【ラブリーボーン】少女の願いと家族の絆 - 映画@見取り八段 トラックバックセンター

【ラブリーボーン】少女の願いと家族の絆

この記事へのコメント
TITLE: ロシア系なら
SECRET: 0
PASS: 1c4b4780a4b937bac0968f7e92a515c6
「いくら子」って名前をつけられて、「鮭田 いくら子」でわかりやすかったんですが・・・

というのは冗談ですが、
ひらりん的には、ストーリーというより、
ローナンちゃん萌え・・・な作品でした。
こういう作品の時にはブログに写真を貼り付ける枚数が増えます。
Posted by ひらりん at 2010年02月18日 00:27
TITLE: Re:ひらりんさん
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
>「鮭田 いくら子」でわかりやすかったんですが・・・

あれ筋子じゃなかったっけ^^;
そっか、鮭の子供っていくらだったか。。。

>ひらりん的には、ストーリーというより、
ローナンちゃん萌え・・・な作品でした。

向こうの子って、やっぱ大人っぽすぎ〜と思いましたわ(>_<)
とても中学生には見えないよ〜!
私はエマ・ワトソンちゃんみたいな顔の方が好きだ。。。
Posted by くう at 2010年02月18日 04:18
TITLE: おはようございます。
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
予告編の作り方は絶妙だと思ったのですが・・・
いざ作品を観ると、思っていた以上に“干渉”が無かったのが少し残念でもありました。
ただ見守ることしか出来ないなんて・・・。

>犯人の最後は・・・
ちゃんと捕まって欲しかった気がするけど、事故か。。。

たしかに逮捕されて欲しかったですよね。
警察の無能っぷりが何とも(苦笑)
途中、氷柱が伏線として貼られていたので、
スージーの最後の“干渉”だったのかもしれません。
Posted by BROOK at 2010年02月18日 07:06
TITLE: こんばんわ
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
14歳の女の子らしい「未練」でしたよね。
単純に犯人を捕まえる『ゴースト/ニューヨークの幻』タイプの映画にならなかったことが個人的にはよかったかな?と思います。
Posted by にゃむばなな at 2010年02月18日 20:23
TITLE: Re:BROOKさん
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
>いざ作品を観ると、思っていた以上に“干渉”が無かったのが少し残念でもありました。
ただ見守ることしか出来ないなんて・・・。

死んでしまっているスージー目線なので何もできないんですよね。。。
私は、そういう所も含めて切ないと思ってしまいました[絵文字:i-241]

>警察の無能っぷりが何とも(苦笑)

こういう映画で一番理不尽さを感じさせるのが
警察などの権力の無能さですわ。
ま、真実が解らないから仕方ないんだけど〜[絵文字:i-227]

そうそう、氷柱は出てきていましたよね。
あれはスージーのささやかな復讐なのかなぁ。。。
Posted by くう at 2010年02月18日 22:39
TITLE: Re:にゃむばななさん
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
そう、まさに少女の未練なんですよね。
遺体が見つかって欲しいと望むのは親。
少女本人が望むのは恋人とのキス。

私もね「ゴースト」のような映画かと思っていたのです。
そうじゃなかった事が私にも良かったと思えました^^
Posted by くう at 2010年02月18日 22:43
TITLE: 感想さまざま
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
こんばんは。
映画の感想は、観た人の数だけあると思うけれど、これは特にそれが顕著だった気がします。
観る人の立場や気持ち、経験などですっかり違う感想をたくさん読ませていただいたけれど、
自分に近い感想をこちらで読めて、実はほっとしたりして。

スタンリー・トゥッチ、オスカー候補になりましたね。
受賞するのは本命の彼かな、とは思うけれど、ノミネートも納得の演技でしたよね。。。
Posted by 悠雅 at 2010年02月18日 22:45
TITLE: Re:悠雅さん
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
ほんと〜!人の感想って様々だなぁ。。。と
お余所のブログを観る度に思うのですが、
この映画では特に顕著に感じましたよ〜。
私も悠雅さんの記事を読んで、ちょっと嬉しかった[絵文字:i-228]

