邦画・や行 - 映画@見取り八段 トラックバックセンター

『予告犯』

予告犯



   f:id:nakakuko:20150610174532p:plain



この映画のレビューページはこちら
『予告犯』どんなに小さなことでも誰かのためになるのなら人は動く




『闇金ウシジマくん 2』たかが5円されど5円

闇金ウシジマくん Part2

   闇金ウシジマop.png

監督: 山口雅俊   
キャスト: 山田孝之、綾野剛、崎本大海、やべきょうすけ、柳楽優弥、菅田将暉、木南晴夏、門脇麦、高橋メアリージュン、中尾明慶、窪田正孝、希崎ジェシカ、バカリズム、大久保佳代子、キムラ緑子、マキタスポーツ、本仮屋ユイカ、光石研、落合モトキ、徳山秀典、相葉弘樹
公開: 2014年5月16日


2014年5月19日。劇場観賞

原作は真鍋昌平氏による同名コミック。
テレビでは深夜帯で2010年10月期に連続ドラマとして放映。2014年1月期には第2シーズンが放映された。劇場版は2012年にPart1を公開。
全て同じキャスト、スタッフによるシリーズ。

つまり…キャラに親しんでいるファンほど萌える作品。←おいらのための映画〜ハート.gif

Part2でも底辺の皆さまのクズっぷりとカウカウファイナンスの冷静な取り立ては健在です。

カウカウファイナンスは丑嶋社長と社員の柄崎、高田、事務の摩耶の4人で営業している闇金業者。
債務者のほとんどは普通の金融会社から借金できなくなったブラックリスト顧客。金利は10日で5割。



連ドラ版でも様々な債務者の生活と借金が膨らんでいく様子を描いてきた群像劇である。

今回の劇場版の主な債務者は無職のヤンキー加賀マサル@菅田将暉、上を夢見るホスト神咲麗@窪田正孝、夢を分かち合うはずだった藤枝彩香@門脇麦、そして、暴走族…というけれども愛車はあれかよ、の愛沢浩司@中尾明慶…。

何だか族のメンバー小さいな…と思ってたら、ホントに子どもじゃん…。汗.gif
   闇金ウシジマ2.png

子供しか率いる事が出来ない器の小ささと落ちぶれよう。
つまり…大人になれない大人ってことだよね。妻子までいるのに。

愛沢の奥さんを演じていた木南晴夏ちゃんが今回も素晴らしい演技と存在感。
個人的には犀原にあの迫力とオーラがほしかった。

ストーリーのほとんどは愛沢を中心に回るので、こいつのクズっぷりがとにかく目につくわけだが…。

自業自得で巻き込まれる事になるマサル。菅田くんのクズっぷりもいいね。この人は好青年やらせてもクズをやらせてもハマるんだ。
    闇金ウシジマ1.png

せっかく温情を貰ったのに生かし切る事は出来ない。それは、やはりクズだから。最終的には仕事を金を舐めてる人間がウシジマくんはたぶん嫌い。

夢を見る人間はウシジマくんは嫌いじゃない。それが不相応の夢じゃなければ。
やはり、痛い人間は自分を解っていないんだ…と、このシリーズを見るたびに思う。
不相応の夢は無理を呼び、不必要に金を使わせ周りも巻き込む。
   闇金ウシジマ.png

窪田くんの童顔が、ホストでNo.1になるには無理を感じさせる。その違和感までが恐らく計算なのだろうと思う。無理して勝ち取ろうとする大きすぎる夢。


やっぱりね、人間、地道に働いてナンボだと思う。
愛沢なんか見ていると本当にそう思うもの。何で働かないんだ…「暴走族のヘッド」って職業じゃないよね。汗2.gif


クズの皆さんは、ウシジマくんは汚い事やって楽に稼いでいると思っているようだが、ウシジマくんたちは頭を使い身体を張って働いているのである。

敵対して来る大物と渡り合い、愛沢のようなクズに巡り合えば戦わなきゃならなくなり、逃げる債務者は追いかける…。そして、徹底しているのはとにかく会社を守る事。

今回は…というか、今回も高田がイケメンだわ。とにかく凄い。
あの状況で頭の中にあるのは社長が今どう動いているかという的確な判断と、その間に何万損をしているかという計算なんだから。
   闇金ウシジマ4.png

