【ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜】たんぽぽの花一輪の誠実もない - 映画@見取り八段 トラックバックセンター

【ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜】たんぽぽの花一輪の誠実もない

この記事へのコメント
TITLE:
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
こんばんは、いつもTBをありがとです。
今作、すごく良かったですね。
Posted by mig at 2009年10月11日 00:16
TITLE: Re:mig さん
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
コメントありがとうです♪
いつもお世話になってます。

私的には「すごく」では無かったかも〜。。。^^;
淡々とした映画でした。
時代観や妻の強さを静かに描き出した手腕はさすがでしたね^^
Posted by くう at 2009年10月11日 00:48
TITLE: こんにちは♪
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
なんかもーダメダメ亭主なんだけど、佐知は全てを超越したところにいるんだよね。
なんだろ、自分だけが彼を支えていけるという自負?
アル中の夫やDVの夫を持つ妻に似たものを感じました(汗)
Posted by ミチ at 2009年10月11日 19:36
TITLE: Re: ミチさん
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
> なんかもーダメダメ亭主なんだけど、佐知は全てを超越したところにいるんだよね。

手のひらで遊ばせている感じなのかも知れません。
別に、このダンナのせいで苦労してます、って感じではないんだよね〜。
好きで一緒に居るんだから、放っておいて、って雰囲気。
強い女なんだと思いますわ。
ああいう男には、こういう女が側にいれば、甘えながらも
何とか生きていけるんだろうね。
それは太宰の理想だったのかも知れないね。
Posted by くう at 2009年10月13日 14:56
TITLE: こんばんは
SECRET: 0
PASS: e54c3019d4ee6b73e2e268510bc7123f
まあこの男の妻にはなりたくないと、男でも思います(笑
ただ、実はこの妻もまた結構エキセントリックな人物で、互いの中に自分を見て愛し合っていたのではないかという気がしています。
夫は食べられた終わりの刹那的な桜桃、妻は地味でも無数の命を生むタンポポと、その死生観に大きな違いはあるのですけど。
Posted by ノラネコ at 2009年10月13日 23:44
TITLE: Re: ノラネコさん
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
>ただ、実はこの妻もまた結構エキセントリックな人物で、互いの中に自分を見て愛し合っていたのではないかという気がしています。

私もそう思います^^
自分で万引きしたクセに警官に食ってかかっていく所からして
すでに「堪え忍ぶ女」とか「弱い女」じゃないですから(^▽^
ああ言う女が妻である事が太宰の理想だったのかも知れません。
実際の太宰の妻がどんな人だったのかは解りませんが。。。

実際にこんな夫婦だったらね。。。
放蕩夫と小悪魔妻。周りから見たら、ちょっと
オモロイ夫婦だったかも。。。
Posted by くう at 2009年10月14日 01:04
TITLE: まあなんというか
SECRET: 0
PASS: e77249bcf0858aa3d0601d80bbca072e
松たかこ可愛いなぁ…。いい女になったなぁ…。^^
という作品でした。どこ見てんだお前はって噂もありますがね。(笑)
だって別に話面白くないしどうでもいいしぃ。
真面目にコメントすると、佐知って変な奴ですよね。大谷タイプの男は
今の世の中でもいます。でも佐知は今の世の中にもそうはいない気が
します。でもまだ現代であれば、そんな人もいるだろうって見れますが
あの時代では相当の変わり者でしょうねぇ。
で、その浮きっぷりと、松たか子の持っている、ちょっと浮世離れした
雰囲気(これは梨園の出身だからだと思いますが)が上手い具合にマ
ッチしたかなぁと。そんな風に思いました。
Posted by KLY at 2009年10月14日 21:06
TITLE: Re:KLYさん
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
松さん、本当に綺麗でしたね〜。
私的にはドラマ「HERO」の頃が松たか子ブームの
ピークだったんですけどね^^;
今はより成熟した美しさを感じますよ〜♪