私は、すっごい泣けたんだけどな[絵文字:i-229]
でも、まあ人それぞれで面白いですよね。
だからブログは面白い。。。

スタンリー・トゥッチさんは凄かったですね〜。
恐いおじさんにしか見えなかったですよ。
同じく、ノミネートは納得です♪
Posted by くう at 2010年02月18日 22:56
TITLE: こんにちはー^^
SECRET: 0
PASS: 4e40beaf133b47b8b0020881b20ad713
賛否両論あった映画でしたねー^^;
わたしは最後は遺体を〜って思ってしまったけれど、14歳の女の子だから好きな人とキスしたいって思うのかもね^^
デートする前だったんだもんねー^^心残りよね^^

わたしも犯人はしっかり捕まえて欲しかった(ーー;)
そうか、スージーの天罰って思えばいいのか^^
Posted by みすず at 2010年02月19日 14:18
TITLE: こんばんは
SECRET: 0
PASS: 1d227402d343f1e66ff53a303d6697f6
世代的に、丹波哲郎の「大霊界」を思い出しちゃいました(笑
スージーの想いが切ない映画でしたが、ややとっちらかった印象になってしまったのが残念でした。
まあ原作を読むと、これもやむを得ないかとは思うのですけど、ピーター・ジャクソンにはやはり過剰な期待をしてしまうのですよね。
Posted by ノラネコ at 2010年02月19日 23:03
TITLE: Re:みすずさん
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
ほんと〜。。。回った感じでは賛否の否の方が
多そうだったけど。。。
でも、何故か私はこんな作品が好きなんだわ〜^^;

>デートする前だったんだもんねー^^心残りよね^^

自分がスージーだったらね〜。。。
やっぱり綺麗な姿で最後に好きだった人に
会いたいって思うかも。。。
今だったら20才くらい若返った姿で会いたいですわ[絵文字:i-229]

犯人は一応、ちゃんと警察に捕まった後に天罰を
受けて欲しかった。。。[絵文字:i-227]
けど、きっと成仏した事だし、もうどうでも良かったのかなぁ、とも思いました。
Posted by くう at 2010年02月20日 01:06
TITLE: Re:ノラネコさん
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
「大霊界」[絵文字:i-198]
見てないのですが、あんな世界でしたか?^^;
なんかドロドロしてそうなイメージが〜。。。

>スージーの想いが切ない映画でしたが、ややとっちらかった印象になってしまったのが残念でした。

あまり気にならなかったのですよ〜。。。
物凄いハマリ込んでしまい。。。
14才の子供の思いは、きっととっちらかっているのですわ[絵文字:i-229]

原作、私も読んでみたいです^^
Posted by くう at 2010年02月20日 01:10
TITLE: こんにちは〜☆
SECRET: 0
PASS: 2f7b52aacfbf6f44e13d27656ecb1f59
いろいろ感想が同じですね。
>もしも、自分の子供が突然命を断たれたら・・・
こんな風に彷徨うのだろうか・・・
これも、似たような事をふと思ってしまい、「やだ〜!!縁起でもないから考えるな〜!!」って、映画の途中で思っていたことなんですよ。絶対にイヤです。
だからこそ、スージーの父、母の気持ちが痛いほど分かってしまい、私も時々涙が。自分の子供が娘だったら号泣映画だったかもしれません。

小説を読み終えた、と言う感じの終わり方はホッと知るものがありました。
Posted by kiriy at 2010年02月20日 17:17
TITLE: こんばんは!!
SECRET: 0
PASS: 71358382e1d9865beb99e2eb8ac10587
彼女が恨みや憎しみを捨てて明るく天国にいったことに涙でした。
そうすることが家族の幸せだと・・思ったからですよね。
私もあのKISSは泣けちゃいました。
とはいえこんな風にわが子の命を絶たれるなんて耐えられない!赦せない!
ラブリーボーンなんて思えるのか私も疑問でした。
警察にも怒りよね!
Posted by くろねこ at 2010年02月21日 00:08
TITLE: TBありがとうございました!
SECRET: 0
PASS: 023d3775174b49369474f4836ab90b8c
こんばんわ。
犯人については何となくスッキリしないものは感じますが、とても美しい映画でしたね。
キスと金庫の選択については賛否両論ですが、個人的にはキスでよかったと思いました。
最後までスージーを美しく見せることに徹した感じが良かったです。
Posted by maru♪ at 2010年02月23日 01:45
TITLE: Re:kiriyさん
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
>いろいろ感想が同じですね。

嬉しいです〜[絵文字:i-228]
何せこの映画、賛否の否の方が多いみたいだから[絵文字:i-201]