まさにウシジマくんの申し子。
摩耶もね。きちんと金と秘密を守る。会社の危機に乗じて金を持ち出そうなんて人間はいない。
結局、金と仕事に対する社長のビジョンがちゃんと社員に伝わっているんだよね。

柄崎は…まぁいい…。笑.gif何も考えていない所が愛おしい。笑2.gif
    闇金ウシジマ5.png


「5円」を大事にしていた人間がその価値を忘れる。
環境の変化がお金の価値を忘れさせる。
忘れた時に、人間は落ちていく。

この映画を怖いと思ったら、「怖さ」は教訓にしなければ。

もっとも…みんなが闇金から借金しなくなったらウシジマくんの商売あがったりだけど。
もしかしたら、ウシジマくんはそれならそれでいいと考えるかも知れない。
   闇金ウシジマ3.png


ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



 


可笑しかったのは、えっ…ストーカー蝦沼@柳楽優弥くん、どうなったと思っていたラストのラストになってのあの展開。笑.gif

蝦沼、彩香のために麗をやっつけ〜のウシジマくんが取り立てのために現れ〜の…結果、蝦沼も簡単にぶっ倒れ…。笑.gif←ウシジマくんの目的はただの回収。

笑ったわ。笑.gif

まぁ…麗の顔は気の毒だったけれども、結果的には無間地獄のような欲望から逃れて生きていける。
彩香も。もうこれ以上ホストクラブに金をつぎ込む事はない。

それでも、みんなウシジマくんに向かって言うんだもんね。

あんたってほんとクズ。生きている意味が解んない。

底辺の闇は深い。
ウシジマくんはそれを飲みこんで生きている。

死ぬ意味も解んねえんだよ。

それでも生きてゆく人たちを滑稽だと苦笑しながら、自分の身に置き換えたら笑えない気持ちになりながら、人間を愛でる作品。

見終わったら、財布の中の五円玉がちょっと光って見えた。


【関連記事】
『闇金ウシジマくん』金は奪うか奪われるか
『闇金ウシジマくん Season2 』最終回と総括 感想 byドラマ@見取り八段・実0段



「闇金ウシジマくん Part2」公式サイト

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」










にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
闇金ウシジマくん Part2@映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。



【闇金ウシジマくん】金は奪うか奪われるか

闇金ウシジマくん

   

監督: 山口雅俊   
出演: 山田孝之、大島優子、林遣都、崎本大海、やべきょうすけ、片瀬那奈、市原隼人、黒沢あすか、新井浩文、岡田義徳、ムロツヨシ、鈴之助、イケメンゴレンジャイ、金田明夫、希崎ジェシカ、内田春菊
公開: 2012年8月25日


2013年10月21日。DVD観賞。

原作は真鍋昌平氏による同名のヒットコミック。
2010年10月期の連ドラとして放送されていた。原作は未読。ドラマは視聴済み。ドラマのレビューはありません。

簡単感想で。

劇場公開された時、行くかどうか迷って結局止めてしまった…DVDでいいかな、と思ったので。
正直、それは正解だった気がする。

深夜ドラマだったのでゴールデンの時間帯でスペシャルを組める内容なはずもなく、映画化されたのも不思議といえば不思議。
もっともドラマ版も「ヒント」が企画していたので最初から劇場版を視野に入れていたのかな。

そういう話はどうでもよくて〜…面白かった

ドラマ版と同じく、金に節操がなく底辺を生きる人たちのどうしようもない泥沼感。
彼らにトゴ(10日5割)で貸し付けを行っている『カウカウファイナンス』の社長・ウシジマくん。
取り立ては容赦ない。いつも無表情。恐い。けれども、金を借りに来る人間の弱さや痛みは実は理解している。

山田孝之の当たり役である。…ほんと、表情が凶悪だよね。笑.gif

劇場版である今回は、セレブになりたい若者たちを集めるイベントサークルを主催するジュンと、カウカウファイナンスから金を借りて身体を売っている母親を持つフリーター・未來を主体とした物語。

