは行っていませんが、自分はどうしても観たいと思っています。



若い人たちにこそ観てほしい。

私も本当にそう思います。



戦争は絶対にいけない。



しっかりと子どもたちに伝えなければいけませんね。私が言うのもなんですが(笑)、日記に書いてくださってありがとうございました☆
Posted by ひなたまさみ at 2006年12月28日 01:07
TITLE: Re:ひなたまさみさん
SECRET: 0
PASS:
結構、リアルに残酷なシーンも多いです。

お子さんには刺激的すぎるかも(>_<)



見に行ったのは何週間も前だったんですが、

書けず。。。

今日も、すっごく時間かかっちゃいました。

おかげで、今日見た「大奥」が書けませんでした(-_-;)

こういう映画は、ぜひ若い方たちに観て頂いて

考えて欲しいですね。

あと、戦争の事、すっかり忘れちゃってそうな政治家の方々にも。
Posted by くうふう3 at 2006年12月28日 04:06
TITLE: Re:【硫黄島からの手紙】命の重さを考える(12/23)
SECRET: 0
PASS:
おはようございます。



コメント&TB、ありがとうございました。



この映画、いろいろと考えさせられる作品ですね・・・。

戦争っていかに、理不尽な死が待っているのか。

お国のために・・・というのは、建て前で、

本当はやはり家族のために・・・というのだったのだと思います。



イーストウッドらしい、反戦映画だったと思います。
Posted by BROOK at 2006年12月28日 05:14
TITLE: Re:【硫黄島からの手紙】命の重さを考える(12/23)
SECRET: 0
PASS:
おはようございます。

コメントありがとうございました。

こういう映画って貴重ですよね。

この作品がなかったら、私は硫黄島の戦いを知らないままだったことでしょう。

興収も絶好調みたいですよ。

あとこれで賞が取れれば、言うことありませんね。
Posted by みっしゅ。 at 2006年12月28日 05:57
TITLE: お久しぶりです!
SECRET: 0
PASS:
くうさん



おはようございます。



私も冒頭の慰霊碑、最後の手紙のシーンは無意識のうちに合掌しながら見ていました。



戦争の愚かさをあらためて知るとともに

平和の大切さ、ありがたみを感じますよね。



当時の誰しも、戦争が好きな人はいなく、みんな本音をいえばイヤだったと思うのですが、やはり大切なものを守るために、自分を奮い立たせていたのでしょうね。



尊い犠牲のうえに、今の豊かな日本があるということを忘れてはいけませんよね。
Posted by 「感動創造」 at 2006年12月28日 08:12
TITLE: こんにちは
SECRET: 0
PASS:
コメント、TBありがとうございました。



私もこの映画で、硫黄島や栗林中将をしったので、その意味では意義のある映画でした。



戦闘シーンは、「父親たちの星条旗」の方がすごかったように思います。こっちを先に見たからかなあ。



日本でつくるとどんな作りになるのか、想像つきませんが。
Posted by civaka at 2006年12月28日 09:25
TITLE: Re:【硫黄島からの手紙】命の重さを考える(12/23)
SECRET: 0
PASS:
アメリカは今立ち止まって考える時期だと思う。

その警笛を鳴らしての作品のようにも感じるね。

力に任せて、正義の名の下に戦っても、本当の正義なんてわからないよね。

言って分らないからやるんだ。

それではエンドレスにずーーーーッと続くよね。

負けたことのないものには負けたものの気持ちが分らない。

日本は負けたからこそ、いろんな事が見えた。

アメリカの人はどのように感じるのか、私も聞いて見たいな。
Posted by ラビットらむ at 2006年12月28日 13:57
TITLE: 考えさせられる映画でしたね
SECRET: 0
PASS:
「天皇陛下万歳!」と自決していく様を描けたのはアメリカ映画ならではだと思います。今までの日本映画で描けなかったのは「天皇の戦争責任」に及ぶことを恐れたためでは?

教育基本法が愛国心を謳い、防衛省の設置など日本がおかしな方向に進もうとしている今、若い人を含めて全国民が見るべき映画だと思いました。

トラックバックさせていただきますね。
Posted by バヌアツのカラテマスター at 2006年12月28日 14:05
TITLE: 日本インターネット映画大賞募集中
SECRET: 0
PASS:
突然で申しわけありません。現在2006年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票に御参加いただくようよろしくお願いいたします。なお、日本インターネット映画大賞のURLは <small> <a href="http://www.mirai.ne.jp/~abc/movieawards/kontents/index.html" target="_blank">http://www.mirai.ne.jp/~abc/movieawards/kontents/index.html</a></small> です。
Posted by 日本インターネット映画大賞 at 2006年12月28日 14:26
TITLE: TBありがとうございました
SECRET: 0
PASS:
こんにちは♪

こちらからのTBが不調ですみません。

アメリカでもたくさんの人に見てもらいたい作品ですよね。

そしてどう思ったか感想が聞きたいです。
Posted by ミチ at 2006年12月29日 16:10
TITLE: こんばんは
SECRET: 0
PASS:
TBどうもです。

私は日米両国でこの映画を観ましたが、二部作を両方観ると、どこの国の人にも同じメッセージが感じ取れる構造になっています。

是非「父親たちの星条旗」の方もご覧になる事をお勧めします。

両方観て初めて浮かび上がる物のある二部作です。

<small> <a href="http://noraneko22.blog29.fc2.com/blog-entry-117.html" target="_blank">http://noraneko22.blog29.fc2.com/blog-entry-117.html</a></small>
Posted by ノラネコ at 2006年12月29日 19:06
TITLE: Re[1]:BROOKさん
SECRET: 0
PASS:
遅レスすいません(&gt;_&lt;)