>「やだ〜!!縁起でもないから考えるな〜!!」って、映画の途中で思っていたことなんですよ。

ホント、縁起でもないです〜(>_<)
でも、考えちゃった。考えると涙が止まらず[絵文字:i-241]

>小説を読み終えた、と言う感じの終わり方はホッと知るものがありました。

そうですね〜。。。
哀しいけれども、ちょっと納得感があって光が見えました[絵文字:i-228]
Posted by くう at 2010年02月25日 21:33
TITLE: Re:くろねこさん
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
>彼女が恨みや憎しみを捨てて明るく天国にいったことに涙でした。
>そうすることが家族の幸せだと・・思ったからですよね。

そうですね。
家族の幸せも考えた上、自分自身の望みでもあったんだと思います[絵文字:i-241]
14才らしい無邪気な望みでした。

>とはいえこんな風にわが子の命を絶たれるなんて耐えられない!赦せない!

許せないですよ〜!
自分が死んだ事にすら気付かないほど突然に
彼女に訪れた死。
もしも自分の子供だったらと思ったら、ただ怒りが湧きます。

こういう映画やドラマでは警察って本当に無能なのよね〜[絵文字:i-201]
Posted by くう at 2010年02月25日 22:03
TITLE: Re:maru♪さん
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
コメントありがとうございます〜♪
レスが遅くて申しわけありません[絵文字:i-201]

> 犯人については何となくスッキリしないものは感じますが、とても美しい映画でしたね。

私にとっては、すごく印象的で哀しくて、でも優しくて。。。
と言う大好きな1本になりました。
でも、犯人については、もっと厳罰下さんかいっ[絵文字:i-191]
と今でも思います〜[絵文字:i-221]

>キスと金庫の選択については賛否両論ですが、個人的にはキスでよかったと思いました。
>最後までスージーを美しく見せることに徹した感じが良かったです。

私もキスで良かったと思います。
遺体が出てきても、大好きな彼に腐った自分が見られるだけ。
大好きだった家族や友達に悲しみと憎しみを思い起こさせるだけ。
こんな結末を用意した、このストーリーは素晴らしいと思っています。
Posted by くう at 2010年02月25日 22:32
TITLE:
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
こんばんわ〜
コノ前WOWOWでやっと見たよ〜
何かすっきりしないというか〜コレ、見る人によってかなり印象違うかもね。
殺人鬼も、あんなじいさんになってから天罰下ってもなあ・・って気も(笑
いっそ、あの場面入れなくても良かったような・・
わたしゃ、スージーがルースに自分の遺体の場所を教えるのかな〜と思ったんだけど、そういうアレじゃないんだよね。
憎しみを捨て笑顔で天国に旅だったのは良かったけど、
なんかもやもやしたな〜(笑
Posted by きこり at 2011年04月16日 19:33

この記事へのトラックバック

ラブリーボーン
Excerpt: アリス・シーボルドのベストセラー小説を『ロード・オブ・ザ・リング』のピーター・ジャクソン監督が映画化。製作総指揮にスティーヴン・スピルバーグも参加している。わずか14歳で殺された少女の魂と、残された家..
Weblog: LOVE Cinemas 調布
Tracked: 2010-02-17 23:30

映画レビュー「ラブリーボーン」
Excerpt: The Lovely Bones◆プチレビュー◆14歳で殺された少女の視点で描く物語は、意外な方向から生を肯定する。幻想的な映像が美しい。 【70点】 スージーは14歳のときに、近所に住む男から襲われ..
Weblog: 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP
Tracked: 2010-02-18 00:01

試写会「ラブリー・ボーン」
Excerpt: さていよいよ本日のメインイベント新宿の東京厚生年金会館での試写会で「ラブリー・ボーン」を観てきました“本年度アカデミー賞最有力”という呼び声が高いそうですアリス・シーボルトの原作も世界中で大ベストセラ..
Weblog: 流れ流れて八丈島
Tracked: 2010-02-18 00:14

★「ラブリーボーン」
Excerpt: 今週の平日休みは、「ロード・オブ・ザ・リング」3部作のピーター・ジャクソン監督がベストセラー小説を映画化した作品を、TOHOシネマズ川崎で鑑賞。
Weblog: ★☆ひらりん的映画ブログ☆★
Tracked: 2010-02-18 00:22