自分自身は金を持たず、けれども成り上がりたくて必死に金をかき集めるジュン。
娘さえ売ろうとする自堕落な母親の元から逃げ出し、何とか自分に出来る事を模索する未來。

2人の痛々しさと馬鹿さを見ながら、それでも共感した。
うん…この年で、若さゆえのバカを繰り返す若者の気持ちがちょっと解ってしまう自分が嫌だ。笑.gif

お金があれば変われる気がする。お金さえあれば夢が見れる気がする。
それが分不相応な夢だと解っていない。ひたすら妄想に包まれた未来を見ながら突っ走る。
その過程に闇金が存在する。

で…貸す方も自分がそういう存在であると解っている。
ある意味…人の夢を食う存在だよね。

お金って一体何なんだろう。
もう「若者」とは程遠い年になっても解らない。

痛々しいなぁ…バカだよな、と思いつつも、彼らの中に自分自身が見えたりする。

人集めのためのセレブな若者を「使っている」つもりなのに実は「使われている」ジュン。
その小者感…林遣都が物すごく上手く演じていた。


個人的にはテレビシリーズからのキャスト…高田と柄崎に萌えたわ。笑2.gif
2人とも相変わらずカッコいい。ハート.gif
   ウシジマくん.png


千秋はドラマファンのための特別出演かな。ハッキリ言っちゃうと劇場版だけ見た人には意味の解らない存在だった気がする。笑.gif

あと、ちょっと出は珍しいイッチーが嬉しかった。笑2.gif

ドラマシリーズのファンだった方は、ぜひ見るべき1本。


ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



 



「肉蝮」の存在意味が解らなかったなぁ…。
いや、新井浩文さんは大好きだから出てきたのは嬉しかったけれどもね。
(でも、最後の方まであれが新井さんだとは気付かず見てたんだけどね汗.gif)

分不相応な借金なんかしていると、こういう恐い目に遭いますよ、というのを解りやすく見せるための存在だと考えればOKなのかしら。

実際あそこまで落ちてしまうと、平凡な人生を送っている私らには想像もつかない色々な危険に遭う事もありそうだ。

映像的には彼がいるから劇場版に相応しいアクションシーンが出来たのですよ…ってことで…OKか。笑.gif

携帯3台にアドレス3000件。
その頼りないネットワークが全てだと思い込んでいた男。

命が危険にさらされた時、虚構のネットワークは何の役にも立たなかった。

虫のエサになって…あの後どうなったのかなぁ。恐い。汗2.gif

借金は本当に身を滅ぼすね。
身体は売らなくても心を削る。

やり直す道を順調に歩んでいるように見えた未來にホッとした。


「闇金ウシジマくん」公式サイト

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」










にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
闇金ウシジマくん@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。



【許されざる者】地獄で待ってろ

許されざる者

   

監督: 李相日   
出演: 渡辺謙、柄本明、佐藤浩市、柳楽優弥、忽那汐里、小池栄子、國村隼、近藤芳正、小澤征悦、三浦貴大、滝藤賢一
公開: 2013年9月13日


2013年9月21日。劇場観賞。

原作…というか、オリジナルは1992年に公開されたクリント・イーストウッド監督の同名作品。(未レビュー)

オリジナルの方は1880年代のアメリカを舞台にしている西部劇だ。町を牛耳る保安官が「法律」であり、主人公は賞金稼ぎのために理不尽な相手に立ち向かう。

リメイクである今作は、面白いことに時代的に同じ所に立っている。

1880年。日本は明治13年。
1868年に幕末の内乱である戊辰戦争が起こり、新政府軍によって鎮圧される。3年後には廃藩置県により藩は無くなった。1876年には廃刀令により武士の魂である刀が取り上げられた。士族の不満は募り、翌年には西南戦争が勃発する。

武士である事を取り上げられ、戊辰戦争による傷跡も納まりきらず、それでも時代は目まぐるしく動く、まさに激動の時代。

主人公・釜田十兵衛は戊辰戦争に幕府軍として参加し、「人斬り十兵衛」と呼ばれるほどの剣の腕前の持ち主であった。しかし、敗北した幕府軍の残党を新政府軍は追い続け、生きるために斬る苦しい逃亡生活を強いられる。