戦争映画やドラマは考えさせられる物が多いですが、

この映画にはお涙頂戴が無かった事で、余計に身につまされました。

戦争は二度と起きて欲しくないですね。
Posted by くうふう3 at 2007年01月03日 19:48
TITLE: Re[1]:みっしゅ。さん
SECRET: 0
PASS:
遅レスですいません(&gt;_&lt;)



私も全然知らなかったです。

こういう映画は映画館に行かなくても子供が見れるように

して勉強させて欲しいですね。

受賞するとしたら、二部作としてかしら。。。
Posted by くうふう3 at 2007年01月03日 19:50
TITLE: Re:「感動創造」さん
SECRET: 0
PASS:
遅レスですいません(__)



>当時の誰しも、戦争が好きな人はいなく、みんな本音をいえばイヤだったと思うのですが、やはり大切なものを守るために、自分を奮い立たせていたのでしょうね。



それと洗脳ですよね。。。

あの皆で部隊と共に自決するシーンなんて、

自分でやらなかったらどうせ殺される。。。みたいな

差し迫った物を感じました。

悲しいシーンでした。
Posted by くうふう3 at 2007年01月03日 19:52
TITLE: Re:civakaさん
SECRET: 0
PASS:
>戦闘シーンは、「父親たちの星条旗」の方がすごかったように思います。こっちを先に見たからかなあ。



そうですか(◎-◎)

何か見に行かなかったんですよね〜。。。

どうせ外国人が作った映画だから自国を美化しているに

違いないと思いこんでいました。

浅はかだったです。

ウチの方では、もう公開は終わってしまいました(; ;)



>日本でつくるとどんな作りになるのか、想像つきませんが。
Posted by くうふう3 at 2007年01月03日 19:55
TITLE: Re[1]:ラビットらむさん
SECRET: 0
PASS:
遅レスでごめんね(&gt;_&lt;)



>アメリカは今立ち止まって考える時期だと思う。

>その警笛を鳴らしての作品のようにも感じるね。



そういう意味があるならば、多くのアメリカ人に

見て欲しいよね。ぜひ受賞して欲しいよ。

どう感じるのか、聞いてみたいよね。
Posted by くうふう3 at 2007年01月03日 19:59
TITLE: Re:バヌアツのカラテマスターさん
SECRET: 0
PASS:
>「天皇陛下万歳!」と自決していく様を描けたのはアメリカ映画ならではだと思います。今までの日本映画で描けなかったのは「天皇の戦争責任」に及ぶことを恐れたためでは?



そうかも知れませんね!そう言えば、日本人が作る

ドラマや映画では、なかなか出てこないセリフです。

日本人もアメリカ人も全員見て欲しい作品でしたね。
Posted by くうふう3 at 2007年01月03日 20:03
TITLE: Re:日本インターネット映画大賞さん
SECRET: 0
PASS:
今年もお誘いありがとうございます(__)

投票させていただきました。
Posted by くうふう3 at 2007年01月03日 20:04
TITLE: Re:ミチさん
SECRET: 0
PASS:
遅レスですいません(&gt;_&lt;)

おまけにトラバもすいません。

飛ばないのは、楽天のせいだと思います(+_+)



そうですね。アメリカ人にもたくさん見て貰いたいです。

世界の若い世代に考えて貰いたい問題ですよね。
Posted by くうふう3 at 2007年01月03日 20:06
TITLE: Re:ノラネコさん
SECRET: 0
PASS:
遅レスですいません(__)



>是非「父親たちの星条旗」の方もご覧になる事をお勧めします。

>両方観て初めて浮かび上がる物のある二部作です。



そうですか〜(&gt;_&lt;)つくづく見なかった事を後悔してます。

こちらでは、もう公開は終わってしまっているので、

DVDですね。。。待ち遠しいです。
Posted by くうふう3 at 2007年01月03日 20:07

この記事へのトラックバック

硫黄島からの手紙
Excerpt: 5日で落ちるとされた硫黄島戦を、36日間にも及ぶ死闘へと変貌させた日本軍。この時代に異彩を放ったアメリカ帰りの指揮官、栗林中将のもと、寄せ集めといわれた硫黄島の日本兵は...
Weblog: やっぱり邦画好き…
Tracked: 2009-08-15 03:56

【映画】硫黄島からの手紙…外国人に作れて何故日本人には作れないの!?
Excerpt: この記事のサブタイトルは「父親たちの星条旗」の記事の続きという意味で“…俄かイーストウッドファンなピロEK(その2)”とするはずでしたが、他に思い浮かんだのでやめました(で、上記タイトルに変更){/a..
Weblog: ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
Tracked: 2009-11-09 23:37

硫黄島からの手紙/LETTERS FROM IWO JIMA(映画/DVD)
Excerpt: [硫黄島からの手紙] ブログ村キーワード硫黄島からの手紙(原題:LETTERS FROM IWO JIMA)キャッチコピー:世界が忘れてはいけない島がある。日本から見た「硫黄島」製作国:アメリカ製作年..
Weblog: 映画を感じて考える〜大作、カルトムービー問わず映画批評
Tracked: 2010-01-30 17:54

【映画】硫黄島からの手紙
Excerpt: 硫黄島からの手紙 (特製BOX付 初回限定版) [DVD](ワーナー・ホーム・ビデオ)売上ランキング:3,001アメリカで見た感想映画史に残る『金字塔すばらしいAmazonで詳細を見る楽天市場で探すm..
Weblog: 風の吹くまま 気の向くままに 〜 blow with the wind 〜
Tracked: 2011-09-26 09:54
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。