10-34「ラブリーボーン」(アメリカ・イギリス・ニュージーランド)
Excerpt: 私のいない世界  優しい両親とかわいい妹弟に囲まれ、楽しく幸せな毎日を送っていた14歳の少女、スージー・サーモン。初恋の予感に胸をときめかせていたある冬の日、彼女は近所の男に無慈悲に殺されてしまう。最..
Weblog: CINECHANの映画感想
Tracked: 2010-02-18 00:55

[映画『ラブリーボーン』を観た]
Excerpt: ☆凄い作品だと思った。  私的には、P・ジャクソンくらいになると、この悲惨なテーマでファンタジーを創れるのだなと感心した。  と言うのも、私も20年ほど前、宮崎勤事件が日本中を震撼させたとき、 ..
Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
Tracked: 2010-02-18 03:39

劇場鑑賞「ラブリーボーン」
Excerpt: ラブリー・ボーン「ラブリーボーン」を鑑賞してきましたアリス・シーボルドの同名ベストセラーを「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのピーター・ジャクソン監督が映画化した異色のファンタジー・ドラマ。わずか1..
Weblog: 日々“是”精進!
Tracked: 2010-02-18 06:12

ラブリーボーン
Excerpt: 『私は14歳で殺された─。 これは、私が天国に行ってからのお話。』  コチラの「ラブリーボーン」は、アリス・シーボルトの同名ベストセラー小説を映画化した1/29公開のファンタジー・サスペンスなのですが..
Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡
Tracked: 2010-02-18 06:18

ラブリーボーン
Excerpt: 公式サイト。英題:THE LOVELY BONES。ピーター・ジャクソン監督、シアーシャ・ローナン、マーク・ウォールバーグ、ライアン・ゴズリング、レイチェル・ワイズ、スーザン・サランドン、スタンリー・..
Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録
Tracked: 2010-02-18 07:32

ラブリーボーン (2009) THE LOVELY BONES 135分
Excerpt: 満中陰ムービー?
Weblog: 極私的映画論+α
Tracked: 2010-02-18 07:40

「ラブリー・ボーン」
Excerpt: JUGEMテーマ:映画  テーマが重たいこと、アメリカでの評判があまり良くないこと、いくつかの不安要素はあったものの、ピーター・ジャクソン監督作品ということに加え、とても豪華なキャ..
Weblog: ハピネス道
Tracked: 2010-02-18 09:16

家族愛よりも恋愛?『ラブリーボーン』
Excerpt: 14歳で殺害されてしまった少女とその周囲の人間の様子を彼女の目線で描いた物語です。
Weblog: 水曜日のシネマ日記
Tracked: 2010-02-18 12:48

ラブリーボーン [映画]
Excerpt: 原題:THE LOVELY BONES公開:2010/01/29製作国:アメリカ/イギリス/ニュージーランド上映時間:135分監督:ピーター・ジャクソン出演:マーク・ウォールバーグ、レイチェル・ワイズ..
Weblog: 映画鑑賞★日記・・・
Tracked: 2010-02-18 14:02

ラブリーボーン
Excerpt: なんと言えない不思議な味わい。
Weblog: 迷宮映画館
Tracked: 2010-02-18 16:10

ラブリーボーン (試写会)
Excerpt: 大作を次々と送り出してきたピーター・ジャクソンが、ついにスティーブン・スピルバーグとタッグを組んだ。しかも題材は、2002年全米で一大センセーションを巻き起こしたベストセラー小説アリス・シーボルドの同..
Weblog: パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
Tracked: 2010-02-18 16:58

『ラブリーボーン』 ('10初鑑賞12・劇場)
Excerpt: ☆☆☆★− (10段階評価で 7) 1月30日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 13:30の回を鑑賞。
Weblog: みはいる・BのB
Tracked: 2010-02-18 20:14

『ラブリーボーン』
Excerpt: 愛すべき原点に戻れ。それがスティーブン・スピルバーグが最もこの世に残したい想いではないかと思いました。14歳で命を絶たれてしまった女の子が残された家族や友人に第六感を通じて想いを届けるこの映画。原作あ..
Weblog: めでぃあみっくす
Tracked: 2010-02-18 20:23