何年か後に十兵衛は北海道で妻となる女と出会い、素朴な幸せを手に入れた。
刀を捨て、家族と極貧生活を送った末に妻を失くし、2人の子供と暮らす十兵衛の元へかつての仲間が現れる…。



今年、大河ドラマ「八重の桜」を見ている身にとっては色々と重なって見える部分が多かった。
「八重の桜」の場合は会津戦争後に会津藩士は斗南に移住させられる。
そこでは多くの者が食べることが出来ず、寒さの中で命を落とし…という部分がドラマ中であまり深く描かれなかったので、映像的に補填する事が出来た気分。

極寒の地、尽きる食料、横暴な新政府軍、殺さずの誓いを立てた人斬り十兵衛に剣心が重なったり、明治の開拓民にも他の作品で思い出す物があったり…。

自分的には、あっちで見た物こっちで見た物が脳内で補填され、幕末の武士のやるせなさを思い起こさせられる…そういう作品になった。

斬りたくなくても斬らねばならなかった激動の時代を生きた人が、許されざる者に堕ちていく。
  許されざる者3.png

ストーリー自体は元映画とほぼ同じ中、この激動の時代が舞台になった事で日本ならではの独自の物語になったと思う。

厳しくも美しい北海道の自然と、役者さん達の素晴らしい演技を堪能できる1本。


ただ、心を鷲づかみにされてどっと泣くような事は無かった。残虐シーンが目を覆うほどではないからかなぁ…と個人的には、そんな風に思っている。あまり「必死さ」を感じられなかったのである。

佐藤浩市さまなんて、充分ゲスいんだけどね…。
  許されざる者2.png

役者さんの演技が云々ではなく、作品自体が何となく「上品」なのだ。だから、ぐわっと来そうで押さえられてしまう…この辺はもう好みの問題なのだろう。

しかし、小池栄子さんは、何に出ていても素晴らしい。ハート.gif
   許されざる者5.png

あとは、行きずりで賞金稼ぎに加わったアイヌの青年・柳樂くんも良かった。ハイテンションだけれども、影にあるのは切ない身の上。
   許されざる者1.png


そして、やはり最終的には謙さんの迫力に持っていかれてしまうのだった。
   許されざる者6.png



ここから下ネタバレ観てない方は観てから読んでね にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



 



個人的に違和感感じたのは、なぜ賞金を出すなどという話を持ち出した女郎たちを取り締まらないのだろう、という事…。
金吾の拷問に立ち会わせてまで口を割らせようとするなら、初めから賞金を出して復讐すること自体を取り締まれば良かったのに。

オリジナルの方は西部劇なので「賞金稼ぎ」はハマる気がするけれども、日本でこの状況では「賞金稼ぎ」という設定は無理がある気がするんだな…。

(一緒に見たダンナにそう言ったら「賞金を出さなきゃ話が始まらないだろ」と言われた。そ…そうだけど〜汗.gif)

金吾は弟の方を殺した段階で、自分から誘ったのにこの話を下りてしまう。

つまり、戊辰戦争の時にはそれなりに活躍したのであろうこの老人は、もう自分には「本当に許されざる者なのかどうかよく解らない人間」を殺す気力がない事に気づいてしまったのだろう。

それは、もう自分は武士には戻れないというあきらめの気持ちでもある。だから途中で抜ける。

今わの際に言ったという「お前たちは十兵衛の本当の恐ろしさを知らない」という言葉は、十兵衛にはまだその気力が残っていることを表している。

五郎もしかり。
本当は一度も人を殺した事が無かったというこの青年も、自分はどんなに恨みがあっても無感情に人を殺すことなどできないと悟った。

十兵衛だけが今でも人を殺せる者なのだ。

それに気づいたから、子どもたちの前から去った十兵衛。

この賞金稼ぎは、各々に自分の本質を気づかせた。

「地獄で待ってろ」

は、そういう彼らに、それでもお前らも人を殺した。という十兵衛の叫び。

誰もがみんな許されざる者である事を示し、それでも、子どもたちを育てるために その地に住んで十兵衛の帰りを待つ事にしたなつめ。

そのラストは贖罪を求める救いでもある。

「許されざる者」公式サイト

 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」










にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
許されざる者@映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。