>でも佐知は今の世の中にもそうはいない気がします。

結構、ああ言う感じの女の人って多いですよ。
何で、あんな男と付き合ってるんだろ〜。。。
って人。色々な男の人の気を引きながら、でも、
一緒に暮らしているのはダメ男って言う^^;
いつの時代も女は魔性、そう言う事なのかも知れないですね。

夫婦のあの時代に合った空気感は良かったですね^^
Posted by くう at 2009年10月19日 20:56
TITLE: こんにちは〜。
SECRET: 0
PASS: c05a603969f6d24aa95e6a348ce22aad
いやぁ、純文学の映画化物、私好きなんですよ〜!
いや、文学とか全然くわしくもないし、良く知らないのですが、
スクリーンから漂う“雰囲気”だけで充分満足しちゃうんです。

こういう作品は、ストーリーの良し悪しとかよく判らないんですよ・・。
根岸監督がこだわった、戦後の商店街や飲み屋の中のセット・・。
それに松さんと浅野さんの文語調のセリフまわし・・。
これだけで私は何か静やかな気持ちになってしまうのでしゅ・・(^^♪。

古くは夏目漱石の原作を松田優作主演で映画化した「それから」なんかは、格別の一作でありましたな・・。

そんなわけで私は今公開中のもう1つの太宰作品「パンドラの匣」もお気に入りです!
P.S.貴方のブログをブックマークさせていただきました。
   よろしくです(^^♪。
Posted by ひきばっち at 2009年11月19日 19:55
TITLE: Re:ひきばっちさん
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
>根岸監督がこだわった、戦後の商店街や飲み屋の中のセット・・。
それに松さんと浅野さんの文語調のセリフまわし・・。

確かに〜。セットは見事。風情があって良かったですよね〜^^
こういう映画は。そういう部分が見どころですね。
その風景にハマった役者さんたちも素晴らしかったです^^

ストーリーの方は、まぁ、太宰だから。。。
太宰に燃えた人たちは満足だったかな。
「パンドラ」は、近くでやってなくて〜(>_<)
来年は「人間失格」ですね〜。
斗真で大丈夫なのか、ちょっと不安。。。(; ;)

ウチからもリンクいただきました。
今後もよろしくお願いします〜♪
Posted by くう at 2009年11月20日 23:46

この記事へのトラックバック

ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜
Excerpt: 酒飲みで多額の借金をし浮気を繰り返すなど放蕩の限りを尽くすが、小説家として秀でた才能と何故か憎めない魅力を持つ男・大谷と、そんな夫に翻弄されながらも明るくしなやかに生きていく妻・佐知の愛の物語。小説家..
Weblog: シネマDVD・映画情報館
Tracked: 2009-10-11 02:40

『ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜』(2009)/日本
Excerpt: 監督:根岸吉太郎原作:太宰治出演:松たか子、浅野忠信、室井滋、伊武雅刀、光石研、山本未來、鈴木卓爾、小林麻子、信太昌之、新井浩文、広末涼子、妻夫木聡、堤真一試写会場 : ヤクルトホール公式サイトはこち..
Weblog: NiceOne!!
Tracked: 2009-10-11 05:51

夫に心中された女房は〜ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ
Excerpt: ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポの脚本は松たか子ために
Weblog: ネット社会、その光と影を追うー
Tracked: 2009-10-11 07:06

ヴィヨンの妻 -桜桃とタンポポ- 夫婦って深いなあ〜
Excerpt: 【 50 -12-】 当たっても当たっても、すでに予定がある夜の試写会ばっかりで、妻が独りで行ったり、人にあげたり・・・ でもようやく空いている夜の試写会が当たった(^_^)v  今年は太宰治生誕1..
Weblog: 労組書記長社労士のブログ
Tracked: 2009-10-11 08:09

ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜
Excerpt: 女性には生まれながらに2つの魅力があると思います。桜桃のように人を生まれ変わらせる魅力と、タンポポのように我慢強く生きる魅力。そしてこれらは大概の男性には生まれながらには欠けているものであって、生きて..
Weblog: めでぃあみっくす
Tracked: 2009-10-11 13:33

『ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜』
Excerpt: ※注:ストーリーを全く書いていませんでしたので、 約6時間後に書きくわえました。 ----今年って太宰治原作の映画化が多いよね。 ほかにも『斜陽』『パンドラの匣』だっけ? 「そうだね。今年は太宰生誕..
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2009-10-11 15:15

映画 【ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜】
Excerpt: 映画館にて「ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜」 太宰治の同名短編小説の映画化。根岸吉太郎監督がモントリオール映画祭の最優秀監督賞を受賞。 おはなし: 戦後の混乱期、酒飲みで多額の借金をし浮気を繰..
Weblog: ミチの雑記帳
Tracked: 2009-10-11 19:33

ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜
Excerpt: 太宰治の同名短編小説を下敷きに、いくつかの太宰作品をミックスして描く、一組の夫婦の愛の物語だ。戦後の混乱期、大酒飲みで浮気を繰り返す小説家の夫・大谷の借金を返すため、妻の佐知は飲み屋の椿屋で働くことに..
Weblog: 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP
Tracked: 2009-10-11 23:35

恋する気持ちの原点。『ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜』
Excerpt: 戦後の日本を背景に道楽ざんまいの小説家の夫と彼を支える妻の姿を描いた作品です。
Weblog: 水曜日のシネマ日記
Tracked: 2009-10-12 19:28

ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜
Excerpt: この映画は太宰治の「ヴィヨンの妻」の映画化であり、短い話のこの小説の台詞がかなりそのままに使われる一方、話が短い事もあって、エピソードを幾つか増して登場人物や出来事の幾つかは膨らませてある(太宰の他の..
Weblog: しぇんて的風来坊ブログ
Tracked: 2009-10-12 22:46

ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜
Excerpt: 第33回モントリオール世界映画祭、最優秀監督賞受賞作品―【story】戦後の混乱期。秀でた才能を持つ小説家でありながら、大酒飲みで、多額の借金をして浮気を繰り返す大谷(浅野忠信)の妻・佐知(松たか子)..
Weblog: ★YUKAの気ままな有閑日記★
Tracked: 2009-10-13 17:04

ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜・・・・・評価額1600円
Excerpt: 今年は太宰治の生誕100周年で、色々と記念行事があるらしい。 この「ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜」もその流れの中で作られた作品なのだろ...
Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ
Tracked: 2009-10-13 23:37

ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜 (2009) 114分
Excerpt: 広末の勝ち誇った口元と、松たか子の着崩れに★あげます(笑)
Weblog: 極私的映画論+α
Tracked: 2009-10-14 07:25

女はわからん。(!)〜「ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜」〜
Excerpt: 私が見たかったのは 「なんでこんなオトコにくっついとんねん!!!」 わかりませんでした、結局。(笑) 貧しいわ、浮気するわ、盗みに心中。 「子はかすがい」かと思いきや、そうでもないし。 (実に子供..
Weblog: ペパーミントの魔術師
Tracked: 2009-10-14 15:18

ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜
Excerpt: 太宰治生誕100周年のトップを切って公開される作品。同日公開に『パンドラの匣』がある。主演は『K-20 怪人二十面相・伝 』の松たか子。共演に『剱岳 点の気』の浅野忠信、『おくりびと』の広末涼子、『ノ..
Weblog: LOVE Cinemas 調布
Tracked: 2009-10-14 20:55

ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜
Excerpt: 太宰治 生誕100年 ある夫婦をめぐる「愛」の物語
Weblog: Addict allcinema おすすめ映画レビュー
Tracked: 2009-10-17 00:56

「ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜 」私は産まれた時から、ずっと...
Excerpt: 「ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜 」★★★★ 松たか子、浅野忠信主演 根岸吉太郎監督、114分、2009年、2009-10-10公開                     →  ★映画のブロ..
Weblog: soramove
Tracked: 2009-10-17 18:18