【映画】ラブリーボーン
Excerpt: ▼動機 シアーシャ・ローナン ▼感想 見方は色々あるがどれをとっても破綻 ▼満足度 ★★★★☆☆☆ そこそこ ▼あらすじ スージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)という魚の名前のような彼女は、14..
Weblog: 新!やさぐれ日記
Tracked: 2010-02-18 20:29

★ラブリーボーン(2009)★
Excerpt: THELOVELYBONES上映時間135分製作国アメリカ/イギリス/ニュージーランド公開情報劇場公開(パラマウント)初公開年月2010/01/29ジャンルドラマ/ファンタジー/サスペンス映倫G【解説..
Weblog: CinemaCollection
Tracked: 2010-02-18 21:44

天国と地上の間〜『ラブリーボーン』
Excerpt: THE LOVELY BONES  幸福な家庭で両親に愛され、美しく成長した14歳のスージー・サーモン(シア ーシャ・ローナン)。ある冬の日、彼女は...
Weblog: 真紅のthinkingdays
Tracked: 2010-02-18 21:50

ラブリーボーン
Excerpt: 手編みの帽子。赤い山茶花。穏やかな鉄槌。
Weblog: 悠雅的生活
Tracked: 2010-02-18 22:40

ラブリーボーン
Excerpt: 家族に囲まれ幸せな毎日を送っていた14歳の少女、スージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)は、ある日トウモロコシ畑で近所の男に殺され...
Weblog: 心のままに映画の風景
Tracked: 2010-02-19 20:24

「ラブリーボーン」
Excerpt: 「ラブリーボーン」 新宿ピカデリーにて。 監督・ピーター・ジャクソン ペンシルバニアのとある町に住む14歳の少女、スージー・サーモン。 1973年12月6日、彼女は何者かによって殺された・・。 これ..
Weblog: ひきばっちの映画でどうだ!!
Tracked: 2010-02-19 21:25

ラブリーボーン・・・・・評価額1500円
Excerpt: ピーター・ジャクソン版「大霊界 死んだらどうなる」か・・・。 「キング・コング」以来四年ぶりの新作となる「ラブリーボーン」は、14歳で...
Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ
Tracked: 2010-02-19 22:53

ラブリーボーン
Excerpt: ラブリーボーン - goo 映画 2月1日、映画館にて鑑賞。 予告編を見た時から、心惹かれていました。ミステリーなのかホラーなのか、それとも...
Weblog: 近未来二番館
Tracked: 2010-02-20 17:18

『ラブリーボーン』(2009)/アメリカ・イギリス・ニュージーランド
Excerpt: 原題:THELOVELYBONES監督:ピーター・ジャクソン原作:アリス・シーボルド出演:マーク・ウォールバーグ、レイチェル・ワイズ、スーザン・サランドン、スタンリー・トゥッチ、マイケル・インペリオリ..
Weblog: NiceOne!!
Tracked: 2010-02-20 20:32

「ラブリーボーン」
Excerpt: 「ラブリーボーン」試写会 よみうりホールで鑑賞 実話が名とになっているのかと思ったら、どうやらベストセラー小説が元になっているのだとか。 日本で作ったら、完全にホラー映画になっていたでしょう。 それ..
Weblog: てんびんthe LIFE
Tracked: 2010-02-21 00:26

ラブリーボーン/THE LOVELY BONES(映画/劇場鑑賞)
Excerpt: [ラブリーボーン] ブログ村キーワードラブリーボーン(原題:THE LOVELY BONES)キャッチコピー:これは、私が天国に行ってからのお話製作国:アメリカ/イギリス/ニュージーランド製作年:20..
Weblog: 映画を感じて考える〜大作、カルトムービー問わず映画批評
Tracked: 2010-02-21 13:58

ラブリー・ボーン
Excerpt: 金曜日から上映始まりましたね。初日の仕事帰りに見てきました^^)監督は「ロード・オブ・ザ・リング」「キング・コング」のピーター・ジャクソンですよ。☆ラブリー・ボーン☆(2009)ピーター・ジャクソン監..
Weblog: ぷち てんてん
Tracked: 2010-02-21 16:30

「ラブリーボーン」喪失と可能性を秘めたファンタジー
Excerpt: 「ラブリーボーン」★★★★ マーク・ウォールバーグ、レイチェル・ワイズ、スーザン・サランドン、シアーシャ・ローナン主演 ピーター・ジャクソン 監督、135分、 2010年1月29日公開、2009,アメ..
Weblog: soramove
Tracked: 2010-02-21 21:21