【余命1ヶ月の花嫁】検診にはきちんと行こう

余命1ヶ月の花嫁

  

監督: 廣木隆一   
出演: 榮倉奈々、瑛太、柄本明、手塚理美、安田美沙子、大杉漣、津田寛治、田口トモロヲ
公開: 2009年5月9日


2013年4月2日 NHKBSプレミアム テレビ観賞。

公開当時、散々劇場で予告を見ていたけれども、こういうのはあまり好んで見に行かないので〜…。汗.gif
こうやってテレビでやってくれるとありがたい。

一応、見たという程度の簡単感想で。
この記事に関しては、特にネタバレ欄は設けません。

この映画に関する前知識はまるでなく、実話ベースだという事くらいしか知りませんでした。
乳がんで亡くなった長島千恵さんが亡くなるまでのドキュメント番組が放映されていたという事も全く知らなかった。色々と放映されたり本が出ていたりしたんですね。

これを見る前に検索して、亡くなった後に某大型掲示板に千恵さんが元AV女優だったと書かれたり、金儲け主義などと言われたり、ドキュメント自体が嘘でやらせだと言われた事など色々と知りました。

映画の中で千恵の彼氏である太郎が、千恵のマスコミ露出について、

それって、みんなに病気で苦しんでる姿見られちゃうんだよ。
世の中には悪意の塊みたいな人だって大勢いるんだよ。


と、言うくだりがあるのですが、まさにそんな事を表しているような気がします。


そういう事は置いておいて…つまり、フィクションだかノンフィクションだか知らないけど、1本の映画として普通に見たとして、の感想を。

まぁ…でも、実話ベースじゃなければ結婚式なんて「セカチューかっ!」と言っちゃうところですよね。笑.gif
私、初めて劇場予告を見た時にはそう思ってましたもん。

つまり、ベタと言ったらベタですよね。汗.gif病気で人が亡くなる話だから泣けないはずがないし。
闘病ものは映画でドラマで国内で国外で溢れるほど制作されているので…難しいと思いますよ…。

って、何をゴタゴタ言ってるんだって話ですが…。汗.gif

つまり、結果、有り触れたものの域からは出ていなかったかなぁ、と。

太郎や、千恵の父の気持ちは痛々しく、瑛太や柄本明さんの表情演技には泣かされました。
屋久島の美しい海には癒されました。

全体的に悲壮感はあまりなく、病気の描写は緩かった。そういう部分ではなく、愛情や友情を中心に描かれた物なのだと思うので、それはそれでいいと思いました。

ただ、グッとくる部分はあまり無かったです。特に臨終に纏わる部分。

太郎が千恵の声を聞いたような気がするラストシーンは好きです。

一番気になったのはシーンの切り替わりに物すごく頻繁にブラックアウトすること…。テレビで見ているから「えっCM入るの」と何度も思ってしまった。汗.gif
あれ、映画ってこういうモンだっけと、ワケ解らなくなりましたわ。笑.gif

あれは…そういう演出なんでしょうか。ドキュメント風とか、そういう意味なのかな。最後まで気になりました。

乳がんの危険性などの情報を伝えたいから、自分の病状をマスコミに公開したい。

と言うのが主人公の遺志だったという事だから…。
とりあえず、乳がん検診にはちゃんと行こうと。それは伝わった。うん。ちゃんと行きます。


 にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへお余所の映画レビューはこちらから「にほんブログ村」

 




【送料無料】余命1ケ月の花嫁 [ 東京放送 ]

【送料無料】余命1ケ月の花嫁 [ 東京放送 ]
価格:1,470円(税込、送料込)





にほんブログ村 映画評論・レビュー
おすすめ映画情報-シネマメモ
余命1ヶ月の花嫁@ぴあ映画生活トラックバック
・象のロケット
blogram
★前田有一の超映画批評★


 コメントはTwitterFacebookの方でお願いいたします。
 御用の向きは「ドラマ@見取り八段・実0段」まで。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。