【ALWAYS三丁目の夕日'64】変わらぬメンバー - 映画@見取り八段 トラックバックセンター

【ALWAYS三丁目の夕日'64】変わらぬメンバー

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

ALWAYS 三丁目の夕日’64
Excerpt: 公式サイト。西岸良平原作、山崎貴監督。吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、薬師丸ひろ子、須賀健太、小清水一揮、マギー、温水洋一、神戸浩、飯田基祐 ...
Weblog: 佐藤秀の徒然幻視録
Tracked: 2012-01-28 19:43

ALWAYS 三丁目の夕日'64
Excerpt: 2005年に公開され大ヒットした『ALWAYS 三丁目の夕日』、そしてその2年後に公開された『ALWAYS 続・三丁目の夕日』に続くシリーズ第3弾。今回は昭和39年、東京オリンピック開催の年の夕日町の..
Weblog: LOVE Cinemas 調布
Tracked: 2012-01-28 21:39

『ALWAYS 三丁目の夕日'64』に泣くのは恥ずかしくない
Excerpt: まず『ALWAYS 三丁目の夕日'64』という題名が注目に値する。  同じように題名に年数が使われた映画には、1974年から1975年にかけて公開された『エアポート'75』や1999年末公開の『ゴジラ..
Weblog: 映画のブログ
Tracked: 2012-01-28 21:47

ALWAYS三丁目の夕日'64・・・・・評価額1650円
Excerpt: 理想の昭和に逢える街、それが夕日町三丁目。 世界の映画史に類を見ないノスタルジックテーマパーク映画、「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズ第三作。 昭和33年の東京下町・夕日町三丁目を舞台に、建設中..
Weblog: ノラネコの呑んで観るシネマ
Tracked: 2012-01-28 23:28

No.299 ALWAYS 三丁目の夕日’64
Excerpt: 西岸良平のコミックを原作に、昭和30年代の東京下町に暮らす人々の悲喜こもごもを描いた人気シリーズ第3作で、シリーズ初の3Dで製作。前作「ALWAYS 続・三丁目の夕日」(2007)から5年 ...
Weblog: 気ままな映画生活
Tracked: 2012-01-29 03:22

ALWAYS 三丁目の夕日'64
Excerpt: 2012年1月24日(火) 19:00〜 TOHOシネマズスカラ座 料金:1600円(シネマイレージデイ1300円+3D料金眼鏡持参300円) パンフレット:未確認 『ALWAYS 三丁目の夕日'6..
Weblog: ダイターンクラッシュ!!
Tracked: 2012-01-29 03:38

ALWAYS 三丁目の夕日'64
Excerpt: 素直に感動を満喫した!!!
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2012-01-29 10:13

ALWAYS 三丁目の夕日'64
Excerpt: 本日、劇場にて鑑賞 2Dで観ました。 解説 『ALWAYS 三丁目の夕日』『ALWAYS 続・三丁目の夕日』に続く、昭和の 東京を舞台にしたヒューマン・ドラマの第3弾。 昭和39年の東京の一角で..
Weblog: A Day In The Life
Tracked: 2012-01-29 10:54

もうすっかり住人目線「ALWAYS 三丁目の夕日'64」
Excerpt: ライバル緑沼の出現で小説連載が脅かされる茶川。妻のヒロミは身重、淳之介は大学受験を控える。鈴木オートの社長は東京オリンピックに備えてカラーテレビを買うが、長男の一平の下手なエレキギターには頭が痛い。従..
Weblog: 筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ−映画編−
Tracked: 2012-01-29 11:56

「ALWAYS 三丁目の夕日'64」六ちゃんの結婚と淳之介の別れの先にみた三丁目の絆の世代継承
Excerpt: 「ALWAYS 三丁目の夕日'64」は2005年、2007年に公開されたALWAYS 三丁目の夕日シリーズの第3弾で1964年の東京五輪を舞台に三丁目の人たちが次の世代へと三丁目の絆を受け ...
Weblog: オールマイティにコメンテート
Tracked: 2012-01-29 16:43

ALWAYS 三丁目の夕日’64
Excerpt: ALWAYSシリーズの、第3作。 監督は山崎貴 出演は吉岡秀隆、堤真一、薬師丸ひろ子、 小雪、堀北真希、もたいまさこ、 三浦友和等いつものメンバーに 今回は新たに森山未來、大森南朋等が参加。 前..
Weblog: 花ごよみ
Tracked: 2012-01-30 21:31