『ラブリーボーン』
Excerpt: '10.01.18 『ラブリーボーン』(試写会)@東京厚生年金会館 yaplogで当選。いつもありがとうございます。これは見たかった。試写会プレゼントのお知らせを見た時はうれしくて、早速応募。見事当..
Weblog: ・*・ etoile ・*・
Tracked: 2010-02-23 01:42

「ラブリーボーン」胸に迫る想い
Excerpt: 今年ぜったい観たい!と思っていた映画。 結末はちょっと・・・・という声を聞いていたので、心して鑑賞。 結末がどうより、冒頭から胸に苦しく迫ってきて・・・・・
Weblog: ノルウェー暮らし・イン・London
Tracked: 2010-02-23 20:12

映画:ラブリーボーン
Excerpt: 話題の感動作と前評判も好評だったラブリーボーンをようやく観てきました。
Weblog: よしなしごと
Tracked: 2010-02-27 13:21

ラブリーボーン☆独り言
Excerpt: 『つぐない』に出演していたシアーシャ・ローナンが主演・・・と言われて、記憶の引き出し開けてみてあぁ、あのときとはイメージが違う(笑)だから気づかなかったのねっと、改めて思いました。今回の彼女の演じたス..
Weblog: 黒猫のうたた寝
Tracked: 2010-03-03 00:18

「ラブリーボーン」え〜と、何と申しますか…。
Excerpt: [ラブリーボーン] ブログ村キーワード  世界的大ベストセラーの映画化。しかもスピルバーグが製作総指揮、そんでもって監督はあのピーター・ジャクソン!「ラブリーボーン」(パラマウント ピクチャーズ..
Weblog: シネマ親父の“日々是妄言”
Tracked: 2010-03-05 00:31

ラブリーボーン
Excerpt: 話題になってますね。 主演のシアーシャ・ローナンは、 「つぐない 」がとても良かったので楽しみです。(^^) 家族に愛され、恋に胸をときめかす14歳のスージー・サーモンは、 近所に住む男に殺されて..
Weblog: 映画、言いたい放題!
Tracked: 2010-03-05 14:10

ラブリーボーン
Excerpt: The Lovely Bones(2009/アメリカ=イギリス=ニュージーランド)【Blu-ray】 監督:ピーター・ジャクソン 出演:マーク・ウォールバーグ/レイチェル・ワイズ/スーザン・サランドン..
Weblog: 小部屋日記
Tracked: 2010-07-07 23:08

ラブリーボーン (The Lovely Bones)
Excerpt: 監督 ピーター・ジャクソン 主演 マーク・ウォールバーグ 2009年 アメリカ/イギリス/ニュージーランド映画 135分 ドラマ 採点★★★★ こんな所で自分の政治的思想を書くのもアレな気もしますが..
Weblog: Subterranean サブタレイニアン
Tracked: 2010-09-12 21:57

ラブリーボーン
Excerpt: THE LOVELY BONES 2009年:アメリカ・イギリス・ニュージーランド 原作:アリス・シーボルド 監督:ピーター・ジャクソン 製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ 音楽:ブライアン・ ...
Weblog: mama
Tracked: 2010-11-30 17:07

『ラブリーボーン』'09・米・英・新
Excerpt: あらすじ14歳のスージーが近所の男に襲われ殺された。深い悲しみを負った家族は、いつしかバラバラに。そんな様子を、スージーは天国から見守っていたが・・・。感想ハラハラする...
Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
Tracked: 2010-12-13 23:53

「BOSS」 シーズン2 第1話
Excerpt: キャー!ヽ(*゚∀゚*)ノ 劉と鷲津の共演だぁ〜!! って、一緒の場面なかったけどさ・・ しかも、鷲津君、若干ふっくらしてたみたいだけどさ・・・  HPにもちゃんと名前載ってる ...
Weblog: トリ猫家族
Tracked: 2011-04-16 18:39

ラブリーボーン
Excerpt: ある日突然犯罪に巻き込まれ、子供を失った辛さから家族がすれ違い崩壊していく…事件の被害者側に起こる悲劇ですね。  殺されてしまった主人公の少女が死後の世界から現実を見つめるというのは目新しいと思いま..
Weblog: いやいやえん
Tracked: 2011-07-20 11:04
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。