【映画】ヴィヨンの妻
Excerpt: 2009年 2h 鑑賞@松江SATY東宝 原作 太宰治 監督 根岸吉太郎 出演 松たか子 浅野忠信 原作者・太宰治は20才の時から読んできた作家である。 だから何よりも、太宰治をスクリーンで見ると言..
Weblog: しづのをだまき
Tracked: 2009-10-17 18:38

昭和の女〜『ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ』
Excerpt: 才能に溢れてはいるが大酒呑みで金にルーズ、女癖も悪い新進作家の大谷 (浅野忠信)は、馴染みの料理屋から金を盗んでしまう。しっかり...
Weblog: 真紅のthinkingdays
Tracked: 2009-10-17 23:48

「ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜」ダメ夫に1度だけ救われた妻の今の時代では真似できない献身的な夫への愛し方
Excerpt: 「ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜」は太宰治原作の映画で、小説家の妻が小説家の不祥事を謝罪したり、働く事になり献身的に支えるが小説家は妻を疑い自らも愛人に溺れて自殺未遂をするがそれでも小説家を妻は支える..
Weblog: オールマイティにコメンテート
Tracked: 2009-10-19 01:17

ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜
Excerpt: [ヴィヨンの妻] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:6.5/10点満点 2009年89本目(83作品)です。 【あらすじ】 戦後の東京。 酒と女に溺れ、愛人..
Weblog: 必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!
Tracked: 2009-10-19 17:13

『ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜』
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜」□監督 根岸吉太郎 □脚本 田中陽造 □原作 太宰治 □キャスト 松たか子、浅野忠信、室井 滋、伊武雅刀、光石 研、広末涼子、妻夫木 &n..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2009-10-20 12:10

映画「ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜」
Excerpt: 映画「ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜」を鑑賞。
Weblog: FREE TIME
Tracked: 2009-10-20 22:55

「ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜」いけない事とは
Excerpt: 「人非人でもいいじゃないの。私たちは、生きていさえすればいいのよ」松たか子が素晴らしい。冒頭の泣き笑いでどきっとさせた後は、居酒屋での解放された顔と、警察に連行されたときのこわばった顔と、大谷を慈しむ..
Weblog: 再出発日記
Tracked: 2009-10-23 00:47

ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜
Excerpt: この世には 生まれた喜びと 刹那さと  太宰の生誕100年だそうな。この映画の前の「斜陽」を見逃したのはアホかもしれない。でも生誕100年だからといって、何でもかんでも絡まなくてもよかろう。私はと..
Weblog: 空想俳人日記
Tracked: 2009-10-28 08:15

★「ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜」
Excerpt: TOHOシネマズの1ヶ月フリーパスもこれで打ち止め。 合計18作品をタダで見ることができました。 本作は、文豪・太宰治の原作・・・ 2009年は太宰の生誕100周年だったのね。
Weblog: ★☆ひらりん的映画ブログ☆★
Tracked: 2009-10-29 03:52

「ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜」
Excerpt: 「ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜」 太宰治原作の作品です。 主人公、佐知を演じる松たか子が、イイんですよ! 松たか子さんて、あまり視野に入ってなかった(要はファンではなかった)のですが、この作品..
Weblog: ひきばっちの映画でどうだ!!
Tracked: 2009-11-19 19:11

mini review 10454「ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜」★★★★★★☆☆☆☆
Excerpt: 2009年に、生誕100年を迎える文豪・太宰治の同名短編小説を、『雪に願うこと』の根岸吉太郎監督が映画化した文芸ドラマ。戦後の混乱期を背景に、道楽ざんまいの小説家の夫に振り回されながらも、明るくしなや..
Weblog: サーカスな日々
Tracked: 2010-05-03 03:32

原作が太宰治の2本
Excerpt: 「人間失格」 「ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜」
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2010-08-12 12:25

根岸吉太郎監督  「ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜 」
Excerpt: 太宰=暗い 太宰=自虐 太宰=心中 そう思ってた所為か、太宰の作品と言うと、子供の頃に読んだ「走れメロス」だけ 今作の原作も未読です。 公開当時、どうしようかなぁ〜?と… 暗い話は苦手。 ま..
Weblog: 映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?
Tracked: 2011-01-31 09:04
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。