ベタでもいい、素直に楽しむよろし。〜「ALWAYS3丁目の夕日64’」〜
Excerpt: 鈴木オートはやっぱこうでなくっちゃ。(笑) でも、堤さんホント特撮で遊ばれてるな〜 なんで米投げるんだ?って ライスシャワーをなんだか鬼でもおっぱらうみたいに 豆まき状態でぶつけてたのもおかしかった..
Weblog: ペパーミントの魔術師
Tracked: 2012-02-01 00:58

ALWAYS 三丁目の夕日’64
Excerpt: 昭和39年(1964)の東京を舞台に悲喜こもごものヒューマンドラマが展開される。脚本がうまくできていて、泣かせどころがたっぷりとある。わてはあまり泣けなかったけど、周辺の席の方々はズルズル涙を流してい..
Weblog: とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
Tracked: 2012-02-01 23:20

ALWAYS 三丁目の夕日'64 1965年はどうせ地味ですよ、(゚ε゜;)ちぇっ!
Excerpt: 【=3 -0-】 1作目は「昭和を描く」がテーマで義理人情を全面に出した作品で、昭和の景色や風物の描き方には感動したけどただ泣き所が弱かった。 前作は強いて言えば「家族」がテーマだっただろうが、ただし..
Weblog: 労組書記長社労士のブログ
Tracked: 2012-02-03 10:00

シネトーク99『ALWAYS 三丁目の夕日'64』●ベタでもいいじゃない。今の日本に必要な良作
Excerpt: 映画が元気のミナモト! てるおとたくおの ぶっちゃけシネトーク ●今日のてるたくのちょい気になることシネ言 「映画1000円デーに限って雨の日が多い」 シネトーク99 『ALWAYS 三丁目..
Weblog: ブルーレイ&シネマ一直線
Tracked: 2012-02-07 00:25

映画「ALWAYS 三丁目の夕日’64」上を向いて歩こう
Excerpt: 「ALWAYS 三丁目の夕日’64」★★★★☆ 吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、 三浦友和、薬師丸ひろ子、須賀健太、小清水一揮、 マギー、温水洋一、神戸浩、飯田基祐、 森山未來、大森南..
Weblog: soramove
Tracked: 2012-02-07 22:39

魂の望む方へ〜『ALWAYS 三丁目の夕日'64』
Excerpt: 1964年(昭和39年)、東京。オリンピック開催を目前に、街は好景気に沸き 立っていた。夕日町三丁目に暮らす人々も、それぞれに成長し、日々の暮らし を営んでいる。  大ヒットシリーズ 『ALWAYS..
Weblog: 真紅のthinkingdays
Tracked: 2012-02-09 16:26

「ALWAYS 三丁目の夕日’64」
Excerpt: そもそも、東大進学と小説家になることは、二律背反することなのか。 東大出の小説家なんて、うじゃうじゃいるけどね。 ここはひとつ、出世を選ぶか自分の好きな道を選ぶか、という葛藤を表現するいちばんわかりや..
Weblog: 【映画がはねたら、都バスに乗って】
Tracked: 2012-02-15 21:12

ALWAYS三丁目の夕日'64 3D レビュー(ネタバレあり)
Excerpt: 【ストーリー】1964年(昭和39年)、東京オリンピック開催の年。日本は国内が活気づいて高層ビルや高速道路の建設ラッシュで土地開発が進んでいた。茶川竜之介(吉岡秀隆)は石崎ヒロミ(小雪)と結婚し、ヒロ..
Weblog: 無限回廊幻想記譚−アニメ・映画感想−
Tracked: 2012-02-23 00:33

ALWAYS三丁目の夕日'64 3D レビュー(ネタバレあり)
Excerpt: 【ストーリー】1964年(昭和39年)、東京オリンピック開催の年。 日本は国内が活気づいて高層ビルや高速道路の建設ラッシュで土地開発が進んでいた。 茶川竜之介(吉岡秀隆)は石崎ヒロミ(小雪)と結婚し...
Weblog: 無限回廊幻想記譚 別館
Tracked: 2012-02-23 00:52

映画『ALWAYS三丁目の夕日'64』を観て
Excerpt: 12-14.ALWAYS三丁目の夕日'64■配給:東宝■製作年・国:2012年、日本■上映時間:142分■観賞日:2月14日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)□監督・脚本・VFX:山崎貴◆吉岡秀..
Weblog: kintyre's Diary 新館
Tracked: 2012-04-25 16:08

映画:ALWAYS 三丁目の夕日'64
Excerpt: 3D映画は不評だけど、その中でもずば抜けて3Dよりも2Dの方がいいという声が高かったALWAYS 三丁目の夕日'64。まぁ、そんな評判を聞くまでもなくやっぱり2Dでいいよね?ってことで2Dで鑑
Weblog: よしなしごと
Tracked: 2012-05-16 03:14
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。